LEARNING

A true realist is one who invests in future.

高校受験

高校受験の理科の成績を上げる勉強法

更新日:

高校受験の理科で成績を上げるには、勉強法がとても重要になります。理科は1分野と2分野で勉強の内容が異なるので、それぞれの傾向に合った勉強法をする必要があります。得意不得意があるので、苦手な分野を中心に勉強することが成績アップに繋がります。

高校受験の理科の特徴として、暗記だけの勉強では対策が難しいことが挙げられます。覚えれば解ける問題も多いですが、それだけでは本当の実力をつけることが難しくなります。しっかりと物事の事象を理解することが、高校受験の理解の効果的な勉強法になります。

理科が苦手な受験生は、基礎からしっかりと勉強することが最も効率的な勉強法になります。ただし教科書では理解できない受験生も多いので、要点がまとまっている参考書を使うと効果的に勉強できます。高校受験対策として、効果的に理科の成績を上げることができる勉強法を紹介します。

高校受験の理科の攻略法

高校受験の理科は、基礎からしっかりと覚える勉強法が最も効果的です。一部の難関高校を除けば、高校受験の理科は基礎ができれば解ける問題がほとんどだからです。そのため基礎的な学力を定着させる勉強法が、理科の攻略に最も効果的な勉強法になります。

理科は1分野と2分野があり、受験生によって得意不得意が分かれます。一般的に1分野を苦手とする受験生が多いですが、決して1分野の問題の難易度が高いわけではありません。基礎が理解できていれば、理科の1分野でも攻略することは可能です。

勉強法としては、理科の事象がイメージできるまで参考書を読みましょう。理科が苦手な人の傾向として、物事の事象をイメージできないことが多いです。特に1分野は日常ではイメージできないことが多いので、苦手意識を持つ受験生が多いのです。頭でイメージできるようになれば、理科は決して難しい教科ではありません。そのために重要なこととして、理科の参考書選びがあります。

理科で参考書は、図やイラストをたくさん使っているものを選びましょう。イメージが難しい1分野でも、図などを使えば理解しやすくなるからです。イメージを掴むことができれば、理科の問題は意外と簡単に解くことができるようになります。理科が得意な受験生は、イメージで事象を理解できている傾向が強いです。

基礎がしっかりと勉強できれば、問題集で実力をつける勉強法に移りましょう。蓄えた知識を引き出すためには、問題集で実践演習をすることが最も効果的な勉強法になります。基礎力がアップすれば、高校受験レベルの理科なら正解できる問題が多くなってきます。

理科の基礎力をつける勉強法

理科に苦手意識を持っている場合、まずは基礎から勉強するのが効果的です。基礎ができていないと、高校受験レベルの問題を解くことが難しくなるからです。ただし理解している分野については、基礎から勉強する必要はありません。基礎ができていない分野を勉強することで、高校受験の理科の問題を解く実力を身につけます。

理科の基礎を勉強する場合、ひとつひとつわかりやすくシリーズを使うことをお勧めします。中1から中3まで、理科の基礎的なことを丁寧に解説している参考書になります。教科書に比べて、図やイラストを多用して理科の内容をわかりやすく説明しています。内容は基礎の基礎になりますが、理科が苦手な人はここから始めることをお勧めします。

中1理科をひとつひとつわかりやすく。 (中学ひとつひとつわかりやすく)

中2理科をひとつひとつわかりやすく。 (中学ひとつひとつわかりやすく)

中3理科をひとつひとつわかりやすく。 (中学ひとつひとつわかりやすく)

学年ごとに勉強できるので、苦手分野をピックアップすると効率的に学習できます。内容としては理科の基本になり、高校受験の勉強前に必ず覚えておきたい内容になります。この参考書で基礎力を身につけたら、実践的な高校受験対策の理科の勉強に移りましょう。対象としては理科が苦手な受験生なので、理科をある程度の理解ができているならばもう少しレベルが高い参考書を使いましょう。

基本的には理科が苦手な人向けですが、高校受験の事前準備として復習に使うのもお勧めです。レイアウトも見やすくページ数もそれほど多くないので、中3の春休みの理科の復習に使うのもお勧めになります。また中3ならば、定期テスト対策にも使うこともお勧めになります。

理科の1分野の勉強法

中学の理科が苦手な人は、1分野に苦手意識を持っている人が多いです。日常ではイメージが難しい用語や計算問題など、理解力が必要になるもの苦手な人が多い原因だと思われます。高校受験の理科でも平均点を下げる原因になっているので、1分野の攻略は理科の成績アップには欠かせません。

1分野を効率的に勉強するには、イメージできる参考書を使うことが重要になります。上記で紹介したひとつひとつシリーズも役立ちますが、より高校受験向きの参考書として図でわかる中学理科 1分野(物理・化学)―中1~中3 (未来を切り開く学力シリーズ)がお勧めです。内容としては高校受験レベルになっているので、基礎ができていないと難しく感じる内容になっています。しかし基礎ができていれば、より高校受験向きの勉強ができる良書と言えます。

勉強法としては、イメージができるまで繰り返し読むのが効果的になります。1回では難しいかもしれませんが、図やイラストが豊富なので文字だけよりも理解しやすい構成になっています。例題など問題にチャレンジもできるので、知識を定着させるためには問題にもチャレンジしましょう。若干レベルの高い内容もありますが、高校受験レベルの対策としてお勧めできる良い参考書になります。

参考書はイメージができるまで何度も読むようにしてください。最低でも3回位読まなければ、しっかりとイメージすることは難しいです。1分野の内容ができたら、実践的な勉強法として新A CLASS中学理科問題集1分野 (中学新Aクラス問題集シリーズ)を使いましょう。基礎的な問題から応用問題まで、幅広く1分野の勉強をすることができます。一部難問が含まれているので、難関校を目指すわけでなければ無理に勉強する必要はありません。

1分野の対策としては、この2冊をしっかりと勉強してください。これが完璧にできるようになれば、ほとんどの高校受験の問題に対応できる実力が身についています。難しいと思われる1分野ですが、基礎からしっかりと勉強すれば確実に成績を上げることができます。

理科の2分野の勉強法

2分野の勉強法として重要なことは、丁寧な解説と図で理解しやすい参考書を使うことになります。暗記中心の勉強法と思われる2分野ですが、理解することも重要な分野になります。頭の中で整理することができれば、2分野を確実に得点源にすることができます。

2分野でお勧めの参考書は、実力メキメキ合格ノート 中学理科[生命・地球] (高校入試実力メキメキ)になります。この参考書は講義形式のテキストを読んで、穴埋め整理ノートで理解力を深める構成になっています。文章の解説も丁寧ですが、図やイラストも使っているのでイメージがしやすくなっています。

この参考書で2分野を勉強すれば、高校受験に必要な学力をつけることができます。例も身近なものを題材にしていて、とても理解しやすい工夫がされている良書になります。ただ暗記するよりも、しっかりと理解して覚えられるので定着力が全く違います。

実力メキメキ合格ノートは、1回で終わらせるのではなく何度も復習しましょう。穴埋めは書き込むのではなく、コピーをして何度も繰り返せるようにしましょう。3~5回ほど勉強すれば、高校受験レベルの理科の2分野に対応できる実力が身に付きます。

高校受験理科の追い込み勉強法

理科の基礎が身についたら、実践的な問題集と過去問を使って勉強をしましょう。知識は問題を解くことで、実践に生かすことができるようになるのです。理科の問題集としては、中学総合的研究問題集 理科 改訂版がお勧めになります。

基礎から応用まで、高校受験の理科をしっかりと勉強できる問題集になります。これ1冊を完璧に理解できるようになれば、高校受験の理科はかなり高得点を取ることができる可能性が高くなります。若干難しい問題もあるので、中堅私立や公立の受験生は無理にチャレンジする必要はありません。

追い込み時期はこの問題集と、過去問も一緒に勉強すると効果的です。目安としては中3の冬休みには基礎を終わらせて、この問題集や過去問に取り組めるようにしましょう。早ければ夏休みにもチャレンジしても良いですが、中3の内容もあるので無理に取り組む必要はありません。

過去問に関しては、志望校の過去5年分ほどの問題を解いてみることをお勧めします。その年によって難易度が変わったりもするので、5年ほど解いてみることが重要になるのです。間違った問題は必ず復習して、高校受験の理科対策を万全にしましょう。ただし数問難易度が高い問題もあるので、必ずしも全て解ける必要はありません。高校受験の勉強法として、高校受験で効率よく偏差値を上げる勉強法も参考にして下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-高校受験

Copyright© LEARNING , 2017 AllRights Reserved.