スタディサプリで中学受験の対策!効果的な勉強法

スポンサードリンク

スタディサプリは受験を効率的に対策できる勉強法として人気が上がっています。中学受験は対策が難しいと言われていますが、スタディサプリを使うことで勉強の効果を上げることも可能です。

ただしスタディサプリで勉強すれば、中学受験に簡単に合格できるわけではありません。スタディサプリには中学受験でカバーできる範囲が限られています。その範囲を超えたレベルの入試に関しては、正直なところスタディサプリだけで合格するのは厳しいでしょう。

否定的な意見になりましたが、使い方を間違えなければ、スタディサプリは中学受験の強い味方になることは間違いありません。ではスタディサプリを使ってどのような勉強法をすることで、中学受験の勉強を効率化できるのでしょうか。

今回はスタディサプリで中学受験を効率化する勉強法を紹介するので参考にして下さい。

スタディサプリで中学受験の対策はできるのか?

まずスタディサプリで中学受験対策をする上で、議論となることに本当に中学受験の内容をカバーしているかがあります。中学受験は志望校によって出題傾向が異なるため、勉強法も志望校によって変える必要があります。

スタディサプリの小学講座は多くの講師がいて、それぞれ強い分野があるのが大きな特徴です。ですが正直なところ、スタディサプリだけで中学受験対策をするのは厳しいと思われます。スタディサプリの内容は確かに素晴らしいのですが、癖のある中学受験対策としては完璧ではありません。

ではスタディサプリは中学受験には役立たないかというと、決してそんなことはありません。スタディサプリの小学講座の内容は素晴らしく、小学校で習う単元を効率よく勉強することができます。特に勉強が難しくなる、小4から小6の内容を効率的に勉強するには、スタディサプリは効果的と言えます。

実際に中学受験の対策をするとわかりますが、対策と一言で言っても子供のレベルによって勉強法が変わります。偏差値が60の子供と、偏差値が40の子供が同じ勉強法で対策をすることはできません。レベルに合った勉強法をすることが、中学受験合格のポイントになります。その意味でスタディサプリは、使い方によっては中学受験に効果的な勉強法と言えるでしょう。

成績アップの新常識!「 勉強サプリ 」

中学受験でスタディサプリを使う受験生の学力

スタディサプリを中学受験で使う場合、受験生のレベルに合っているかを把握することが大事になります。スタディサプリには基礎と応用のコースがあり、どちらを選ぶかは子供の学力に合わせることが重要です。

基本的にスタディサプリの基礎レベルについては、小学生で習う内容の勉強になります。主に小学4年生から小学6年生の内容で、中学受験の対策としては物足りない内容になります。ですが基礎レベルのコースが必要ないかというと、以下のレベルの子供は中学受験の基礎力を付ける意味でもスタディサプリの基礎レベルを利用することをおすすめします。

  • 小学校の内容が理解できていない
  • 小学4年~6年の基礎をきちんと復習したい

中学受験は難易度が高い問題ばかり出題されると思われていますが、実際には小学校の基礎的な内容ができていないと解けない問題が多いです。基礎力をおろそかにして中学受験の対策をすると、内容が全く理解できないという状況になってしまいます。

偏差値が低いと焦る気持ちもあるでしょうが、上記のレベルの受験生が最初に行う勉強法は基礎力をしっかりと身につけることです。その意味でスタディサプリの基礎レベルは、小学生の基礎レベルを理解するのにピッタリの教材と言えます。

このレベルの受験生は、中学受験の対策を行う前に基本となる学力を身につけることに尽力しましょう。スタディサプリの基礎レベルも、優秀な講師が多くわかりやすい授業で評判が良いです。

スタディサプリの応用コースと中学受験

小学校の基礎レベルが理解できる学力になったら、本格的な中学受験の対策へとシフトしていきます。スタディサプリを使って中学受験対策をする場合、基礎レベルのコースでは十分な対策ができません。

本格的に中学受験対策をする場合、スタディサプリの応用コースを利用するのが効果的です。基礎レベルよりもレベルが上がり、中学受験に必要な知識を付けることができるコースになります。応用コースを受講するのは、以下のレベルの受験生になります。

  • 偏差値が50まで届いていない
  • 中学受験レベルの問題に慣れていない

応用コースとはいっても、スタディサプリでカバーできる中学受験の偏差値はそこまで高くはありません。個人差もあるでしょうが、応用コースでカバーできる偏差値の範囲は50程度になります。偏差値が50を超える中学の対策に関しては、スタディサプリでは難しいでしょう。

スタディサプリを利用する場合、志望校が60だが偏差値が50に届いていない受験生がおすすめのレベルになります。目安としては50ですが、実際には50~55位のレベルでも受講する価値は十分あります。偏差値が55を超えているならば、スタディサプリを使わず、塾や家庭教師などで本格的な中学受験の勉強法を行いましょう。

塾や家庭教師の落とし穴

中学受験の基礎力を身につけるのに、塾や家庭教師を使っている家庭も多いと思います。確かに中学受験の実績がある塾や家庭教師は、ノウハウが多く合格への最短ルートになると言えるでしょう。ただし塾や家庭教師で勘違いしてはいけないことに、全ての受講生が確実に成績が上がるわけではないことがあります。

塾や家庭教師は中学受験のエキスパートですが、もともと基本ができていない受験生はその授業を理解することが難しいケースが多いです。どんなに良い授業でも、受験生のレベルに合っていなければ成績を上げることができません。

もし中学受験で塾や家庭教師を利用しているが、なかなか成績が上がらない受験生はこのパターンの可能性が高いです。基礎ができていないのに応用から勉強しても、理解できずに次々進むだけの悪循環になってしまいます。

そういった受験生は、まずは基礎レベルの定着から入ると成績を伸ばしやすくなります。その意味では、スタディサプリの基礎レベル→応用コースの順序で勉強すると無理なく中学受験に必要な基礎力を身につけることができます。遠回りに思えるかもしれませんが、一つ一つクリアすることが受験の攻略法として最も確実な勉強法になります。

スタディサプリで基礎力を身につけたら、塾や家庭教師で本格的な中学受験の対策をするのがおすすめの勉強法です。基礎力を上げる勉強法としては、中学受験の偏差値を上げる勉強法も参考にして下さい。受験勉強で効果を出すためのノウハウを説明しています。

成績アップの新常識!「 勉強サプリ 」

繰り返し復習の重要性

成績を効果的に上げる確実な勉強法は、覚えるまで何度も復習をすることになります。子供は呑み込みが早いですが、それでも1回聞いてすべてを理解することはできないでしょう。稀にそういったことができる子供もいますが、一部の例外なので普通はコツコツ勉強することが重要になります。

スタディサプリのメリットは、この繰り返し勉強が動画でできることになります。参考書を読み直すといった、面倒な作業がなくなるのは勉強では大きなメリットと言えるでしょう。

人間の脳は繰り返し見たり聞いたりすれば徐々に記憶に残るようにできています。スタディサプリは、優秀な講師がわかりやすく解説しているので、何度も繰り返し見ることで着実に記憶に残るようになります。子供の集中力が切れたと思ったら、親も一緒に見るのも良い勉強法になります。

1回や2回で完璧に覚えることはできませんが、スタディサプリなら動画が見れる環境ならば、すぐに開始できるスピード感ある勉強ができます。実際にスタディサプリを使っている受験生で成績が伸びている子供は、同じ講義を何度も繰り返し聞いて理解度を深めています

中学受験に特化しているわけではありませんが、スタディサプリを使うことでプラスアルファの効果が期待できます。特に偏差値50の壁になやんでいる受験生には効果が高いので、1回だけではなく何度も繰り返し聞く勉強法を実践してみて下さい。

中学受験におけるスタディサプリとZ会の比較

中学受験の教材として利用している受験生が多いものにZ会があります。Z会は受験業界の老舗で、中学受験でも多くの実績を出している信頼できる会社です。ではスタディサプリを使った場合、Z会も一緒に勉強したほうが良いのでしょうか?

基本的に中学受験の対策に力を入れているのはZ会のほうになります。中学受験のノウハウも多く、様々な学校の問題を分析しているのはZ会です。もちろんスタディサプリも中学受験に力を入れてはいますが、ノウハウの点ではこれからの伸びしろが大きい教材と言えます。

そうなるとスタディサプリは中学受験で使う必要がないと思うかもしれませんが、実際に中学受験対策をしている家庭が行っている勉強法はZ会とスタディサプリの併用になります。Z会に比べてスタディサプリは、動画を見ながらの勉強できるので頭に入りやすいです。

Z会をメイン教材として使って、補助としてスタディサプリを使っている家庭が実は多いです。本を読むだけでは理解できなかった問題も、スタディサプリの動画を見ることで理解できたというケースもあります。動画を見ることで、脳へのインプットが着実に増えるのは間違いありません。

スタディサプリの費用対効果は?

スタディサプリはメイン教材ではなく、補助的に使っている家庭が多いです。補助として使う場合に気になることに、料金に見合った効果が出るのかがあります。この費用対効果についてですが、スタディサプリは費用対効果が高い教材と言って間違いないでしょう。

月1000円ほどで中学受験の基礎レベルが身につく教材としては、スタディサプリはおすすめできる一つの教材と言えます。もちろん基礎力だけなら参考書でも良いのですが、繰り返し勉強がやりやすかったり、最新の傾向をとらえている意味でもスタディサプリはおすすめになります。

中学受験は1回しかない大事な受験になります。この受験の結果次第で、今後の高校や大学受験への意識も変わってきます。中学受験に失敗すると受験に苦手意識を持つ子供も多いので、一つでも多くの策を使って勉強することが大事になります。

偏差値が高い子供にスタディサプリは必要ない?

基本的には偏差値50を目指す受験生向けの内容ですが、偏差値が高い受験生にもメリットがある教材です。何故メリットがあるかというと、優秀な講師の授業を聞くことができるからです。

偏差値の高い子供の特徴として、知っていることからも新しいことを学べる能力があります。もともと持っている知識でも、良い先生の講義を聞くことで理解度を深めることができるのです。スタディサプリは、その点では一般的な塾や家庭教師よりも質の高い授業を行っています。

こうした質の高い授業を受けることで、勉強に対する意欲を上げることができます。参考書を読むだけでは身につかない技術を、スタディサプリで勉強することで身につけることができるのです。

また中途半端な理解だった内容も、スタディサプリで勉強したことで理解できた受験生も多いです。遠回りに思えるかもしれませんが、理解度を着実に高めるためにもスタディサプリで中学受験の勉強をすることはおすすめになります。

成績アップの新常識!「 勉強サプリ 」

スポンサードリンク