格安sim

楽天モバイルの評判は!?メリットとデメリットを徹底検証

更新日:

楽天モバイルは楽天市場で有名な楽天が運営している格安SIMです。同社のポイントサービス「楽天スーパーポイント」に対応しているのが特徴で、楽天ユーザーであればお得に利用できます。

他にも無制限のかけ放題や豊富な端末セットが用意されている、口座振替やデビットカード払いに対応しているなど、他社にはない魅力がたくさんあります。

今回は楽天モバイルの料金プランやメリット・デメリットなどをまとめました。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの料金プランは以下になります。

プラン 通話SIM 050データSIM データSIM
ベーシックプラン※ 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

※最大通信速度は200kbps

楽天モバイルの料金プランは6種類です。このうちベーシックプランは高速通信が使えませんが、低速通信を無制限に使うことができ、月額料金も楽天モバイルのプランの中で最も安いです。LINEやメール、Webサイト閲覧が中心のライトユーザーであればお得に利用できます。

高速通信が使えるプランとしては3.1GB、5GB、10GB、20GB、30GBの5つです。種類は多くありませんが、メジャーな容量は確保しています。

格安SIMの中でもとくに人気なのが3GBプランですが、楽天モバイルは一般的な格安SIMの3GBプランより100MB多い3.1GBで、しかも料金は他社の3GBプランと同じ水準なのでお得です。

楽天モバイル

楽天モバイルのメリット

次に楽天モバイルのメリットを説明します。

  • 楽天スーパーポイントに対応している
  • 無制限に通話ができる「楽天でんわ かけ放題」がある
  • 口座振替とデビットカード支払いに対応している
  • 取り扱っている端末数が豊富

楽天スーパーポイントに対応している

楽天モバイルは楽天グループのポイントサービスである「楽天スーパーポイント」に対応しており、月額料金の支払い100円につき楽天スーパーポイントが1ポイントたまります

さらに貯まるだけでなく楽天スーパーポイントによる支払いにも対応しています。月額料金はもちろん、セット端末の一括払いやアクセサリー商品の購入などでも楽天スーパーポイントで支払いができます

普段から楽天のサービスを利用している人にとってはかなりお得ですね。

無制限に通話ができる「楽天でんわ かけ放題」がある

楽天モバイルには「楽天でんわ かけ放題」と「楽天でんわ5分かけ放題」の2つの通話定額があります。

このうち、「楽天でんわ かけ放題」は回数や時間の制限がなく電話がかけ放題になるオプションです。かけ放題は大手キャリアのかけ放題と同じ内容ながら、価格は月額2,380円とリーズナブルです。

格安SIMでは5分かけ放題のように一定時間だけかけ放題になる通話定額は多数登場していますが、無制限にかけ放題が用意されている格安SIMはほとんどありません。

格安SIMでも大手キャリアと変わらずたくさん電話をしたい人におすすめです。

口座振替とデビットカード支払いに対応している

楽天モバイルの料金の支払いはクレジットカードのほかに口座振替にも対応しています。

格安SIMでは手っ取り早く本人確認をするためや、確実に料金を回収するために支払方法はクレジットカードのみであることが多いです。そのため、クレジットカードを持っていない人は利用できませんでした。

楽天モバイルはクレジットカードだけでなく、口座振替にも対応しています。毎月支払い手数料100円が別途かかりますが、学生や主婦などクレジットカードを持てない人でも利用できるので助かりますね。

また、楽天モバイルはデビットカードによる支払いに対応しています。利用できるのは楽天銀行デビットカードとスルガ銀行デビットカードの2種類だけですが、デビットカードであれば未成年でも持ちやすく、口座振替のように支払手数料もありません。

取り扱っている端末数が豊富

楽天モバイルは取り扱っている端末数が豊富です。2017年8月現在、楽天モバイルが取り扱っているスマホは以下の通りです。

・arrows M04
・HUAWEI P10 lite
・HUAWEI P10
・HUAWEI P10 Plus
・HUAWEI nova lite
・ZenFone 3 Max
・HUAWEI Mate 9
・honor 8
・AQUOS SH-M04
・ZenFone 3
・arrows M03
・AQUOS mini SH-M03
・ZTE BLADE E01
・HUAWEI P9 lite
・ZenFone Go
・AQUOS SH-RM02
・ZenFone 3 Laser
・ZenFone Max

SIMフリースマホだけでも18種類あります。海外製のハイスペックスマホから防水やワンセグに対応した国産スマホ、1万円台で買える格安のスマホなど、幅広いスマホが揃っています。もちろん、スマホ以外にもガラケーやタブレット、モバイルルーターなども取り揃えています。

さらに楽天モバイルではこれらのスマホを安く購入できるキャンペーンを頻繁に実施しています。楽天モバイルは格安SIMと一緒に端末を購入する場合もお得です。

楽天モバイル

楽天モバイルのデメリット

シェアプランがない

楽天モバイルには複数のSIMカードでデータ容量のシェアをするシェアプランがありません。家族で利用したい、サブ端末で使いたい、といった場合はその分だけ回線を契約する必要があり、シェアプランを利用するよりも割高になります。

大手キャリアから乗り換えるとどれくらいお得か?

通信料を抑えるために、大手キャリアから楽天モバイルへの乗り換えを考えている人も多いと思いますが、実際に乗り換えるとどれくらいお得になるのでしょうか?

楽天モバイルはドコモの回線を利用しているので、ドコモの最安プランとそれに近い楽天モバイルのプランを比較してみましょう。

月額料金 内容
ドコモ 5,500円~ カケホーダイライト+データSパック+SPモード
楽天モバイル 1,600円~ 3.1GBプラン 通話SIM

ドコモは最も安いカケホーダイライト(5分間の無料通話)とデータ2GBのSパックでも5,500円かかります。一方の楽天モバイルはデータ容量が1.1GB多い3.1GBプランを1,600円で利用できます。月額850円の5分かけ放題を付けても2,450円と半額以下です。

また、楽天モバイルには電話が無制限にかけ放題になる「楽天でんわ かけ放題」があり、これを3.1GBプランに適用すると3,980円です。ドコモのカケホーダイライトをカケホーダイにすると+1,000円されて6,500円になることを考えると、楽天モバイルはかなり安いですね。

楽天モバイルなら電話をたくさんする人でも大手キャリアの半額くらいで利用できます。

楽天モバイルのキャンペーン

2017年8月現在、楽天モバイルでは以下のキャンペーンが実施されています。

ドコモ回線へのりかえキャンペーン

ソフトバンクおよびauから楽天モバイルに乗り換え、さらにアンケートに答えると楽天スーパーポイントが5,000円もらえるキャンペーンです。キャンペーンに期間はありませんが、予定人数に到達次第終了となるので気を付けましょう。

人気端末が980円~!夏トクキャンペーン

・実施期間:2017年9月1日まで

楽天モバイルのSIMカードと対象端末をセットで購入すると、端末の価格が大幅に割引されるキャンペーンです。割引価格は端末によって異なりますが、最も安いものだとZTE BLADE 01と通話SIMのセットが980円で購入できます。

【ショップ限定】arrows M04 発売記念キャンペーン

・実施期間:2017年8月31日まで

2017年7月に発売したばかりの新機種「arrows M04」が通話SIMとのセットだと2,000円引きで購入できるキャンペーンです。楽天モバイルショップ限定なので、Webから購入した場合は適用されない点にご注意ください。

1人契約するともう1人無料!キャンペーン

・実施期間:2017年8月31日まで

5GBプラン以上の通話SIMと「楽天でんわ かけ放題」もしくは「楽天でんわ5分かけ放題」のどちらかを一緒に契約すると、2回線目の月額料金が1年間無料になるキャンペーンです。さらに2回線目を1回線目とし、再度このキャンペーンを利用することで3回線目以上でも無料で利用できます。

楽天モバイル

人気の格安SIM「mineo」との比較

格安SIMの中でもとくに人気なのが「mineo」です。ここでは楽天モバイルとmineo(Dプラン)を料金プランやサービスから比較してみます。

高速通信を使いたいライトユーザーにはmineoがおすすめ

楽天モバイルとmineoの料金プランはかなり似ています。3GB(楽天モバイルは3.1GB)、10GB、20GB、30GBのプランは両方にありますし、3GBと10GBの間は楽天モバイルが5GB、mineoが6GBなのでほぼ同じです。

違うのは、ライトユーザー向けのプランです。楽天モバイルは低速通信しか使えない代わりに格安で使える「ベーシックプラン」のみです。一方、mineoには500MBと1GBという低容量のプランがあります。

高速通信を全く使わないのであれば、料金が安い楽天モバイルのベーシックプランのほうが良いでしょう。しかし、ほんの少しでも高速通信を使う場合は500MBおよび1GBのプランがあるmineoを使う必要があります。ライトユーザーだが高速通信も使いたいという場合はmineoがおすすめです。

長電話をするなら楽天モバイルのほうがお得

楽天モバイル、mineoともに通話定額のサービスが用意されていますが、長時間電話をするなら楽天モバイルのほうがお得です。

mineoには月額850円の5分かけ放題サービスと、月額840円で毎月30分通話ができる通話定額30、月額1,680円で毎月60分通話ができる通話定額60の3つが用意されています。

どれも通話時間がある程度決まっているならお得ですが、長時間電話をする人だと無料時間を越えてしまい、結果的に割高になることがあります。

楽天モバイルの「楽天でんわ かけ放題」は大手キャリアと同じく回数・時間ともに無制限に通話し放題になります。どれだけかけても月額2,380円で済むので、長時間電話を利用したい人は楽天モバイルがおすすめです。

端末をセットで購入するなら楽天モバイルのほうがお得

楽天モバイル、mineoともにSIMカードと端末をセットで購入できます。

しかし、セット購入できるスマホの数は楽天モバイルが18種類、mineoが11種類で楽天モバイルのほうが豊富です。しかも楽天モバイルは端末代が割引されるキャンペーンや楽天スーパーポイントを使うことで、通常よりも安く購入できます

端末とのセット購入を利用する際は楽天モバイルのほうがおすすめです。

楽天モバイルまとめ

今回は楽天モバイルについて詳しく解説しました。楽天モバイルは利用することで楽天スーパーポイントが貯まり、さらに月額料金や端末代の支払いにポイントを利用することもできます。そのため、普段から楽天グループのサービスを利用している人にピッタリの格安SIMと言えます。

他にも無制限に電話ができるかけ放題があったり、端末セットが豊富だったりといった楽天モバイルならではの魅力もたくさんあります。

楽天モバイルは、楽天ユーザーはもちろんそれ以外の人にも幅広くおすすめできる格安SIMと言えるでしょう。

楽天モバイル

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-格安sim

Copyright© LEARNING , 2017 AllRights Reserved.