LEARNING

A true realist is one who invests in future.

大学受験

大学受験の現代文の勉強法とおすすめの参考書

更新日:

大学受験の現代文は、国語の中でも最も配点が高い分野になります。しかし勉強法がわからず、重点的に勉強している受験生はそれほど多くありません。現代文の参考書を使うにしても、問題を解いて何となく答え合わせをするのが一般的な現代文の勉強法になります。

日本人であれば現代文を読むことは、英文などに比べると難易度は低くなります。そのため何となく読んで答え合わせをする勉強法でも、ある程度の点数が取れるのが現代文の特徴になります。ですが1点2点で合否が変わる大学受験では、現代文をコンスタントに得点することが重要になります。

曖昧な勉強法しかないと思われる国語の現代文ですが、良い参考書を使えば答えのコツが理解できるようになります。大学受験の現代文を、短期間で攻略できる勉強法を紹介します。現代文でコンスタントに高得点を取れれば、大学受験の国語はかなり有利になります。

現代文に必要な読解力と勉強法

大学受験の現代文の勉強法は、問題集を解いて答え合わせをするのが一般的になります。他の教科に比べると、勉強する問題集の数も少なくそれほど重点的に勉強している受験生は少なくなります。この勉強法では多少の読解力が身についても、受験の現代文を解く実力を身につけることは難しくなります。

国語の現代文で重要なことは、きちんとした現代文の解き方を身につけることになります。しかし学校や予備校などでも、現代文の解き方をきちんと教えている講師はそれほど多くありません。受験生に曖昧な読解力を求めるだけで、正しい現代文の解き方を教えていないのです。

国語の現代文は、正しい解き方さえ覚えればコンスタントに高得点を取ることができます。現代文の正しい解き方としては、文章中から答えを探し出すことになります。現代文の特徴として、答えは必ず文章中から探し出せることがあります。この現代文の解法を理解していない受験生は、実は非常に多いのです。

よく現代文は読解力があれば解けると言いますが、この読解力を正しく理解していない人がほとんどです。そういった人にありがちなのが、答えを自分で考えてしまうことがあります。文章を読んで自分の主観を入れて答えてしまうのが、現代文で失敗する勉強法になるのです。

現代文は文中に答えのキーワードがあるので、それを鍵に答えを探すのが正しい解き方になります。つまり現代文に必要な読解力とは、問題を正しく読んで文章中から正解を導く力になります。これができるようになれば、大学受験の現代文を得点源にすることができるようになります。

この力を身につける勉強法はシンプルで、現代文の読み方のコツを覚えることと、参考書や問題集で実践することになります。国語の参考書を使う人は少ないですが、良い参考書を使って勉強すれば確実に国語を得点源にすることができます。良い参考書と問題集を紹介するので、現代文の攻略の参考にして下さい。

現代文の勉強におすすめの参考書

現代文の勉強に参考書を使う人は少ないですが、良い参考書は解法のコツを覚えることができます。大学受験の国語の参考書はいくつかありますが、その中でも現代文攻略に効果がある参考書を紹介します。それぞれ特徴があるので、それを理解して使うことが現代文で成績を上げるポイントになります。

現代文の参考書の解法を理解できる参考書としては、現代文の勉強法をはじめからていねいに (東進ブックス TOSHIN COMICS)がお勧めになります。大学受験の現代文で有名な出口講師による、講義形式の参考書になります。出口講師の現代文読解の特徴として、論理的に答えを導き出すことがあります。主観的な読解ではなく、理論的に現代文を読み解くのがこの参考書の売りになります。若干癖があるため好き嫌いがわかれますが、大学受験の現代文の勉強法としては一読する価値がある参考書になります。

この参考書を読んで現代文の解き方に共感できるのであれば、より実践的な解法を身につけられる出口汪 現代文講義の実況中継(1) (実況中継シリーズ)もお勧めになります。実況中継シリーズは大学受験で有名ですが、現代文の勉強としてこの参考書もかなり役立つ内容になっています。授業形式なので、現代文の解き方を理解しながら読めるのも実況中継シリーズの良い部分になります。

現代文の勉強法に役立つ参考書として、センター現代文解法の新技術 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)もお勧めになります。センター試験レベルの現代文になりますが、現代文の解き方をしっかりと勉強することができます。選択肢の選び方など、テクニック的なことも教えているのも本書の特徴になります。センター試験レベルの現代文は比較的簡単ですが、このレベルに苦戦する受験生も実は多いです。まずは基礎的な現代文を得点できる実力を身につけることが、大学受験の現代文の攻略に繋がります。

大学受験の現代文攻略にお勧めの参考書として、船口のゼロから読み解く最強の現代文 (大学受験Nシリーズ)も一読の価値があります。この参考書の特徴として、基礎と応用の2段階のステップで構成されていることがあります。ステップ1では、現代文に必要な知識を勉強することができます。ステップ2では、実践的な問題で実力アップができる構成になっています。正しい勉強法を実践して、現代文の点数は確実に上げることができる参考書になります。

現代文の基礎を勉強できる参考書として、入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ)もお勧めできるものになります。この参考書は上記で紹介したものに比べて、より丁寧な解説が売りとなる参考書になります。本文と設問の解説がとにかく丁寧なので、国語が苦手な人でも無理なく勉強することができる参考書です。ただしオーソドックスな内容なので、コツをつかむのではなく地道に努力するタイプの王道的な参考書になります。

現代文の問題集と勉強法

大学受験の現代文は、参考書を使って勉強すれば解法のテクニックを身につけることができます。しかしテクニックは読んで理解しただけでは、確実に正解することができません。問題集を使って実践的な勉強をすることで、テクニックを使いこなすことができるようになるのです。

現代文の問題集は、様々なジャンルのものを使って勉強することが効果的になります。問題を数多く解くことで、現代文に必要な読解力を徐々にですが上げることができます。大学受験の現代文でおすすめの問題集としては、大学入試 全レベル問題集 現代文 1基礎レベル (大学入試全レベ)になります。レベル別の現代文の問題集で、基礎から難関大学まで数多くの現代文を勉強することができます。

現代文の問題集を使うときのポイントは、間違えた問題の考え方を理解することになります。上記の参考書で勉強した方法でも、全て正解するのは正直かなり難しいことになります。間違えた問題に関して、何故それが間違いなのかをしっかりと考えましょう。問題集の解説を読んで、納得することが重要になります。参考書でテクニックを覚えても、最初は正解できないことが多いと思います。しかし様々な問題をこなすことで、確実に大学受験の現代文に必要な読解力を身につけることができます。

全レベル問題集の4までをしっかりと勉強すれば、ほとんどの大学で通用する現代文の読解力を身につけられるようになります。あとは模試などを利用することで、現代文を攻略できる力が身に付きます。個人差はありますが、早ければ3ヵ月くらいから効果が出てきます。

大学受験の現代文の勉強法まとめ

大学受験の現代文は、勉強すれば確実に得点源にすることができる分野です。勉強法がないと思われていますが、現代文はしっかりとした解き方があります。それを覚えて実践することで、現代文でコンスタントに高得点を取ることができるようになります。比較的短期間で攻略できるのも、現代文の勉強の特徴になります。

読解力は読書量も重要ですが、受験の現代文に限っては読書量だけでは正解することはできません。しっかりとテクニックを身につけておくことが、国語の得点を上げる鍵になるのです。現代文を曖昧に勉強している受験生は多いので、しっかりと勉強すればライバルに差をつけることができます。

国語の中でも現代文は配点が高いので、しっかりと対策しておくことが大学受験の合格率を上げるポイントになります。一度身につけばほとんどの問題に対応できる力になるので、しっかりと現代文は勉強しておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-大学受験

Copyright© LEARNING , 2017 AllRights Reserved.