【勉強集中】音楽で集中力を高めるよりも効率的な方法

勉強を集中させる方法として、音楽を利用している人は多いのではないでしょうか。

好きな音楽を聞きながら勉強をすると、集中力が増すという人もかなり多いです。

音楽の集中効果については、流している音楽によって違うようですし、全ての人に効果があるわけではありません。

一昔前はクラシック音楽を聞くことで、勉強に集中しやすいθ波が流れるなど言われてきました。

人によっては、ロックやポップなどを聞きながら勉強をすると集中しやすいという人もいます。

実際にそういった研究もあるので、人によっては音楽で集中できる人もいると思います。

ですが長年勉強に携わっている身としては、音楽は勉強の妨げになるケースも多いので安易に利用することはおすすめできません。

スポンサードリンク

音楽で勉強に集中できない理由

まず音楽を全て否定するわけではないのですが、基本的には音楽を聞きながら勉強をしてもそこまで集中できていないケースが多いことを説明致します。

その理由としては、自分の好きな曲を聞くと、音楽の方に集中してしまう傾向があるからです。

特に受験勉強をしている中高生を見ると、勉強よりも音楽に集中してしまっている傾向があります。

適度に脳を活性化させるために音楽を聞くのなら良いのですが、音楽に集中してしまっては本末転倒です。

あくまで音楽は適度に脳を刺激する程度に聞く程度にしないと、逆効果になる可能性があることを覚えておきましょう。

クラシックが良いと言われるのは、音楽に集中せずに流し聞きができるからということもあると思います。

ロックやポップのように歌詞がある音楽を聞くと、どうしても歌詞に集中してしまって勉強に集中できないことも多いです。

もちろん音楽を聞きながら勉強できる人もいますが、できることなら音楽なしで集中できる環境を作ることをおすすめします。

集中力を高めるため音楽に頼る弊害

もう一つ集中力を高めるために音楽を利用することをおすすめできない理由に、試験本番では音楽が聞けないテストが普通だからです。

音楽を聞きながら勉強する癖がついてしまうと、音楽なしで集中できなくなるリスクがあるからです。

実際の試験は静かな教室で行うのが一般的です。

そうした静かな環境になれて勉強することも、実際の試験には必要な対策になります。

もちろん音楽を全て否定するわけではなく、勉強前の集中のために音楽を利用するなどは役立つと感じています。

スポーツ選手などでも、試合前に音楽を聞いて集中力を高める一流選手もいるので一概に音楽がダメとはいえません。

試験前の休み時間に、集中するために音楽を聞くことはとても役立つと思います。

スポンサードリンク

どんな音楽が集中力を上げるのか

音楽は使い方によっては、集中力を上げるのに役立つのはアメリカなどの研究でも明らかになっています。

ではどんな音楽が集中力を高めてくれるかと言うと、先程少し述べましたがθ波を発生させる音楽が効果的と言われています。

θ波には、脳をリラックスさせる効果があり、リラックスした脳で勉強をすると集中力が増すと言われています。

実際にアメリカなどの大学では、θ波を発する音楽を聞きながら講義を聞くことも行っているようです。

全ての人に効果があるかは疑問ですが、リラックスした状態のほうが覚える力が上がるのは真実だと思います。

大学受験や高校受験の勉強で、集中力を高めるためにこうしたθ波で脳を活性化させる塾なども実際にあります。

勉強は適度な緊張状態とリラックス状態を保つことで、記憶力や応用力を身につけることができます。

睡眠も適度に取ることが集中には大事

集中に音楽は役立つ可能性がありますが、大前提として睡眠不足だと記憶力が落ちることを覚えておきましょう。

受験や試験前は寝不足になる人も多いですが、睡眠不足だと脳が活性化されないので記憶力などが落ちるリスクがあります。

むしろ適度に睡眠をとって勉強をしたほうが、集中できるのでしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

また食事も大事で、脳を活性化させるために腸内環境を整えることも効果があることを覚えておいてください。

実際に脳にいい食事大全――1分でアタマがよくなる食事の全技術にも書いてありますが、脳と食事には密接な関係があるので軽視してはいけません。

少しでも脳に良い食生活をすることで、勉強の効果を上げることができます。

日頃から集中力を高める勉強法

音楽や食生活は、集中力を高めるのに役立つことは間違いありません。

ですが、やはり勉強の根本はその質になるので、どんなに音楽や良い食生活をしても勉強の質が悪いと結果を出すことができません。

ではどうすれば集中力を高める勉強ができるかと言うと、最もおすすめなのは「ながら勉強」をすることになります。

「ながら勉強」とは、集中していない時間にも勉強をすることになります。

この勉強法は、人間の集中力が関係しています。

人間の集中力は、個人差がありますがもっても90分が限界と言われています。

ただ一般的に60分集中できれば良いほうだと思います。

しかも一回集中力が切れると、また集中するまでに時間がかかるというデメリットがあります。

例えば2時間勉強したとして、実際に集中している時間は30分程度だと思います。

残りの1時間半は、なんとなく勉強しているつもりになっている可能性があります。

せっかく勉強しているのに、これは勿体無いと思いませんか。

逆にこの勉強しているつもりの時間を有効に使えれば、勉強の効率を一気に上げることができます。

ながら勉強に最適なのは動画

一昔前には想像もつかなかった勉強法ですが、現代ではスマホを使った動画の勉強が主流になりつつあります。

動画で勉強できるの?と思うかもしれませんが、実際に勉強の効果がかなり出ているので侮れません。

例えばリクルートが行っている動画勉強に、スタディサプリがあります。

スタディサプリの講師陣は、超有名塾などのカリスマ講師が行っているのですから驚きです。

スタディサプリの勉強法でも書いていますが、上手に利用すれば勉強の効率を飛躍的に伸ばすことができます。

また資格試験の場合でも、スマホでできる勉強法があります。簿記宅建の勉強法でも書いていますが、スマホでもかなり高い質の試験対策ができます。

こうした勉強法は、ながら勉強に最適で集中していない時間になんとなく聞いているだけでも勉強の効果があります。

音楽も勉強の役に立ちますが、現代ではもっと効率的に動画を使った勉強を取り入れることをおすすめします。

少しスタディサプリなどの広告をしている錯覚がありますが、実際にスタディサプリを取り入れて勉強をした高校生や大学生は基礎力を飛躍的に伸ばせています。

また資格試験でも、こうした動画を利用することで、通勤時間やお風呂なども効率的に勉強できるのでおすすめです。

音楽を聞いて集中力を上げてから、動画を見て脳に定着させるなどの勉強法をすると、思った以上に効率的に勉強できるので是非実践してみてください。

勉強が苦手な人でも、一流講師の講義は目を引くものがあるので、一度聞いてみることをおすすめします。