LEARNING

A true realist is one who invests in future.

中国語

中国語の単語を効率的に覚えられる勉強法とおすすめの参考書

更新日:

中国語をマスターする上で重要なこととしては、単語を一つでも多く覚えることがあります。語学力の基礎となる単語は中国語の勉強でも重要なことで、単語を効率よく覚えることが中国語の上達には必要不可欠となります。ただし中国語の単語は膨大な量があるため、全てを覚えることはほぼ不可能と言っても良いでしょう。

しっかりと中国語の基礎を固めるためには、単語の勉強は欠かすことができません。如何に効率よく単語を覚えるかが、中国語のマスターでも非常に重要なことになります。地道なイメージが強い単語の勉強ですが、効率的に覚えれば短期間でも重要単語を覚えることができます。中国語は似ている漢字も多いので、他の言語に比べても短期間で覚えやすい特徴があります。

中国語の入門レベルの学習者でも、無理なく上達できる効率的な勉強法とお勧めの参考書を紹介します。中国語の単語をしっかりと覚えれば、その後の上達が確実に早くなります。勉強のポイントを押さえて学習すれば、誰でも中国語の単語を効率的に覚えることができます。

中国語の単語の効果的な勉強法

中国語に限らず単語の勉強は、覚えるまで繰り返し勉強することが一番の近道になります。単語が覚えられない人の多くは、1回2回見て勉強を終わりにしてしまう傾向があります。よほど暗記が得意な人でもない限り、数回見ただけで単語を覚えることはできません。中国語の単語をしっかりと身につけている人は、何度も繰り返し勉強して単語をを定着させています。

エビングハウスの忘却曲線という有名な曲線がありますが、これは人間は時間とともに覚えたことを忘れることを表しています。つまい時間が経つほど、覚えた単語を忘れてしまうのです。今日覚えたことは、明日になれば74%も忘れると言われています。1ヵ月後には79%も忘れると言われているので、約8割も忘れていることになります。

そのため1日で必死に単語を勉強したとしても、1ヵ月もすれば8割近い単語を忘れてしまうのです。ではどのように勉強すれば良いかというと、復習のタイミングを上手に使って勉強することがあります。個人差はありますが以下のスケジュールで単語を勉強すれば、効率よく中国語の単語を覚えることができます。

  1. 中国語の単語を翌日と翌々日に復習する
  2. 1週間後に復習する
  3. 2週間後復習する
  4. 3週間後復習する
  5. 1ヵ月後に復習する

多くの人は1回見たら、それで単語の勉強を終わりにしてしまいます。しかしその勉強法では知識は定着しないので、上記のように何度も繰り返して勉強しましょう。忘れる頃に中国語の単語を勉強することで、確実に知識を定着させることができます。覚えるまでには個人差があるので、5回でも覚えていない場合は覚えるまでこの勉強を繰り返してください。

勉強法としてはシンプルですが、この方法で単語を学習すれば確実に覚えることができます。しっかりと勉強した中国語単語を覚えたら、次のステップに進むようにしましょう。復習を軽視した勉強をしても、中国語の単語はなかなか覚えることができます。新しいことを勉強したくなりますが、我慢して覚えた知識を定着させてください。

中国語の単語を効率的に覚える3つのステップ

中国語の単語は、参考書を読むだけよりも効率よく覚えられる勉強法があります。やり方は簡単ですが、効果が高いので単語の暗記に取り入れて欲しい勉強法になります。具体的な勉強法としては、以下の3ステップで行うと効果的です。

  1. 単語の読み書きをする
  2. 単語を音で覚える
  3. 単語を発音して覚える

単語の読み書きをする

中国語は漢字のため見慣れていますが、実際に読み書きをすることで記憶に残りやすくなります。特に単語は書くことで、ただ読むよりも確実に脳にイメージが残りやすくなります。面倒かもしれませんが、1つの単語を覚えるときに最低でも10回は書き取りをすると効果的です。特に中国語は似ている漢字も多いので、そういった間違いやすい感じは書くことでミスを防ぐことにも繋がります。

単語を音で覚える

中国語の単語を勉強するときは、必ず音声が付いている教材を使って音で覚えましょう。耳を使って単語を覚えると、見たり書いたりするだけの何倍も効果的な勉強法になります。音で覚えるメリットとしては、中国語の会話にも役立つ勉強になることが挙げられます。最近の参考書はCDや音声ダウンロードがあるので、そういった音を使った勉強で単語を覚えるようにしましょう。

単語を発音して覚える

中国語の単語を発音する勉強法も、単語を暗記する上でとても役立つ方法になります。やり方としては、単語を音で覚えたら自分で発音してみましょう。正しい発音を覚えられるので、スピーキングにも役立つ勉強法になります。慣れないうちは面倒に感じるかもしれませんが、中上級者は単語を覚えるときに発音をチェックしている人が多いです。実際に発音をすることで、脳にイメージとして残りやすくなります。

中国語の単語集の選び方

中国語の単語を勉強する場合、単語の参考書の選び方も非常に重要になります。単語集によっては、効率的に勉強できる工夫がされているものもあるからです。最近の中国語の単語集は、以下の2つのタイプに分類することができます。

  1. リスト型の単語集
  2. 例文で覚える単語集

リスト型の単語集は昔からあるタイプで、中国語の単語と日本語訳が書いてある単語集になります。重要語順など単語集によって違いはありますが、一つ一つじっくりと勉強することができる参考書になります。ただし一つ一つ覚えるため、実際の使い方を正確に理解できないデメリットがあります。

例文で覚える単語集は、例文の中に覚える中国語の単語が含まれているタイプの参考書になります。例文で意味を覚えることで、単語を記憶しやすい工夫がされています。ただし例文を読む必要があるので、ある程度の勉強時間がかかるデメリットもあります。

単語を覚える場合は復習が重要なので、上記のどちらが好みかで参考書を選びましょう。勉強しやすい参考書を選ぶことで、効率的に中国語の単語の勉強を継続することができるからです。最近は例文で単語を覚えるのが主流ですが、人によってはリスト型の方が覚えやすいこともあります。自分に合ったタイプの参考書を選ぶことが、中国語の単語の効率的な勉強に繋がります。

中国語の単語の勉強におすすめの参考書

中国語の単語集は、以前に比べると増えてきた印象があります。ただし中身は参考書によって質がかなり異なるので、良い単語集で中国語を勉強することが重要になります。中国語の初級レベルから、中級レベルまで実力を上げられる中国語の単語の参考書を紹介します。

入門レベルの単語集

中国語の基礎となる1400語の単語を勉強できる、入門向けの単語集になります。日常でよく使う例文が載っているので、実践的な中国語を覚えるのにも役立ちます。CDを使って勉強すれば、リスニングと発音の勉強も一緒にできるようになっています。1400語は語彙力としては少ないですが、中国語を初めて勉強する人にはちょうど良い単語数になります。まずはこれをしっかりと覚えれば、入門レベルの中国語単語を攻略することができます。

中国語検定4級レベルの、入門者向けの中国語の単語集になります。たった736語しかありませんが、中国語検定4級レベルに合格できる単語力が身に付きます。入門レベルとしてはゼロからスタートシリーズの方が良いですが、中国語検定4級を取得したい場合はこの参考書もお勧めになります。本書はCDで音声勉強もでき、文字が大きくみやすいレイアウトも特徴になります。

語学学習の大手アルクから出版されている、中国語の単語集になります。ピックアップされている単語は良いのですが、例文のCDはついていません。単語だけで覚えるのは効率が悪いので、その点がマイナス要素になります。レベル的には中国語検定4級レベルの、入門者向けの単語集になります。1語ずつ覚えるリスト型を好む人は、この単語集を使うと効果的に勉強ができます。

初中級レベルの単語集

初級でも紹介した、耳タンの初中級レベルの単語集になります。662語の中国語と、豊富な例文でが掲載されているのが本書の特徴です。例文が理解しやすいものを使っているので、CDと一緒に勉強すれば確実に中国語の単語力を増やすことができます。中国語3級レベルなので、初中級者にぴったりの単語集と言えます。

アルクのキクタン3級用で、1008語と覚える単語数は初中級者のレベルにちょうど良い内容になります。チャンツ音楽のリズムに合わせて単語を覚えられるので、脳に残りやすく暗記がしやすいと言えます。ただし単語については、初級用と同様に1語ずつ覚える形式になっています。そのため耳タンに比べると、勉強の効率は悪くなる可能性があります。

中級レベルの単語集

中国語の中級者向けの単語集になります。中級レベルの3000語をピックアップしていて、内容的には基礎よりもかなり難しくなります。本書の特徴としては、豊富な例文を使って実践的な中国語を勉強できることにあります。難しい単語も含まれていますが、この単語帳が覚えられば中国語のレベルを上げることができます。

中国語検定2級レベル向けの、中級者用の単語集になります。3000語ほどの単語をピックアップしているので、中国語中級レベルの学習者にはぴったりの内容です。語彙数的には中国語検定2級レベルには少し足りないので、中国語検定2級を目指す場合は他の参考書も使った方が良いでしょう。ですが中国語中級レベルの単語力を身につけたい場合は、役立つ単語集と言えます。

その他の単語集

他の中国語単語集と違い、漢字から派生語を説明していく新しいタイプの単語集になります。語彙数は670程度と少ないですが、言葉遊び的な要素もあるので、普通の単語集に飽きたらチャレンジしてみるのも良いでしょう。中国語の単語の覚え方として、こうした漢字の組み合わせから覚えるのも一つの方法になります。

この単語集も、マップ式同様に漢字の組み合わせで単語を覚える参考書になります。ヒントが書いていて、それを使って勉強することで楽しく続けることができます。最初は慣れるまで難しいですが、慣れてくると中国語の単語力を上げるきっかけとなってくれれる1冊です。

中国語の単語の勉強法まとめ

中国語の単語は、1日や2日で覚えることはできません。毎日継続して勉強することが、単語の暗記には必要不可欠になります。そのためには効率よい勉強法と、しっかりと覚えられる単語集を使うことが重要になります。最近の単語集には、CDが付属されているものも多く効果的に勉強ができる工夫がされています。

中国語の単語の勉強を見るだけで終わらせる人も多いですが、このやり方では効率が悪くなります。中国語の単語の勉強法として、読み書きだけではなく発音やリスニングも取り入れてみてください。勉強の効率が何倍にも上がり、今までよりも記憶に残りやすくなります。

地道に勉強を継続すれば、中国語の初級レベルから中級レベルまではそこまで勉強時間を必要としません。1ヵ月もあれば3000語を覚えることも可能なので、できるだけまとまった時間をとって中国語を勉強しましょう。一気に覚えてしまえば、あとは忘れたころに復習すれば確実に単語を身につけることができます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-中国語

Copyright© LEARNING , 2017 AllRights Reserved.