フランス語の日常会話を独学でマスターできる勉強法

スポンサードリンク

フランス語の勉強は、日常会話レベルなら独学でマスターすることができます。

勉強時間や個人差はありますが、1年あれば日常会話ができるレベルになれます。

質の高いフランス語の教材も増えているので、それを使えば効率的に学習できます。

フランス語の勉強法といっても、英語などと違いはほとんどありません。

単語や文法などを基礎から勉強していけば、独学でも会話ができるようになります。

発音は若干難しいですが、勉強を継続すれば徐々に理解できるようになれます。

1年ほどの学習で、フランス語の基礎をマスターできる勉強法を紹介します。

基礎をしっかりと身につければ、中級レベルの日常会話はできるようになります。

フランス語の一つの勉強法として、参考にして下さい。

フランス語入門レベルの勉強法

フランス語の独学は、入門書を基礎から一つ一つ覚えた方が上達が早くなります。

最初は簡単な教材を使った方が、挫折せずに勉強を継続できるからです。

全くの初心者にもお勧めのフランス語入門書に、フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!(CD付・改訂版)があります。

フランス語が難しい理由の一つに、考え方に慣れていないことがあります。

名詞の性や、動詞の活用など初心者には理解しにくい考え方が多いのがフランス語の特徴です。

そういったフランス語特有の考えを理解するのに、フラ語入門はかなり役立ちます。

フラ語入門だけで会話はできませんが、最初の1冊としては読みやすくお勧めできる教材です。

全く知識がない独学の学習者でも、2週間程度で無理なく読むことができる内容です。

まずは基本的な考え方を理解することで、次のステップへ進む基盤を作ることができます。

フランス語単語の勉強法

フランス語の単語は、若干癖があり日本人には馴染みにくいのが特徴です。

名詞の考え方や動詞の活用の多さは、フランス語学習者にとっては悩みの種となります。

丁寧に勉強すると、効率も悪く勉強の進捗が思うように進みません。

日常会話を目標とするのであれば、基礎となる単語を中心に覚えるのが効率的です。

これなら覚えられる!フランス語単語帳 (CDブック)は、良く使う単語をピックアップしています。

日常会話などに良く出てくるフランス単語を、例文を使って勉強できる良い単語集です。

実際に使われる例文で覚えることで、より記憶に残りやすくなります。

ただフランス語の単語を勉強するよりも、効率的に覚えることができます。

付属のCDを使えば、発音のトレーニングにもなるのでお勧めです。

覚え方のポイントとしては、見出し語の800語を最初にマスターしましょう。

自分で発音して勉強することで、記憶の定着が一層高まります。

1カ月程繰り返して勉強をすれば、800語は確実に覚えることができます。

800語が終わったら、残りの単語を覚える勉強に切り替えます。

1500語全て覚えることができれば、フランス語の入門レベルは確実に超えられます。

単語を覚えるのは時間がかかるので、自分のペースで続けることが重要です。

フランス語文法の勉強法

フランス語の文法ができなくても、日常会話はできるという意見もあります。

しかし文法をしっかりと勉強することで、伝わるフランス語を話せるようになります。

正しい文法を使うことで、フランス人が理解しやすいフランス語を話せるからです。

文法の勉強は、何度も繰り返して復習することが基本となります。

そのため手軽に勉強できる携帯サイズの、ケータイ「万能」フランス語文法がお勧めです。

通勤や通学など、ちょっとした時間にフランス語の文法を勉強することができます。

コンパクトですが、フランス語の基礎から中級まで勉強できる参考書です。

レベル別に学習できるので、入門者でも無理なく勉強することができます。

この参考書は、フランス語検定にも対応しているのも特徴です。

フランス語の文法は、基礎を理解できれば会話にも応用することができます。

使っている単語を変えれば、それだけで使える文章を増やすことができるからです。

文法を軽視せず勉強することが、独学でフランス語をマスターすることに繋がります。

毎日少しずつでも勉強すれば、3ヶ月もあればフランス語の基本は覚えられます。

文法の基礎ができれば、中級レベルのフランス語を使えるようになります。

自分で話すことをイメージして勉強すると、より知識を定着することができます。

フランス語会話の勉強法

フランス語の日常会話をマスターするには、会話表現を覚える勉強が必要です。

使えるフレーズを覚えることで、日常会話の幅を広げることができるようになります。

入門者にお勧めの会話教材として、聴くだけ! やさしいフランス語会話 ()があります。

カテゴリー毎によく使うフレーズを収録しているので、効率的に会話の勉強ができます。

聴くだけとなっていますが、実際に自分で発音するとより効果的です。

ちょっとした旅行などであれば、これ1冊覚えれば会話できるレベルになります。

簡単な会話であれば、聴くだけ!の勉強でも十分通用するフランス語を習得できます。

しかしもう少し高度なフランス語を話すならば、シャドーイングがお勧めです。

少し難しい勉強になりますが、中級レベルのフランス語会話ができるようになります。

CD付 フランス語シャドーイング入門: 聴くと話すが同時に身につくは、初中級者でもできるお勧めのシャドーイング教材です。

この教材はスロースピードも収録されているので、初中級者でも無理なく聞き取ることができます。

最初は難しいですが、継続することでフランス語のレベルを上げられる勉強法です。

シャドーイングは、フランス語のリスニング勉強にも繋がります。

何度も繰り返すことで、フランス語の発音に耳が徐々に慣れてくるのです。

1年くらい継続して勉強すれば、フランス語がかなり聞き取れるようになります。

フランス語の日常会話の勉強に終わりはありません。

新しい表現を見つけたらどんどん使うことが、日常会話の上達に繋がります。

より多くの表現を覚えることが、会話を上達させる最短の勉強法になります。

フランス語の発音を身につける勉強法

フランス語が独学で難しい理由に、発音をなかなか理解できないことがあります。

日本語にはない口の使い方を、独学で身につけるのはかなり難しいです。

入門者の場合は、まずはフランス語単語帳で耳から覚える勉強をしましょう。

ある程度の知識がないと、発音だけを勉強するのは効率が悪くなるからです。

中級レベルになってから、フランス語の発音を意識した勉強をした方が効果的です。

中級者向けの発音に特化した教材として、コミュニケーションのためのフランス語発音法 (CD付) ―発音の規則と練習はお勧めです。

発音上達のヒントや、音を詳しく解説している参考書になります。

学問的な内容が多いので、初心者や会話だけを勉強したい人には向きません。

しかし綺麗なフランス語を話すことを目指すならば、発音は避けて通れません。

この教材で発音を練習すれば、フランス人に近い発音を身につけることができます。

完璧な発音は無理でも、フランス人が聞き取りやすい発音を覚えられます。

発音も繰り返しの練習が不可欠なので、隙間時間などに勉強を継続させましょう。

発音の勉強をする場合、リスニングも同時に勉強すると効果的です。

リスニングでフランス語の音に慣れることで、発音の実力も上がるからです。

少し難易度は上がりますが、フランス語リスニング(CD2枚付)はお勧めのリスニング教材です。

ネイティブのスピードで話しているので、慣れるまではかなり苦戦するでしょう。

しかし色々なフランス語を聞くことで、確実にリスニング力を上げることができます。

1回で完璧に聞き取るのは難しいので、何度も繰り返し聴くことがポイントです。

またこの教材の特徴として、徐々にレベルが上がる内容になっています。

後半は留学やフランス生活を目標としているので、中級者でも難しく感じます。

ですが実際のネイティブの発音を聞くことで、実践的な勉強ができるようになっています。

完璧にしようとすると挫折する可能性があるので、60~70%を目標にすると無理なく勉強できます。

半年ほどこの教材で勉強しましたが、かなりフランス語の音を聞き取れるようになりました。

時間はかかりますが、確実にフランス語上達に繋がる教材です。

フランス語の勉強におすすめの辞書

フランス語の学習に、辞書を欠かすことはできません。

わからない単語などがあれば、調べることがフランス語上達に繋がるからです。

特に初心者ほど、知らない単語が多いので使う機会が多くなります。

辞書選びのポイントとしては、わかりやすい解説のものを選ぶことになります。

お進めのフランス語の辞書として、【CD-Extra付】プチ・ロワイヤル仏和辞典 第4版があります。

今までの辞書と違い、カラフルで読みやすいのが特徴になります。

また使える例文も多く、フランス旅行や留学にも役に立つ内容が多いです。

CDもついていて、発音の確認などができるのもポイントが高いです。

今までの辞書と違い、とても使いやすいので1冊持っているととても便利です。

オンラインでフランス語を勉強

フランス語の実力を試したくても、フランスに行くのはかなりお金がかかります。

日本でもフランス人との交流はできますが、英語ほど数は多くありません。

そんな時に使えるサービスに、オンラインでのフランス語勉強があります。

インターネットが発達した現代ならではの勉強法で、スカイプなどでフランス人と勉強できるのです。

費用は掛かりますが、フランス留学や旅行に比べればかなり安くお得に勉強できます。

実際にフランス人と話す機会があると、勉強のモチベーションもアップさせることができます

独学だと上達具合に不安を持ってしまうので、こうしたオンラインサービスを使うのもお勧めです。

実際にフランス語を使ってみると、自分の弱点や思っている以上に通用することがわかります。

語学はやはり相手と話すことが重要なので、留学などが難しい場合は試しに使うのもお勧めです。

フランス語勉強法まとめ

フランス語は、慣れるまではなかなか理解できず苦労する言語です。

ですが基本ができていれば、確実に日常会話はできるようになれます。

勉強法も特殊なことは不要で、基礎からしっかりと身につけることが最短の勉強法になります。

最初の数か月は上達が遅く、継続するのが苦痛になってしまいます。

しかしこの期間を乗り越えれば、徐々にフランス語ができるようになります。

諦めずにコツコツと勉強を続ければ、フランス語は確実にマスターすることが可能です。

スポンサードリンク