英語の文法がマスターできる勉強法とおすすめの参考書

英語の文法は、参考書を上手に使った勉強法をすれば確実に英語力が上がります。

効率よく英語の文法を勉強するには、良い参考書を選ぶことが重要となります。

基本的に日常英会話で使うレベルの英語の文法は、高校で勉強したレベルが理解できていれば通用します。

英文法は、基本的にパターン化することができるのが特徴です。

中学で習う英文法が理解できれば、高校の英文法はそれを応用したものになります。

つまり中学レベルの英語の文法が、全ての基礎になるのです。

中学3年間で習う英語の文法は、ポイントを押さえれば短期間でマスターすることができます。

英語の文法は、教科書を一から復習する必要は全くないからです。

英語の文法に特化した参考書で勉強すれば、効率よく短期間で覚えることができます。

ただし英語の文法書は数多くあるので、レベルに合った内容を勉強しなければ途中で挫折してしまいます。

中学レベルの英語の文法ができていないのに、高校レベルの英文法を勉強するのは厳しいと言えます。

レベル別に無理なく英語の文法がマスターできる、参考書と勉強法を紹介します。

スポンサードリンク

中学レベルの英文法の参考書と勉強法

中学レベルの英語の文法といっても、中学1年と3年では覚えることが違います。

英文法が全く理解できていない人が、中学3年の英文法を覚えるのは効率が悪くなります。

一つ一つ課題をクリアすることが、英語の文法のマスターに繋がります。

中学1年レベルにお勧めの英文法参考書

英語の文法が苦手な人は、中学1年の英文法で挫折しているケースが多いです。

決して難しい内容ではないですが、1度遅れると取り戻すのに苦労するからです。

ですが英文法だけの話であれば、1週間から2週間で復習できるのが中1レベルの英文法です。

基本的な英語の文法から復習したい人は、「中1英語をひとつひとつわかりやすく」がお勧めです。

中1英語をひとつひとつわかりやすく。(CD付き)

単元ごとに分かれているので、勉強すべきポイントがわかりやすいです。

ページ数も少なく、簡単に終わらせることができるので英語アレルギー克服の第一歩として使えます。

中1レベルの英文法勉強におすすめとして、「くもんの中学基礎がため100%中1英語 文法編」もあります。

くもんの中学基礎がため100%中1英語 文法編―学習指導要領対応

繰り返し練習ができる構成になっているので、確実に英語の文法を覚えられます。

1度問題を解くだけでは実力が身につかないので、何度も復習できるのはこの参考書のよいところです。

中1レベルの参考書であれば、上記の2つのどちらかを使えば理解することができます。

数多くの問題集を解く勉強ではなく、1冊を完璧に覚える勉強にしましょう。

どちらも中1レベルの英語の文法を、しっかりと覚えられるお勧めの参考書になります。

スポンサードリンク

中学2年レベルにお勧めの英文法参考書

中学2年レベルの英語の文法も、基本的には中学1年同様の参考書と勉強法がおすすめです。

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

中学1年シリーズ同様に、とても丁寧な解説と無理なくできる量の参考書になります。

くもんの中学基礎がため100%中2英語 文法編―学習指導要領対応

こちらも中学1年シリーズの、2年生版の英語文法の参考書になります。

英語の文法は、中学2年から徐々に勉強する内容が難しくなります。

ですが上記の2冊をしっかりと勉強すれば、中2レベルの英文法なら確実にマスターすることができます。

「くもんの中学基礎固め100%中2英語 文法編」の方が、単語や英作文など少し高度な内容も含まれています。

もし内容が難しいと感じたら、「中学英語をもう一度」から勉強すると無理なく進めることができます。

中学3年レベルにお勧めの英文法参考書

中学3年の英文法も、基本的に同じシリーズの参考書を使うのがお勧めです。

中3英語をひとつひとつわかりやすく。 CDつき (中学ひとつひとつわかりやすく)

中1と中2同様に、簡単にできる量でサクサク進むので挫折しないで勉強できる参考書です。

くもんの中学基礎がため100%中3英語 文法編―学習指導要領対応

こちらも中学3年の英文法を、確実に覚えられる参考書になります。

英単語や発音もあるので、英語の総合力を上げるのにも最適な参考書と言えます。

中学の英文法は全ての基礎になる

中学で習う英語の文法は、高校以降に習う英語の文法の基礎となります。

そのためここで抜けている内容があると、その後の勉強で理解できない部分が出てしまいます。

今回は中学1年から3年を、それぞれの学年で勉強できる参考書を紹介しました。

中学英語をまとめてできる参考書もありますが、ページ数が少なくなり内容も薄くなります。

また内容が充実していても、参考書が厚すぎて途中で挫折する可能性が高いです。

今回紹介した参考書は厚すぎず内容も充実しているので、とてもおすすめの参考書と言えます。

理解できていない英文法を重点的に勉強することが、英語の文法をマスターすることに繋がります。

その第一歩になるので、中学レベルの英語の文法は完璧に理解しましょう。

高校レベルの英文法の参考書と勉強法

中学レベルの英語の文法が理解できれば、高校レベルの英文法はその延長になります。

中学の英語の文法がしっかりと身についていれば、あとは新しい内容を覚えれば良いだけになります。

覚える構文などは多くなりますが、パターンも決まっているので短期間で勉強することが可能です。

高校の英文法の参考書は、問題中心のものと解説中心のものがあります。

それぞれメリットとデメリットがあるので、よく理解して使うことが重要になります。

個人的には、薄い問題中心の参考書の方が効率的に英語の文法を勉強できると感じています。

ただし問題中心の参考書は、解説が丁寧に書いていない場合もあります。

暗記だけで覚えるのが苦手な人は、解説が丁寧な厚い参考書と組み合わせる勉強もおすすめです。

厚い参考書だけで英文法を覚えようとすると、頭に入っていない可能性が高いので注意しましょう。

高校英語の基礎を最初に勉強するなら、「高校英文法をひとつひとつわかりやすく」がおすすめの参考書です。

高校 英文法を ひとつひとつわかりやすく。

中学英文法の高校版で、高校英文法の基礎を勉強することができます。

ただし内容は薄めになるので、受験の英文法勉強には不安が残ります。

高校英文法のやり直しを効率よく勉強できるので、最初の1冊にはおすすめの参考書になります。

高校英文法の参考書としては、桐原書店の「全解説頻出英文法・語法」がおすすめです。

全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)

基本的には大学受験用の英文法参考書になりますが、英会話でも使える英語の文法がたくさん載っています。

問題中心になっているので、何度も復習して覚えれば高校レベルの英語の文法をマスターすることができます。

個人差はありますが、1日1時間から2時間勉強すれば1ヶ月ほどで完了できる内容になっています。

ただし全解説頻出英文法・語法は問題中心になるので、細かい解説は書いてありません。

もし英文法を丁寧に理解して勉強したい場合は、「Forest」を使うのがお勧めです。

総合英語Forest 7th Edition

Forestは内容が細かく、全て覚えるのはとても大変だと思います。

よても良い参考書なのですが、これで英語の文法を勉強するのはかなりの根気が必要になります。

理解できなかった文法を確認するなど、辞書的な役割で使った方が使いやすい参考書です。

高校レベルの英語の文法は、基本的に中学で習った英文法と構造は変わりません。

英単語が多くなり、覚えることが増えるので戸惑いますが、長文などに比べると短期間でも攻略することが可能です。

ここまでで基礎を定着させれば、あとは目的に合わせた勉強をするだけです。

英会話の勉強のために英文法を勉強したり、TOEICなどの資格試験対策の勉強をするなど人によって目的は異なります。

どの目的でも基礎ができていれば、あとは目的に合わせて参考書を選ぶだけになります。

TOEICの英語文法におすすめの参考書

TOEICの英文法パートは、基本的には過去問題や問題集の類似問題が出題されることが多いです。

そのため問題集を何度も勉強すれば、高得点を取ることはそれほど難しくありません。

基本的には高校レベルまでの英文法ができていれば、初めての問題でも予測できるものが多いです。

TOEIC対策の英文法参考書としては、「1駅1題 新TOEIC TEST文法特急」がお勧めです。

1駅1題 新TOEIC(R) TEST 文法 特急

TOEICに特化した英文法問題集で、類似問題が出題されることで口コミも高い参考書になります。

その他にも、「TOEIC(R)テスト英文法 プラチナ講義」もTOEIC用の文法参考書としてお勧めです。

TOEIC(R)テスト英文法 プラチナ講義

こちらは中学レベルの英文法から復習できるので、基本から勉強したい人にお勧めの参考書になります。

試験問題の英文法は、必ず同じ問題が出題されるわけではありません。

ですが基本ができていれば、答えが予測できるようになり初見の問題でも解くことができます。

その他おすすめの英文法参考書

基礎レベルより一つ上の英語の文法を勉強するのにおすすめの参考書を紹介します。

一生モノの英文法 COMPLETE MP3 CD-ROM付き

英語の文法を、正確に理解することを目標とした参考書になります。

そのため内容はかなり濃いものになっているので、気軽に読める参考書ではありません。

読み終わる頃には、曖昧だった英文法を論理立てて理解することができるようになる1冊です。

表現英文法[増補改訂第2版]

辞書的な英語の文法書ではなく、読むことで全体像をつかむことを目的とした参考書になります。

読み物として面白い英文法の参考書なので、時間がある時に読んでみるとこれまでの文法書とは違った勉強ができます。

英語の文法は、繰り返し勉強して覚えることが最も効率的です。

子供の頃から英語に触れていない日本人は、感覚的に覚える方が使える英語を身につけることができます。

しかし暗記だけではカバーできないものもあるので、そういった部分を理屈で覚えることも重要です。

英語の文法の基礎が終わり、次のステップに移るときに役立つ参考書を紹介しました。

必ず勉強する必要はないので、余裕があれば参考にして下さい。

英語文法の勉強法まとめ

英語の文法は、基礎ができていれば長文も読めるようになります。

基礎ができれば、高度な英文を理解するための知識も身についています。

あとは英単語や熟語などを勉強して、英語力を高めることが重要になります。

高校までの英語では、英会話ができないと言う人もかなり多いです。

ですが日常的な英会話であれば、高校レベルの英文法ができれば通用します。

ネイティブの会話も、聞き取りができれば実は簡単な英文法ばかりだと気づきます。

英文法は、長文読解やリスニングに比べて短期間で勉強できる分野です。

英語の基礎力をつけるためにも、しっかりと勉強しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク