英会話には文法も重要!ネイティブに伝わる勉強ができる参考書

英語の文法は、日本の教育では理詰めの勉強法が一般的です。

学校の授業では、英語の文法の構文を解説して問題を解くことが多かったと思います。

この勉強法は受験では効果的ですが、実際の英会話で使うには足りないことがあります。

私は英語の文法は、しっかりと勉強しておくべきだと思っています。

受験勉強の英語の内容は、大学まできちんと勉強すれば英会話を話す下地になるからです。

実際に私も、受験英語で英文法を勉強して英会話もできるようになりました。

その時の勉強法は、ただ問題を解く一般的な受験生が行う勉強法ではなかったです。

自分なりに効率よく覚えられる方法を考えて実践して、英会話力にも繋がる英文法の勉強になっていました。

しかも海外で、私の英語の文法は理解しやすいとネイティブから絶賛されたのです。

今回は英語の文法の重要性と、英会話に繋がる勉強法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

英語の文法を勉強する重要性

英文法は、英語を話す上で非常に重要な役割を果たしてくれます。

しっかりした英文法で会話をすると、ネイティブはストレスなく聞きとれるのです。

これは英語だけではなく、日本語の文法でも同じことが言えます。

日本に来ている外人の発音でも、文法が滅茶苦茶だと聞き取りに苦労します。

逆に文法がしっかりとできていると、聞いていてストレスがありません。

同様に英語を使うネイティブも、文法がしっかりとしている方が聞き取りやすいのです。

もちろん発音も重要ですが、基本的に英会話は文章で成り立つものです。

英会話で、一語一語を丁寧に聞き取っているネイティブはほとんどいません。

文章から単語を推測することを、自然と行っているのです。

我々日本人も、会話を全て聞き取れなくても言っていることを推測していることが多いです。

そこで差がつくのは、文章を構成する文法がしっかりとできているかになります。

しっかりと文法を勉強した人の会話は、誰もが聞き取りやすいものになるのです。

そういった意味で英語を母国語としない我々は、しっかりと英文法を勉強することがじゅうようになります。

実際に私が海外でホームステイをしたとき、法がしっかりできているから聞き取りやすいと褒められました。

ただし発音は日本語訛りで聞き取りにくいと言われました。

私がホームステイした先では、一緒にスイス人も留学していました。

彼女はもの凄く話すので、私からすると英語が凄く上手に見えました。

しかしホストファミリーは、文法が滅茶苦茶で理解するのに一苦労と言っていました。

話をすることは当然重要ですが、聞き取りやすさでは私が上だったようです。

英文法をしっかりと勉強することで、ネイティブも聞き取りやすい英会話ができるようになります。

英会話初心者におすすめの英文法の参考書

英語の勉強に慣れていない初心者の人は、英文法に対してアレルギーを持ってしまいます。

これは仕方のないことで、いきなり外国語の構造を無理やり理解することは難しいに決まっています。

英語の勉強に慣れていない初心者は、まずは簡単な参考書やテキストで勉強するのがおすすめです。

実際に英文法を一から勉強できる参考書を紹介するので、英文法勉強の参考にして下さい。

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

中学レベルの英文法を勉強するのに最適な参考書です。

一つ一つ丁寧に解説をしているので、英語が苦手な人も無理なく勉強することができます。

読みやすいので流し読みをしてしまうかもしれませんが、一つ一つしっかりと覚えるつもりで勉強してください。

中学レベルの英文法は、頭で理解するよりも暗記したほうが効率よく学習できます。

もちろん論理的に覚えることも大事ですが、基礎の基礎は暗記することで英会話の実力にも繋がります。

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

高校 英文法を ひとつひとつわかりやすく。

上記で紹介した高校版の英文法の参考書です。

中学レベルの英文法が身に着いたら、次のステップとして高校レベルの英文法を勉強しましょう。

海外に行ってみるとわかるのですが、日本の高校レベルの英文法が使えれば簡単な日常英会話程度ならできるようになります。

もちろんリスニングは別ですが、話をする力は英文法が直結しているので、最低でも高校レベルの英文法まではしっかりと勉強してください。

高校 英文法を ひとつひとつわかりやすく。

スポンサードリンク

英会話でも使える1ランク上の英文法の勉強法

全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)を完璧に勉強する

全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)は、私が大学受験の時に使った英文法の参考書になります。

英文法の勉強というと、Forestや英文法解説のような分厚い本を使う人も多かったと思います。

分厚い参考書は、全てをマスターするまでに時間がかかりすぎるので効率があまり良くありません。

その点、全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)は1ヶ月も勉強すれば完璧に覚えられます。

この参考書を完璧に勉強すれば、日常英会話で使う英文法をかなりカバーすることができます。

冠詞などの細部までは厳しいですが、基礎となる英文法の構造を理解する上では最適な参考書になります。

私は受験もあったので、この参考書は完璧に覚えました。

実際に大学受験でも、私立の難関大学のような一部の難しすぎる文法を除けば対応することができました。

要所となる英文法が網羅されているので、1冊完璧にする気持ちで勉強してみてください。

DUO 3.0を使って英文法と発音を勉強する

DUO 3.0は、英単語の教材としてかなり有名なので聞いたことがあると思います。

この教材の素晴らしいところは、英単語だけではなく英文法も例文に組み込まれていることです。

DUO 3.0のCDを使った勉強で、英文法と発音も一緒に勉強できるのです。

英文法の勉強は、多くの人は本を読んで問題を解いて終わりにしているのではないでしょうか。

この勉強法は、受験などのペーパーテストでは効果があるでしょう。

しかしDUO 3.0のCDを使うことで、実際の英会話のように英文法も学べます

英文法の勉強で重要な事は、覚えた英文法を発音してアプトプットすることです。

アウトプットすることで、脳に英文法が残りやすくなります。

私はCDを何十回もシャドーイングして、例文を完璧に覚えました。

何度も例文をシャドーイングするとわかるのですが、英文法にもリズムが存在します。

ただの英単語ではなく、英語のブロックとして発音していることに気づくのです。

そのリズムを脳が覚えることで、英会話にも応用することができます。

DUOはネイティブが発音しているので、そのままシャドーイングしましょう。

何度も繰り返しているうちに、英語の文法を意識しないでも例文が脳に浮かぶようになります。

瞬間的に英文法が出てくるようになれば、あとは英単語を変えれば会話のバリエーションが増えます

私はこの勉強法で、英文法の実力がかなり向上しました。

自分で発音をすることで、英文法のリズムも覚えることができます。

英文法は自分で発音する勉強法で、実際の英会話でも使えるようになります。

英文法ならこれ1冊!おすすめの参考書

上記で紹介した英文法の参考書は、効率的に勉強できるのでとてもおすすめです。

ただ1冊をしっかりと勉強したいという人もいると思うので、そういった人には「一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法」をおすすめします。

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

682ページあるので量がとても多いのですが、内容は基礎から応用力をつけるまで、しっかりと英文法の勉強ができる参考書です。

初心者や効率的な勉強を目指す人にはおすすめできませんが、コツコツと英文法を勉強したいなら、これ1冊あればかなりレベルを上げることができます。

また英語を話すという目的を持っている人にもおすすめで、英会話を意識した勉強ができるのも本書の特徴です。

英文法の勉強を継続させるコツ

英文法が大事とわかっていても、勉強を継続させるのは難しいです。

私も大学受験がなければ、ここまで英文法を勉強していなかったと思います。

ですがこういった地味な勉強ほど、後の英語の実力に違いが出るのです。

英文法の勉強を継続させるコツは、目標を作ることが一番です。

英文法が大好きなら別ですが、英語が好きな人でも英文法だけを楽しく勉強することはないでしょう。

そうなると英文法を勉強するための、きっかけ作りが継続の秘訣です。

私の場合は大学受験でしたが、社会人ならTOEICなどの受験が良いと思います。

TOEICは高得点を取得すれば、日本でも高く評価される英語資格だからです。

私もTOEICを受験したことがありますが、覚えれば会話に使える英文法も多いです。

瞬間的に口に出るくらいまで英文法を勉強すれば、英会話にも応用できます。

そういった体験をすることも、英文法の勉強のきっかけになります。

一度ネイティブと話して、英文法の勉強が役に立つと勉強も楽しくなりますよ。

英会話と英語試験の英文法の違い

英会話と英語試験の英文法ですが、実際には全く違いはありません。

試験で出てくる英文法も、日常の英会話では良く聞くフレーズが多いです。

ですが英文法を問題集だけで勉強していると、英会話で聞き取れないことが多いです。

これは考える時間がある試験と、その瞬間に判断しなければならない英会話の違いになります。

実際に文字にすると理解できても、会話で理解できないのはそういった理由です。

この差を埋めることで、英文法も英会話に活かすことができるのです。

そのために必要な勉強法は、何度も自分で英文法をアウトプットすることです。

私もDUOでアプトプットを何度も行った結果、瞬間的に出てくる英文法が増えました。

ですので私が英語で話す時は、基本的にDUOに出てくる英文法が多いです。

日本語でも同じですが、自分が使いやすいフレーズというのが存在します。

人と話をしていると、その人が良く使う会話の癖があると思います。

これは良く使っているので、日常で自然に出てくるのです。

英文法も覚えたフレーズが使いやすいので、私の場合は自然とDUOの英文法になるのでしょう。

英文法のストックを増やすことで、英会話のバリエーションを増やすことができるのです。

簡単な話ではありませんが、英語を極めるには常に勉強するしかないということです。

英文法ができていると聞き取りやすい英会話ができる

英文法は何もテストの点数を取るためだけに必要なわけではありません。

正しい英文法を使うことができれば、ネイティブに取って聞き取りやすい英語を話すことに繋がります。

日本語で考えてみても、きちんと文法ができてる人の方が内容を理解しやすいですよね。

これは英語も同じことで、英文法のレベルが高い人が話す英会話ほどネイティブにはストレスの少ない英会話になります。

発音ももちろん大事なことですが、英文法を意識した勉強をすれば英語のレベルは飛躍的に上達します。

海外の語学学校や大学・高校などに留学している人を見ても、英文法の勉強ができている人ほど英語の上達が早いです。

その意味でも、日本の受験英語も単純に悪いとは言えませんね。

日本の英語の勉強の場合、リスニング力が決定的に不足しているので、それを痛感して英文法を否定している人が多いです。

ですが本当の意味で英会話を上達させたいのならば、英文法の勉強はしっかりと行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)