ドローンに資格や免許は必要?求人数が増加している今がチャンス

スポンサードリンク

TVを見ていると、スポーツの中継や報道、その他さまざまな空撮シーンでドローンが用いられるようになりました。

報道用の空撮以外にも従来から無人ヘリが使用されている農業や、検査、測量などの高所作業の代替えからホビーに至るまで多くの用途が開発、実用化され、ますますドローン市場が広がっています。

ドローンはこれからも活躍の場が広がることが予想されますが、こうしたドローンを使った仕事に就くにはどうすればよいのでしょうか?

ドローンのパイロットになるには資格が必要なのか?もし免許を取るならどう勉強するのかなどをドローン初心者向けに説明します。

ドローンに資格はあるの?

ドローンを操縦するに当たり、現在のところドローンの操縦免許に当たる資格はありません。法規制を遵守していればだれでもドローン操縦士となる事が出来ます。

操縦が難しいドローンなので資格や免許が必要と思っている人も多いと思いますが、特に不要なのは意外なところですね。

ただし飛行規制区域などの特殊な領域内でドローンを操縦するためには、ドローンの技能を証明する書類の提出などが必要になります。

ですが趣味の範囲でドローンを操縦するのであれば、特に資格はないので誰でもドローンパイロットになるチャンスはあります。

懸念としては、ドローンによる問題もここ数年で増えていることから、何らかの資格や免許が今後は必要になる可能性も否定できません。

ドローンのパイロットになる方法

ドローンのパイロットになるには、どんな方法があるのか見ていきます。

独学でドローンの操縦技術を習得する

ドローンの操縦は簡単ではないようですが、独学でも一定レベルの操縦技術を身につけることは可能です。

実際にドローンが普及し始めた頃は、教えてくれる人がおらず独学で技術を身につけた人もいます。

操縦時間が経験値になるので、どんどん練習すれば着実にドローン操作は上達していくようです。

ただし飛行場所などには注意が必要で、初心者の人はドローンを壊したり、他人に迷惑をかけないように気をつけましょう。

ドローンのスクールに通う

ドローンの将来性が見込まれていることもあり、ドローンの認定資格を取得できるスクールも開講しています。

ここ数年でドローンのスクールは増えているようですが、ネックになるのは費用になります。

スクールは正しい知識や技術が学べるメリットがありますが、いきなり申し込むのはおすすめできません。

まずは無料体験などを行い、しっかりとスクールの方針を理解してから通うようにしましょう。

ドローン操縦士

プライベートレッスンを利用する

ドローンの初心者向けに、プライベートレッスンをしている人もいるようです。

一人で行うよりも、誰かに教わったほうが上達は早いので、こうしたプライベートレッスンも一つの方法と言えるでしょう。

ワークショップを開催しているところもあるので、チェックしてみるのもおすすめですね。

ドローンの技能資格を発行している団体

本格的なドローンの資格を取得する場合は、どこで取得すれば良いのでしょうか。

現在ドローンの技能資格を発行できる団体は、管理団体、もしくは講習団体と呼ばれており、国土交通省の管理下にあります。

現時点で11の『管理団体』が存在し、管理団体が管理する講習団体がその管理下にあります。

講習団体は国土交通省の身人航空機飛行マニュアルに沿った講習を実施し、技能習得をチェックするための試験を行います

試験にパスすると、上部組織の管理団体が発行する技能資格を取得する事が出来ます。

取得できる資格のベースは航空局のマニュアルですが、発行される資格の内容や名称は管理団体ごとにまちまちであるため、注意してください。

現在存在している管理団体は次の通りです。

  • 一般社団法人日本UAS産業振興協会(JUIDA)
  • 一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)
  • DJI JAPAN株式会社
  • 一般社団法人日本ドローンコンソーシアム
  • ドローン検定協会株式会社
  • 一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)
  • 株式会社山本商会本店
  • 東光鉄工株式会社
  • 株式会社エンルート
  • 公益財団法人日本航空教育協会

ドローンの規制を覚えておこう

ドローンとは自律制御可能な無人機全般の事を指しますが、最近では複数のローターで飛行し、飛行姿勢の自動安定や非常時帰還操作のみを自律制御するマルチローター機のことを特に指している事が多くあります。

航空法による法規制ではこのようなマルチローター機を含むドローンを『無人航空機』と呼び、次の様に定義しています。

  1. 人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって、遠隔操作または自動操縦により飛行させることができるもの
  2. 重量(機体本体のの重量とバッテリーの重量の合計)200グラム未満のものは無人航空機ではなく『模型飛行機』に分類される。

飛行重量が200グラムを切る小型のドローンは無人航空機には含まれせん。ただし、200グラムを切る小型ドローンも規制対象となる空域もありますのでご注意ください。

ドローンに対する法規制は、飛行してはならない空域の設定として表現されています。原則飛行が禁止されている空域は次の3点です。

・無人航空機の飛行規制空域

  1. 空港周辺空域の飛行禁止  ※飛行重量200g以下の小型ドローンもNG空港周辺では、航空機が飛行する可能性のある、滑走路に向けてすり鉢状の形状の空域が飛行禁止となっています。
  2. 一定の高度以上の飛行禁止 ※飛行重量200g以下の小型ドローンもNG
    ドローンその他無人航空機の飛行は地表からの高度150m以下となっています。
  3. 人口集中地区の上空
    国によって定められた、人口集中地区(主に都市部の上空)は飛行禁止となっています。

②、③の空域については国土地理院の地図に定義されています。

参考:国土地理院飛行規制空域マップ

また、上記の日鋼規制空域以外に於いても以下の条件での飛行は禁止されています。

  • 日中(日出から日没まで)以外
  • 目視範囲に無い場合
  • 第三者及び第三者の建物などから30m以内
  • 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しものの上空
  • 爆発物などの危険物の輸送
  • 無人航空機からもオンを投下する

これらの飛行規制空域の指定により、スポーツ大会やコンサート会場などの催し物の空撮や、都市部や繁華街など身近な場所の空撮、地上150Mを超える高度からの空撮、各種のホビーレースの際のFPV操縦等、さまざまなドローンニーズに合わせた運用が難しくなります。

これらのニーズは従来ではヘリコプターや軽飛行機を使用しなく手はならず高コストであったり、そもそもドローンが普及するまでは実現不可能なものであり、ドローン普及の原動力となりうるニーズです。

当然、この法規制についても例外事項はあり、国土交通省航空局へ飛行許可の申請を出す事でこのような飛行規制空域での飛行を行う事が可能となります。

現在では趣味やプロモーション映像の撮影など、さまざまな面で使われるようになった無人航空機「ドローン」。今回はドローンによる仕事と将来性についてご紹介致します。

ドローンの求人はあるの?

ドローンの求人数は多くのジャンルを合わせ1000件にも登ります。多くの企業がドローンビジネスに参入しており、その需要は右肩上がりと言えるでしょう。ではドローンに関してどのような仕事があるのでしょうか。

ドローン専門店の仕事

ドローンは個人でも購入することができます。その為カメラが趣味の方やラジコンが趣味の方にはとても需要のある製品です。いまやドローンの専門店も存在しており、その店舗での販売員や事務など多くの仕事を生んでくれます。

ドローンによる測量

ドローンは空を飛び映像を撮影します。そのためいままでの測量の様に道にこだわることなく正確な測量をすることができます。地図会社などからの支持は高く、ドローンによる測量が当たり前の時代になりつつあります。

ドローン資格保有者ができる仕事

ドローンは資格を持っていなくても操縦することができますが、民間資格としてある程度の技術力を認定する無人航空従事者試験があります。この資格を持っていればどのような仕事に就くことができるのでしょうか。

ドローン操縦士

ドローンを操縦することには障害物などさまざまな危険が伴います。そのため資格をもつドローン操縦士であれば企業のビジネスの手助けになります。

テレビ中継など多種多様な使われ方をするドローンなので操縦士は求められる人材です。建設現場などでも上からの視点から全体を見ることができるため重宝されています。

さらに元々ラジコンが好きという方はドローンを楽しみながら飛ばしてお金を稼ぐことができるのではないでしょうか。

ドローンのスクールを開設

ドローンを操縦する技術を学ぶためのスクールが存在します。テレビで取り上げられたことのあるこのビジネスはとても異彩を放つものと言えるでしょう。

ラジコンであれば自分でも操作が簡単なものですが、ドローンの操縦は難しいです。難しいがためにスクールを開くのはとてもよい発想なのではないでしょうか。

ドローンの将来性

現在では大活躍を見せるドローンですが、将来性はどのようなものなのでしょうか。

現在のドローンによる利益は100億円ほどですが、5年後にはその利益は10倍にもなると言われています。

輸送事業や映像事業、建設事業、公共事業などでの活躍はますます増えることでしょう。

最近では大手企業の楽天とローソンが連携してドローンを使用したからあげくんなどのフライドフーズの輸送事業を開始しました。ドローンによって生活が便利になるのは間違いないです。

現在世界では、機械によって将来的に人間の仕事が無くなっていく未来が予想されています。

機械によってレジ業務や部品の組み立てなどの仕事といった単純作業は機械に奪われるといいます。ではドローンはどうなのでしょうか。

ドローンはいままでにない分野で幅広く活躍をしています。しかし人の仕事をドローンが奪っているということは感じられません。

むしろいままでの仕事の活動範囲を広げてくれている役割があります。奪うことがあるとすれば、ドローンの操縦士が現れることによって人員削減のために仕事がなくなる可能性は否定できません。

しかし雇用の面でいえばドローンはさらなる活躍を見せてくれるでしょう。

ドローンの資格と免許まとめ

いかがだったでしょうか。ドローンによる仕事や将来性をご理解いただけたでしょうか。ドローンはこれからますます使われることでしょう。

企業や個人などがドローンを利用することで毎日の生活が過ごしやすい社会になったり、ドローンによる綺麗な映像を見ることができたり楽しみなことがたくさんありますね。

しかしドローンを使用する上で気をつけなければいけないことはあります。人口密集地域での飛行は避け航空法をしっかり守った上での飛行をしましょう。

ドローンの今後の活躍と進化を期待していきましょう。

ドローン操縦士

スポンサードリンク