韓国語の日常会話を独学で身につける効率的な勉強法

スポンサードリンク

韓国語の勉強を始めて1年ほど経過して、簡単な日常会話なら理解できるようになりました。

独学で勉強していたので、完全に我流ですが1年間あれば日常会話レベルなら話せるようになります。

韓国語は最初の取っ掛かりが難しいですが、英語に比べれば理解しやすいです。

それは韓国語が、日本語に近い構造になっているからだと思います。

最初の一歩さえクリアできれば、短期間でも韓国語は上達させることができます。

私が実際に行っている勉強法を紹介しながら、韓国語会話ができるようになる勉強法を公開します。

韓国語を勉強するための5つのステップ

韓国語を勉強する場合、以下のステップで行うと効率的です。

初心者向けの手順ですが、基礎ができていれば上達は早くなります。

韓国語の会話が、効率よく学べる勉強法になります。

  1. ハングル文字をマスターする
  2. 韓国語の単語と会話を勉強する
  3. 簡単な会話集をCDで勉強する
  4. ドラマで韓国語のスピードに慣れる
  5. 実際に韓国語で会話をする

ハングル文字をマスターする

韓国語の勉強で最初に躓くのは、ハングル文字を覚えることになります。

全く馴染みのない文字に、挫折してしまう人も多いと思います。

しかしハングル文字を覚えずして、韓国語で会話することはできないのです。

ハングル文字の勉強は、暗記する以外に道はありません。

ですが良い教材を使えば、かなり効率的にハングル文字を覚えることができます。

私が使ったのは、目からウロコの ハングル練習帳 (基礎から学ぶ語学シリーズ)という教材になります。

この教材の良いところは、ハングル文字だけに特化していることです。

余計な文法などがないので、ハングル文字を覚えることができます。

3日と書いてありますが、私は1週間かけてじっくりと覚えました

暗号のようなハングル文字ですが、この教材のおかげで理解することができました。

ハングル文字を覚えれば、次のステップである単語や文法に進むことができます。

ここを乗り切ることができれば、韓国語をかなり身近に感じることができます。

韓国語の単語と会話を勉強する

ハングル文字を覚えたら、次は韓国語の単語を覚える作業に移ります。

単語は1回では完璧に覚えられないので、何度も復習することが重要です。

おすすめの単語教材は、「新装版 できる韓国語 初級Ⅰ」になります。

この教材の良いところは、単語と同時に会話も覚えられることがあります。

単語だけで覚えるよりも、例文を使っているので頭に残りやすいです。

各章で単語と会話の例文が載っていて、効率的に単語と会話を覚えられます。

もちろんこれ1冊では、会話全てを理解することはできません。

ですがこの参考書1冊覚えれば、韓国語単語と会話の基礎を学ぶことができます。

基礎力を身につければ、あとは応用力を磨いていけばよいのです。

初級編が完了する頃には、簡単な文法も身についています。

次のステップは中級編になりますが、ここから難易度がかなり上がります。

中級編は独学では難しいので、正直なところお勧めはしません。

また参考書だけでは勉強に飽きるので、初級が終わったら実用的な勉強に移ったほうが楽しく勉強できます。

私は基礎を身につけたら、次は韓国語の音に慣れる勉強に移りました。

実際にこの勉強法で、楽しく韓国語を勉強することができました。

簡単な会話集をCDで勉強する

f:id:teke1102:20150612133342j:plain

基礎的な単語や文法を覚えたら、次は実用的な会話をCDで勉強します。

新装版 できる韓国語 初級ⅠはCDもついているので、これで十分だと思います。

まずは韓国語の音とリズムに慣れることが、リスニング力アップのコツになります。

単語や会話と一緒にCDを使うと効率的でしょうが、私は1冊終えてからCDを使いました。

一緒に勉強すると混乱しそうだったので、まずは頭で理解することにしました。

個人差があるでしょうが、しっかりと単語を暗記してCDを聴くと頭で理解しやすくなります。

CDは1度だけではなく、何度も聴いた方が勉強になります。

何度も聴くうちに、韓国語の音やリズムが徐々にわかるようになるからです。

私の場合は、1日1回は必ずCDを聴くことを1ヶ月続けました

CDの音に慣れてきたら、今度は自分でも発音をするとより効果的に勉強できます。

英語もそうでしたが、語学は5感をフルに活用した方が効率よく覚えられます。

初級のCDだけでも、実際に使える会話集が多いので必ず実践してみてください。

できる韓国語初級シリーズが終わったら、なりきりロールプレイ! 韓国語会話がぐんぐん上達する本がお勧めです。

登場人物になりきるロールプレイという、面白い発想の勉強法になります。

より実用的な韓国語の単語や会話を取り扱っているので、非常にお勧めの1冊と言えます。

ドラマで韓国語のスピードに慣れる

教材用のCDだけでも勉強にはなりますが、実践では足りない部分があります。

それは教材のCDだけでは、韓国語のスピードについていけないことがあります。

初級者用のCDは、実際の韓国語よりもゆっくりと話しているからです。

基礎力を身につけることができたら、あとは実践に近い勉強に切り替えるべきです。

日常会話を目的とした場合、ドラマを使って勉強することをお勧めします。

ですが注意としては、ドラマの韓国語はかなり難易度が高いです

初級の段階でドラマで勉強するのは、正直かなり難しいと思います。

そこでお勧めなのは、ドラマを教材とした参考書で韓国語を勉強することです。

私が使った参考書は、KBSの韓国語ラジオドラマという教材です。

これは実際に韓国のラジオでオンエアされた「ポラムちゃん家」を教材にしています。

初級者には少し難しいですが、韓国語の口語や良く使う表現が多いので勉強になります。

日本語訳もあるので、少しずつ勉強するのが継続のポイントです。

私もこの教材を使ったおかげで、日常で使える韓国語の単語や会話を覚えることができました。

韓国語のスピードに慣れてきたら、TVドラマなどにもチャレンジしてみましょう。

もちろん理解できない部分は多いですが、なんとなく聞き取れる単語も増えているはずです。

語学は毎日継続して聴くことで、確実に聞き取り能力をアップさせることができます。

私は5か月ほど経過した頃、TVドラマも少しは理解できるようになりました。

実際に韓国語で会話をする

f:id:teke1102:20150612133355j:plain

韓国語の日常会話の勉強で重要なことは、アウトプットの機会を増やすことです。

どんなに毎日勉強をしても、自分で考えて口にしなければ生きた韓国語は使えません。

そのためには韓国語を使える場所に行き、韓国語を実際に使うのが一番です。

運が良いことに日本に住んでいても、スカイプなどで韓国語を使うことができます。

韓国人のメル友を探せば、結構あっさりとスカイプしてくれるものです。

私はKJCLUBというサイトで、韓国人の友達を作りました。

このサイトは、無料で韓国人の友達を探せるので非常にお勧めです。

また定期的に異文化交流のパーティーもしているので、参加するのも良いでしょう。

語学は実際に使ったほうが、頭で覚えるよりも効率的に勉強できます。

もしお金に余裕があれば、韓国旅行をするのもお勧めです。

レストランやお店で韓国語を使うと、かなり韓国語レベルを上げることができます。

また韓国語勉強のモチベーションも上がるので、こういった機会を作るのはお勧めの勉強法になります。

韓国語の日常会話勉強法まとめ

韓国語の日常会話は、ステップを踏んで勉強すれば誰でも達成できます。

個人差はありますが、発音なども英語に比べると理解しやすいと思います。

単語などハングル語は最初は抵抗がありますが、覚えれば意外と簡単なものです。

丁寧に基礎力を身につければ、着実に日常会話レベルならできるようになります。

韓国語のような語学の勉強は、継続する工夫をすることが上達の秘訣です。

すぐに結果がでるわけではありませんが、継続することで着実に韓国語の実力を上げることができるようになります。

スポンサードリンク