LEARNING

A true realist is one who invests in future.

中学勉強法

勉強しない中学生のやる気を引き出す方法

更新日:

中学生の子供を持つ親の悩みに子供が勉強しないことがあります。勉強をしないと成績が下がり、高校受験や定期試験の不安も多くなります。子供が勉強しないと不安になり怒ったりしますが、あまり効果がないと感じている親も多いです。ただ怒って勉強をさせるだけでは、中学生のやる気を引き出すことはできません。

中学生が勉強をしないのには、色々な理由があります。その理由を理解することが、子供の勉強のやる気を引き出すためには重要になります。勉強しない中学生でも、きっかけがあれば勉強のやる気は必ず出ます。ただ中学生の多くはどう勉強すれば良いかわからないため、勉強がつまらなくなり勉強しなくなるのです。勉強しない原因を突き止め対策をすれば、中学生のやる気を引き出すことは十分に可能です。

勉強しない中学生が抱えている悩みと、勉強のやる気を引き出す方法を紹介していきます。子供がどんな問題を抱えているかを理解することが、中学生の勉強を改善させるための第一歩になります。よくある勉強しない理由やそれを改善した方法を紹介していくので、勉強しない中学生のやる気を引き出す参考にして下さい。

中学生が勉強しない理由

中学生が勉強しないのは、基本的に勉強がつまらないと感じているからです。勉強がつまらないので、やる気が起きず勉強しないのです。良くある理由ですが、これが中学生が勉強しない最も大きな理由になります。ただし勉強がつまらないと言っても、その原因は決して一つではありません。勉強がつまらなくなる理由はいくつかあるので、その原因を見つけて対策をすることが勉強しない中学生のやる気を引き出すことに繋がります。

勉強がつまらなくなるのは、大きく分けて3つの原因があります。細かく分ければ他にもありますが、勉強しないほとんどの中学生はこの3つに分類することができるのです。塾や家庭教師に行っても勉強しないのも、こうしたケースに当てはまることが多いです。良くある原因になりますが、中学生が勉強しない理由はほとんどこれらのケースになります。

  1. 親に勉強を強制される
  2. 勉強法がわからない
  3. 達成感がない

良くある理由ですが、これらを改善しただけで勉強しない中学生が驚くほど成績が上がることもあります。 一つ一つは良くある問題ですが、実際に改善するとなると簡単なことではありません。これらの中学生が勉強しない原因を解決する方法を、一つ一つ見ていきたいと思います。

親に勉強を強制される

勉強しない原因の一つとして良くあることに、親が勉強を強制していることがあります。勉強しない中学生に親が勉強を強制するのは当然と思うでしょうが、これが勉強のやる気を失う原因になるのです。ただし中学生は親が強制しないと勉強しないことがほとんどなので、全く強制するなとは言いません。重要なことは中学生の子供への勉強の強制のやり方で、これを改善すれば子供も親の言うことに従って勉強を始めます。

勉強を自発的にしている中学生も、最初から勉強しているわけではありません。親が上手に勉強することへの意識を向けさせて、それを習慣化させて自発的に勉強するように仕向けているのです。勉強しない中学生が自発的に勉強するには、きっかけが必要になります。そのため親が勉強を強制することは重要で、ここで勉強することを覚えると自発的に勉強するようになります。では実際に勉強しない中学生に親ができる強制とはどんなものがあるかを説明します。

親ができる強制として重要なことは、具体的なことを示すことになります。ただ勉強しなさいと言っても、中学生にはどのくらい勉強すれば良いかわかりません。特に勉強に慣れていない中学生は、いきなり1時間や2時間勉強するのはかなり苦痛です。勉強しない中学生には、まずはできる範囲で勉強するように指示を出しましょう。大事なことしては、いきなり高いハードルを設定しないことになります。勉強に慣れていない中学生には、最初は10分程度でも良いので勉強する習慣をつけさせましょう。

できる範囲を指示することで、勉強しない中学生でもやる気を出してくれます。勉強は継続が重要になるので、毎日少しづつ勉強する習慣をつけるようにしましょう。勉強に慣れてきたら、徐々に時間を長くすると無理なく勉強のやる気を継続できます。また重要なことに、勉強に慣れてきたら親は勉強を強制をしないこともあります。自発的に勉強するようになって親に強制させると、勉強しようと言うやる気が削がれるからです。ある程度の時間までは親が強制することは必要ですが、1時間以上勉強する癖がついたら親の強制は逆効果になる可能性が高いです。

勉強法がわからない

勉強しない中学生は、勉強法がわからないことが多いです。授業で習った内容が理解できないので、家庭で勉強しても結局わからないという状況になります。この問題を解決するためには、良い勉強法を見つけることが重要になります。ただし勉強しない中学背が、自分で良い勉強法を見つけるのは簡単なことではありません。どうやって勉強をすると良いかのきっかけがないと、勉強のやる気を引き出すことはできないのです。

勉強しない中学生がやる気を出す勉強法としては、塾や家庭教師を利用する方法があります。勉強しない中学生が、塾や家庭教師を使って一気に成績が上がる可能性はあります。これは教師の教え方もありますが、家庭での勉強法などを塾や家庭教師が上手に指示しているからです。ただし塾や家庭教師も教え方や相性があるので注意が必要です。塾や家庭教師が子供に合っているかの判断材料としては、家で勉強する習慣がついているかになります。なぜなら塾や家庭教師だけの時間で成績を伸ばすのは難しく、家庭学習が必要不可欠だからです。良い塾や家庭教師は、家でも勉強するように授業を工夫しています。

また勉強しない中学生の対策として、良い参考書を見つけることも効果的です。最近の参考書は丁寧に解説しているものも多く、学校の教科書よりも理解しやすいものがほとんどです。解説が丁寧な参考書は、勉強しない中学生も理解できる工夫がされています。内容が理解できれば勉強が楽しくなるので、良い参考書選びは成績を上げるためには必要なことになります。

勉強しない中学生の参考書選びとしては、なるべく薄いものを選ぶことが効果的です。厚い参考書はやる気がなくなるので、勉強しない中学生には逆効果になる可能性が高いです。中学生の勉強におすすめの参考書としては、ひとつひとつわかりやすくシリーズがあります。中1~中3までの基礎を、丁寧に解説しているのが特徴の参考書になります。

勉強しない中学生の最初の1冊として、お勧めの参考書になります。

達成感がない

勉強しない中学生の多くは、勉強に対して達成感がないと感じている子供が多いです。人間は目標がないとやる気が起きないことが多いので、勉強しない中学生には目標を設定することが重要になります。中学生の場合は、定期テストが達成感を実感しやすい目標になります。ただし定期テストで目標を作る時は、その設定の仕方が非常に重要になるので注意してください。

良くある失敗として、定期テストの高得点を目標とすることがあります。高得点を設定することは悪くはありませんが、達成できない目標を設定すると逆効果になる可能性が高いです。例えば平均60点しか取れない中学生に、90点を狙わせると難易度がかなり高くなります。実現が難しい目標を立てると、逆に中学生は勉強しなくなる可能性が高いです。このケースでしたら、平均65~70点を目標にすることをお勧めします。実現可能な目標を設定することで、勉強のやる気を引き出すのです。

また達成感を味わう重要な要素として、目標を達成したら褒めてあげることもあります。人は誰かに褒められると満足感が増すので、次も頑張ろうと勉強する気が起こります。目標よりを大きく超えた時などは、ご褒美などを出すのも一つの戦略になります。達成毎にご褒美を出すのではなく、期待よりはるかに良い結果が出た時にご褒美を出すのです。こうすることで勉強の更なるやる気を引き出すことができます。褒めて伸ばすのは中学生には効果的なので、勉強しない中学生に試す価値は非常に高い方法です。

勉強した達成感を味わうことで、勉強しない中学生でも勉強のやる気が出てくることが多いです。定期テストがないときは、1週間の勉強時間などの目標を作ることも重要です。短期的な目標を作らないと、人間は途中でやる気を失ってしまう可能性が高いです。特に中学生は集中力も低いので、目先の目標を作ってあげるのも重要になります。

勉強しない中学生におすすめの書籍

勉強しない中学生でも、どうやって勉強すれば良いか理解できれば成績を上げることは難しくありません。ただしその勉強のやり方がわからなくて、悩んでいる人も多いのです。塾や家庭教師、良い参考書は勉強のやり方を教えてくれる一つの方法になります。しかしこれら以外にも、勉強のやり方の参考になる書籍があります。親が読んでも中学生が読んでも参考になるお勧めの書籍を紹介します。

しない中学生でも理解しやすい、マンガとイラストを交えた構成になっています。中学生の勉強法のノウハウが満載なので、知っておくと役立つ知識がたくさんあります。勉強のやり方がわからないでも、この勉強法を実践すれば勉強のやる気を引き出すことができる可能性が高いです。定期テストに関する書籍かと思いますが、高校受験にも役立つ知識になります。

中高生の勉強で良くある悩みについて、最適な解決策を提案してくれる書籍になります。解決策も複数あるので、試していくと最適な解決策を見つけることができます。メッセージも共感できるものが多いので、中学生の子供に読ませるのも効果的です。身近な中学生の悩みが多いので、勉強しない中学生が読むと参考になります。

勉強でノートを活用するのは賛否両論がありますが、ノートを上手にまとめる技術は将来も役立ちます。中学によってはノートの取り方なども評価に入ることもあるので、そういった中学でも活用することができる書籍になります。勉強しない中学生は、ノートの取り方も黒板を写すだけの場合が多いです。ポイントをまとめる技術を身につけることで、あとで読み返しやすいノートを作ることができます。教科別のノートの取り方なども参考になつので活用しやすい書籍と言えるでしょう。

こちらの書籍は、勉強の準備ルールが詳しく書かれているのが特徴です。勉強するための環境作りができるようになっていて、勉強のペースを上げる効果が期待できます。勉強以前に勉強しない中学生は自己管理ができていないことが多いので、そういった中学生にはためになる書籍です。カラーで語り掛ける文章になっているので、中学生が読んでも良い参考書と言えます。勉強の順番なども、意外と効率化には重要な要素になってきます。

勉強しない中学生におすすめの勉強法

昔の勉強法は丸暗記や必死にノートに何度も書くことが多かったですが、最近では効率的な勉強法も増えてきています。その中でも成果が出やすい勉強法として、オンラインを利用した勉強法があります。特に動画を使った勉強は、学校の授業を聞いているのと同じかそれ以上の効果が出ると話題になっています。実際に勉強しない中学生が実践すると、徐々にですがその成果を発揮してきたのです。

オンライン学習のメリットは、何度も繰り返し授業が聞けることになります。ほとんどの中学生は、1回聞いただけで授業ん内容を理解することはできません。理解できなかった箇所を家で勉強するのです。もしくは塾で予習をして、学校で習った内容を復習として勉強しています。オンライン学習は、この過程を何度も繰り返しできるメリットがあります。勉強のやり方は聞き流すだけでも良いので、空いている時間で簡単に勉強ができるのです。授業も短い時間でポイントを解説しているので、効率的に勉強することができます。

オンライン学習は勉強しない中学生にも効果的ですが、1回2回聞いただけでは結果は出ない可能性が高いです。何度も繰り返して聞き続けることで、頭の中に授業の内容が定着するようになります。オンライン学習は机に向かうよりも気軽のできるので、勉強しない中学生のやる気を引き出す一つの勉強法になりつつあります。授業に出ている講師も有名な先生が多く、丁寧でわかりやすい解説が評判となっています。学校の授業よりも数段理解しやすいと言う声もあるので、試す価値はあるといって良いでしょう。

ただしオンライン学習をいきなり申し込むのはリスクもあるので、無料体験で試してみることをお勧めします。試してみるとその効果がわかるので、安心して勉強に取り組むことができるからです。部活や学校行事で忙しい中学生は、こうした勉強の効率化も必要な時代になってきました。最終的には自分のやる気が必要ですが、簡単に勉強できる環境はそのやる気を引き出すのに役立ちます。

<勉強サプリ>一流の先生の授業を自宅のPC・タブレットでいつでも

勉強のやる気を出させるタイミング

勉強しない中学生に勉強をさせるのは、決して簡単な作業ではありません。基本的に中学生に勉強のやる気を出させるのは、切羽詰まった状況が最も効果的なタイミングになります。そのタイミングとしては、定期テストや高校受験が最もやる気を出させやすいタイミングになります。普段の生活でいきなり勉強させるのは難しいので、こうしたタイミングを選ぶのも勉強しない中学生には効果的です。

そして重要なこととしては、こうしたタイミングの後も勉強する習慣をつけることになります。ほとんどの人はテストが終わったら勉強を止めますが、テストが終わったタイミングで15分でも良いので勉強を継続する癖をつけさせましょう。テスト前の数時間に比べれば、15分など大した時間には感じません。この勉強する習慣をつけることで、徐々に勉強しない中学生でも勉強するように変わってきます。テストが終わった日などは勉強のやる気がでないので、答え合わせをさせるのも効果的です。

勉強しない中学生は、普段の生活から勉強を切り離して考えています。どこかでこの生活を変えなければ、自発的に勉強をすることはありません。親が上手にコントロールしたり、簡単な教材を与えることで勉強を継続するきっかけになります。現在では良い参考書やオンライン学習法もあるので、そうしたものを利用すると勉強しない中学生でも勉強するようになる可能性が上がります。中学生は最終的には高校受験という大きな試練が待っています。これに立ち向かうためにも、普段から勉強する癖をつけることが重要になります。高校受験の勉強法に関しては、高校受験で効率よく偏差値を上げる勉強法 - LEARNINGも参考にして下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-中学勉強法

Copyright© LEARNING , 2017 AllRights Reserved.