簿記3級を独学で合格するための最短の勉強法と勉強時間【2019年対策】

簿記3級は、勉強すれば誰でも独学で合格することができる資格です。

難易度もそれほど高くない資格なので、独学で合格している人も実際に多いです。

簿記3級に合格するためには、レベルに合った勉強法やテキスト選びが重要になります。

簿記3級に合格できていない人は、勉強法や勉強時間を上手に使えていない傾向があります。

独学で挑戦する場合、試験までの期間と自分の使える時間で合格できる勉強をしなければなりません。

勉強時間が取れない人と、時間に余裕がる人では簿記3級の勉強スケジュールが変わるからです。

簿記3級に合格するためには、勉強の戦略が重要が重要となります。

全く簿記のことを知らない人と、1度受験した人では知識が異なります。

また毎日5時間勉強できる人と、1時間しか勉強できない人ではスケジュールが変わります。

レベルと生活に合った勉強スケジュールを組み立てることで、独学でも簿記3級に合格することができます。

簿記3級に挑戦するならば、まず勉強法と勉強時間のスケジュールから考えることをお勧めします。

自分のレベルに合わせて勉強すれば、簿記3級はそれほど難しい試験ではありません。

確実に合格レベルまで実力を上げられる、簿記3級の勉強法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

簿記3級の難易度

簿記の試験は、平成28年から試験範囲が変わり難易度が上がったと言われています。

ですが簿記3級に関しては、そこまで難易度に大きな変化はなかったようです。

今後は傾向が変わるかもしれませんが、大きく難易度が上がることはないと予想されています。

初めて簿記3級を受験する人には、計算や専門用語に苦戦して難易度が高いと感じるかもしれません。

しかし簿記3級受験生は、学生や主婦も多く勉強すれば誰でも合格することができます。

ここ最近の合格率は3割以上となっていて、難易度としては決して高くはない資格試験になります。

簿記3級の難易度は高くはありませんが、少ない勉強時間で必ず合格するには戦略が重要になります。

10時間の独学で合格する人もいるようですが、かなりポイントを絞った勉強法をしています。

簿記3級を甘く見て勉強をしないと、いくら難易度が低くても合格することはできません。

 

簿記3級は分野ごとに必要な最低点数はなく、7割以上取れれば合格することができます。

7割と聞くと難易度が高いと感じる人もいるでしょうが、実はそれほど難しいわけではありません。

その理由は、簿記3級で出題される問題の傾向が基本的にパターン化されているからです。

簿記に限らず資格試験で一般的なことに、問題を使いまわすことが多いという特徴があります。

簿記3級もその例に漏れず、基本的には過去問などをしっかりと勉強すれば合格できると言われています。

そのためきちんと勉強した受験生にとっては、難易度は決して高くないと言えます。

簿記3級の勉強時間とスケジュールの立て方

簿記3級の勉強時間は、一般的には50~100時間ほどで合格できると言われています。

勉強時間に幅がありますが、これは勉強の質と期間によって変わるからです。

簿記3級の勉強法として、主に以下の2つのパターンがあります。

  • 長期スパンで1日の勉強時間を少なくする
  • 短期スパンで1日の勉強時間を多くする

長期スパンの勉強時間と勉強法

長期スパンは、短期間で多くの勉強時間を確保できない人がすべき勉強法になります。

長期スパンと言っても、簿記3級の場合は1か月も勉強すれば合格できます。

勉強時間としては、1日30分から1時間程度しかできない人向けの勉強時間になります。

仕事や学校で忙しい場合、1日1時間や週末しか勉強時間がないかもしれません。

そのような人は、1日1時間前後の独学を1カ月ほどの期間で勉強することをお勧めします。

1時間でも1か月間しっかりと勉強すれば、簿記3級は必ず合格できます。

ただし長期スパンの勉強は、やる気の継続が難しく途中で挫折する可能性があります。

時間があると思ってしまうと、逆に勉強をしなくなるのが人間の心理です。

長期スパンで簿記3級を受験する場合は、必ず毎日勉強する癖をつけましょう。

短期スパンの勉強時間と勉強法

簿記3級を独学で効率的に勉強するならば、圧倒的に短期スパンにするべきです。

1週間あれば、簿記3級レベルの内容であれば独学でも対策できます。

ただし短期スパンの場合、勉強時間を多く確保することが必要になります。

1日の勉強時間としては、3間以上勉強すると合格できる実力が確実に身につきます。

1日3時間で1週間だと、実質21時間ですが簿記3級はこのくらいの勉強時間で合格できます。

簿記3級は出題範囲が決まっているので、効率よく覚えれば短期間でも勉強できるのです。

1週間でも計画的に勉強すれば、簿記3級に必要な知識は勉強できます。

ただし短期間で簿記3級に挑む場合、その期間は簿記の勉強に集中する必要があります。

集中して1週間勉強すれば、簿記3級はそれほど難しい資格ではありません。

簿記3級の勉強時間は性格に合わせること

簿記の勉強時間は、長期と短期どちらもメリットとデメリットがあります。

どちらを選択するかはライフスタイルもありますが、それ以上に性格も考慮すると良いでしょう。

じっくり腰を据えて勉強できる人であれば、長期スパンに向いていると言えます。

逆に勉強に集中するのが苦手で、必要最低限の点数で合格したい人は短期の方が向いています。

どちらの勉強時間でも簿記3級の独学合格はできるので、自分の性格に合わせて選ぶのが良いでしょう。

勉強時間も重要ですが、それ以上に計画的に勉強することが重要になります。

スポンサードリンク

簿記3級の独学に役立つテキスト

簿記3級に独学で挑戦する場合、勉強時間が重要になります。

しかし勉強時間だけ確保できても、勉強の内容が薄ければ合格することができません。

簿記3級に独学で合格するためには、良いテキストを選ぶことが重要になります。

簿記3級対策のテキストは数が多いので、なるべく効率よく実力を上げられるものを選ぶことが重要です。

一般的に簿記3級を独学で勉強する場合、使うテキストとして参考書と問題集の2つがあります。

おすすめの参考書と問題集を、特徴を合わせて紹介するので参考にして下さい。

簿記初心者向けのテキスト

簿記を全く知らない初心者や、再チャレンジで基礎から独学で勉強したい人向けのテキストになります。

簿記を初めて勉強する場合、用語や簿記のルールについて概要を覚えることが重要です。

基本的な内容を知っている受験生には不要ですが、初心者の最初の1冊としておすすめのテキストを紹介します。


みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 第7版 (みんなが欲しかったシリーズ)

簿記3級を初めて独学で勉強する人や、もう一度基本を理解したい人におすすめのテキストが「みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商3級」です。

このテキストは、簿記で重要な基本について丁寧に説明しています。

イラストや図を使って、わかりにくい簿記の用語を初心者でもわかるように説明しています。

評価の良いテキストは、良く出題される問題を分析して合格に必要な実力をつけることができます。

しかし初心者や勉強不足の学習者には、そういった内容を理解できず結局わからなかったとなるパターンが多いです。

最初の1冊は簿記の概念を理解することができるテキストを選ぶことで、独学でも基礎となる知識を身につけることができます。

簿記3級の独学におすすめのテキスト

簿記の概要を理解したら、あとは実践的な勉強をすることが独学で合格する秘訣になります。

簿記3級対策のテキストは色々あるので、内容を理解しやすいものを選ぶことがポイントになります。

良いテキストを選ぶことで、効率的に簿記3級を独学で合格することができます。


スッキリわかる 日商簿記3級 第10版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

みんなが欲しかった簿記の教科書と同じ著者が書いている参考書になります。

この参考書の良い点は、ストーリー仕立てで簿記3級をわかりやすく説明しているところです。

実際に問題を解いていると、どうしてその答えにたどり着くのかわからないことがあります。

ストーリー仕立てにすることで、そういった疑問もわかりやすく理解することができるのが大きな特徴です。

テキストは何冊使うべきか

簿記3級のテキストは、基本的には参考書1冊と問題集1冊があれば十分です。

多くのテキストを勉強するより、1冊を完璧に勉強した方が効果的だからです。

上記で紹介したテキストであれば、簿記3級に合格できる実力を確実につけることができます。

ただし過去問は絶対に勉強した方が良いので、テキストとは別に1冊準備することをお勧めします。

テキストを理解できたら、最後の総仕上げに過去問を使うのが効果的です。

簿記3級はテキストの量ではなく、勉強の質を上げれば必ず合格することができます。

簿記3級の独学勉強法

簿記3級を独学は、戦略的に勉強することで効率よく合格することができます。

内容的にもそれほど難易度は高くないので、ポイントを押さえれば7割以上は確実に取ることができます。

独学での勉強法としては、以下の手順で行うと効率的に勉強できます。

  • テキストを1~2回読む
  • 問題演習をする
  • 間違えた問題を復習する
  • 過去問で総仕上げをする

テキストを1~2回読む

この部分は簿記3級初めての人向けの勉強になるので、再受験の人は飛ばしても構いません。

簿記を初めて受験する人は、恐らく簿記の知識がほとんどない場合が多いです。

その状態で問題集に取り組んでも、全く分からず挫折してしまうでしょう。

そこでまずは簿記の基礎を理解することが、初心者の独学の第一歩となります。

今回紹介した参考書は、簿記を全く知らない初心者でも理解しやすいものをピックアップしました。

簿記3級に必要な基礎知識をつけることで、問題文も理解できるようになります。

テキストを読む回数ですが、1~2回ほど読めば十分です。

この段階の目的は、簿記の基礎を理解することなので浅い知識で十分だからです。

上記のテキストであれば、2回も読めば簿記の基礎を理解することができます。

参考書は何度繰り返し読んでも、実際の問題を解く実力までは身につきません。

基本を理解したら実践的な問題演習をすることが、簿記3級を独学で合格するポイントになります。

問題演習をする

簿記3級に独学で合格するためには、問題演習と復習を繰り返す勉強が効果的です。

資格試験は類似問題や同じ問題が出題されるので、問題になれることが合格に近づくからです。

問題演習としては、前述した参考書に載っている問題を使って勉強しましょう。

問題演習のポイントは、答えをすぐに見ないで自分で考えて解くことになります。

良く答えを丸暗記して試験を受ける人がいますが、簿記3級はこの方法では厳しいでしょう。

計算方法や考え方を理解していないと、類似問題や応用問題を解くことができないからです。

間違えた問題を復習する

簿記3級の問題演習をして、いきなり全問正解できる人はほとんどいません。

しかしそれは普通のことで、大事なことは間違えた問題を放置せず復習することになります。

ここでポイントとなることとして、復習のやり方があります。

まず間違えた問題は、すぐにテキストを見て何故間違えたのかを理解することが重要です。

自分の考え方が、どうして正解にならなかったを知ることは同じミスを減らすことに繋がるからです。

前述した参考書や問題集にも、解答が丁寧に書いてあるので間違えた原因を知るのに役立ちます。

もう一つ重要なこととして、翌日にもう一度同じ問題にチャレンジすることもあります。

テキストで答えを見ると、その場では理解した気分になってしまいます。

しかし実際には、理解していないことも多く同じ間違いを繰り返すことは多いです。

また同じ間違いをしていなければ、しっかりと理解しているということになります。

ただしこの方法は1回だけではなく、2回以上繰り返すとより効果的です。

間違えた問題は、最低でも3回は時間を置いて勉強すると着実に理解をすることができます。

過去問で総仕上げをする

簿記3級は、過去問から類似問題が出題されることが多いのが特徴です。

そのため総仕上げとして、過去問は絶対に行いましょう。

勉強時間にもよりますが、最低でも日前には過去問に取り組むことをお勧めします。

過去問は、資格試験専門のTACのテキストがお勧めです。


合格するための過去問題集 日商簿記3級 ’19年6月検定対策 (よくわかる簿記シリーズ)

12回分の過去問が掲載されていて、ボリューム的には申し分ありません。

ただし12回全て勉強するには時間が必要なので、計画的にスケジュールすることが重要です。

過去問で重要なことも、間違えた問題は復習することになります。

よく1度解いて正解率を見て終わりにする人がいますが、それでは過去問の意味はあまりありません。

重要なことは、どんな問題でも解ける実力をつけることになります。

12回分の問題をきちんと解けば、本番でも落ち着いて試験に取り組むことができるようになります。

簿記3級で使う計算機

簿記3級の独学で注意することに、計算機の選び方もあります。

問題を効率よく解くためには、計算機も重要な要素になるからです。

ですが簿記3級だけを狙うのであれば、普通の計算機でも十分対応できます。

多機能の計算機を勧める人もいますが、簿記3級でそこまで高度な計算機は必要ありません。

もし今後、簿記2級や簿記1級を狙うのであれば検討しておいてもよいでしょう。

ただし使い慣れない計算機を使うと、思わぬミスに繋がるので普段から使っている計算機を使いましょう。

安すぎる計算機は壊れる可能性もあるので、信頼できる計算機を1台購入しておくと安心です。

簿記学習者から評価の高い、Canonの計算機もお勧めの一つになります。


キャノン 電卓 12桁 ミニ卓上サイズ 時間計算 千万単位機能 LS-122TUG グレー

電卓は簿記2級でも使うことになるので、良い商品を購入しておくことをおすすめします。

簿記3級の試験で焦らないために

簿記3級は、独学でもほとんどの分野は理解することが可能です。

しかし得意分野や苦手分野は誰にでもあり、苦手分野をどうするかも合格に関わります。

最終的に合格が目標なので、苦手分野を無視しても7割以上取れるかが一つの目安になります。

もちろん完璧に勉強できる時間があれば、苦手分野の克服が一番の理想です。

ですが現実問題、全ての受験生が完璧な状態で簿記3級試験に臨めるわけではありません。

時にはできなかったことを切り捨てるのも、資格試験合格のポイントになります。

簿記は1問を解くにも、それなりに時間がかかってしまう試験になります。

時間を浪費しないためにも、気持ちを切り替えて次へ進むのも戦略になります。

試験では解ける問題を最初に解くことで、落ち着いて残りの問題に取り組むことができます。

試験の時間配分は非常に重要なので、試験前の模試などでしっかりと対策をしましょう。

家庭での独学で不安な場合は、資格スクールの模試だけを活用するのもお勧めです。

本番同様の雰囲気で試験を受けられるので、試験前の予習にもなります。

実力がある受験生でも、焦って実力の半分も出せないことは良くあります。

本番で後悔しないためにも、普段の勉強で苦手分野や試験の入り方に注意しましょう。

特に独学は、自分一人での勉強になるのでしっかりと意識して下さい。

簿記3級独学まとめ

簿記3級は、きちんと勉強すれば独学でも1週間ほどで合格可能な資格です。

簿記は数字が得意な人が受けると思っている人もいますが、普通にだれでも取れる資格になります。

良いテキストも発売されているので、独学でも勉強法と勉強時間を上手に組み立てれば誰でも合格することができます。

今回紹介した簿記3級の独学勉強法は、基本的には誰でも実践できる方法です。

あまり多くの参考書に手を出さずに、紹介したテキストを何度も復習すれば必ず簿記3級は合格できます。

簿記初心者から使える参考書や問題集なので、独学での勉強に役立ててください。

簿記2級を目指す人は、簿記2級を独学で合格する勉強法の記事も参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク