小学生の英語勉強法 英会話の上達が早い子供の特徴と効果的な学習

小学生の英語教育が大きく変わろうとしています。

2020年から小学5、6年生の英語は「外国語」となります。

そして小学3、4年生は「外国語活動」の授業が開始されます。

英語の勉強に苦手意識を持っている親御さんも多いと思います。

ですが英語を勉強するのは子供になるので、嫌いだからと敬遠しないでください。

小学生は学習能力が高く、英語などの外国語の受け入れが大人よりも柔軟にできます。

また子供の英語教育に力を入れている家庭も増えています。

小学生から英会話教室に通ったり、学習塾などで英語を勉強する小学生が普通になってきました。

それでも実情は、勉強しているが英語をまだまだ使えないという声が多いです。

普段から英語を使う機会がない日本では、英語の実力を伸ばすのは簡単なことではありません。

いくら小学生の覚えが早いとはいえ、1日数時間を週に2~3回では英語を話せるようにはなりません。

語学は勉強時間に比例して身に着くものなので、英語も毎日触れたほうが早く覚えることができます。

小学生が英語を勉強するために必要なことは、家庭学習でどれだけ英語を勉強しているになります。

ただ勉強はつまらないものと思ってしまうと、英語を嫌いになってしまいます。

小学生で英語嫌いになってしまうと、中学・高校で苦労するのは間違いありません。

まだ難しい文法や長文がない小学生のうちに、英語アレルギーを失くせば将来的にも英語が得意な子供になれます。

小学生が英語の勉強をするうえで重要なことは、楽しく継続できることがポイントになります。

ではどんな勉強法をすれば楽しく英語が学べるのか、一つ一つ説明するので参考にして下さい。

スポンサードリンク

小学生が楽しく英語を勉強できる方法

小学生の子供に英語をマスターさせるには、押さえておきたいポイントがあります。

勉強に慣れていない小学生に、どれだけ楽しく英語を勉強させるかがマスターへの近道になります。

  1. 英語に興味を持たせること
  2. 好きなように英語を話させること
  3. 生の英語を聞かせてあげること
  4. 毎日少しずつ英語に触れること
  5. 親子で英語を学ぶこと

英語に興味を持たせること

私が学生の頃は、英語といえば英文法や英単語を丸暗記する勉強法でした。

この方法は大人になってから英語を覚えるのには、ある程度なら効果があると思います。

しかし小学生の英語勉強法としては、英語に興味を持てないつまらない勉強法と言えるでしょう。

小学生(子供)は楽しければ勉強しますが、つまらなければ勉強をしません。

これは英語も同じで、まずは英語に興味を持たせることが重要になります。

子供が英語に興味を持つには、子供が興味を持てる英語教材を使うのが一番です。

ポイントは楽しめることで、その意味では身近にあって慣れ親しんでいるものを題材とした教材がおすすめです。

小学生なら知っていてみんな大好きな「ドラえもん」の英語教材はとてもおすすめです。

漫画が中心なので注意が必要なのですが、英語を楽しいものと思わせるのに効果的な勉強法です。

ドラえもんを見ている小学生は多いので、英語の入口として使うには最適な教材です。


ドラえもんの英語おもしろ攻略 ゼロから始める英語 (別冊ドラえもんの学習シリーズ)

私も読みましたが、絵で理解できる部分も多いので楽しく英語が学習できます。

子供に読ませてみても、楽しいようでスラスラと進んでいきますね。

小学生の英語教育の第一段階として、まずは英語に興味を持たせてあげましょう。

漫画やアニメは子供は大好きなので、最初の取っ掛かりとしては最適です。

英語が楽しいものと認識できれば、嫌がらずに勉強を続けてくれます。

小学校の授業内容に沿った教材としては、ちびまる子ちゃんの小学生英語もお勧めです。

漫画ではなく小学生のための英語教材ですが、見ている小学生も多く親近感を持って勉強することができます。

小学生に必要な、基本的な英文法も同時に覚えることもできます。


ちびまる子ちゃんの小学生英語 (ちびまる子ちゃん/満点ゲットシリーズ)

こちらも子供ならすんなりと入れる内容なので、英語の第一歩としておすすめできる教材です。

好きなように英語を話させること

印象に残る言葉は、不思議と普段の生活で使うようになります。

誰でも喋り方に癖があるのは、使いやすい印象に残る言葉を覚えてきたからだと思います。

子供が親の口調に近くなるのは、やはり日頃から一緒に生活していて印象に残るからですよね。

英語を覚えるときも、好きなように覚えさせるのが一番です。

小学生の頃は、ちょっとマイナスイメージの言葉が大好きです。

否定的な言葉ほど覚えたがるのですが、それも一つの英語の勉強になります。

例えば嫌いな食べ物が出たときなどは、「I do not like it!」という言葉を使うことがあります。

好き嫌いは良くありませんが、こうした言葉を使うことで自然な英語を勉強することができます。

否定的な言葉だから悪いとせず、小学生が好きなように英語を使わせてあげましょう。

話したい言葉を使うことで、小学生も英語に興味を持ってくれます。

あまりに過激な発言は控えるべきでしょうが、小学生の英語教材を使えばそのような表現は出てきません。

少し「ん?」と思う言葉もありますが、まあそれも含めて語学なので受け入れてしまいましょう。

生の英語を聞かせてあげること

小学生の子供であれば、耳で英語を覚えることができます。

一般的に子供は、10歳位までに耳が完成されるそうです。

そのため小学生の時期に生の英語を聞かせることで、英語を自然と覚えることに繋がります。

この時期に多くの英語を聞くことで、英語を音として自然に取り入れることができるんですね。

実際に毎日3時間ほど英語を聞いていると、1年ほどで英語が聞き取ることができるようになるそうです。

1日3時間と聞くとかなり多いので、1時間くらいから始めて継続することがポイントでしょう。

生の英語はスクールでなくても、洋画やアニメで聞くこともできます。

現代であればディズニー映画や、アニメの吹き替え版などを教材に毎日楽しく英語を勉強することができます。

最初は日本語で聞いて、一通りのストーリーをつかむのが良いでしょう。

ディズニーでも難しい単語も出てきますが、無視して聞き流しましょう。

小学生くらいの子供は不思議なことに、そのうち英単語を音として捉えられるようになります。


CD付 ディズニーの英語(コレクション13 アラジン) ディズニーの英語

アラジンなんかは、ストーリーも秀逸で大人も一緒に楽しく英語の勉強ができますよ!


CD付 ディズニーの英語 (コレクション5 アナと雪の女王) (CD付書籍)

アナ雪も人気の映画なので、英語でチャレンジしてほしいです。

毎日少しずつ英語に触れること

継続は力なりといいますが、英語は毎日続けることが重要です。

小学生は吸収力が早いとはいえ、続けなければすぐに忘れてしまいます。

毎日英語の勉強を続けることで、少しづつ英語を理解できるようになります。

小学生の場合、勉強よりも遊びのほうが楽しい時期になります。

無理に英語を勉強させると、逆に英語が嫌いになってしまいう可能性があります。

できる範囲で英語の勉強を続けることが、継続のポイントになります。

スポーツもそうですが、小学生の頃に習ったスポーツは大人になっても上手です。

反復練習で毎日英語を勉強すれば、確実に基本的な英語力は普通の小学生よりも高くなります。

子供の頃に英語をマスターすれば、大人になっても使うことができます。

1日1時間程度の英語の勉強でも、1年間続ければかなり英語の実力がつきます。

小学生はやる気があれば、英語を簡単に覚えることができるようになります。

親子で英語を学ぶこと

どんなに楽しい教材を使っても、小学生はすぐに飽きてしまいます。

それを防止するには、親子で一緒に英語を勉強するのが一番です。

親が教えるのではなく、一緒に英語を勉強することは教育にも良い影響があります。

親が勉強している姿を見ると、小学生の子供もやる気になります。

いきなり小学生と一緒に、英語を勉強するのは親としては不安もあるかもしれません。

そんな時に参考になる本に、「アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている」があります。

移民の多いアメリカで、英語を効率的に学ぶことができる勉強法を紹介しています。

小学生の子供だけではなく、大人でも参考になるので一読の価値が高いです。


アメリカの小学校では絵本で英語を教えている 英語が話せない子どものための英語習得プログラム ガイデッド・リーディング編

小学生の子供と一緒に英語を勉強すると、学生時代より楽しく英語を学べます。

自信の英語の上達にも役立つので、是非とも一緒に英語を勉強して下さい。

リーディングの勉強法を学ぶことができる、「親子で英語絵本リーディング: イギリスの小学校教科書で始める (実用外国語)」もお勧めです。

小学生は親が大好きなので、一緒に勉強すると親子のコミュニケーションにもなるのでおすすめですよ。

小学生が英会話スクールに通う必要はあるのか

小学生の英語学習法の一つに、英会話スクールを利用する方法があります。

ECCのような大手から、地方で経営している英会話スクールまで英語教室は本当に多くなりました。

では英会話スクールに通わないと英語の勉強ができないのかと言ったら、そんなことはありません。

私も英会話スクールに通っている小学生に会いますが、英語が身に着いているかと言うと個人差があるので一概に効果があるとは言えません。

英会話の実力がある小学生は、やはり自主的に英語を勉強しています。

自分から進んで英語を勉強することが、英語の実力を上げる一番の近道になるんですよ。

ただ、英会話スクールに意味がないかというと、個人的にはスクールのメリットは大きいと思っています。

ですが小学生が英語教室に通うメリットはあり

  • 外国人に触れあえる
  • 名前の英語を聞ける
  • 楽しく英語を勉強できる

などは英会話スクールならではだと思います。

日本人は外国人に接する機会が少ないので、英語を勉強しても外人を前にすると委縮する傾向があると言われています。

ですが小学生の頃から外国人に触れる機会があれば、そういった外人アレルギーがなくなります。

また外国人の英語を生で聞けることは、小学生にとって大きな意味を持ちます。

教材の英語はとても綺麗で理解しやすいのですが、やはり面と向かって外国人と話すのとは違います。

そして英会話スクールはカリキュラムが充実しているので、楽しく英語を勉強することができます。

私も様々な英会話スクールの運営を見てきましたが、スクールの数が多くなっているだけに他との差別化を強化している学校が増えた印象です。

スポンサードリンク

英語のゲームで単語を覚える

小学生が楽しく英語を学べる方法として、ゲームもおすすめです。

ただゲームと言っても一人でやるものではなく、みんなでできるゲームの方が楽しみながら英語の勉強ができます。

簡単なゲームですが、日本の「かるた」を英語で勉強するものは単語を覚えるのにおすすめです。


おもしろいほど日常単語が身につく 英語&日本語かるた ([バラエティ])

小さい子供ほど熱中しやすく、英語を楽しんで覚えられると評価が高いゲームです。

実際に使ってみたのですが、読み上げられる英語もネイティブ発音なので、リスニングを鍛えるのにも役立ちますし、子供もかなり熱中してやってくれます。

雨の日の遊びや、正月なんかの時間がある時に家族でやるのもおすすめですよ。

また、一つ凄く参考になるレビューもありました。

家庭でバイリンガル育児に使用中。3歳の子供が夢中になっており、まだ使い初めて10日ほどですが、すでに200語ぐらいは完璧に覚えています。動物などの子供得意分野では大人が本気で対決しても勝てないレベルです。読み上げ音量も大きくできるし、これだけの語彙量でこの値段はコスパ最高です。違うシリーズも発売されたら即購入します。

ゲーム感覚でできる英語学習教材は、飽きてしまうものも多いのですが、この商品はイチオシです。

アプリを使った英語学習はどうなの

スマホが普及して、英語のアプリもかなり増えましたね。

小学生でも無理なく英語が学習できるアプリもあり、そういったアプリで英語の勉強をするのもアリだと思います。

発音なども確認できるアプリもあるので、ちょっとしたスキマ時間に英語の勉強ができるメリットもあります。

ただ個人的にですが、アプリを見るならディズニー映画などの方が楽しく学習できると思いました。

もちろん英語アプリも工夫は多く楽しめるのですが、小学生向けのものが少なく、どれをおすすめするかと言われるとコレ!というものがありませんでした。

正直に言うと、英語アプリの数が多すぎて探すのも大変です。。。

明確に小学生向けの英語勉強ができる教材は、市販でたくさんあるので、そちらの方がおすすめです。

ディズニーなんかは、ストーリーがあって見ていて飽きませんしね。

今後、小学生の英語教育の重要度が上がってきたら、もっと良いアプリが出ると思うので期待しています。

あと、小学生にスマホを持たせると課金ゲームをするリスクもあるのも、おすすめできない理由です(フィルタリングすればいいのでしょうが)。

小学生のうちにやったほうが良い英語学習

英語学習者として、小学生の頃にやったほうが良い英語の勉強について話をします。

日本の高校や大学受験を目標とした場合、英語の学習は「英文法」や「長文読解」が中心になります。

もちろん文法や単語はとても大事なのですが、中学や高校からでも覚えることはできます。

私も高校から英語を本格的に勉強しましたが、単語を覚えたり、長文を読むのは大人になってからでも問題ありませんでした。

それより子供の頃にやっておきたかったと感じているのが、英語の音を捉える「リスニング」の勉強です。

英語を長く勉強すれば、当然リスニング力は身に着きます。

ただ、どうしても聞き取れない音や、日本語にはない発音は今でも苦戦しています。

もし小学生の頃に、英語の音に慣れていれば、こうしたリスニング能力がもっと身に着いていたのではないかと思っています。

※補足ですがリスニングは普通にできます。ただ帰国子女などと話をすると、英語の捉え方に違いがあると感じます。

英語の音に慣れることで、スピーキング力も上がりますし、英語を楽しいと感じられるようになります(やはり聞き取れると嬉しいですし)。

小学生の頃ならまだまだ英語の音を自然に取り込めるはずなので、英会話スクールや英語教材でリスニングを中心とした勉強をすると、より楽しく英語学習ができるのではないかと思います。

ただ小学生の子供のこれを説明しても理解してもらえないので(うちの子はちんぷんかんぷんでした)、一人の英語学習者の想いとして参考にして下さい。

英語を楽しむことが何より重要

小学生が英語を学ぶうえで最も重要な事に、楽しむことになります。

楽しければ、小学生は自発的に英語の勉強を続けていくことができるようになるからです。

吸収力の高い小学生の頃は、英語を大人より早くマスターすることができます。

ただ子供一人では飽きてしまうので、親も一緒になって勉強するのが効果的です。

そのためには、一緒に英語のDVDを見たり歌を歌ったりしましょう。

小学生が興味を持てるように、一緒になって楽しむことが小学生の英語学習成功の秘訣です。

子供がつまらなそうならば、笑顔で子供を褒めてしましょう。

褒める行為や笑顔は、子供が英語を楽しむためには必要不可欠です。

親が楽しそうならば、子供も一緒に楽しんで英語を学んでくれます。

あまり肩に力を入れず、気軽に楽しませることが英語をマスターさせるポイントになります。

スポンサードリンク