簿記2級を転職に活かした体験談【面接突破の秘訣】

スポンサードリンク

簿記2級は会計の基本処理全般を身に付ける為に必須の知識となります。その資格の特性上、転職先は会計関連の仕事が候補となります。その中でもまず第一に考えられるのが、一般企業における経理職です。

会社は日々営業している中で様々なお金を使います。製品の仕入や販売はもちろん、従業員への給与支払い、営業社員の交通費や駐車料金、オフィス家賃の支払い、備品の購入…等、毎日いくつもの取引がなされています。経理の仕事は、そのお金のやり取りを逐一記録し、4半期や1年ごとに決算書という会社の営業成績表を作成し、支払や還付を受ける税金を確定させる事です。上場企業であれば、株主や債権者向けの書類作成の仕事もあります。

そういった業務をするにあたり、簿記2級の知識は絶対に欠かせないものであり、経理職の求人を見ると応募条件に『日商簿記2級以上』と書かれている求人が非常に多くあります。また、応募条件には記載せずとも有資格者を望んでいる企業が大多数と言って良いでしょう。

次に考えられるのが、会計事務所や税理士事務所のスタッフです。これらの職場で働いている方の中には、会計士資格や税理士資格を有していないスタッフもいます。簿記の知識を活かし、会計士や税理士の先生の補助をする役割がメインとなります。またそういったスタッフの多くは、職務に励みながら独学で会計士試験や税理士試験の合格を目指している方々です。

もし読者の方がそれらの資格取得を目指すのであれば、会計事務所・税理士事務所への転職も検討するべきでしょう。両資格共に難関試験であり、数百~千時間の学習時間が必要だと言われています。一般企業で勤めているとどうしても学習時間を確保するのが難しくなりますが、事務所によっては『資格勉強中の方も歓迎』という形で求人を出している所も多く、職場の理解を得た上で勉学に励む事が出来ます。

また、会計事務所や税理士事務所で一定期間働く事によって試験科目の免除を受けられる場合もありますので、簿記2級を踏み台にして会計士・税理士資格取得を目指し、会計のプロになりたい!という方には一番の近道と言えるかもしれません。

筆者の簿記2級を武器にした転職成功体験

私は、最初に挙げた「一般企業での経理職」への転職に成功しました。これまでの私の経歴を簡単に述べさせて頂きますと、大卒後に中小食品商社に入社し営業職を2年務めた後、社内異動により経理職となりました。その時点では日商簿記3級の知識しかありませんでしたが、実務と並行して独学を続けて簿記2級を取得。そして、転職活動を経て上場企業の経理職へとステップアップしました。

転職活動の中で自己PRの柱となったのが「実務経験」と「日商簿記2級保有」の2点です。経理の求人は営業等に比べて数が少なく、また応募も多いと言われています。そういった激しい競争を勝ち抜くには一つでも多くの武器を持っている必要があります。一方で経理職の特色としては、どこの業界や企業でもやり方がほとんど同じである点があります。つまり、アピールポイントは「経理としての資質」の一点のみになるという事です。

では経理としての資質とは何か?

もちろんコツコツと事務処理を続けられる集中力・忍耐力等といった人間的資質もありますが、即戦力を求められる転職市場では、やはり『会計知識』が最重要ポイントです。私の場合はその『会計知識』について、「実際に経理業務を行った経験」と「知識を担保する簿記2級資格」の2点からアピールしました。もし貴方が経理経験を持たない場合は、簿記2級資格を最大限アピールする必要があるでしょう。

簿記2級資格をどうアピールするか?

一般的に、経理の採用においては経験者が重視される傾向にあると言われています。経理の仕事がどこの会社に行っても大きく変わるものではないからでしょう。

その為、もし貴方が経理経験者である場合は、まず第一にアピールすべきは実務経験です。経理として具体的にどのような業務に携わってきたのかをアピールし、転職先でもその仕事を問題なく遂行出来る事を説明しましょう。そしてその上で、処理の前提となる会計知識については簿記2級でしっかりと学んでおり、機械的に処理するだけでなく、主体的に考えて仕事を進める事が出来るという事をアピールすると良いと思います。
では、もし経理未経験の場合はどうなるでしょうか?

簿記2級の知識は経理業務において必要最低限の知識であって、知識だけでは業務を進める事は出来ません。経理未経験者の場合に大事になるのは「知識を活かして素早く積極的に業務スキルを吸収する」という向上心であり、将来性をアピールする事が最も大事になると考えます。

また、ただ「経理として成長したい」というだけでなく、より具体的にどのような経理マンになりたいかも考えた方が良いでしょう。大きな会社であれば、経理職の中にも様々な役割があります。会計処理のプロとしてスキルを深めたいのか、より経営に近い立場として監査的立場から会社を動かしたいのか、経理だけでなく財務の知識も増やして会社の資金繰り等にも関わっていきたいのか…。一言に経理といっても様々な役割がありますので、そういった将来像も描いた上でアピールすると、面接担当者の心にも響くのではないかと思います。

転職を成功させる為に何を努力すべきか?

先程まで何度も述べさせて頂いていますが、経理の仕事は普遍的なものです。もちろん入社して実際に働いていく中では業界知識等も少なからず求められますが、転職志望者として一番大事にするべきは経理スキルの向上です。

簿記2級は合格率10%台の試験であり決して簡単な試験ではありません。ですが、同時に更に上の資格も存在し、簿記1級はもちろんの事会計士資格や税理士資格等まだまだ学ぶべき知識が沢山ある事は事実です。

つまり、簿記2級はゴールではなく、あくまで経理会計のプロとなる為のスタートラインに過ぎないのです。どうアピールするかの項でも申し上げましたが、先を見据えて更に上の資格の学習を始めて、面接でその事をアピールするくらいの姿勢を持つと、より採用に近づけると思います。

また一方で、経理の仕事が普遍的であると言っても、企業研究を全くしなくて良いという訳ではありません。例えば上場企業では株主への開示資料の作成や四半期決算等の特殊な業務がありますし、子会社を持つ会社では連結決算業務があります。そういった会社であれば当然開示業務や連結業務に携わる事が求められますし、逆に当てはまらない会社の面接で「連結決算について学びたいです!」と言っても「それじゃあウチには合わないよね」という事になってしまいます。

これは経理や簿記2級資格者の転職に限らない話ですが、より具体性のある将来像を持ち、向上心を持ってその道を進んでいくアピールは不可欠です。その為に、継続学習や企業研究を行う事はとても重要となります。

これから転職を検討される方々も、是非「将来像」と「向上心」をどうアピールするのかしっかりと戦略を練って、面接に挑んで下さい。

スポンサードリンク