リソウルの評判 独占案件豊富で転職を差別化できるエージェント

このご時世、求職者は数ある転職エージェントから自分にとって有利な転職活動をすることができる転職エージェントを検索エンジンなどで検索して口コミから評判の良い転職エージェントを探し利用する傾向があります。

しかし、この口コミはだれが書いているか分かりませんし、口コミの内容がネガティブであれば、あまり信用できないことの方が多かったりします。

あまり良い評判の口コミがなくても、実は優秀な転職エージェントがありますが、それが今回、ご紹介するリソウルという転職エージェントです。

リソウルと検索すると、リソウルのホームページ以外は検索結果として表示されることはないのですが、そのなかで悪い口コミを探すことができます。

この口コミの内容と全く違うリソウルの姿がありますので、リソウルの本当の転職支援の実態をご紹介します。

転職エージェント業界の中では評判の良い転職エージェントですし、また、企業からの評判も良い転職エージェントです。

業界、そして企業の人事から評判が良いということは、それだけ求人の集客率は高く、求職者からすると自分の転職活動に役立てることができると考えてください。

スポンサードリンク

約15年の歴史を持つリソウル

リソウルは日系の転職エージェントでその歴史は約15年ほどになります。

約15年ほど前と言えば転職市場全体が冷めている状態で多くの転職エージェントが撤退や倒産をしていた時代です。

中小規模の転職エージェントが生き残るために大手の転職エージェントに買収されるという転職エージェント業界では不遇の時代です。

この時代に設立し、今もなお、転職エージェントとして事業継続できているということが何よりの証ですが、リソウルは小さいながらも非常に実力の高い転職エージェントです。

規模としては従業員が10名弱の非常に小さい転職エージェントですが、その規模に反比例して求人数も多くあります。

多いと言っても大手の転職エージェントなみにあるということは現実的にありえないことですが、小規模の転職エージェントのなかでは求人数はトップクラスです。

転職活動には小規模の転職エージェントは使った方が良いという求職者の声をよく聞きますが、リソウルはまさにその代表格です。

小規模の転職エージェントなら、まずはリソウルに!ということを強くお伝えしておきます。

経営者自らがキャリアアドバイザーとして対応

リソウルのキャリアアドバイザーは数名しか存在しませんが、その数名のなかにリソウルを経営する経営者が入っています。

求人内容や求職者の転職希望によって転職難易度が高い場合もありますが、そのような場合は、リソウルの経営者自らが転職支援をキャリアアドバイザーとして担当してくれます。

ハイクラス求人だけに経営者がキャリアアドバイザーとして担当するというイメージがあるかもしれませんが、リソウルでは転職難易度が高いと想定する求職者であれば、求人のレベルは関係ありません。

求職者によっては、経歴が浅く、転職することが難しい人もいるはずです。

このような求職者は、リソウルがおすすめです。

経営者自らが自分の転職支援実績から得たノウハウで、どのように転職活動をすべきかを細かくアドバイスしてくれます。

求職者によっては、転職市場の状況が悪化(買い手市場)になっている場合は、転職活動がかなり苦戦する場合もありますが、そのような場合は、『今は、転職活動は控える』という選択肢も提供してくれます。

スポンサードリンク

他社転職エージェントとの連携で転職支援充実

リソウルの転職エージェントとしての特徴は、自社で直接抱えていない求人も求職者へ紹介することができるネットワークを持っているという点です。

この仕組みの裏事情は、リソウルがその他の転職エージェントと業務提携して、他の転職エージェントが持っている求人をリソウルの登録者へ紹介し、求職者がその求人で内定承諾した場合にリソウルはその手数料の半分をその他の転職エージェントに求人紹介料として支払います。

この仕組みを持つことで、リソウルを利用するとその他の転職エージェントにある求人も紹介されますので転職エージェントへの登録作業はリソウルへの登録だけで済みますし、求人は複数の転職エージェントが持つものに応募することができるのです。

先程、小規模ながら求人紹介数はトップクラスであるとご紹介したと思いますが、その理由はこの広いネットワークを持っているからできるのです。

面談も柔軟に対応

大手の転職エージェントでは個人情報保護の観点から絶対に社外での登録面談は行ってくれません。

限界は電話での面談です。

一方、リソウルはどうかと言えば、社外での面談してくれますし、求職者の意向を極力実現してくれる動きを取ります。

例えば、現職中で昼時間を利用して現職近くの喫茶店などを希望した場合、リソウルのキャリアアドバイザーがその現場まで出向き、限られた面談時間のなかで行ってくれます。

しかも、求人の紹介もその場で行ってくれます。

その後の定期的な面談においても同様に求職者の都合に合わせた転職支援をしてくれます。

小規模の転職エージェントはこの部分は柔軟に対応する傾向があるのですが、リソウルほど柔軟に対応する転職エージェントは珍しいと言えます。

何と面接にも同席!?

企業は自社の情報を面接内で話す機会もあることから余程のことがない限り、または、転職エージェントに対して相当な信頼を持っていない限り面接での転職エージェントが同行するという行為はタブーです。

タブーの行為をリソウルであれば、企業から許されてしまい、緊張でいっぱいの面接をリソウルの営業担当者が同席し、適宜、フォローしてくれます。

このフォローも通常はNG行為で、同席はOKだとしても口出しはNGの企業が多いのですが、リソウルは面接の進行役も行い、適宜のフォローも許されてしまいます。

リソウルは企業との関係が非常に良好でこのような例外対応を企業は取るのですが、求職者からするとリソウルのフォローにより緊張もほぐれ、しかも面接通過に近づくと言えます。

なお、リソウルがなぜ企業とここまで良好な関係を気付くことができるかと言いますと、小規模の転職エージェント特有の1人の人材がキャリアアドバイザーと企業の営業担当者の両方を行っていて、企業との関わりを深く持つことができているためです。

これだけ深く企業へ入り込むことができる転職エージェントはなかなかありません。

もちろん、リソウル1社だけで転職活動をするということは大手の転職エージェントほどの求人数は持っていないため、リスクがありますのでオススメできませんが、転職エージェントを同時に複数利用することが今の転職活動の基本ですから、その1社にリソウルを含めて良いと言えます。

差別化できる転職エージェント

リソウルでは経営者自らがキャリアアドバイザーとして担当し、しかも、企業の経営者とのパイプも持ち合わせいるため、独占求人も豊富に揃えています。

独占求人含めていくつかの強みがリソウルにありますので、口コミ情報をあまり信用し過ぎることなく、人事や企業からの評判を優先してリソウルは利用すべき転職エージェントの1つです。

独占求人は求職者の転職確度を一気に引き上げる材料になりますし、他の求職者との差別化を図ることも十分可能なものです。

リソウルを利用し早期に転職を実現し、また、良い条件で転職することも十分可能だと言えます。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment