マイナビエージェントの評判 第二新卒の転職にはおすすめのエージェント

総合力が武器ですべての転職支援に関して、基本的には可もなく不可もなしという平均的な転職エージェントがあります。

それが今回ご紹介するマイナビエージェントです。

マイナビエージェントは今のように転職市場が売り手市場になる前から転職エージェントとしての事業仕掛けを行っていました。

当時はどの企業に行っても、マイナビ転職のイメージが強すぎて求人を受注することができていませんでした。

その大きな理由は求職者の登録数です。

登録数が少ない分、企業はマイナビエージェントに求人を依頼してもなかなか採用決定に至らないという横断的な情報から知っていて断っていました。

しかも、営業活動は今のようにマイナビエージェントとしてではなく、マイナビとして動いていたため企業から余計に誤解を招いていたのです。

そこからマイナビエージェントとしてサービス名称を確立し、少しずつ登録数を増やし今に至っています。

スポンサードリンク

マイナビエージェントとはどんな転職エージェントか?

マイナビエージェントの母体は大手人材企業であるマイナビですので、資金力という意味では大手の転職エージェントに入りますが転職エージェントとしては進行的な要素があり中小規模の転職エージェントと言えます。

マイナビ=大手ということでマイナビエージェント=大手と誤解する方も多いでしょうが、利用してみれば分かりますが、大手の転職エージェントの最大の特徴である求人紹介数もそこまで目立って多くはありませんし、その他の転職支援も目立っていません。

とは言え、利用価値がないかと言えばそのようなことはなく、平均的なレベルの転職支援を受けることは可能です。

簡単なことを言えば、マイナビエージェントは他社との差別化に苦戦している状況ということです。

差別化を図っている!?

先程までとは全く真逆なことをお伝えすることになりますが、マイナビエージェントは差別化を図っています。

では、どのようなところで?ということになりますが、マイナビエージェントの母体であるマイナビは資金力が十分にありますので、中小規模の転職エージェントよりも新規事業を立ち上げやすい環境にあります。

その資金力を活用して自社でも課題としていた他の転職エージェントとの差別化を図るために、別の転職エージェント事業を立ち上げて、そこで差別化を図っています。

その別の転職エージェントの特徴は第二新卒に特化した転職エージェント、女性の転職支援に特化した転職エージェント、IT職種に特化した転職エージェントと3つあります。

マイナビエージェント単体だけでは差別化に苦戦していたため、マイナビエージェント=マイナビのイメージが強すぎて企業や求職者からの利用価値の差別化を明確に把握できなかったため、転職エージェント自体を分けるという戦略になっています。

新規で立ち上げた3つの特化型の転職エージェントのうち第二新卒については、マイナビエージェントが業界のなかで一番最初に行っていて、それをマネて他の転職エージェントも第二新卒に注力しているという事情があります。

すべての特化型の転職エージェントの事業成績はともに順調であり、企業や求職者からも高い評価を得ています

3つの特化型に該当する求職者は、マイナビエージェントを利用することでその3つの特化型のうち、自分が該当する特化型転職エージェントの求人紹介はもちろんのこと、専任のキャリアアドバイザーが担当になります。

ですので、その属性にマッチした質の高い転職支援を受けることができます。

スポンサードリンク

マイナビエージェントの求人特徴

マイナビエージェントの求人特徴としては、マイナビ転職サイトとの同時利用が可能になりますので、横展開してもらえることです。

例えば、転職サイトに掲載されている求人に興味を持ち、その求人に応募したい場合は、自分を担当するキャリアアドバイザーにその旨を伝えればすぐに求人の紹介があります。

基本的に今の時代は転職サイトを活用して自己応募するよりも転職エージェントを利用してその求人に応募した方が事務処理の手間も省けますし、求人情報も詳細まで説明されますので、利便性が高いです。

その意味ではマイナビエージェントは良いと言えます。

その他としては、ごく平均的と言った方が良いです。

と言うのは先ほど、ご紹介した通り、特化型の転職エージェントを別に持っているため、特に転職支援が必要な求職者に対しては、特化型の転職エージェントを利用を勧めますし、マイナビエージェント単体で考えると転職しにくい求職者の対応をします。

ハイクラス求人の取り扱いはどうなのか?というところも気になるのですが、ハイクラス求人ももちろん取り扱いはあるものの、他の大手の転職エージェントにもある求人ばかりですので、マイナビエージェントの利用は必須とは言い切れません。

マイナビエージェントの評判は?

ここまでマイナビエージェントの転職支援をご紹介しましたが、総合的な評価はどうなのかと言いますと、ホールディングス制で考えるならば100点に近いです。

単体で考えるならば80点ぐらいになります

可もなく不可もなしで、マイナビエージェントには他の転職エージェントにもある求人重複がありますので。

今後のマイナビエージェントの方向性としては、平均的な転職支援サービスは転職サイトにシフトし、マイナビエージェントとしては特化型の転職エージェントを今以上の数に増やすようです。

そう遠くない将来でハイクラス特化型の転職エージェントや50代以上に特化した転職エージェントが新設させるはずです。

全国対応が可能

大手の転職エージェントも当然に同様のことを行っているため、マイナビエージェントにしかないということはないのですが、マイナビエージェントは母体が全国展開しているため、そのネットワークを利用して全国対応することが可能です。

地方の求職者も首都圏などその他の企業への転職を支援してくれます

転職サイトとの連携も全国展開していて、地方の求人に応募したい場合、マイナビエージェントの担当キャリアアドバイザーに依頼するとマイナビエージェント経由で応募することができます。

第二新卒を対象にシフトする?

マイナビエージェントが今後、特に力を入れていく転職分野は第二新卒を中心とした若手人材の転職支援です。

母体であるマイナビは、新卒事業としては日本で1位のシェアを誇っていて、新卒採用の対象とある大学生などの学生と年齢が近い若手人材の情報は豊富に持っています

その情報を活用して若手人材の転職支援を充実させようという方向性があります。

近年では第二新卒の求職者が急増しているため、転職市場のなかでは巨大市場の一つになっています。

お伝えした通り第二新卒に特化した転職エージェントはマイナビエージェントが初になりますので、リーディングカンパニーとしてシェア拡大を考えています。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment