中国語

中国語の発音をマスターする効果的な勉強法とおすすめの参考書

更新日:

中国語の発音をマスターするには、きちんとした勉強法を行う必要があります。中国語の発音は最初に変な癖をつけてしまうと、矯正するのが難しくなるからです。独学で勉強している人や初級者は、最初に正しい中国語の発音を覚えることでその後の上達も変わります。

中国語の発音は日本語との違いも大きく、完璧にマスターすることは難しいです。しかし勉強法を工夫すれば、限りなく正しい発音に近い音を覚えることはできます。中国語の発音をマスターするための勉強法としては、音を意識した勉強を実践することが重要になります。

音を意識した効果的な中国語の発音の勉強法を紹介するので、発音のトレーニングの参考にして下さい。毎日少しずつでも継続することで、発音は確実に上達することができます。リスニングの上達にも繋がるので、中国語の発音もしっかりと勉強しておきましょう。

中国語の発音のレベル別勉強法

中国語の発音の勉強は、レベルに合った勉強法を実践することが重要になります。初級者と中級者では知識も違うので、同じように勉強しても効率が悪くなるからです。自分のレベルに合った発音の教材を使うことで、確実に中国語の発音をマスターすることができるようになります。レベル別の勉強法を紹介するので、発音の学習の参考にして下さい。

中国語のレベルが初級から初中級の場合は、発音の基礎がしっかりと学べる教材で勉強することが重要になります。初級から初中級者は文法や単語を中心に勉強しますが、それと同様に発音も早い段階からしっかりと勉強しておきましょう。特にピンインなど日本人が苦戦する発音を、早めに勉強しておくべきです。初級から初中級レベルでしっかりと発音を勉強しておけば、中国人が聞き取りやすい中国語を身につけることができます。

中国語が中級レベルの場合は、発音の勉強もある程度していて知識がある人も多いです。しかし正しく発音ができていない人も多く、この段階でしっかりと復習しておくと発音が上達します。勉強法としては、発音の解説が丁寧な参考書を使って基礎から復習するのが効果的です。発音専用の参考書は解説が詳しく、自分の弱点を知ることの参考になります。中級レベルが発音をしっかりと勉強すれば、より実践的な中国語を使いこなせるようになります。

中国語の発音の勉強にお勧めの参考書

中国語の発音は、良い参考書を使うことで効率的に勉強することができます。市販でも発音の参考書は多いですが、レベルに合った参考書を選ばなければ勉強の能率が悪くなります。中国語の初級から中級まで、レベル別のおすすめ参考書を紹介するので参考にして下さい。

初級から初中級レベル向けの発音参考書

中国語の発音を基礎からしっかりと勉強することができる参考書です。音節、母音、子音、声調の変化など、日本人が苦手とする発音の癖も正しく勉強することができる良書です。またピンインについても、初級レベルがしっかりと発音を身につけられるボリュームの練習量があります。CDを使って勉強すれば、正しい発音を身につけられるので必ず活用してください。中国語発音の最初の1冊として、勉強する価値の高い参考書になります。

初心者が発音の基礎を勉強しても、まだまだ理解できていない部分が多いです。本書はそういった理解できていない発音の知識を、もう少し深く勉強することができる参考書になります。この参考書でしっかりと発音を勉強すれば、有気音と無気音や複雑な声調など、初中級者が陥る間違った発音を正しく覚えることができます。内容的にも良く整理されていて、初中級者でも無理なく進められる構成になっています。脱初級者に必要な中国語の発音の知識を、丁寧に勉強することができる1冊です。

中国語の発音を勉強しても、何故かその音を出すことができない経験をする人は多いです。その理由として中国語の発音が、日本語とは違った口の使い方をすることがあります。頭で発音を理解しても、実際に自分で使いこなせなければ意味がありません。この参考書は、そういった日本人が苦手とする発音の方法を丁寧に解説しています。微妙な発音の違いなど、初中級者が苦しむ発音の癖をしっかりと勉強できる良書です。

中級者向けの発音参考書

中国語が中級レベルの場合、発音の基礎はある程度できていることが多いです。しかし基礎でも抜けていたり、実際に発音の練習をしていない知識だけに偏った人もいます。そういった中級でも発音に不安がある人は、この参考書で勉強すると効果的です。発音の基礎とトレーニングを、一つ一つステップアップできる参考書になります。最初の1課から8課は、個々の発音を基礎から丁寧に勉強できる内容になっています。9課から13課では、日本人が間違いやすい中国語の発音を勉強できる内容になっています。有気音と無気音、声調の組み合わせなど、中級者でも苦手な分野をしっかりと勉強することができます。

中級者がもう一度、中国語の発音を勉強するときに参考になる書籍になります。発音の入門レベルを掘り下げて、より詳しい解説で中国語の発音を勉強することができます。付属のCDもピンインなどの発音だけではなく、実践的なフレーズで発音を練習できるのも高いポイントになります。この参考書とCDでしっかりと発音を勉強すれば、中級レベルで発音に苦戦している人が上達するきっかけになります。

発音の効果的な勉強法

中国語の発音の勉強で、参考書は重要ですが読んで終わりにしては実力が身に付きません。しっかりとトレーニングすることで、発音を矯正して正しい中国語を使えるようになるのです。発音の効果的な勉強法としては、CDを使ったシャドーイングがあります。

シャドーイングは通訳などが行う勉強法ですが、初心者から中級者でも役立つ勉強法になります。ただし上級レベルと同じシャドーイングはできないので、初級から中級向けのシャドーイングを行うことが重要になります。実際の手順としては、以下のステップで行うと無理なく発音の実力をつけることができます。

  1. 何も見ないで音声を聞く。
  2. 文字を見ながら音声に合わせて発音する。
  3. 今度は文字を見ないで音声の後に発音する。
  4. 正しく発音できなかったものは、何度も復習する。

CDを使った効果的な勉強法として、音を正確に把握することが重要になります。最初は文字を見ながら音を認識して、徐々に耳だけで聞き取れるようにトレーニングするのが効果的になります。人によって得意な音と苦手な音があるので、苦手な音は徹底定期に復習するようにしましょう。

この勉強法は本格的なシャドーイングではありませんが、初心者から中級者まで無理なくできる内容になっています。この手順を繰り返し勉強することで、確実に正しい発音を身につけることができるようになります。慣れるまでは時間がかかるので、最初は少しずつ無理のない範囲で勉強することがポイントです。

中国語の発音勉強法まとめ

中国語の発音は、基礎を徹底的に勉強すれば正しい発音を身につけることができます。日本語との違いはありますが、毎日継続して音を意識した勉強をすることが上達のポイントになります。発音の勉強を続けると、自分の苦手なポイントも理解できるようになってきます。

ある程度の発音が理解できるようになったら、あとはシャドーイングなどで実践的なトレーニングをするのが効果的です。単語だけの発音よりも、文章で発音を意識した勉強をしたほうが実践的だからです。実際に中国で会話をすると、正しい発音をしていないネイティブもかなり多いからです。

色々な教材で発音の練習を続ければ、たいていの中国語は聞き取れるようになります。もちろん完璧になることは難しいですが、基礎がしっかりとできていればネイティブにも通じる中国語が使えるようになります。中国語の発音は地道で辛い作業になりますが、継続すれば誰でも発音できるようになれます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-中国語

Copyright© LEARNING , 2017 AllRights Reserved.