LEARNING

A true realist is one who invests in future.

高校受験

高校受験で効率よく偏差値を上げる勉強法

更新日:

高校受験で偏差値を上げるには、勉強法と参考書選びが重要になります。自分の学力に合った参考書で勉強することで、確実に偏差値を上げることができます。また勉強法も重要で、効率的に行えば勉強時間の短縮もできます。

高校受験で失敗しないためにも、まずは勉強法と参考書を見直しましょう。正しく勉強を行えば、勉強時間に比例して結果を出すことができます。高校受験で偏差値を効率的に上げるための、効果的な勉強法と参考書を紹介します。

偏差値を上げるためには、戦略的に勉強することが重要になります。ただ勉強時間を増やしたり、教科書を勉強するだけでは偏差値はなかなか上がりません。計画的な勉強法を実践すれば、誰でも高校受験レベルの問題は正解することができるようになります。

高校受験に必要な勉強時間

高校受験に必要な勉強時間ですが、多ければ多いほど偏差値が上る可能性は高くなります。 ただし勉強時間は集中力も重要で、ただ時間を長くすれば良いわけではありません。しっかりと偏差値を上げるためには、集中力を持続させる勉強法を実践することが重要になります。集中力は1日や2日では身につかないので、勉強を継続させることが最短の勉強法になります。

毎日勉強する習慣がない受験生は、1日に1時間〜2時間の勉強から始めましょう。これ以上長い勉強時間は、途中で挫折して逆効果になる可能性が高いからです。脳と体を徐々に慣れさせることが、高校受験の勉強時間を効率的に上げられる最善の方法になります。最初は辛いと感じるでしょうが、徐々に時間を増やしていくことで確実に中注力も上がってきます。

高校受験は基本的に、3教科か5教科で受験することが一般的になります。最低でも3時間は集中することが必要になるので、受験までには3時間以上勉強ができる脳と体を作りましょう。いきなり長時間の勉強は無理があるので、少しづつ計画的に勉強時間を増やしていくことを目標にして勉強しましょう。

また勉強時間は、朝と夜でも効率が変わってきます。人間が集中できる時間や、高校受験で最適な勉強時間もあるので注意して下さい。夜型になってしまうと、高校受験本番で失敗してしまう可能性もあるのです。高校受験の勉強時間については、高校受験の勉強時間を効率的に使う方法も参考にして下さい。

以下に集中力を持続させる勉強法を継続させるかが、高校受験の合格の大きな鍵となります。簡単なことではありませんが、ポイントを押さえて勉強すれば誰でも集中力を持続させることは可能です。勉強時間は合格の一つの目安になるので、しっかりと集中して勉強することを心がけて下さい。

英語の偏差値を上げる勉強法

高校受験の英語は、成績が上がるまでに時間がかかる教科になります。中学英語は決して難しくないですが、実力差がはっきりと表れる特徴があります。英語が苦手な人は偏差値が低くなり、高校受験で圧倒的に不利になってしまいます。

苦手な人は英語と聞くと、それだけで難しいと感じてしまいます。この苦手意識を持ってしまうと、なかなか英語を克服することはできません。高校受験レベルの英語であれば、基礎をしっかり身につければ正解できる問題が多いです。英語は必須科目になっているので、得点源にできないと高校受験ではかなり不利になります。

高校受験の英語の勉強法としては、英単語と英文法を覚えることが先決になります。高校受験で長文読解の配点は非常に高いですが、英単語と英文法ができていないと長文読解を解くことが難しいからです。中学で勉強する英単語と英文法は、それほど数も多くないので短期間でも覚えることはできます。

高校受験の英語は、頻出の英単語や英文法が決まっています。全てを理解しなくても、要点を覚えれば確実に英語の成績を上げることができます。最近は効率的に英単語や英文法が覚えられる参考書があるので、それを使うことで教科書よりも短期間に中学英語の復習ができます。

基礎となる英単語と英文法を覚えたら、あとは実践的な問題集で長文読解の対策を行います。目標としては、中3の夏休みまでには英単語を英文法の基本を勉強できることが理想的です。しかし他の教科の勉強もあるので、順調に英語の勉強が進むとは限りません。もし進捗が遅れても、焦って長文読解の勉強に移らないようにしましょう。

英語は基礎ができていないと、次へ進んでもどこかで理解できない部分がでやすい教科です。もし勉強のスケジュールが遅れたら、焦らず基礎が終わるまで続けてください。英語の成績を上げるには、理解できていない部分を復習することが最も重要になるからです。効率的な英語の勉強法として、高校受験の英語の成績を上げる勉強法を参考にして下さい。

数学の偏差値を上げる勉強法

数学が苦手な中学生は多く、高校受験では得点差がはっきりと表れます。中学数学が苦手な子供は、圧倒的に勉強時間が不足している傾向にあります。数学も英語同様に、高校受験レベルになるには勉強時間がかなり必要です。そのため数学が苦手な場合は、数学の勉強の優先度を上げましょう。

高校受験の数学の攻略は、問題演習と復習の繰り返しが最も効果的です。数学は参考書を読むだけでは、問題が解けるようにはなりません。何度も繰り返し問題演習を勉強ことで、偏差値を上げることができるようになります。

数学は暗記では通用しないという人も多いですが、高校受験レベルの問題であれば暗記も重要な勉強法の一つになります。もちろん答えを暗記するだけでは、高校受験の数学の問題を解くことは難しいでしょう。しかし解き方を覚えることで、確実に数学の応用力を付けることができます。特に高校受験レベルの数学の場合、基本的には過去の問題を少し変えて出題することが多くなります。類似問題が多いので、解き方を覚えることが数学を攻略する第一歩になります。

基礎となる解法を覚えたら、あとは問題集を使って実践的な勉強法に移りましょう。数学は参考書を読むだけでは実力を付けることができません。色々なパターンの問題を解くことで、応用力も身につけることができるのです。問題集を使う場合に重要なことに、間違えた問題は必ず復習することがあります。

数学が苦手な受験生の多くは、間違えた問題を復習していない場合が多いです。答え合わせをして終わりではなく、しっかりと間違えた問題を理解することが重要になります。数学は1問解くのに時間がかかるので大変ですが、復習することが最も効率的な勉強法になります。解ける問題を一つ一つ増やすことで、高校受験の数学の偏差値を上げることができます。

また数学の勉強法で重要なことに、じっくり考えて問題を解くこともあります。計算はできるが文章問題や図形が苦手な受験生は、この考えることを行っていない傾向があります。数学は一つの問題をじっくり考えることで、思考力を鍛えることができるのです。すぐに答えが出ないからと諦めず、考える癖をつけて数学を勉強しましょう。

考える力が身につくと、数学の問題を解く時間が早くなってきます。高校受験の数学はある程度パターンが決まっているので、問題集をじっくりと勉強すればこの力が身に付きます。数学が得意な受験生は、この考えて問題を解く勉強法を実践している傾向があります。数学が苦手な人は、じっくりと考えて数学を解くことに集中して勉強しましょう。

基本的に数学は、成績が伸びるまでに時間がかかる教科になります。焦らずじっくりと勉強することが、数学の成績アップの秘訣になります。結果がでなくても、焦らず着実に勉強をしていきましょう。数学の偏差値を上げる勉強法として、高校受験の数学の成績を上げる勉強法も参考にして下さい。

国語の偏差値を上げる勉強法

高校受験の国語は、長文読解の配点が高い教科になります。ですが長文読解は決まった勉強法もなく、対策をしていない受験生も多いです。しかし国語で高得点を狙うには、長文読解を避けて通ることはできません。長文問題でコンスタントに高得点が取れれば、国語を確実な得点源にすることができます。

一般的に国語は、確立した勉強法がなく曖昧な読解力で問題を解く受験生が多いです。国語の偏差値が高い人は、読書量が多い人といった印象を持っている人も多いでしょう。しかし高校受験の国語では、問題を解くために読書量がそこまで関係することはありません。もちろん読書は良いことですが、本を読めば国語の長文が解けるわけではないのです。

国語にも数学や英語と同じように、きちんとした解法が存在します。学校や塾では習わないことが多いですが、国語の偏差値が高い人はこの解法を実践している場合が多いです。国語の長文に必要な読解力は、問題を解くための力になります。国語の読解で重要なことは、答えが文章中のどこに隠されているかを探すことです。国語は必ず文章中に答えがあり、それを見つけられるかが正解の鍵になるのです。

この力を身につけるためには、きちんとした国語の勉強法を実践することが必要になります。国語の長文読解を中心とした効果的な勉強法として、高校受験の国語の成績を上げる勉強法も参考にして下さい。ただ問題集を解くのではなく、正解を導く読解力を身につけられる参考書や勉強法を紹介しています。

国語は曖昧に問題を解くのではなく、論理的に考えることが正解を導く確実な方法になります。国語は普段から使っている日本語で問題が出題されるので、あまり意識しなくてもなんとなく理解できてしまいます。しかし高得点を狙うには、確実に正解できる考え方を身につけることが重要になります。

国語はしっかりと勉強すれば、安定した高得点を狙うことができます。他の教科に比べて軽視されやすいので、ライバルに差をつけるためにはしっかりと勉強しましょう。国語でコンスタントに高得点が取れれば、高校受験の偏差値も確実に上げることができます。他の教科に比べて国語は勉強時間がかからないので、短期間で要領よく勉強することができます。

社会の偏差値を上げる勉強法

高校受験の社会は、歴史・地理・公民など覚えることが多い教科になります。社会は知識量を増やすことが、偏差値を上げる最短の勉強法になります。しかし中学で習う社会を全て覚えるのは時間がかかるので、要点を効率よく覚える勉強が必要になります。

社会を攻略するためには、歴史と地理を最初に復習することが重要になります。歴史と地理は中2までで完了している分野なので、中3の最初から勉強することができます。公民に比べて配点も高いので、夏休みまでにはしっかりと復習しておくことが重要になります。どちらも覚える範囲が広いですが、出題されやすい問題は決まっています。

高校受験の社会を効率よく勉強するには、全体が整理された参考書と問題集を使うことが効果的です。教科書を勉強すると覚えることが多すぎて、効率が悪くなってしまいます。社会は良い参考書を使うことで、重要なポイントを整理して覚えることができます。志望校によって出題傾向は異なりますが、重要なポイントが出題されるのはどの高校でも同じだからです。

高校受験の歴史の勉強法としては、時代の背景や人物を関連付て覚えるのが効果的です。用語集などを暗記する受験生もいますが、この勉強法では全体を結び付けて覚えることができません。歴史を年号や人物で切り離すのではなく、全体をしっかりと把握する覚え方をすると記憶に残りやすくなります。歴史の勉強法としては、参考書で全体を把握して問題集を解いて実力をつける手順が効果的です。

高校受験の地理の勉強法は、地域の特徴をしっかりと把握することが重要になります。地図で場所を覚えるのも重要ですが、その地域の気候や農産物なども一緒に覚えましょう。気候によってできる農作物や工業に違いがあるので、そういった地域の特徴をしっかりと覚えると記憶に残ります。地理は参考書を辞書変わりにして、問題集をどんどん解くことで実力がつきます。

高校受験の公民は、中3で勉強する内容なので比較的覚えている受験生が多いです。ただし時事問題と関係している問題も多く、日頃から新聞やニュースもチェックすることが重要です。特に国際情勢や政治・憲法などは、高校受験の問題として使いやすい傾向にあります。覚える範囲は歴史や地理より少ないですが、理解しにくい内容が多いのが公民の特徴です。定期テスト対策と併せて、一つ一つの用語をしっかりと理解する勉強法が効果的になります。

社会の勉強法の基本は、繰り返し復習して要点を暗記することになります。最近では文章問題も多いですが、要点がわかれば解ける内容になっています。知識の量を増やすことで、高校受験の社会は攻略できます。高校受験の社会の勉強法として、高校受験の社会の成績を上げる勉強法も参考にして下さい。

理科の偏差値を上げる勉強法

高校受験の理科も、社会同様に覚える量が多い教科になります。ですが社会に比べて、しっかりと内容を理解していないと解けない問題が多いので理科を苦手とする受験生も多いです。計算や暗記など色々なパターンの問題が出題されるので、効率的に勉強をすることが理科は重要になります。

高校受験の理科は、基礎をきちんと理解する勉強法が効果的になります。計算問題や記述式もありますが、数学などに比べると基礎的な問題が多いからです。基礎的な内容を理解していれば解ける問題が多いのが、高校受験の理科の特徴になります。もちろん高校によっては難問もありますが、そういった問題は正解できない受験生が多いです。

理科は1分野と2分野がありますが、順番的にはどちらから勉強しても問題ありません。傾向としては1分野が苦手な受験生が多いので、先に1分野を勉強するのもお勧めです。苦手分野を攻略すれば、理科の偏差値を上げることに繋がるからです。理科の勉強で注意することは、理解してから次に進むことがあります。

基礎的な問題が多い理科ですが、苦手な受験生はその基礎の理解に苦しみます。中途半端に覚えてしまっては、得点できる問題も落としてしまう可能性が高くなります。しっかりと理解できるまで、参考書や教科書を読んで復習しましょう。お勧めとしては、図やイラストが豊富な参考書を使うことがあります。理科が難しいと感じるのは、なかなかイメージができないことも原因の一つだからです。

特に1分野は、日常生活でイメージできない内容が多い傾向にあります。図やイラストが多い参考書を使えば、そういった内容も比較的イメージしやすくなります。教科書に比べて丁寧に説明している参考書も多いので、そういったものを使うと効率的に勉強ができます。1分野は理科の得点差になりやすい分野なので、しっかりと勉強すると偏差値を上げる決め手になります。

2分野は暗記要素が強く、知識量が多いほど得点を上げやすい分野になります。記述式の問題も増えていますが、それも基礎ができていれば解ける問題が多いです。2分野の勉強法も、イラストや図を使った参考書がお勧めになります。生物や地学は図を見るとイメージがしやすいので、用語集だけの勉強よりも効率的に覚えられます。ある程度の知識が付いたら、あとは問題集で実践的な勉強を行いましょう。

高校受験の理科は、事象をイメージできれば解ける問題がほとんどです。図やイラストを使った参考書で勉強することで、頭に残りやすくなります。高校受験の理科は覚える範囲は多いですが、基礎を徹底的に勉強すれば偏差値を上げやすい教科になります。問題の傾向も決まっているので、しっかり対策すれば高得点を狙えます。理科の勉強法として、高校受験の理科の成績を上げる勉強法も参考にして下さい。

高校受験で塾や家庭教師を上手に使う勉強法

高校受験で塾や家庭教師を利用する場合、その勉強法をしっかりと見直すことが重要です。塾や家庭教師で勉強すれば、必ず偏差値を上げることができるわけではありません。きちんと偏差値を上げる勉強法を実践しているかが、高校受験合格の鍵になります。塾や家庭教師を利用しても偏差値が上がらない受験生には、以下の原因が考えられます。

  • 塾や家庭教師のレベルが合っていない
  • 家庭学習をしていない
  • 進捗を確認してない

塾や家庭教師のレベルが合っていない

塾や家庭教師を利用している受験生で良くあることに、レベルが合っていない勉強法をしていることがあります。特に塾で多いのですが、自分のレベルに合わない勉強法をしていることが多いです。このレベルとは学力だけではなく、性格なども関係しているので注意してください。

良くあるパターンとして、集団指導塾の学力が低めのクラスに入っている受験生は偏差値が上がりにくいです。集団指導塾はクラスの人数が多いので、先生に質問できない受験生が多いです。せっかく塾に行っても、内容を理解しないままノートを写して終わりという勉強法になってしまいます。こういった質問できないタイプの受験生は、個別に勉強できる家庭教師の方が向いています。

また家庭教師など個別指導でも、先生のレベルが生徒と合わないことは良くあります。偏差値の高い大学を出ているからといって、必ずしも教え方が上手なわけではありません。家庭教師でなかなか偏差値が上がらない場合、先生との相性も考えてみる必要があります。

家庭学習をしていない

これも塾や家庭教師を利用していると良くあるのですが、家で全く勉強していなければ偏差値は上がりません。塾や家庭教師でできる授業など限りがあるので、それだけで偏差値を上げることはほとんど不可能です。偏差値が上がっている受験生は、しっかりと家庭学習をしている傾向にあります。

ただし良い塾や家庭教師だと、家庭でも学習できる教え方をしてくれます。ただ宿題をやらせるのではなく、しっかりと手順を踏んで家庭学習ができる教え方をしてくれるのです。偏差値を上げるためには、基本は家庭学習になることを覚えておきましょう。

進捗を確認していない

高校受験で偏差値を上げるには、常に進捗をチェックしておく必要があります。受験日までの限られた時間で、進捗が順調にいっているかは大事なポイントになります。そういった進捗がわからない塾や家庭教師は、信頼して受験生を任せることはできません。

学習計画をしっかりと確認して、高校受験を万全の態勢で臨めることはとても重要な要素になります。良い塾や家庭教師は、一人一人の進捗をしっかりと把握しています。進捗が遅れていたり、勉強が捗らない場合は、きちんと報告して対策を考えてくれます。

高校受験の勉強法まとめ

高校受験の勉強法ですが、基本的には基礎からしっかりと覚えるのがポイントです。基本ができていれば、高校受験の問題でも解けるようになるからです。基礎から応用を学ぶことができる参考書を選んで、勉強すると効果的です。

基礎ができていれば、高校受験の問題集に取り組むのが良いでしょう。逆に基礎が不足しているのなら、基礎を学べる参考書で勉強しましょう。参考書や問題集も、学力に合ったものを探すのが勉強のコツになります。

基礎を身につけるまでに、時間がかかるので焦ることもあると思います。しかし基礎力をつけることが、高校受験攻略の最短の勉強法に繋がります。一つ一つ丁寧に勉強すれば、必ず実力を上げることができます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-高校受験

Copyright© LEARNING , 2017 AllRights Reserved.