中学勉強法 受験

中1の成績を上げる効率の良い勉強法

投稿日:

中学1年の勉強に遅れると、それ以降で巻き返すことが難しくなります。中1で習う内容は、中学の勉強の基礎となるのでしっかりと覚えることが重要になります。特に英数国社理の主要5教科は、高校受験に大きく関わってきます。中1の成績で将来が変わると言えるほど、その理解度が重要な時期になります。

中学で成績が良くない生徒の多くは、中1の内容を理解していないケースがほとんどです。基礎ができていないため、中学2年、3年の内容の勉強に苦戦してしまいます。中1の成績が悪い生徒は、勉強のやり方がわからない生徒がほとんどです。勉強法を見直すだけで、中学1年の内容を復習することはそれほど難しくありません。

中1の成績を上げることができる、効率的な勉強法を紹介していきます。勉強に集中する方法や、各教科の効率的な勉強法を紹介するので参考にして下さい。中1の内容をマスターすることで、その後の勉強も順調に進めることができるようになります。

勉強のやる気を引き出す方法

勉強のやる気がでない生徒は、基本的にどこかで勉強を挫折した経験がある生徒になります。最初から全く勉強のやる気がないわけではなく、理解できないから勉強が嫌いになりやる気が無くなってしまうのです。特に中学生は、一度どこかで躓くと一気に勉強のやる気を失ってしまう可能性が高くなります。

勉強のやる気を失った生徒のやる気を引き出すには、できる範囲から勉強するのが効果的な勉強法になります。問題が解けないからやる気が出ないので、まずは解けるレベルの勉強から始めることをお勧めします。中1の最初から躓いているのであれば、もう一度最初から勉強することが最も効果的です。

一見遠回りに見えますが理解できていない箇所を放置すると、どんどん勉強に遅れてしまいます。一度勉強に遅れると、その後挽回することが難しくずっと勉強のやる気が出ないままになります。中1であれば習った範囲はそこまで広くないので、基礎から勉強をやり直せば十分リカバリーすることができます

少しづつでも内容が理解できれば、勉強のやる気は着実に出てきます。ここで重要なことは、一気に難しいことを勉強しようとしないことです。簡単な基礎から丁寧に勉強することで、着実に応用力を身につけることができるからです。無理に勉強を強いるよりも、自分のペースで一つ一つ乗り越えたほうが達成感もあり勉強のやる気が出てきます

中1に必要な勉強時間

勉強時間が全てではありませんが、成績が良い生徒ほど勉強時間は多くなります。特に高校受験で上位校を狙う生徒は、中1の段階から1日数時間の家庭学習をしています。ですが一般的には、そこまで長い勉強をしなくてもテストで良い点を取ることはできます

勉強は質と量のバランスが重要で、適度に集中する時間と流す時間を作ることが効果的です。定期テスト前などは、集中して勉強時間を増やすことが効果的になります。逆に普通の日は、そこまで長い勉強時間は必要ありません。しかし全く勉強しないと、定期テストまで時間が足りなくなってしまいます。

定期テストで慌てないためにも、中1であれば毎日10分でも勉強する時間を作ることをおすすめします。塵も積もれば山となるというように、少しでも勉強しておけばテスト前に有利になるからです。一夜漬けで覚えらるよりも、毎日少しづつでも覚えることがテストでは効果的です。

ただし中1の場合、勉強のやり方がわからないという生徒も多いです。やる気はあっても、やり方を間違えると時間のロスになってしまいます。勉強は効率化するほど、色々な教科に時間を当てられて成績アップに繋がります。成績が良い生徒ほど、効率的に時間を使って勉強をしているのです。

中1の定期テストの勉強法

中1の定期テストの勉強法としては、教科書をしっかりと理解するのが一番効果的な勉強法になります。基本的に中1の定期テストは、教科書の内容からしか出題されないからです。しかし学校の授業だけでは、完全に理解できないことがほとんどになります。

学校の授業で理解できない理由は、人間は1回聞いただけで全てを暗記することはできないからです。授業で理解したつもりでも、定期テストで思い出せないことはよくあります。この忘れるという脳の仕組みを理解することが、定期テストの成績を上げることに繋がります。

中1が定期テストで成績を上げるには、テスト前の家庭学習が最も重要なことになります。学校で習ったことを、家で復習して理解度を高める勉強法が一番着実に成績を伸ばす勉強法だからです。ただし1回復習しただけでは、すぐに忘れるので定着させることができません。覚えるまで何度も復習して、定期テストで結果を出すことができるのです。

定期テストで成績を上げるには、覚えるまで復習する勉強法が最も効果的になります。ただし覚える教科も多いため、効率的に行わなければ時間が足りなくなります。定期テストの対策を効率よく行うには、参考書と問題集選びが重要になります。良い参考書を使うことで、効率よく中1の定期テスト対策ができるようになるからです。

本来であれば、教科書を丸暗記することが最も確実な勉強法になります。しかし現実的に教科書全てを暗記することは、時間と労力面からお勧めできません。中1で覚えるべきポイントは決まっているので、それを押さえている参考書や問題集を使った方が効率よく勉強できます。参考書と問題集を徹底的に覚えることで、短期間で複数の教科を攻略することができるようになります。

参考書や問題集は、テストに出やすい問題がピックアップされています。出る箇所を中心に勉強することで、少ない時間でも効率的に覚えることができます。この勉強法を覚えることで、中2や中3になってからも効率的な勉強法を実践することができるようになります。各教科で中1におすすめの参考書を紹介するので、成績アップの参考にして下さい。

中1英語のおすすめ参考書と問題集

中学の英語は、中1の基礎をしっかりと勉強しないとついていけなくなります。英語の成績が悪い生徒は、基礎ができていないことが多い傾向にあります。そのため基礎をしっかりと覚えることで英語の成績を上げることができるようになります。中1の英語を基礎から勉強できる参考書に、中1英語をひとつひとつわかりやすく。(CD付き)があります。

この参考書は、これ以上ないくらい丁寧に中1に英語を勉強することができる構成になっています。見やすいレイアウトと最小限の内容で、中1の英語のポイントを勉強できる内容になっています。英語が苦手な中学生だけでなく、大人からも評価が高い参考書になります。

中1の英語の参考書は色々ありますが、基本的にはこれ1冊を徹底的に勉強しましょう。この参考書を覚えるだけでも、中学1年の英語の基礎をマスターすることができます。中1の英語を攻略することは、将来的に高校受験の攻略にも繋がっていきます。

中1数学のおすすめ参考書と問題集

中学の数学も、英語同様に中1の基礎からしっかりと勉強しないとついていけなくなります。基本となる公式を覚えて解き方を身につけることで、中1の数学は攻略することがきます。中1の数学の基礎を勉強するのにお勧めの参考書として、ひとつずつ すこしずつ ホントにわかる 中1数学があります。

この参考書の良いところは、必要最小限の内容で中1の数学の基礎を勉強できるところです。特にネットで見れる動画の完成度が高く、数学が苦手な生徒でも繰り返し見ればポイントを理解することができます。この参考書で勉強した後に教科書を復習すれば、苦手だったポイントもかなり理解できるはずです。

数学は応用問題を解くことが大事に思われますが、基礎を徹底的に理解することを優先しましょう。基本が理解できなければ、応用問題を解く考え方もわからないからです。逆に基礎がしっかりと身につけば、応用問題も経験を重ねれば解けるようになってきます。

中1国語のおすすめ参考書と問題集

中学の勉強で国語を軽く見ている生徒は多いですが、意外と差がつきやすい教科なので注意してください。特に現代文の読解を得点源にできれば、全体の成績が上がるので必ず勉強しましょう。中1の現代文の勉強におすすめの参考書は、<中学入試>国語の読解は「答え探しの技(ワザ)」で勝つ!国語を味方の教科にして受験を制覇しよう!になります。

この参考書は中学受験用ですが、現代文の読解に必要な考え方を勉強できる優れた参考書です。現代文はなんとなく読めるので、きちんとした読み方を勉強する人は少ないと思います。しかし読み方を間違えると、一生正しい答えにたどり着くことができません。その曖昧な現代文の正しい読み方を勉強できるのが本書になります。この参考書で現代文の解き方を覚えれば、大学受験レベルまで通用する力が身に付きます。

国語の正しい読み方を勉強したら、色々な問題集を勉強することが効果的な勉強法になります。教科書の問題や、中学国語をひとつひとつわかりやすく。 (中学ひとつひとつわかりやすく)などを使うことで確実に中1レベルの国語は理解できるようになります。あとは漢字や文法を、日々の勉強で復習すればコンスタントに高得点が取れるようになります。

中1社会のおすすめ参考書と問題集

中1の社会は歴史と地理がありますが、基本的にどちらも暗記を中心とした勉強法が効果的です。社会は覚えた量によって、確実に点数を上げることができるからです。最も効果的な勉強法は、教科書を隅から隅まで暗記することになります。ですが時間に余裕がなければ、全てを暗記することは難しくなります。

基本的な内容の暗記であれば、寝る前5分暗記ブック 中3高校入試 英語・数学・国語・理科・社会 中1・中2の復習つきを使うのが効果的な勉強法になります。寝る前5分という短さなので、勉強するというプレッシャーも少なくなります。たった5分でも、毎日継続すればかなり覚えることができるのでお勧めです。

この参考書で基本となる重要なポイントを覚えたら、あとは教科書を使って知らないことを覚えていきましょう。一つ一つ確実に記憶に定着させることが、中1の社会の攻略に繋がります。一度覚えたものはなかなか忘れないので、完璧に覚えるまでは繰り返しましょう。

中1理科のおすすめ参考書と問題集

理科の勉強は、習ったことをイメージとして残せるかが重要なポイントになります。言葉だけでは理解しにくいので、図などでイメージできる参考書を使うと効果的です。中1理科の勉強におすすめの参考書は、中1理科をひとつひとつわかりやすく。 (中学ひとつひとつわかりやすく)になります。

この参考書は、中1の理科を非常にシンプルにまとめているのが特徴です。これ1冊を完璧にできれば、中1理科の基礎は問題ないレベルになっているはずです。わかりやすい文章や図を使っていて、勉強しやすい工夫がしっかりとされています。教科書の内容に苦戦している生徒は、一度使ってみることをおすすめします。

理科は内容をイメージできれば、それほど難しくない教科になります。ですが普段の生活では使わないことも多く、イメージできない生徒も多いです。苦手意識を持ってしまうと勉強のやる気がなくなるので、図や易しい文章を使った参考書で基礎をしっかりと勉強しましょう。

中1におすすめの家庭学習

定期テスト前は、参考書を使った勉強をすることが効率的な勉強法になります。ですが確実に成績を上げるには、普段の勉強をしっかりと行うことが必要になります。毎日30分でも勉強をすれば、定期テスト前の時間を苦手分野などに使うことができるからです。そのためには家庭学習のやり方が重要となります。

家庭学習の理想としては、毎日きちんと机の前で勉強することになります。しかし現実的に、学校が終わった後に集中して勉強するのは簡単なことではありません。そこで中1の家庭学習では、机の前でなくても復習できる勉強法を取り入れることをおすすめします。ちょっとした時間や、気が向いたときにできる勉強法ならば忙しい中学生活にも取り入れることができるからです。

最近の勉強法として人気が高い家庭学習に、ネットを使った方法があります。オンライン学習の特徴として、有名講師の授業を動画で見る勉強法で成果を出している生徒が多いです。最近ではスマートフォンやタブレットを使って、オンライン学習を成功させている家庭も多いです。

オンライン学習を実際に試すとわかりますが、授業のレベルが高く重要なポイントを効率よく理解することができます。また良くある応用問題だけではなく、基礎からしっかりと実力を身につけられる授業になっています。聞き流すだけでも勉強になるので、普段の家庭学習に取り入れるだけでも成績をアップさせることに繋がります。

オンライン学習の良いところは、理解できなかった箇所を何度も繰り返し勉強できることになります。学校や塾のように、わからないまま次に進むことはありません。また何度も聞き返す勉強法をすることで、少しづつでも確実に理解を深めることができます。1回聞くよりも、10回聞いたほうが確実に成果として反映されやすくなります。

オンライン学習は無料登録で体験授業ができるものが多いので、まずは無料トライアルを試してみることをおすすめします。かなりわかりやすい授業内容ですが、全ての人に向いているわけではないからです。お試し期間で勉強をしてみて、勉強が継続できそうか判断してみて下さい。

オンライン学習の使い方のポイントとしては、最初から無理をしないスケジュールにすることです。いきなり長時間の勉強は集中できず、挫折の原因になってしまいます。最短で1日15分程度から始められるので、まずはこの15分を継続させる努力をしましょう。1日15分でも1ヵ月継続すれば7時間半も勉強したことになります。

家庭学習は、勉強の習慣をつけて成績を上げることを目的としています。少しの時間の勉強と軽く見ないで、1日15分でも勉強を継続することを目指しましょう。勉強は効率化も重要ですが、毎日の積み重ねも同様に重要な要素になります。そのためには有効活用できる勉強法を、どんどん利用することも大事な勉強のやり方になります。

中1の勉強法まとめ

中1は中学の勉強の基礎となるので、しっかりと勉強することが重要になります。内容的にはそこまで難しくはありませんが、覚える量が多く中学1年生が勉強するにはかなり難しくなります。いかに効率よく勉強できるかが、中1の成績を上げる鍵となります。

効率的に勉強をするには、良い教材を使って勉強することになります。そしてなるべく毎日勉強をすることで、着実に知識を定着させることができるようになります。成績が良い生徒は、これを自分で実践している傾向が高いです。しかし自分でこの勉強法を見つけるのは簡単ではありません。

今回は中1の勉強に効果的な良い教材と、毎日の家庭学習に効果的なオンライン学習について紹介しました。この勉強法が全てではありませんが、中1の基礎を効率的に身につけられる勉強法になります。毎日の勉強は大変ですが、理解が深まれば勉強も楽しくなり継続することができるようになります。

中学2年に上がったら、中2の成績を上げる効率の良い勉強法 – LEARNINGも参考にして下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-中学勉強法, 受験

Copyright© LEARNING , 2017 AllRights Reserved.