格安sim

DMMモバイルの評判は!?メリットとデメリットを徹底検証

更新日:

DMMモバイルはゲームや動画配信などで有名なDMM.comが手掛ける格安SIMです。月額料金が安いのが特徴で、シェアコースを利用すれば家族でもお得に使えます。

単に安いだけでなく公式アプリや光回線とのセット割があるなど、サービス内容も充実した使い勝手のよい格安SIMです。

今回はDMMモバイルの料金プランやメリット・デメリットなどをまとめたので参考にして下さい。

DMMモバイルの料金プラン

DMMモバイルの料金プランは、シングルコースとシェアコースの2つから選ぶことになります。

シングルコース

プラン データ容量 データ通信プラン 音声対応プラン
ライト 無制限※ 440円 1,140円
1GB 1GB 480円 1,260円
2GB 2GB 770円 1,380円
3GB 3GB 850円 1,500円
5GB 5GB 1,210円 1,910円
7GB 7GB 1,860円 2,560円
8GB 8GB 1,980円 2,680円
10GB 10GB 2,190円 2,890円
15GB 15GB 3,280円 3,980円
20GB 20GB 3,980円 4,680円


シェアコース※
※最大通信速度は200kbps

データ容量 データSIM3枚 音声SIM1枚

+データSIM2枚

音声SIM2枚

+データSIM1枚

音声SIM3枚
1GB 480円 1,260円 1,960円 2,660円
2GB 770円 1,380円 2,080円 2,780円
3GB 850円 1,500円 2,200円 2,900円
5GB 1,210円 1,910円 2,610円 3,310円
7GB 1,860円 2,560円 3,260円 3,960円
8GB 1,980円 2,680円 3,380円 4,080円
10GB 2,190円 2,890円 3,590円 4,290円
15GB 3,280円 3,980円 4,680円 5,380円
20GB 3,980円 4,680円 5,380円 6,080円

※1GB~7GBでシェアコースを利用する場合はSIM1枚追加ごとに300円/月の追加利用料が発生

DMMモバイルの料金プランは10種類あり、かなり細かく料金プランが設定されているので自分に合ったプランを選びやすくなっています。例えばライトユーザーでも全くネットを使わない人もいれば、ゲームや動画視聴をしないだけでLINEやSNSはよく使うという人もいます。

前者であればライトプランや1GBで問題ないですし、後者であれば2GBや3GBなどが良いでしょう。またDMMモバイルは、10GB~20GBの大容量プランももちろん用意されているので、ヘビーユーザーでも安心です。

そしてなにより、どのプランも月額料金がかなり安いです。大手キャリアと比べた場合はもちろん、他の格安SIMと比べても料金が安く、とにかく携帯料金を抑えたい人におすすめです。

DMMモバイルではシングルコースのほかに、最大3枚のSIMカードで通信容量を分け合えるシェアコースもあります。シェアコースも料金が安いので、複数端末を利用したい人や家族で格安SIMを利用したい人でもお得に使えます。

ただし、1GB~7GBの場合はSIMカードを追加するたびに300円の追加利用料がかかります。シェアコースを利用する場合は8GB以上のプランがお得です。

DMMモバイル

DMMモバイルのメリット

DMMモバイルのメリットを紹介していきます。

  • 月額料金が安い
  • 使い勝手の良い公式アプリがある
  • DMMポイントが貯まる
  • DMM光とのセット割がある
  • バースト機能で低速でも快適
  • 追加チャージ料金が安い

月額料金が安い

DMMモバイルは格安SIMの中でもとくに月額料金が安いです。1GB、15GB、20GBのプランは業界でも最安値で、他のプランも最安値に近い安さです。とくに1GBプランのデータSIMは税別480円、税込みでも500円ちょっとで利用できます。ワンコインでSIMカードが利用できるなんて、かなりお得ですね。

とにかく月額料金が安い格安SIMを使いたいなら、DMMモバイルは有力な選択肢となるでしょう。月々の携帯料金を抑えるために格安SIMを使う人が増えているので、その意味ではDMMモバイルも今後はかなり選ばれる格安SIMになりそうです。

使い勝手の良い公式アプリがある

DMMモバイルは公式アプリ「DMM mobile ツールアプリ」が用意されています。

高速データ通信の残量チェックや請求内容確認はもちろん、ワンタッチで高速データ通信のON/OFFの切り替えや、高速データ通信量の追加チャージができます。

多くの格安SIMでは同様のことがマイページで出来ますが、毎回ブラウザを開いてログインするのは面倒くさいです。DMMモバイルならアプリをインストールしておけばスマホから簡単にマイページにアクセスできるので便利です。

DMMポイントが貯まる

DMMモバイルを利用すると、毎月の利用料の10%分だけDMMポイントが貯まります。DMMポイントは同社のサービスである動画やゲーム、CD/DVDレンタルなどで利用できます。

普段からDMMのサービスを利用している人にはありがたいですね。普段DMMサービスを使っていない人でも、これを機会に使ってみてもよいですね。

DMM光とのセット割がある

DMMモバイルと、同社が運営している光回線「DMM光」をセットで利用すると、「DMM光mobileセット割」が適用され、毎月の料金が500円割引されます。

DMMモバイルはそのままでも安いですが、自宅のインターネットがDMM光の場合はさらにお得になります。DMM光ユーザーなら、格安SIMはDMMモバイルを選びましょう。

バースト機能で低速でも快適

DMMモバイルは低速時にバースト機能が利用できます。

バースト機能は低速通信時でも、読み込みの最初だけ高速通信が利用できる機能です。バースト機能によってテキストメインのサイトやSNSであれば低速時でも素早く表示されるので、インターネットが快適に利用できます

バースト機能は高速データ容量がなくなったとき、高速データ通信をOFFにしているとき、そしてライトプランによる通信時に利用可能です。

追加チャージ料金が安い

DMMモバイルでは高速通信を使い切っても容量を追加でチャージできます。DMMモバイルの追加チャージ料金は以下の通りです。

100MB 500MB 1000MB 1000MB(繰り越しなし)
200円 600円 1,100円 480円

DMMモバイルは月額料金が安いですが、追加チャージ料金も業界最安値です。とくに繰り越しができない1000MB(1GB)のチャージ料金は480円で、これは通常の1GBプランの月額料金と同額という安さです。

繰り越しができないため、チャージした月のうちに使い切らないと無駄が発生しますが、通常の1000MBの半額以下で利用できるので、使い切る予定があるならお得です。

DMMモバイル

DMMモバイルのデメリット

メリットが多いDMMですが、低速時にデータ通信をたくさん行うと速度制限がかかるデメリットがあります。

バースト機能によって低速でも快適にインターネットが行えるのがDMMモバイルのメリットの1つでしたが、低速時にデータ通信をたくさん行うと速度制限がかかってしまいます

具体的には、直近3日間あたりの通信量が366MBを越えると速度制限がかかることがあります。ただでさえ速度が遅い低速時にさらに速度制限がかかると、ほとんどインターネットはできなくなります

低速時は速度が遅いので大容量のデータ通信を行うことはあまりないとは思いますが、低速通信を頻繁に利用する人は気を付けましょう。

大手キャリアから乗り換えるとどれくらいお得か?

通信料を抑えるために、大手キャリアからDMMモバイルへの乗り換えを考えている人も多いと思いますが、実際に乗り換えるとどれくらいお得になるのでしょうか?

DMMモバイルはドコモの回線を利用しているので、ドコモの最安プランとそれに近いDMMモバイルのプランを比較してみましょう。

月額料金 内容
ドコモ 5,500円~ カケホーダイライト+データSパック+SPモード
DMMモバイル 1,380円~ 音声プラン2GB

ドコモは最も安いカケホーダイライト(5分間の無料通話)とデータ2GBのSパックでも5,500円かかります。一方、DMMモバイルなら音声通話付きの2GBプランなら1,380円で利用できます。ドコモの4分の1ほどの安さです

ドコモのカケホーダイライトは5分間までの通話がかけ放題ですが、DMMモバイルにも同様の「5分かけ放題」オプションがあります。5分かけ放題オプションは月額850円ですので、これを付けても月額2,230円、ドコモの半額くらいです。

DMMモバイルに乗り換えることで、大幅に携帯代金を節約できますね。

DMMモバイル

DMMモバイルの口コミ

料金や回線の品質に不満はなし!

DMMモバイルに乗り換える前は、月々のスマホ代が約7,000円かかっていました。しかし現在は約1,600円で済んでいます。その理由のひとつは、3GBの音声通話プランを契約しているからで、大手キャリアの7GBプランと比べると容量が少ないように思えます。それでも使わなかった容量を翌月へ繰り越す機能や、低速モード利用時に容量が消費されない機能を利用することで、容量が足りなくなったりすることはありません。

また通話はLINEの無料通話を利用することで、通話料金がかからないようにしています。DMMモバイルでは音声の無料通話分が無いので、通話される機会が多い方には注意が必要です。お昼時や夕方以降など回線が混雑する時間帯には、通信速度が低下していると感じることがあります。他の格安SIMと比べるとキャンペーンやサービスが少ないと思いますが、料金については最安クラスなので不満はありません。

低速通信を活用して通信量を節約!

DMMモバイルでは高速通信と低速通信を切り替えられるようになっています。そして低速通信利用時にはWebページの閲覧やメールの送受信などをしても、通信量がカウントされることはありません。高速通信と低速通信の切り替えは、専用のアプリからON/OFFボタンを押すだけなので簡単です。この機能を上手に活用すれば契約プランの容量は少なくても、月の途中で容量が足りなくなってしまう事態を防ぐことができます。

アプリには当月の通信残量が表示されるので、使いす過ぎていないかどうかのチェックも行えます。ただ低速モードでは動画の視聴や大容量ファイルのダウンロード、ビデオ通話などの利用は厳しくなります。そのため必要に応じて高速通信と低速通信を切り替えながら利用することが現実的です。

料金設定、データ通信に強みのあるMVNO

まず、目を引くのは圧倒的な値段の安さです。音声通話付でもDMMライトプラン 1,140円スタートという安さです。以前まで利用していた大手キャリアに比べ、5000円ほど安くなりました。DMMモバイルは細かくプランが用意されているので、他社よりも自身の用途に合わせやすいと感じています。
通話品質に関しても大手キャリアのそれと何ら変わりなく使用でき、全くストレスもありません。
一番気になるデータ通信に関しては、速度制限にかからないための手段として通信量を抑えられる専用アプリも準備されているので、高速通信量の節約もでき非常に安心です。また、速度制限がかかってしまっても、DMMモバイルではバースト転送機能があるので他のMVNOより使いやすいと感じています。

DMMモバイルのキャンペーン

2017年7月現在、DMMモバイルでは格安SIMお得にスタートキャンペーンが実施されています。実施期間:2017年6月29日~2017年8月31日

「格安SIMお得にスタートキャンペーン」は通常3,240円かかる新規契約手数料が0円になるキャンペーンです。格安SIMを契約する際の初期費用を抑えることができるので、契約しようと思っている人は今がチャンスです。

人気の格安SIM「mineo」との比較

格安SIMの中でもとくに人気なのが「mineo」です。ここではDMMモバイルとmineo(Dプラン)を料金プランやサービスから比較してみます。

料金はDMMモバイルの方が安い

まずはDMMモバイルとmineoの料金プランを比較してみます。月額料金を両社に共通している音声プランの容量で比較すると以下の通りです。

容量 DMMモバイル mineo
1GB 1,260円 1,500円
3GB 1,500円 1,600円
10GB 2,890円 3,220円
20GB 4,680円 4,680円

この表を見てみると20GBのみ同額で、それ以外はDMMモバイルのほうが安いという結果になりました。mineoも決して高いわけではありませんが、月額料金の安さを売りにしているDMMモバイルのほうが安いです。

mineoは実店舗でサポートを受けられる

サポート面で比較すると、mineoは実店舗でサポートを受けられます。mineoショップはもちろん、ヨドバシカメラなどの家電量販店の受付カウンターでも新規申し込みができたり、端末を実際に体験したり、店員さんと相談したりできます。

一方、DMMモバイルは徹底したコスト削減によって月額料金の安さを実現しているので、そういった店舗を一切持っておらず、サポートはネットのみです。

格安SIMやスマホに詳しい人でサポートが必要ないのであれば、DMMモバイルで問題ないでしょう。しかし、格安SIMやスマホの初心者で、対面によるサポートが欲しいという人にとってはmineoのほうが良いでしょう。

mineo(マイネオ)については、評判の良いmineo(マイネオ)を検証を参考にして下さい。

DMMモバイルまとめ

今回はDMMモバイルについて詳しく解説しました。DMMモバイルは月額料金が安いのが特徴の格安SIMです。どのプランを選んでも業界最安値クラスの料金なので、とにかく安く利用したい人におすすめです。

安いだけでなくDMMポイントが貯まったり、公式アプリが用意されていたり、バースト機能が使えたりとサービス内容も充実していて使い勝手が良いです。

ただし、実店舗が一切ないので、格安SIM初心者や対面による手厚いサポートを受けたい人は気を付けましょう。

DMMモバイル

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-格安sim

Copyright© LEARNING , 2017 AllRights Reserved.