30代職歴なしの就職!キャリアコンサルタントが教える正社員になる4つの方法

スポンサーリンク

30代で職歴なしは、転職市場ではかなり厳しい状況であるといえます。

30代ともなれば、企業の組織上、中堅クラスである可能性の方が高いです。

ですが30代で職歴がないということは、転職先の企業は、その求職者に対して新卒と同じような教育を行う必要があり時間と労力がかかるため敬遠しがちです。

ですが、職歴なしの30代でも、転職を諦める必要はありません。

もちろん普通に転職活動をしていては、職歴なしがデメリットになり転職は難しいです。

ですがキャリアコンサルタントとして転職に関わってきたノウハウで、30代職歴なしの求職者であっても転職を成功させる方法を解説します。

スポンサーリンク

30代職歴なしは転職市場の動向を見ること

30代職歴なしの求職者が最も重要視しなければならないことは、転職市場の動向です。

転職市場は、生もので、そのときどきで状況が変わります。

転職市場の動向として、売り手市場と買い手市場の2つがありますが、30代職歴なしの求職者は売り手市場であるかどうかを確認してください。

売り手市場とは、転職市場に求人が豊富にある状態を意味し、求人が多ければ多いだけ求職者にとっては転職活動には有利になります。

逆に買い手市場は、転職市場に求人が少ない状態を意味して、求職者にとっては転職確度が下がり転職活動をしにくい状況になっています。

求人は求職者にとっては転職活動の生命線で、求人がいかに多いか少ないかにより応募することができる企業の数が変わり、転職活動の展開に大きな影響を与えます。

30代職歴なしで転職を考えているのならば、自分が転職活動をしようと考えているときに、転職市場がどのような状況かを見極めて下さい。

転職したいと思ったときに買い手市場であれば、30代職歴なしで転職活動をしても必要以上の苦戦が予想されますので、時期を改めることも戦略のひとつです。

売り手市場になれば、そこにはたくさんの企業が採用活動を行っている証拠になる求人が豊富にありますので、考える期間を置かずに、まず行動というスタンスが求められます。

30代職歴なしが転職しやすい業種・職種

まず30代で職歴がない求職者はできるだけ採用されやすい求人を狙いましょう。

30代職歴なしでも採用されやすい求人例としては、下記の内容があります。

業界としては、不動産業界、金融業界(銀行除く)、人材業界です。職種は営業職で、企業規模は中小零細企業が狙い目です。

理想的な求人は、例えばですが、不動産業界の中小零細企業の営業職です。

こうした業界・職種は、少しハードな環境になりますが、職歴なしの30代でも採用されやすい傾向にあります。

またマイナスのイメージになりますが、企業体質が古い、労働時間が長い、福利厚生が整備されていないなど、条件の良い求人に比べると募集率も少なくなります。

こうした職種は職歴なしの30代でも採用されやすいのですが、相性が悪いとすぐに転職となるので体育会系の30代向きになります。

30代職歴なしでも一発逆転!国家資格を取得する

30代職歴なしでも一発逆転を狙える方法として、国家資格を取得する方法があります。

転職市場は、求職者が企業に評価されることが必要で、そのためには経験がものを言います。

しかし、経験のなかには、実務経験だけではなく、業務を行うための知識も含まれています。

自分にはその知識があるいう証明になることが資格取得です。

資格と言っても、だれでも簡単に取得できるような資格を10個、20個、取得しても転職市場では意味がありません。

だれでも簡単に取得できない難易度が高い資格を1個で良いので取得することで、それを武器にしながら転職活動をするということも一つの方法です。

30代で職歴がない求職者は、実務経験はないとしても、その業務に対応できる知識を持っているとなれば、企業の評価も変わります。

無職で職歴がないという最大の不利な状況を難易度の高い国家資格でカバーするということです。

難易度が高い、かつ、転職市場で企業から高い評価を受ける資格は、

  • 公認会計士
  • 税理士
  • 行政書士
  • 社会保険労務士

です。

特に公認会計士は、米国公認会計士という資格があり、この資格さえあれば、どの企業でも欲しがる求職者になることができます。

公認会計士以外でも、今ご紹介した資格はすべて資格取得後に独立開業をすることもできる資格で、企業としても、顧問契約などで取引があります。

これらの資格を持つ求職者がそれまで30代で職歴がないとしても、採用することで顧問料を削減することができ、また、社内にノウハウを蓄積することができる採用メリットがあります。

ただ、これらの資格には難点があり、取得難易度です。

難易度が高い資格のため、かなりの勉強時間が必要になります。

ですので、とりあえず転職して、働きながら実務から経験を取得し、国家資格を取得するという方法を選ぶのも一つの30代職歴なしの戦略になります。

参考:30代におすすめの資格(男女で狙うべき資格は異なる)

※現実問題、働きながら資格取得はかなりハードルが高いです。

30代職歴がないなら派遣から正社員へ

30代職歴なしが仕事を見つける方法として、派遣を利用する方法もあります

派遣とは、転職先の企業の正社員ではなく、派遣会社の社員扱いになります。

社会保険も派遣会社になりますので、転職先で働くとは言え立場は派遣会社の社員です。

入社時は派遣として選考を受けて、その企業に入社後、6カ月以内に正社員面談を受けて、その企業の正社員になるという動きです。

これも立派な転職であり30代職歴なしの戦略的な転職活動です。

選考ハードルも極めて低く、社員面談のハードルも相当低いので30代職歴なしでも簡単に採用されやすいです。

30代で職歴なしの求職者が、ある程度、短期間で簡単に正社員として転職する方法としては、紹介予定派遣という仕組みを利用することも頭に入れておくと良いでしょう。

紹介予定派遣のデメリットは、質の低い企業に派遣されるとブラック企業の可能性があることです。

30代職歴なしの最強の味方!転職エージェントを使う

求職者には転職活動を行うにあたり、いくつかの転職方法を選択することができます。

転職エージェント、転職サイト、ハローワーク、求人情報誌という4つの選択肢がありますが、このなかで30代の職歴がない求職者には転職エージェントが最も良い転職方法です。

職歴なし(無職)=ハローワークという世間一般のイメージがあり、ハローワークを使った方が内定に近づくのではないかという思いを持つ30代の求職者もいるでしょう。

確かにハローワークは無職の求職者が多く利用しますが、求人の質や数ではあまり評判は良くありません。

また求人紹介後の企業の選考をすべて一人で行わなければなりませんので、高い確率で見送りになるケースが多いです。

30代職歴なしは、企業の動向など働くということ自体に不慣れな面がありますので、第三者の支援を受けて支援を受けながら、社会人としての基礎を身につける転職方法がおすすめです。

そのためにも30代職歴なしは、転職エージェントを使いましょう。

転職エージェントは、無料で求人紹介から内定まですべてのことを専任のキャリアアドバイザーが担当になりサポートしてくれます。

転職エージェントには、それまで多くの求職者の転職支援や企業の採用支援を成功させた豊富な実績がありますので、どのように転職活動をすれば良いのか、また、企業の採用事情も教えてくれます。

30代で職歴がない求職者には、自分が転職できるのかという不安が多く、転職活動はメンタル面で不安が多いと面接などで必要以上に緊張しうまくいかず結果的にも見送りになることが多いです。

転職エージェントは、このような30代職歴なしの不安を払拭してくれる役割を果たします。

転職エージェントを利用するとさまざまな局面で意見やアドバイスをもらうこともできますし、ビジネスマンとしての基礎知識を習得することもできます。

求人の数と転職支援のために大手の転職エージェントを選ぶ

30代職歴なしの転職エージェント選びのポイントは、大手の転職エージェントを利用することです。

きめ細かい転職支援を受けるためには、小規模の転職エージェントが良いのですが、転職活動を前に進めるためには、まずは求人を集める必要があるからです。

小規模の転職エージェントは求人紹介以外の面ではメリットがあるのですが、求人の紹介数は非常に少ないです。

応募することができる求人が限定される30代職歴がなし求職者は、小規模の転職エージェントを利用していると必要以上に転職活動期間が長くなる傾向があります。

大手の転職エージェントは30代職歴なしに紹介できる求人もあり、どのキャリアアドバイザーが担当になっても平均以上の質で転職支援をしてくれます。

もちろん転職エージェントを利用すれば簡単に転職成功とはなりませんが、一人で転職活動をするよりも圧倒的に早く内定に辿り着けます。

参考:30代におすすめの転職サイトと転職エージェントランキング!キャリアコンサルタントが教える転職が決まらない時の打開策

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました