LEARNING

A true realist is one who invests in future.

高校受験

高校受験の社会の成績を上げる勉強法

更新日:

高校受験の社会は、効率的に勉強することが重要な教科になります。勉強法としては暗記することが一般的で、知識量の多さが社会の点数を左右することは間違いありません。しかし単純に用語を暗記するだけでは、高校受験では効率的な勉強法とは言えません。

社会の勉強法としては、暗記をして知識を増やすことが大事になります。しかし中学3年分の教科書を全て覚えるのは、効率的が良いとは言えません。高校受験に焦点を絞った場合、出題されやすい要点を徹底的に覚える方が効率的に勉強することができます。

高校受験の社会の要点を押さえるには、良い参考書と問題集を使った勉強法が最も効果的です。最短の時間で社会を攻略することができる、勉強法と参考書を紹介します。歴史・地理・公民と範囲は広いですが、効率よく勉強すれば社会を得点源にすることが可能です。

高校受験の社会の勉強戦略

高校受験の社会は、基本的には知識量が多い受験生の方が有利になります。記述式の問題も増えていますが、知っていれば解ける問題が多いからです。そのため社会の勉強法としては、とにかく重要な要点を詰め込む学習が最も効果的です。

ただし社会は範囲が広く、ただ詰込みの勉強法では高校受験までに全て終わらない可能性が高いです。教科書を全て覚える勉強法を実践する受験生もいますが、中学3年分の教科書を全て覚えるのは決して簡単なことではありません。それよりも高校受験に出題されやすい用語を中心に、しっかりと勉強したほうが効率的です。

高校受験の社会を効率化させる勉強法としては、重要な要点を絞った参考書を使うことになります。高校受験の社会は歴史・地理・公民と範囲が広いので、効率を上げるためには良い参考書選びが重要になります。良い参考書を使うことで、普通に勉強するよりも社会の勉強時間を短縮させることができます。

社会の勉強法で重要なこととしては、問題集の使い方もあります。参考書で用語を覚えるだけでは、高校受験の社会の問題に対応できない可能性があります。問題の出題形式も高校によって様々なので、色々な出題パターンに慣れる必要があります。そのためには参考書だけではなく、問題集を使うことが重要になるのです。

高校受験の社会は、基本的に参考書と問題集を上手に使うことが効率的な勉強に繋がります。ただし何冊も参考書を購入しても、読み終わらなければ意味がありません。参考書や問題集は数多く使わず、何冊か良いものをピックアップすることが重要です。歴史・地理・公民で、効率的に勉強できる参考書や問題集も紹介するので参考にして下さい。

高校受験の歴史の勉強法

高校受験の歴史は、人物や年号を暗記する勉強法が一般的になります。多くの受験生は、年号や人物を一つ一つゴロ覚えする勉強法をしています。この方法は暗記が得意な人は覚えられますが、そうでなければお勧めできない勉強法になります。年号や人物名を一つ一つ覚える勉強法は、時間が限られている高校受験には向きません

歴史の勉強で重要なことは、出来事を時系列でしっかりと覚えることになります。年号や人物をバラバラに覚えるのではなく、時代の流れや背景を理解して覚えると効率的に記憶することができます。流れや背景を理解することで、ただ暗記するよりも頭に残りやすくなります。

この勉強法を効率的に行える参考書として、高校入試実力メキメキ合格ノート 中学歴史 新装版があります。この参考書の良いところは、解説と書き込みで効率よく歴史を勉強できる構成になっているところです。講義形式の解説で、歴史の流れや背景をしっかりと理解することができます。解説を読み終えたら、整理ノートに書き込みをすることで勉強した内容を定着させることができます。

基本的には高校入試実力メキメキ合格ノートを使えば、高校受験の問題に対応できる実力を身につけることができます。ただし1回で覚えることは難しいので、最低でも3回は復習することをお勧めします。そのため整理ノートはコピーして、何度も使えるように工夫することをお勧めします。この参考書は要点もまとまっているので、1冊完璧にすれば高校受験の歴史対策としては十分です。

高校受験の地理の勉強法

高校受験の地理は、大まかに日本と世界の2つを勉強する必要があります。地理が苦手な人は、用語だけで覚えようとする傾向があります。そうではなく地理は、その土地の特色を覚えることで記憶に残りやすくなります。その土地の特徴を覚えることが、地理の効率的な勉強法になります。

日本と世界の特徴を覚えると聞くと範囲が広いと感じるかもしれませんが、歴史に比べると覚えることは少ないです。地理はある程度の知識があれば、予測でも正解できる問題が多くなります。日本と世界でも土地によって似ている特徴があるので、地図を意識した勉強が効果的です。

高校受験の地理の勉強法として、要点を押さえて問題を解くことが効率的になります。表や図の読み取り問題も出題されやすいので、問題集を中心に勉強することが効果的です。参考書の選び方としては、要点が整理されていて問題集も兼ねているものを選ぶのがお勧めです。

地理を効率よく勉強できる参考書としては、くもんの中学基礎がため100%中学社会 地理編・日本―学習指導要領対応くもんの中学基礎がため100%中学社会 地理編・世界―学習指導要領対応になります。要点の読んで問題を解く構成になっているので、効率よく地理の知識を勉強することができます。重要な内容は何度も反復できる内容になっているので、効果的に地理の知識を身につけることができます。

要点整理をした後に問題を解くことで、地理を一つ一つ丁寧に覚えることができます。1回では暗記することができないので、こちらも最低でも3回は復習することが重要になります。この参考書を使うことで、高校受験の地理に必要な知識を勉強できます。あとは社会の問題集を使って、より実践的に勉強をすれば対策としては万全です。

高校受験の公民の勉強法

公民は中3から勉強する分野なので、地理や歴史に比べて覚えている人が多いです。ただし憲法など、内容がとっつきにくいのが公民の特徴です。また時事問題も出題されやすいので、日頃からニュースを見ることも大事になります。公民は用語がわかりにくいので、なるべく説明が丁寧な参考書で勉強するのがポイントです。

高校受験の公民対策の参考書としては、実力メキメキ合格ノート 中学公民 (高校入試実力メキメキ)がお勧めになります。歴史と同様に、講義形式のテキストと整理ノートの穴埋めの構成になっています。わかりにくい公民の用語を丁寧に解説しているのも、この参考書の特徴になります。

この参考書を使った勉強法としては、社会と同様に整理ノートをコピーして何度も復習しましょう。公民は用語が難しいですが、覚えてしまえば正解できる問題が多い傾向にあります。繰り返し復習することで、難しい公民用語も確実に覚えることができます。

公民は中3から勉強するので、定期テストで覚える必要もある内容になります。高校受験の勉強も兼ねて覚えることで、効率的に受験対策をすることができます。時間が限られている高校受験では、勉強の効率を上げることも合格率を上げるためには重要になります。

高校受験の社会の総仕上げ勉強法

歴史・地理・公民を個別に勉強したら、総仕上げとして問題集を使って実践的な勉強をしましょう。志望校によって問題傾向が異なるので、模試や過去問を使うことも重要になります。問題集を多く解くことで、色々なパターンの問題に対応できる実力をつけることができます。

高校受験の社会の総仕上げとしては、高校入試合格BON!社会―参考書&問題集 (高校入試合格BON! 5)がお勧めの問題集になります。歴史・地理・公民の要点を、効率的に復習することができる問題集になります。内容的には要点を絞っているので、総仕上げとして使うことができます。

社会の総仕上げに使える問題集として、中学総合的研究高校入試問題集社会資料読解 新装版もあります。こちらは社会で出題されやすい、資料の読解を鍛えることができる問題集になります。資料の読解のため少し難しい内容もありますが、応用問題を解く実力をつけるのに役立ちます。

高校受験では、正解率が高い問題を間違えると合格に大きく影響します。基本的な問題になりますが、社会の場合は知らないと解けない問題になります。そういった正解すべき問題を間違えないための問題集として、受験生の50%以上が解ける 落とせない入試問題 社会 改訂版は役立つ1冊になります。基本的な問題が多いですが、資料や記述の問題もあるので高校受験に役立ちます。

高校受験の社会は、基礎ができていれば解ける問題が多くなります。ただし知識を増やしただけでは、高校受験レベルの問題に対応できない場合があります。その理由としては、問題に慣れていないことが挙げられます。問題集を使って勉強することで、高校受験の問題にも対応できるようになります。

社会の過去問に挑戦する時期

高校受験の社会も、過去問を解くことが重要で受験前には必ず終わらせておきたい勉強になります。社会の過去問にチャレンジする時期としては、中3の夏休み後と冬休み後が理想出来です。この時期は勉強を長時間できるチャンスであり、勉強の成果を試す丁度よい時期になるからです。

社会は知識量が重要な教科になるので、覚えた分だけ実力アップに繋がります。中3の休みは勉強時間もたっぷり取れるので、暗記科目が成績アップしやすい時期になります。休み明けに過去問に挑戦することで、実力試しと弱点探しをすることができます。

社会の過去問で重要なことは、時間配分の把握と問題傾向の分析になります。本番に合わせた時間配分でチャレンジすることで、余裕をもって高校受験に挑むことができます。また過去問と似た問題が出題されることもあるので、間違えた問題はしっかりと復習することが重要になります。

過去問で高得点が取れないとショックを受ける人もいますが、過去問で満点を取れる受験生は少ないです。目安としては、自分の志望校の平均点を超えることを目標にしましょう。過去問は満点を目指すのではなく、本番同様の環境に慣れることも目的の一つになります。

高校受験の社会勉強法まとめ

高校受験の社会は、基本的には知識が多い受験生ほど高得点が取れる教科になります。資料の読解や記述問題も、知識があれば解ける問題がほとんどになります。ですので時間をかけて勉強すれば、社会で高得点を取ることは決して難しくありません。

ただし社会だけに勉強時間を使うことはできないので、効率よく勉強することも重要になるのです。良い参考書と使って基礎を身につけ、問題集を解く勉強法が最も効果的です。範囲は広いですが、勉強した分だけ成績アップに繋げやすいのが社会の特徴になります。

範囲が広いからと多くの参考書は使わず、1冊を丁寧に勉強することが社会の効率的な勉強法になります。社会は暗記中心の科目になりますが、全てを覚えるのは効率的ではありません。最短の努力で成績を上げる勉強法も、高校受験の社会攻略では必要な勉強法になります。高校受験の勉強法として、高校受験で効率よく偏差値を上げる勉強法も参考にして下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-高校受験

Copyright© LEARNING , 2017 AllRights Reserved.