LEARNING

A true realist is one who invests in future.

FP

FP3級に独学で合格するための勉強法と勉強時間

更新日:

FP3級は、独学でも短期間で合格することができる資格になります。

FP3級は対策となる勉強法が確立されているので、初心者でもしっかりと勉強すれば難易度は高くありません。

FP3級に独学で合格するには、効率よく基礎知識を覚えることが重要です。市販のテキストや問題集も多いので、できるだけ効率よく勉強できるものを選ぶことがポイントになります。

基本的には広く浅い知識を身につけることで、FP3級を独学で合格することができます。良いテキストを使って効率よい勉強をすれば、FP3級は簡単に合格することができます。

全くの初心者でも、無理なくできる独学での勉強法を紹介したいと思います。しっかりとFP3級の知識を身につければ、今後FP2級やFP1級の勉強にも必ず役に立ちます。

確実に独学で合格するための、FP3級取得の参考にして下さい。

FP3級は合格率が高い資格

FP3級は、資格試験の中でも非常に合格率が高い資格と言えます。

FP教会の発表によると、FP3級の学科試験の合格率はここ数年は7割から8割となっています。実技試験については、8割から9割の合格率となっておりかなり高いことが伺えます。

この数字だけ見ると誰でも受験すればFP3級に合格できそうですが、実際にはそこまで簡単とは言えません。

FP3級を受験する人の多くは、今後FP2級やFP1級を目指す人がほとんどになります。安易な気持ちでファイナンシャルプランニングを受験している人は少なく、しっかりと勉強している人が多いのです。

合格率が他の資格に比べて高いですが、FP3級が決して簡単すぎるというわけではありません。

ただしこの数字を見るとわかりますが、しっかりと勉強すれば合格できる難易度の資格と言えます。

独学で合格している人も多く、きちんとスケジュールを立てて勉強すればそこまで難しくはないと言えるでしょう。

合格率に関しては、日本ファイナンシャルプランナー協会ときんざいで違いがあります。日本ファイナンシャルプランナーの方が合格率は高いですが、単純にそちらが簡単という訳ではありません。

この2つは学科は同じで、実技試験に違いがあるのが特徴になります。

実技試験に関しては、日本ファイナンシャルプランナー協会の問題の方が簡単に感じる人が多いようです。

過去問を見るとわかりますが、日本ファイナンシャルプランナー協会の方が実際に簡単だと思います。

ですがきんざいの実技も、しっかりと勉強すれば全く難しくはありません。FP3級の試験は、最初に実技試験をどちらで受験するかで受ける機関を決めましょう。

しっかりと勉強するつもりならば、どちらで受けても問題ありません。どちらにしても合格率は高いので、そこまで大きな差はないのが実情です。

FP3級の難易度は低い

FP3級は、学科試験と実技試験の2つで構成されています。

学科は60点満点のうち36点以上実技は50点満点のうち30点以上が必要となっています。

数字を見るとわかる通り、FP3級は6割以上取れれば合格できる試験になります。試験が苦手な受験生には、6割と聞くと難易度が高いと感じられるかもしれません。

ですがFP3級は、基礎をしっかりと覚えれば問題自体は難しくありません。きちんとポイントを押さえて勉強すれば、FP3級は独学で必ず合格できます。

学科試験に関してはマークシート式で、テキストに書いてある問題が素直に出題されます。

範囲はそれなりにありますが難易度は低く、ポイントを押さえて勉強すれば6割以上は必ず取れるようになります。

ただし覚える範囲が広いので、良いテキストなどで効率よく勉強しましょう。実技試験は筆記になり難しいと思うかもしれませんが、合格率を見て分かる通り難易度は低いです。

計算や資料の読み取りがあり、初めての受験生には難しいと感じるかもしれません。

ですが問題集や過去問で対策すれば、解けるレベルの難易度なので独学でも心配はありません。

ただし実技試験に関しては、先ほども述べた通り日本ファイナンシャルプランナー協会の方が簡単です。

とりあえず簡単な方でFP3級の資格を取りたい場合は、日本ファイナンシャルプランナー協会の試験を受けたほうが良いでしょう。

難易度的には、あまり勉強していない人でも簡単に合格点が取れるレベルになります。きんざいの実技についても、決して難しいわけではないのは覚えておきましょう。

若干合格率が悪く難易度が高いと思うかもしれませんが、勉強すれば誰でも取れる問題です。

あまり難易度に惑わされず、過去問を見て解きやすいほうを選ぶのが正解です。

FP3級の独学に役立つテキスト

FP3級は、ポイントを押さえたテキストを使用して勉強すれば効率よく合格できます。

市販の参考書はいくつかありますが、基本的には良いテキスト1冊と問題集1冊を使えば確実に合格できる実力を身につけられます。

ファイナンシャルプランニング試験対策の第一歩は、テキストで基礎知識を勉強することから始めましょう。

ポイントを良く押さえている良いテキストとして、みんなが欲しかった! FPの教科書 3級がお勧めです。

FP3級の基本となる内容を、理解しやすいレイアウトで丁寧に説明しているテキストです。

ある程度の知識がある人も、全くの初めての人でも見やすくポイントを理解しやすい構成になっています。

文字や色によって重要ポイントが理解しやすい作りになっているので、独学でも効率よくFP3級の勉強をすることができます。

またスマートフォンでも勉強できる工夫がされていて、ちょっとした時間にFP3級の勉強ができるようになっています。

とても使いやすいテキストですが、これを読むだけではFP3級の対策としては不十分になります。

基礎となる知識を理解することができたら、あとは問題集でどんどん実力をつけることが重要になります。

資格試験の問題は、テキストだけではなく問題集も使うことで相乗効果が期待できます。テキストだけだと理解できたつもりになっていることが多く、本番で解けないというパターンが良くあるからです。

問題集を併用して、問題を正解できる実力をつけることがFP3級合格に繋がります。

問題集は先ほど紹介したFP3級テキストの、問題集版が非常にお勧めです。

FP3級の問題で出題されやすいポイントを絞った、とても良い問題集になります。この問題集を徹底的に勉強して、9割以上取れるようになればFP3級に確実に合格できる実力がついています。

9割と聞くと難しいと感じるかもしれませんが、確実に合格できる数値まで勉強すれば安心して本番に臨むことができます。

FP3級対策は、基本的にはこの2冊を徹底的に勉強することをお勧めします。あまり多くのテキストを購入せず、2冊を完璧にやり遂げた方が実力が身につきます。

良いテキストを購入したら、効率よい勉強法でFP3級対策を行います。

FP3級の独学勉強法

FP3級の独学勉強法は、学科試験と実技試験の対策を上手に行うことがポイントです。

基本的には学科試験の勉強を先に行い、知識が身についたら実技試験の対策に移ります。

実技試験は計算や資料の読み取りなど、学科試験の内容を応用した問題が出題されるからです。

学科試験の独学での勉強法

テキストと問題集を上手に使うことがポイントになります。

基本的には最初は「みんなが欲しかった! FPの教科書」を読んで、ファイナンシャルプランニングの基礎知識を身につけましょう。

読む回数は個人差はありますが、テキストが大体理解できるようになるまで読むことが重要です。

テキストは完璧に理解する必要はないので、1回でもある程度理解できたら次のステップである問題集へ進んでも問題ありません。もともと知識がある人は、最初から問題集に取り組む勉強法も効果的です。

テキストの目的は基礎を身につけることなので、2~3回くらい読むことをお勧めします。「みんなが欲しかった! FPの教科書」で基礎を身につけたら、「みんなが欲しかった! FPの問題集 」で問題演習をしましょう。

ここで重要な事は、問題演習は最終的に9割以上理解できるようにすることです。暗記で覚える人もいますが、理解して覚えることがFP3級の合格に繋がります。

そのための勉強法として、間違えた問題はテキストで確認する癖をつけましょう。みんなが欲しかった! FPの教科書」は、解説も丁寧で出題のポイントをしっかりと説明しています。

何故間違えたのかを理解することで、同じ間違いを繰り返さない習慣がつきます。独学の勉強は、間違えた問題をそのままにしてしまう可能性があります。

しっかりと一つ一つ理解することが、独学でFP3級に合格する鍵になります。復習の回数に関しては、個人差もありますが4回以上繰り返せば9割以上は取れるようになります。

1回2回で覚えられる人もいますが、全ての人が理解できる回数ではありません。4回以上繰り返せば、ほとんどの人が覚えられる回数になります。

問題演習とテキストの確認の繰り返しで、確実にFP3級に合格できる実力が身につきます。

実技試験の独学勉強法

実技試験に関しては、日本ファイナンシャルプランナー協会ときんざいのどちらかを選ぶかで対策が異なります。

ですがどちらを選んだとしても、先ほど紹介した参考書と問題集で勉強すれば合格できる実力が身につきます。実技試験の問題は初めて見ると難しいと感じるかもしれませんが、傾向と対策は決まっているので問題に慣れれば難しくありません

しかしこの参考書だけで不安と感じるのであれば、実技の問題に特化した参考書で勉強するのも効果的です。

個人資産相談業務を選択する受験生は、きんざいの問題集を勉強することをお勧めします。

試験を手掛けるきんざいから出版されているだけに、実際の試験に似た問題を解くことができます。

計算の方法や筆記のポイントが丁寧に解説されているので、実技試験に不安がある人でも確実に対策できます。同じ問題が出題されたケースもあり、信頼性の高いテキストと言えます。

保険顧客資産相談業務を選択する受験生も、きんざいの問題集で対策をしましょう。

こちらもきんざいから出版されているので、かなり本番に近い問題で勉強ができます。日本ファイナンシャルプランナー協会の資産設計提案業務を選択する場合は、先ほどのみんなが欲しかったシリーズで勉強をしましょう。

きんざいのように実技対策の問題集は少ないですが、この問題集をしっかりと勉強すれば合格できる実力になれます。

安全圏を狙うのであれば、過去問も使って勉強することをお勧めします。

実技試験は問題に慣れることが一番の対策になるので、試験直前には何度も繰り返して勉強しましょう。何度も解いていると、最初はわからないことも徐々に理解できるようになります。

パターンを覚えることが、FP3級の実技試験攻略に繋がるのです。

FP3級の過去問を使った独学

FP3級は、過去問をしっかり勉強すれば独学でも合格できると言われています。

実際に過去問の繰り返し勉強だけで、FP3級に合格した人も多いです。ただし過去問は、前提となる知識を持っている人が使うことで有効になります

FPを初めて受験する人や、基礎が不十分な人はテキストで基礎を勉強することが重要です。上記で紹介した2冊を完璧にしてから、過去問にチャレンジするとより一層の成果を期待できます。

過去問のお勧めとしては、FP技能検定3級 精選過去問題集がポイントを押さえて役立ちます。

この問題集の特徴は、過去問の中でも特に出題されやすいものに絞っていることです。過去問といっても、何度も出題されやすい問題やその後全く出題されない問題と色々あります。

この本は良く出題される問題を研究しているので、効率よく独学でもFP3級の勉強ができます。たいていの資格は、過去問をしっかりと勉強するのが合格の近道になります。

FP3級についても同様に、過去問の対策がかなり重要になってきます。

ただし法律の改正などもあるので、最新の参考書や問題集チェックしておく必要があります。

FP3級に必要な勉強時間

FP3級の勉強時間については、30時間あれば合格レベルの実力を身につけることができます。

これは初めてFP3級の勉強を始めた人の勉強時間ですが、1日1時間を1ヶ月勉強すれば合格できる実力になることができます。ただし中身のない勉強ではなく、しっかりと内容を理解できる勉強をすることが重要です。

30時間の勉強で、問題集を9割以上正解できれば合格できる実力が身についたと言えます。もし正解率が6割以下であれば、勉強時間が足りていないと言えるでしょう。

勉強時間はあくまで目安なので、どれだけ理解できているかを重視して下さい。FP3級は試験日が決まっているので、それまでに全てを完了させられる勉強時間を計画する必要があります。

資格試験の勉強は、時間だけではなく進捗具合も考慮して勉強時間を決めることが重要です。

試験期間に進捗が遅れている場合は、1日の勉強時間を増やしてリカバリーするなど計画的に勉強することが重要です。

FP3級の本試験での注意点

テキストと問題集の勉強で、FP3級は確実に合格できる実力を身につけることができます。

問題集で9割以上正解できれば、本番の試験も問題なく合格できる実力はあります。ただし本試験では、問題演習とは違った部分があるので注意が必要です。

特に注意すべきこととしては、試験の時間配分があります。独学で勉強していると、自分のペースで問題を解く癖がついてしまいます。

本番の試験は長時間になるので、いつもと違った空気に慌ててしまう可能性があります。FP3級は、問題の難易度に対して時間はたっぷりあるので焦る必要はありません。

試験本番になると、時間を気にしてマークシートのミスなどのケアレスミスも出やすくなります。落ち着いて試験に挑めるように、試験直前には試験形式で勉強しておきましょう。

ここまで勉強して普段通りの実力を出すことができれば、FP3級は必ず合格することができます。あとは落ち着いて試験に臨めるように、最終調整を行いましょう。

FP3級はきちんと勉強すれば、1週間でも取得できる資格になります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-FP

Copyright© LEARNING , 2017 AllRights Reserved.