大学中退は資格を持っていても意味がない!?転職で本当に役立つ資格10選

スポンサーリンク

大学中退すると資格を持っていても転職で役立たないと良く言われます。

ですが本当のところ、大学中退したから資格を持っていても意味がないわけではありません。

大学を中退するとマイナス印象が大きいと思うかもしれませんが、実際のところ企業側はそこまで大学中退をマイナスと捉えない傾向にあります。

企業によっては大学中退者を採用しないこともありますが、今は多くの企業で大学中退者を積極的に採用する流れになっています。

日本の場合、入学までが難しいので大学合格の方を重視する企業も多いですしね。

資格は、こうしたマイナスを補填する効果があるので、積極的に取得してください。

特に20代など若い年齢であれば、資格が大学中退のマイナス要素をプラスに変えてくれることもあります。

ただ、大学中退の場合、どんな資格を取得するかが重要になります。

そこで大学中退した人におすすめの資格と、大学中退でもメリットの大きい業界について説明します。

スポンサーリンク

大学中退で資格なしは就職・転職できない

大学中退で資格なしは、正直なところ就職・転職が厳しくなります。

特に厳しいのは中堅以下の大学になります。

早稲田や慶応のような有名大学であれば、中退をしていても評価されることが多いです。

有名大学以外で大学を中退していると、評価の対象が一つ無くなってしまいます。

ですが悲観することはありません。

確かに厳しくはなりますが、大学卒業だけが評価の基準ではないからです。

その評価を上げるポイントになる一つのものが「資格」になります。

大学中退のマイナスを挽回するために、資格が役立つ理由について解説しますね。

大学中退でも資格があると有利になる理由

大学中退をしたとしても、資格を取得すると就職や転職に有利になる理由をお教えします。

  • 履歴書に記載できる
  • 努力が認められる
  • 期待値が上がる

まず資格のメリットとして、履歴書に記載できることがあります。

就職や転職で最初の難関になる書類選考で、空欄が多いのは残念ながらマイナスになります。

特に大学中退している人は、どうしても卒業している人と比べられると不利になります。

※ただし有名大学は別です。中退でもかなり優遇されるケースも少なくありません。

話を戻しますが、その履歴書の不利な条件をプラスに変えるのが資格になります。

また資格を持っていると、努力をしていると人柄も認められます。

そして採用したときに、きっと会社に貢献してくれるだろうという期待値も上がるのです。

大学中退というマイナスを、プラスに変えることができるのは資格以外には経験しかありません。

転職であれば経験値も評価に入りますが、社会人経験が少ない20代などは資格を取得するのが一番の評価になります。

資格は何でもいいわけではない

大学中退のマイナスも、資格でプラスになることを理解いただけたと思います。

ただ注意してほしいのが、どんな資格でもいいわけではないことです。

就職や転職にアピールするのですから、それなりに評価が高くなる資格を取得することが大事になります。

人気がある資格ですが、簿記3級や英検2級などの資格は大学中退をプラスに変えるほどの評価にはなりません。

なぜなら取得しやすい資格で、高校生でも取得可能だからです。

大学中退をプラスに変えるのであれば、企業側が採用したいと思わせる資格を取得することが大事になります。

補足ですが、中小企業診断士などの難易度がかなり高い資格をおすすめしているサイトもありました。

大学中退で20代の方には、正直なところあまりおすすめできません。

こうした難易度の高い資格はキャリアアップ目的のものが多く、20代など若い層には合格の時間がかなりかかるので向きません。

希望する業種に合わせた資格は有利になる

もう一つポイントになることですが、希望する就職・転職先の業種に合わせた資格を取ると有利になることを覚えておいてください。

例えばIT系の仕事をしたいのであれば、ITスキルの資格を取るのが一番です。

事務や経理を目指すのであれば、簿記を取得するのが好ましいです。

ただ、先ほど説明した通り、誰にでも取得可能な難易度の資格では評価の対象にはなりません。

もう一歩踏み込んだ、難易度の高い資格を取得すると大学中退をプラスに変えることができます。

もちろん難易度の高い資格に合格することは簡単ではありません。

この簡単な資格ではないのが、評価につながるので覚えておいてください。

大学中退した人が持っておくと有利になる資格

それでは具体的にどんな資格が有利になるのか。

大学中退したとしても、採用で有利になる資格を紹介します。

ただ資格にもそれぞれ特徴があるので、そんな職種で役立つかなども一緒に説明しますね。

公務員

安定した将来が約束されている人気No.1の資格。

就職・転職での評価 ★★★★★
合格の難易度 ★★★★☆
将来性 ★★★★★

大学中退でも国家公務員・地方公務員共に、高卒扱いとして受験することができます。※年齢制限あり

公務員試験の合格が必須ですが、大学合格できるレベルなら十分狙える資格です。

ご存知の通り、公務員になれば一生安泰した生活が約束されています。

大学中退でもできる仕事で、安定した仕事に就きたい人に向いています。

簿記2級

簿記は事務や経理で需要がある資格で、大学中退でも転職の役に立ちます。

就職・転職での評価 ★★★★☆
合格の難易度 ★★☆☆☆
将来性 ★★★☆☆

大学で取得したい人気の資格である簿記は、大学中退した人にも就職・転職の役に立つ資格になります。

ただし簿記3級はほとんど評価されないので、必ず簿記2級を取っておきましょう。

簿記が評価されるのは経理や事務の職種で、特に女性が持っていると採用率が上がる資格になります。

大学中退した人でも、20代で簿記2級を取得していれば積極的に採用する企業もあります。

人気がある資格だけに将来性も高く、持っていて損はない資格の一つになります。

宅地建物取引士

金融、建設など不動産関連業界で評価される資格で、男女問わず人気がある資格No.1です。

就職・転職での評価 ★★★★★
合格の難易度 ★★★☆☆
将来性 ★★★★★

不動産業界であれば、この資格があれば一生食べていけると言われる人気資格です。

資格そのものの評価がとても高く、大学中退がプラスになる超おすすめの資格です。

ただ宅建は難易度いので、しっかりと計画を立てて勉強することが必要になります。

難しい資格にはなりますが、大学中退していても絶対にマイナスにならないので是非チャレンジしてほしいです。

ファイナンシャルプランナー(FP)

お金のプロとして評価される、銀行、保険会社、証券会社などの金融系の企業に強い資格。

就職・転職での評価 ★★★★★
合格の難易度 ★★★☆☆
将来性 ★★★★★

ファイナンシャルプランナー(FP)は、個人の収入、家族構成、資産などの情報をもとに、人生計画に必要な資金の計画を提案するコンサルタント的な資格になります。

実務経験がないと評価は難しいですが、大学中退で20代なら持っているだけで評価される資格です。

男女問わず人気の資格で、将来的に独立を考えることもできる資格として人気があります。

大学中退でFPを取得するなら、FP2級を目指すことをおすすめします。

3級は難易度が易しく、あまり就職や転職で評価されません。

基本情報技術者

IT系に就職するなら取得しておきたい資格。

就職・転職での評価 ★★★☆☆
合格の難易度 ★★☆☆☆
将来性 ★★★☆☆

大学中退者も多く、給料が他の業界より良いIT系。

IT系での就職を希望しているなら、基本情報技術者の資格を取得することをおすすめします。

プログラミングが未経験だと難しいですが、独学でも勉強すれば合格可能な資格です。

この資格だけで評価されることは少ないですが、持っていれば大学中退でもIT系に就職・転職しやすくなります。

TOEIC

英語系で人気の就職・転職で役立つ資格。

就職・転職での評価 ★★★★☆
合格の難易度 ★★★☆☆
将来性 ★★★★☆

TOEICはスコアによって評価が変わりますが、860点以上持っていると就職・転職で役立ちます。

大学中退で、英語を使った仕事がしたいなら積極的に取ってほしい資格です。

英語は将来性も抜群で、スキルアップして海外赴任などを狙うのもおすすめです。

一般企業だけではなく、塾講師や英会話スクールなどの仕事でも評価される資格として人気です。

電気主任技術者

電気主任技術者は、発電所や変電所、それに工場、ビルなどの受電設備や配線など、電気設備の保安監督という仕事に従事することができる人気資格です。

就職・転職での評価 ★★★★★
合格の難易度 ★★★☆☆
将来性 ★★★★☆

私たちの生活に深くかかわる電気に関する人気資格で、大学中退でも仕事をすぐ見つけられるお勧めの資格です。

仕事として資格を取得するなら、第二種・第一種電気主任技術者を取ると評価されます。

専門性が高い仕事で、一生食べていける資格になるので、とりあえず持っているだけでも損はありません。

ただ懸念は、資格保持者が増えているので、将来的にライバルが多い可能性が高いです。

調理師

食に関わるエキスパートとして、飲食店を中心に働ける人気の資格です。

就職・転職での評価 ★★★★☆
合格の難易度 ★★★☆☆
将来性 ★★★★★

人間の生活に欠かせない「食」を扱うエキスパートとして、一生食べていける資格になります。

大学中退でも問題にならず、資格があればどこでも働くことができます。

また腕が良ければ、独立して成功することもできるのもメリットです。

将来的に経営者として、飲食店を複数運営するなどの道もあります。

看護師

病院などで看護業務を行う一生食べていける資格です。

就職・転職での評価 ★★★★★
合格の難易度 ★★★☆☆
将来性 ★★★★★

看護師の資格は、大学中退でも問題にならない単体で役立つ資格です。

大学中退した人にもおすすめなのですが、看護師の資格を取得するためには、看護師養成校(専門学校や短大など)を卒業する必要があります。

そのためまた3年間学校に通うデメリットはありますが、「専門卒」になるので大学中退のマイナスがなくなります。

将来性はバツグンの資格でおすすめなのですが、激務というマイナスもあるのでよく検討してください。

保育士

保育園などで幼児保育を行う資格です。

就職・転職での評価 ★★★★☆
合格の難易度 ★★☆☆☆
将来性 ★★★★☆

子供が好きな人におすすめできる資格です。

資格取得には養成校を卒業する必要がありますが、職業訓練校でも学費無料で取得できるケースがあるようです。

大学中退でも比較的取得しやすい資格です。

ただ現状は過酷さから離職率が高く強くおすすめはできません。

ですが今後、こうした労働環境が変わると期待されているので取得しておいても良い資格として紹介します。

大学中退をプラスに変えるのは資格だけではない

資格は大学中退のマイナスをプラスに変える方法になります。

ですが、その他にも大学中退のマイナスをプラスに変える転職方法はあります。

特に最近では20代などの若手や大学中退した人向けの就職・転職サービスも増えているので、そういったものを利用することも検討しておきましょう。

就職は資格や学歴だけではなく、人柄や将来性なども評価の対象になります。

戦略なしに資格だけ取得して企業に応募しても、無駄に頭でっかちな人材とみなされるリスクもあります。

きちんと就職で評価されるポイントを把握して、対策をすることが採用率アップに必要不可欠です。

経験値が低い人材が採用を勝ち取るためには、プロに頼ることも検討してください。

就職サービスは無料で利用できるのが特徴で、大学中退のマイナスでも採用されるポイントをしっかりと教えてくれます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました