中学受験

中学受験の国語の勉強法とおすすめの問題集

更新日:

中学受験の国語は、算数に比べてあまり勉強していない家庭が多いです。読解力という言葉で片付けられて、確立した勉強法がないのもその理由でしょう。

ですが国語は中学受験では必須なので、対策をしないと合否を左右します。一般的に国語の勉強法は、問題集を読んで解くだけになります。間違えてもその原因を考えず、解いて答え合わせで終わってしまいます。

この勉強法では、国語の偏差値を上げるのは難しいといえます。国語の偏差値を上げるためには、現代文の攻略が鍵になります。

読解力を付けつつ、現代文が解けるようになる勉強法と参考書を紹介します。国語の成績を上げることで、中学受験の合格率が大きく上がります。

中学受験の国語と読解力

国語という教科で読解力は、高いほど点数が取れる要素と思われています。

確かに読解力が高い子供の国語の成績は、高い傾向にあると言っても良いでしょう。読解力を上げる勉強法は、基本的には本をたくさん読むのが一番効果的です。もちろん本を読むことは重要ですが、中学受験の時間を全て割くことは難しいです。

そこで読解力を上げる勉強法として、中学受験の国語の問題を使った勉強があります。中学受験の現代文を読むことで、子供の読解力を上げるのです。

国語の現代文を数多く解くことで、読解力は確実に上げることができます。色々な問題を読むことで、読解スピードや解法のコツがだんだんと理解できるようになります。

その意味で中学受験の問題は、国語の実力を上げる最適なテキストと言えます。

中学受験の国語の勉強時間

国語の勉強時間は、1日に1時間30分ほど勉強すれば十分と言えます。

現代文の読解を1時間と、漢字などの暗記分野を30分行うのが理想的です。これを毎日続けることで、確実に国語の成績を上げることができます。

もちろん漢字などの暗記分野に、もっと時間を使うのも良いでしょう。現代文に関しては、1日に1題ほど解けば十分といえます。

少ないと感じるかもしれませんが、毎日続ければ読解力を上げることができます。ただし国語の現代文は、市販で発売されている問題集も限られています。中学受験用の国語だけでは不足するので、小学生用のものも使いましょう。

勉強開始の頃は、読みやすい小学生用の問題集から勉強するのがお勧めです。

中学受験の国語の勉強におすすめの問題集

中学受験の国語は、多くの問題集を解くことで偏差値を上げられます。問題集の良し悪しはありますが、色々な問題を解くことで応用力もつけられます。

最初の頃は簡単なものから、徐々に難易度を上げるのがポイントです。

小学生レベルの国語の問題集

中学受験を開始したばかりの頃は、読解力も低く現代文の読み方がわからない子供が多いです。

この時期は小学生レベルの良質な問題集を使うことで、国語の実力を上げられます。まずは基礎となる読解力を付け、国語の解法のテクニックを学べるものをお勧めします。

最初の1冊としては、本当の国語力を使った勉強するのが効果的です。

曖昧な国語の現代文を、論理的に解くことを目標とした問題集です。ただ読むのではなく、問題を確実に正解するための読み方を勉強できます。

問題数は少ないですが、現代文の解き方の考え方を学べる1冊です。中学受験用ではありませんが、中学受験の現代文の対策にもなります。

このシリーズで、もう少し難易度が上がったものに本当の国語力が身につく問題集2もあります。

問題集のレベル的には、小学校高学年向けの難易度になります。中学受験を目指す小学4年生位から始めると、国語の読解力を身につけることができます。

中学受験レベルの国語の問題集

中学受験を目標とした問題集は色々とありますが、最初の1冊としては国語の読解力は「答え探しの技」で勝つがおすすめです。

この問題集は、小手先のテクニックではなく現代文の本質を理解できる実力がつく1冊です。

国語の解き方にはルールがあり、それを身につけることで確実に国語を得点源にすることができます。ただしこの問題集1冊で、国語の成績があがるわけではありません。

この問題集で解き方のルールを学び、色々な問題集を実践することで国語の偏差値を上げることが出来ます。

中学受験の国語の読解力を身につけるのにおすすめの問題集として、田代式中学受験国語の「神技」もおすすめです。

長年中学受験の講師をしている著者だけに、中学受験の国語のポイントがたくさん書かれています。

この問題集の考え方は、正直なところ全ての子供が実践できるわけではありません。しかし実践することができれば、中学受験の国語を攻略することができるようになります。

レベル的には高めなので、5年生や6年生がすべき勉強法になります。国語の解法ルールを理解したら、実践問題で練習することが重要になります。

解き方のコツがわかっても、練習を重ねなければ実践で使える実力にはならないからです。

中学受験の国語の読解問題としては、中学入試でる順過去問国語読解合格への85問がおすすめです。

この問題集は、中学受験の厳選された過去問が出題されています。内容は普通ですが、問題は良質なものを揃えているので偏差値を上げるにはピッタリの問題集です。難しい問題もありますが、色々な問題を解くことで実力がつきます。

中学受験の国語の実践的な問題集としては、中学受験国語文章問題の鉄則もおすすめです。

中堅中学から難関中学までの国語の読解をカバーしている、実践的な問題集になります。

高度な問題も多いですが、これ1冊を勉強すれば国語の読解力はかなり上がります。国語の偏差値を上げるための、読み方のルールも学べるおすすめの問題集です。

上記の問題集で勉強する以外にも、志望校の過去問などは必ず勉強しましょう。国語の読解力は、経験を重ねることで確実に実力を上げることが出来ます。

最初の頃は読むのに一苦労しますが、徐々に読解のスピードも上がります。

国語の語彙力を上げる勉強法

中学受験の国語は、読解力を上げるためには語彙力を勉強することが重要です。

漢字や熟語など、小学生レベルには難しいものも出題されることがあります。知っているだけで点数になるものもあるので、なるべく普段の勉強で語彙も意識するようにしましょう。

語彙力は日々の勉強が重要で、中学受験によく出るものを勉強するのが効果的です。

語彙力の増強には、中学入試国語暗記分野3700で勉強することをおすすめします。

ランクごとに分かれているので、自分のレベルに合った勉強ができます。またコンパクトサイズなので、持ち運びに便利でどこでも勉強することができます。中学受験に必要な、国語の語彙力を上げられる1冊になります。

これ1冊でもかなり実力がつきますが、お勧めとしては中学入試でる順過去問ことわざ・語句・文法合格への1190問もあります。

中学受験に出る順番にまとまっているので、効率的に勉強できます。頻出の語彙がよくまとまっているので、中堅レベルを目指す家庭にお勧めの1冊になります。

時間がない家庭や、最低限の勉強で効率よく勉強したい家庭にお勧めの問題集になります。語彙を増やすには、何度も読むことが一番の近道になります。

地道で時間がかかる勉強になるので、なるべく早い段階から始めた方が有利になります。

楽しい勉強ではありませんが、国語の偏差値を左右する要素になるので必ず勉強しましょう。

中学受験国語の勉強法まとめ

中学受験の国語は、勉強していない家庭も多く意外と差がつく教科になります。

曖昧な勉強でもある程度の点数が取れるので、勉強しない家庭も多いです。しかしきちんと勉強すれば、コンスタントに高得点が取れる教科になります。

読解などは勉強法がないと思う人が多いですが、解法ルールがわかれば確実に得点源にすることができます。

一度覚えればどんな問題にも対応できるので、今回紹介した参考書や問題集で勉強して下さい。中学受験の国語でライバルに、差をつけられることを実感できるでしょう。

国語は日本人が最も中途半端にしやすい教科ですが、きちんとした勉強法があります。これを実践するだけで、国語が苦手から得意に変わった子供も多いです。

実は最も短時間で、確実に得点源にできるので今回紹介した勉強法を実践して下さい。

中学受験の勉強法については、中学受験で偏差値を確実に上げる勉強法も参考にして下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-中学受験

Copyright© LEARNING , 2017 AllRights Reserved.