英語の日常会話のマスターにおすすめの参考書と勉強法

英語を勉強している人の多くは、日常会話が理解できるレベルを一つの目標にしています。

日常会話と聞くと、簡単に勉強できると思っている人も多いでしょう。

ですがネイティブの日常会話を理解できる英語となると、かなり高いレベルに分類できます。

日常会話の捉え方にもよりますが、ネイティブ同士が話す英語を理解するとなるとかなり難しいです。

TOEIC900点以上でも、半分理解できれば良いということもあります。

逆に旅行で道を尋ねるなどの日常会話であれば、比較的簡単に勉強できる英語レベルになります。

英語の日常会話を身につけるには、目標とするレベルに合った勉強をすることが重要です。

日常会話は簡単には習得できないので、少しずつレベルを上げるのが効果的な勉強法になります。

簡単な日常会話からネイティブレベルまで、レベルに理解できる本と勉強法を紹介します。

スポンサードリンク

簡単な日常会話ができる英語勉強法

旅行などで使う日常会話は、定型文を暗記する勉強法が効率的です。

日本の英語参考書で使われている表現なら、ほとんどの英語圏で通用する英語になります。

飛行機やレストランなど、英語でちょっとした日常会話の勉強には以下の参考書がお勧めです。

CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

短い例文ながら、日常会話でも良く使われる表現を集めた参考書です。

この例文を丸暗記できれば、簡単な日常会話を使うことができるようになります。

英語が苦手な人でも、少しずつ進めることで旅行などの日常会話ができるようになれます。

音声がMP3ダウンロードなので、こちらも必ず一緒に勉強しましょう。

英語の勉強は、読むだけではなく発音することと聴くことも重要だからです。

何度も繰り返し勉強することで、英語で日常会話を使える基礎ができあがります。

[無料音声DL付]キクタン英会話【海外旅行編】

海外旅行に絞った英語の日常会話を、ロールプレイング形式で勉強することができます。

中学レベルの英語力でも理解できる内容なので、基礎から日常会話を勉強したい人におすすめです。

フレーズ→ダイアログ→ロールプレイという順序で勉強することで、しっかりと日常会話の学習ができます。

海外旅行に特化していますが、英単語を応用すれば日常会話でも使える表現がたくさんあります。

一般的にトラベル英会話に比べて、質の高い内容になっているので英語の日常会話上達に役立ちます。

シチュエーションを考えながら勉強すれば、かなり効果が上がる1冊と言えます。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

日常会話だけではなく、英文法やリスニングも鍛えられるバランスの良い参考書になります。

中学レベルの英語を復習するのにも使えますが、これ1冊しっかりと勉強すれば簡単な日常会話はできるようになります。

じっくりと英語を理解するのではなく、瞬間的にフレーズが出るようになる日常会話向けの参考書です。

レベル的には中学英語ながら、ネイティブが使う表現も数多く出てきます。

聞こえた英文を復唱することで、日常会話でも使える英語を暗記することができます。

英語を総合的に上達させることができる、とても良い参考書になります。

一歩進んだ日常会話を身につける勉強法

簡単な旅行の日常会話ならば、勉強すれば比較的短期間で使えるようになります。

ですが簡単な映画レベルの日常会話となると、一つ上のレベルの英語力が必要になります。

このレベルの日常会話を理解するには、シャドーイングでの勉強法が効果的です。

シャドーイングは、通訳なども行っている英語勉強法になります。

聞こえた音を後から追いかけるように発音する、まさに影のような英語勉強法です。

初めて行う人には難しい勉強法なので、シャドーイングを基礎から学べる参考書を紹介します。

NHK英語でしゃべらナイト CD付き 1日5分! シャドーイングドリル入門―スピーキング&リスニング力がぐーんとアップ! (主婦の友生活シリーズ)

シャドーイング入門として使える英語の参考書になります。

内容的には日常会話レベルなので、英語の日常会話をマスターするのにも役立つ1冊です。

中学から高校1年位のレベルなので、内容的にはそれほど難しくありません。

何度も繰り返し発音することで、確実に日常会話で使えるフレーズを覚えることができます。

またシャドーイングのメリットとして、リスニング力も上げることができます。

発音するためには、聞き取ることが絶対条件になるからです。

シャドーイングを繰り返して勉強すると、確実に聞こえる単語が増えてくるのがわかります。

スポンサードリンク

映画英語で日常会話を勉強する

参考書などで日常会話を勉強しても、なかなか映画英語を聞きとることはできません。

その理由として、実際の英語の発音と使われる口語表現に違いがあるからです。

そうした本場の日常会話の勉強に使える参考書としては、ボトムアップ式映画英語のリスニングがあります。

ボトムアップ式 映画英語のリスニング 新装版―NewYork Detective Story (CD BOOK)

こちらは表紙がやたら少女漫画風ですが、中身はかなりしっかりとしています。

内容はラブコメですが、実際に日常会話で出てくる英語がたくさん使われています。

スラングやリエゾンの勉強にもなるので、何度も聞くことで英語の日常会話もかなり理解できるようになります。

こちらは刑事物などの内容で、日常会話で使われない表現も数多く含まれています。

ですが英語力を上げるには非常に良い本なので、余裕があればチャレンジしてみてください。

スラングの勉強は日常会話マスターに不可欠

日本の英語学習ではあまり行いませんが、スラングの勉強は英語力アップには不可欠です。

スラングは日常会話にも多く使われるので、知らないと全く意味がわかりません。

文化的な背景や国による違いもあるのが、スラングを勉強する上で厄介なところです。

敬語からスラングまでくらべてわかる英会話 (J新書)

英語の敬語からスラングまで、幅広く勉強できる参考書です。

汚い英語も載っていますが、そういった英語は映画などにも良く出てきます。

綺麗な英語だけではなく、日常会話でも使われる英語の勉強に使いたい1冊です。

イギリスのスラング、アメリカのスラング ——英語 with Luke

流行語なども載っていて、読んでいて面白いと感じる参考書です。

英語 with Lukeというブログの著者らしく、このブログも英語の勉強におすすめです。

気軽に読めるので、英語を勉強しているなら一度は読んでおきたい本になります。

ニュース英語で日常会話の勉強

日常会話より難しいと思うでしょうが、ニュースにも日常会話で使えるフレーズが多いです。

しかも丁寧な英語なので、使ってみるとネイティブからも評価が高くなります。

日常会話でも使える、簡単なニュース英語の参考書を紹介します。

VOA英語インタビューの聴き方 ([CD+テキスト])

アメリカのVOAという、実際のニュースを題材にした参考書です。

ですがインタビュー形式のものをピックアップしていて、とても興味深い内容ばかりです。

インタビューなので、日常会話でも使える英語が出てきます。

英語の日常会話はストックを増やすこと

英語の日常会話をマスターするには、例文で英語のストックを増やすのが効果的です。

スラングや定型文などは、知らなければ使うことができません。

どんどんストックを増やすことで、英会話の幅は確実に広がります。

そのためには英語を普段から使い、記憶を定着させることが重要です。

日本に住んでいても、シャドーイングや映画を見るなどでそういった勉強をすることはできます。

実践の場が欲しければ、英会話スクールやオンライン英会話も良いでしょう。

英語の日常会話は、毎日の勉強と工夫で確実に上達することができます。

まずは自分の目標を設定して、少しずつ英語力を上げていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク