格安sim

LINEモバイルの評判は!?メリットとデメリットを徹底検証

更新日:

LINEモバイルは、メッセージアプリ「LINE」を開発しているLINE株式会社が手掛ける格安SIMです。

  • LINEモバイルってLINEと関係あるの
  • 格安SIMにしたいけどLINEモバイルってどうなの
  • LINEモバイルって契約すると得することはある
  • LINEモバイルは通信速度は遅いの

LINEモバイルに興味はあるけど、実際に使ってどうなのと気になっている人も多いと思います。格安SIMが注目されている中で、スマホアプリで絶対的人気のLINEが手掛けているので今後の躍進も期待できます。

今回はLINEモバイルの料金プランやメリット・デメリットなどをまとめたので参考にして下さい。

LINEモバイルの料金プラン

格安SIMの選択で大事なことの一つは料金プランになります。多くの人は料金が約素節約できるという理由で、格安SIMへ乗り換えをしています。ではLINEモバイルの料金プランはどうなっているのでしょうか。

プラン 容量 月額料金
データ データ+SMS 音声通話
LINEフリープラン 1GB 500円 620円 1,200円
コミュニケーションフリープラン 3GB なし 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円
MUSIC+プラン 3GB なし 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

LINEモバイルの料金プランは大きく分けてLINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランの3種類があります。

LINEモバイルは、格安SIMとしては人気が高い3GBや7GBといったデータ容量は一通り揃っています。LINEフリープランはかなり安いですが、1GBではすぐにパケットが足りなくなるので、実質コミュニケーションフリープランかMUSIC+プランの2択になるでしょう。

LINEモバイルは、それぞれのプランで他にはあまりない大きなメリットがあります。詳しいメリットについては、次のLINEモバイルのメリットで紹介します。

LINEモバイル

LINEモバイルのメリット

LINEモバイルにも、他の格安SIMにはない独自のメリットがあります。ユーザーからの評判がよく、メリットが大きいものを紹介します。

カウントフリーでLINEやSNSが使い放題

LINEモバイル最大の特徴と言えるのが「カウントフリー」です。カウントフリーとは、対象サービスのデータ通信量をカウントしない機能のことです。LINEモバイルでは全プランでLINEアプリがカウントフリーの対象になっているため、LINEをどれだけ使ってもデータ容量を消費しません

コミュニケーションフリープランではLINEに加えて人気のSNSであるTwitter、Facebook、Instagramもカウントフリーの対象になります。スマホはLINEやSNSがメインである、という人であればかなりお得に利用できます。

さらに、MUSIC+プランではLINEと3つのSNSに加えて、LINE MUSICもカウントフリーの対象になります。一般的にLINE MUSICのような音楽配信サービスはデータ容量をたくさん消費するので大容量のプランを契約する必要がありました。

しかし、MUSIC+プランではLINE MUSICはデータ容量を消費することなく使い放題なので、今までよりもデータ容量が少ない低価格のプランで利用できる大きなメリットがあります。これはユーザーからの評判も良く、LINEモバイルを選んだ決め手になったという人も多いです。

LINEの年齢認証が出来る

LINEモバイルは格安SIMで唯一、LINEの年齢認証が可能です。

LINEでは青少年保護の観点から、年齢認証をしないとID検索による友だち追加ができません。LINEの年齢認証はドコモやauなどの大手キャリアのシステムと連携して行うため、格安SIMでは年齢認証ができず、結果的にID検索も不可能でした。

しかし、LINEモバイルであればLINEの年齢認証ができるので、ID検索が利用可能です。ID検索以外にも友だちを追加する方法はありますが、遠方に住んでいる友だちを追加する場合はID検索が一番楽です。

格安SIMでもID検索をしたい場合は、年齢認証ができるLINEモバイルを選ぶのが最適になります。これはLINEモバイルならではのメリットです。

通話アプリと定額オプションで電話もお得に

LINEモバイルでは2017年6月から専用通話アプリ「いつでも電話」と「10分電話かけ放題オプション」が利用できるようになりました。

いつでも電話を経由して音声通話をかけると、通常20円/30秒の通話料が半額の10円/30秒になります。いつでも電話はLINEモバイルの音声通話SIM利用者であれば登録する必要がなく、アプリストアからインストールするだけで利用できます。

10分電話かけ放題オプションは月額880円で1回10分までの通話であれば何度でも無料で通話ができる定額オプションです。短い通話をたくさんする人におすすめですが、10分を過ぎても普段の半額である10円/30秒で通話できるので安心です。他の格安SIMが3分~5分が多いのを考えると、LINEモバイルはメリットが大きいですね。

LINEモバイルのユーザーはLINEをメインに使っている人が多いと思いますが、まだまだ通常の電話も使うという人もいるはずです。そういった人にとってはいつでも電話と10分電話かけ放題オプションはとてもありがたいですね。

クレジットカードだけでなくLINE Payカードでも支払える

LINEモバイルは月々の支払いにクレジットカードだけでなくLINE Payカードが使えるのも、地味ですが嬉しいポイントです。

LINE PayカードはJCBブランドのプリペイドカードです。クレジットカードのようにショッピングなどで使えますが、クレジットカードと異なり、事前にお金をチャージしておき、使った分だけ残高から引き落とされていく仕組みです。

ほとんどの格安SIMでは利用するためにクレジットカードが必要です。そのため未成年者や主婦などクレジットカードを持っていない人では利用できないことが多いです。

しかし、LINEモバイルは年齢制限や審査なく持てるLINE Pay カードが利用できます。クレジットカードを持っていなくて格安SIMをあきらめていた人でも、LINEモバイルであれば問題なく利用できます

LINEアプリと連携できる

LINEモバイルは公式アプリがありませんが、代わりにLINEアプリと連携できます。

LINEアプリと連携すると、LINE上で問い合わせができたり、データ容量の確認ができたりと、他社の格安SIMの公式アプリと同等のことが簡単にできます。

アプリを追加しなくても、LINEアプリだけで済んでしまうのは大きなメリットですね。

LINEモバイル

LINEモバイルのデメリット

メリットがかなり多いLINEモバイルですが、デメリットに感じるものもあります。

店舗が少ない

格安SIMが普及して、家電量販店などでもプランの説明をしてくれる専任のスタッフが増えました。ですがLINEモバイルに関しては、他の格安SIM会社に比べてそういった専任のスタッフが配属されているケースが少ないです。

ネットでの申し込みが主流とはいえ、まだまだ分からないことが多い格安SIMについて直接聞ける場が少ないのはデメリットと言えるでしょう。電話やメール、チャットでの問い合わせも可能ですが、ライトなネットユーザーには向かないサービスです。

大容量プランはなし

LINEモバイルのプランは最大で10GBまでで、20GBや30GBといった大容量のプランは用意されていません。SNSやLINE、ブラウジングなど普通に使う分であれば10GBあれば問題ありませんが、ゲームや動画視聴を頻繁に行うヘビーユーザーには少し物足りないです。

通信速度の切り替えができない

LINEモバイルでは通信速度の切り替えができません。他の格安SIMでは高速通信をオフにし、低速通信にすることで通信量を無駄に消費するのを抑えられます。

しかし、LINEモバイルでは速度の切り替えができず、常に低速となります。データ容量が少ないプランを利用する際は、アプリが勝手に無駄な通信を行わないように設定を行う必要があります。

初期費用がかかる

格安SIMは料金が安いのはメリットですが、初期導入時にはそれなりの金額がかかります。mineoなどは初期費用を無料にするキャンペーンなどを行っており、なるべく安く移行できるよう工夫をしています。

しかしLINEモバイルは、初期費用が3000円かかってしまいます。節約目的で格安SIMを選ぶ場合、3000円の出費は決して安くありません。その点を考えるとLINEモバイルの初期費用はデメリットになると言えるでしょう。

LINEモバイルの口コミ

lineモバイルは速度制限がほとんどない?!

マイナーなSIM会社でありながらも、しばしば使っている人を目にするlineモバイル…。

じつはいい点ばかりの超お買い得なSIMを販売しているんです!

まず一つに、lineモバイルでは、仮に速度制限をかけられていたとしても、lineだけは高速のまま維持できます。速度制限の何が怖いって家族やクライアント様などに連絡がつかなくなることですよね?lineモバイルはその心配がありません!

次に、(これは使っていて気付いたことなのですが)lineモバイルでは、ほとんど速度制限が意味を成しません。(動画や、重すぎるゲームやwebページを除く)
なぜか。それはlineモバイルがマイナーすぎるため、使っている人も少ない。つまり、もともと混雑していない回線なので、あまり意味がなくなってしまうのです。

現に私も1ギガで速度制限を付けたまま使っています。

次のSIMはどうしようとしている方、次はlineモバイル、どうでしょうか?

LINEモバイルの詳細評価&実際に使った結果とは?

スマホの月々の使用料を節約するために格安SIMに乗り換えようと考えている方々も多いはず、今やLINEはスマホを持っているほとんどの人が利用しているアプリです。
LINEを頻繁に利用しているヘビーユーザーにはたくさんある格安SIMの中でもLINEモバイルがあります。
LINEモバイルはSNS系のアプリ、LINEとTwitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしで使うことができます。加えて、LINEの年齢認証もクリアできるので、他の格安SIMではできないLINEでのID検索が可能です。その反面、月額料金が少し高く設定されておりますので、SNS系のアプリをあまり使わない方は低めになります。
LINEモバイルの最大のメリットは、SNS系のアプリ(LINEとTwitter、Facebook、インスタグラム)をデータ消費なしで使えることです。豆知識としてデータ消費なしで使えることを、カウントフリーやゼロレーティングと呼んだりします。
もう一つのメリットは、LINEの年齢認証ができるので、ID検索を使うことができます。LINEのID検索ができるのは、格安SIMではINEモバイルだけです。

LINEモバイルにして料金が安くなった

今までもMVNOを利用していたのですが、LINEモバイルは500円から利用できるのが魅力的でした。
今までは1000円程度掛かっていて、通信量も1GB程度だったので、LINEモバイルにしても問題はないと感じました。
LINEモバイルに申し込みをするのも簡単で、スマートフォンから身分証明書をカメラで撮影すれば良くて、手間も無く申し込みが完了しました。
支払い方法もクレジットカードだけではなく、LINEが提供しているLINEpayカードでも申し込みができたので、クレジットカードを持っていない私も問題はありませんでした。
MVNOはクレジットカードが必須というところも多いので、LINEモバイルは加入するハードルも低いのが良かったです。

今話題の格安SIMの LINEモバイルとは?

LINEモバイルとは文字通り今話題のコミュニケーションアプリLINEを作った会社が始めた格安SIMです。
このSIMを使うと一般的な月々のスマートフォンの通信料が8,000円から10,000円以上に対しLINEモバイルに変えると月々の通信料が約2,000円から3,000円程度で使うことが可能となります。またこのSIMに変えると一般的な格安SIMでは利用ができなかったLINEのIDによる友達検索機能が大手ケータイキャリアのSIMと同じように使えるなどの特徴があります。
また通信に使用するデータ容量を使い切ってしまったら、大手ケータイキャリアのSIMやほかの格安SIMでは通信制限といって通信速度が遅くなったりしますが、LINEモバイルは「カウントフリー」というプランがあり、そのプランを使用するとLINEやTwitterなどの通信でデータ容量を消費しないので快適に使うことが可能になります

大手キャリアから乗り換えるとどれくらいお得か?

通信料を抑えるために、大手キャリアからLINEモバイルへの乗り換えを考えている人も多いと思いますが、実際に乗り換えるとどれくらいお得になるのでしょうか?

LINEモバイルが回線をレンタルしているドコモの最安プランと、それと同じ内容のLINEモバイルのプランを比較してみると以下の通りです。

月額料金 内容
ドコモ 5,500円(+通話料) カケホーダイライト+データSパック+SPモード
LINEモバイル 1,690円(+通話料) コミュニケーションフリープラン3GB

ドコモが5,500円するのに対して、LINEモバイルはその3分の1に近い1,690円です。しかもドコモのデータ通信量が2GBなのに対して、LINEモバイルは3GBです。

通話に関してはドコモのプランには5分間の無料通話がついていますが、LINEモバイルも10分電話かけ放題オプションを付ければ問題ありませんね。10分電話かけ放題オプションを付けても2,570円なので、ドコモの半額以下です。

1年間に換算するとドコモは66,000円、LINEモバイルは20,280円なので、LINEモバイルに変えれば45,720円も節約することが可能です。

LINEモバイル

人気の格安SIM「mineo」との比較

数ある格安SIMの中でも最近人気なのが「mineo」です。サービス内容が充実しており、最近ではテレビCMも積極的に放映していることから人気が高まっています。

ここではLINEモバイルとmineoを料金プランやサービスから比較してみます。

料金はほとんど同じ

まずは料金プランで比較してみます。LINEモバイルとmineoの両方に共通している容量プランの料金をまとめると以下の通りです。

データ容量 LINEモバイル※1 mineo※2
データ+SMS 音声通話付き データ+SMS 音声通話付き
1GB 620円 1,200円 920円 1,500円
3GB 1,110円 1,690円 1,020円 1,600円
10GB 2,640円 3,220円 2,640円 3,220円

※1 1GBはLINEフリープラン、3GBと10GBはコミュニケーションフリープランの料金

※2 mineoはドコモ回線を利用するDプランの料金

1GBプランについてはLINEモバイルのほうが300円お得ですが、3GBプランは90円しか差がありませんし、10GBプランに至っては全く同じです。1GBで使うユーザーはほとんどいないことを考えると、LINEモバイルとmineoの料金の差はほぼないと言っても良いでしょう。

ただし、LINEモバイルでは3GB以上はデータ+SMSか音声通話SIMしかなく、データ通信専用SIMがありません。データ通信専用SIMで3GB以上の容量を使いたい場合はmineoを選びましょう

ヘビーユーザーはmineoのほうが向いている

LINEモバイルとmineoで大きく異なるのは大容量プランの有無です。

LINEモバイルで最も容量の大きいプランは10GBです。SNSやLINEが中心であればこれでも十分ですが、3Dゲームのプレイ、YouTubeなどの動画サイトの視聴、大容量アプリのダウンロードなどを頻繁に行う場合は10GBでは足りない人も出てきます。

一方のmineoは10GBよりさらに大きい20GBと30GBの大容量プランを用意しています。これだけの容量があればゲームや動画サイトの視聴も問題なく行えます。つまり、ヘビーユーザーに向いているのはmineoということになります。

LINEやSNSが中心のライトユーザーならLINEモバイルのほうがお得

逆に、LINEやSNSが中心のライトユーザーならmineoよりLINEモバイルのほうがお得です。

LINEモバイルならどのプランでも「カウントフリー」によって、LINEアプリは通信量を消費しません。コミュニケーションフリープランとMUSIC+プランならSNSサービスもカウントフリーの対象です。

そのため、LINEやSNSが中心のユーザーであればより容量の少ないプランに変更することが可能なので、LINEモバイルを利用したほうがお得になります。

とくに1GBプランであればそもそもの料金がmineoより安いですし、LINEアプリが使い放題なのでLINEを中心に使う人であれば速度制限にもほとんどかかりません。

ネットに情報が多いのはmineo

格安SIMを契約する場合、本当に設定できるのかや、何かあったときのトラブル対応ができるかも問題になります。そういった安心感の意味では、mineoの方がLINEモバイルよりも優れています。

mineoは格安SIMでも人気が高く、使っているユーザーが多いです。そのためネット上に多くの情報があり、ほとんどの問題はネットで解決できる強みがあります。

またmineoは独自のサービスである「マイネ王」というコミュニティもあります。マイネオスタッフやユーザーと交流ができる場で、格安SIMの悩みなども簡単に相談できるのがメリットです。

総合的に検討をすると、LINEモバイルよりはmineoの方がメリットが大きいです。

mineo(マイネオ)については、mineo(マイネオ)の口コミと評判を参考にして下さい。

LINEモバイルまとめ

今回はLINEモバイルについて詳しく解説しました。LINEモバイルはLINEアプリやSNSが通信量を気にせず使い放題になったり、LINEの年齢認証ができたりと、LINEをメインに使っているユーザーに向いている格安SIMです。

大容量プランがないためヘビーユーザーには向きませんが、LINEやSNSが中心のライトユーザーであれば通信料を大きく節約できるためおすすめです。ただしまだユーザーが少ないといったデメリットもあるので、他の格安SIMと比較して検討することも大事になります。

LINEモバイル

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-格安sim

Copyright© LEARNING , 2017 AllRights Reserved.