開成中学校の偏差値と評判 受験対策にも変化がでてきた【中学受験】

開成中学校は、首都圏(東京)の最難関中学の一つで中学受験界では超人気中学として親御さんの羨望の的になっています。

ちなみに東京の私立男子中学には「御三家」と呼ばれる学校があり、今回紹介する開成中学のほかに麻布、武蔵があります。

まあ中学受験を知らない人でも、開成は知っているという人も多いですよね。(開成高校は東大に一番近い学校なので)

ハッキリ言って、普通の子供は合格できないスーパーエリートの学校です。

今回は、中学受験界の最高峰である開成中学校について解説するので参考にして下さい。

スポンサードリンク

開成中学校の特徴

開成中学校は、東京都荒川区西日暮里にある私立中高一貫校(男子校)になります。

東京都では最難関の進学校で、東京大学など有名大学の進学率が高いのが特徴です。

開成中学校では、「開物成務」、「ペンは剣よりも強し」、「質実剛健」、「自由」の4つの考え方が理念となっています。

政治家、医者、マスコミなど、様々な業界の大物が開成中学を卒業しています。

開成中学校の基本情報

開成中学校の基本情報は以下になります。

学期 3学期制
登校時間 8:10
完全下校時間 17:00
土曜授業 あり
制服 あり

その他には1学年の人数が300人前後で、7クラスで構成されています。

交通アクセス

アクセスはとても良く、電車の徒歩圏内になります。

  • 山手・京浜東北線「西日暮里駅」より徒歩2分
  • 東京メトロ千代田線「西日暮里駅」より徒歩2分
  • 日暮里・舎人ライナー線「西日暮里駅」より徒歩2分

スポンサードリンク

開成中学校の偏差値

開成中学校の偏差値は当然ながら高く

80偏差値 71
50偏差値 67

80偏差値、50偏差値、40偏差値という数字はそれぞれ、合格基準偏差値(%)を意味します。

この数値は合格を保証するものではないので、あくまで目安として下さい。

開成中学校の偏差値はかなり高く、東京都の私立最難関の中学の一つです。

開成中学校の倍率

開成中学校の過去の倍率をまず紹介します。

年度 2017年 2018年
定員 300 300
出願者 1195 1234
受験者 1142 1171
合格者 395 388
倍率(実際の倍率) 2.9 3.0

開成中学校の2019年度における倍率ですが、定員300人に対して、出願者数は1231人。実質倍率は2.9倍となっているようです。

開成中学校の評判

開成中学校の評判はとても良く、各自の自主性を重んじているようです。

校則と言う校則ほとんどなく、自分たちで考えてどう行動するかを重んじているのが特徴です。

いじめの話はほとんど皆無です。

イメージと違いますが、文武両道のため勉強だけではなく運動もできる子供が多いようです。

進学実績は中学受験の中でもかなり良いです

開成中学校の進学実績

進路実績に関しては、評判通りさすがとしか言いようがないですね。

東大を中心に、難関大への合格者が多数います。

開成中学校の中学受験対策

開成中学校は、偏差値通り難易度が高く塾などで対策をしないと合格は難しいです。

どの分野も高レベルの知識が必要で、さらに自分で考える思考力を要する問題もあります。

開成中学校では2018年度入試より、新しい傾向の出題がみられるようになりました。

2020年度大学入試改革を踏まえた出題とみられ、受験生には対策が必要と言われています。

かなり難易度が高い開成中学は、基本から応用まで対応できないと合格は難しいです。

中学受験を基本の勉強から丁寧に行いたい場合は、中学受験で偏差値を上げる確実な勉強法も参考にして下さい。

スポンサードリンク