高校受験の英語の成績を上げる勉強法

スポンサードリンク

高校受験の英語は、勉強法を上手に行えば得点源にすることができます。中学で習う覚えることも多くなく、基本ができていれば解ける問題がほとんどです。そのためポイントを押さえた勉強法を実践すれば、確実に英語の成績を上げることができます。

高校受験の英語の特徴として、他の教科に比べて高得点を取りやすいことがあります。しかし英語は得意な受験生と苦手な受験生では、得点に差がはっきりと出てしまうのも英語の特徴です。英語が苦手な受験生ほど、高校受験で振りになってしまうので早めに対策をしましょう。

高校受験を視野に入れた場合、英語の勉強法は参考書と問題集が基本になります。良い参考書を使うことで、効率的な勉強をすることができるからです。あとは問題集で実践的な実力をつければ、高校受験の英語を得点源にすることができます。高校受験の英語を得点源にするための、勉強法とおすすめの参考書を紹介します。

高校受験の英語の効率的な勉強法

高校受験の英語で成績を上げるは、基礎を身につけることが先決になります。どんな教科も同じですが、基礎ができていなければ高校受験の問題は解けません。英語が得意な人も苦手な人も、高校受験前は基本から勉強したほうが効率が良くなります。

高校受験の英語対策としては、まずは英単語勉強することから始めましょう。英単語と理解することで、英語の長文に必要な単語力を身につけることができます。最初は英語の基礎となる、英単語の攻略が高校受験の英語攻略に繋がります。英単語の覚え方は例文を使った勉強法がおすすめです。単語一つ一つを覚えるよりも、効率的に英単語を覚えられるからです。英単語の勉強時間の目安としては、1日1時間で1ヶ月ほどになります。ただし個人差があるので、覚えていなければ継続して勉強して下さい。

英単語を勉強したら、次は英文法の勉強に移ります。英文法が苦手な受験生は、参考書で文法の構造だけを覚えようとします。この勉強法では、実践に必要な応用力を身に付けることができません。英文法の覚えかたは問題集を徹底的に勉強するのが最も効果的です。色々な問題を解くことで、英文法の仕組みを覚えられるようになります。英文法の勉強時間も、1ヶ月ほどを目安になります。

英単語と英文法が理解できれば、次は英語の長文の勉強を開始します。高校受験の英語は、英語の長文の配点が非常に高い特徴があります。そのため長文の攻略が、高校受験の英語の攻略に繋がります。しかし最低限必要な英単語と英文法が理解できていないと、英語の長文を解くことはできません。英語の基礎力が身についたら、問題集で長文読解をするのが効率的な英語の勉強法になります。

高校受験の英単語の勉強法

高校受験の英単語は、約1800語ほど覚えれば基本的には十分と言われています。私立では中学で習わない英単語も出ますが、知らなくても対応できるものが多いです。高校受験の英単語は、教科書ではなく市販の単語帳で勉強したほうが効率的です。頻出の単語をピックアップしているので、無駄なく効率的に勉強できるからです。

また英単語の覚え方としては、1語1語覚える勉強法と例文で覚える勉強法があります。覚え方は好みがありますが、例文で覚える勉強法の方が効率よく英単語を覚えられます。1文中に複数の重要語が含まれているので、1語1語覚えるよりも時間は必要ありません。また音声と一緒に覚えることで、耳に残りより記憶しやすくなります。通学中や空いた時間を使えば、効率よく英単語を勉強することができます。

例文で覚えられる単語帳に、例文で覚える中学英単語・熟語1800があります。中学で習う英単語をカバーしているので、高校受験レベルの英単語力を付けることができます。勉強法としては、参考書の例文を読んで理解することと付属のCDを聞くことを繰り返すのが効果的です。1回では覚えられないので、5回は繰り返して勉強すると記憶できるようになります。慣れたらCDの後について発音すると、より記憶に残りやすくなります。

例文で覚える中学英単語・熟語は非常に良い参考書ですが、例文で覚えることに抵抗がある受験生もいます。王道の英単語の暗記法である、一つ一つを丁寧に勉強する場合は高校入試 でる順ターゲット 中学英単語ターゲット1800 三訂版がおすすめです。頻出度の高い出る順に英単語を覚えられるので、自分の志望校のレベルに合った勉強ができます。覚え方としては、5回は読み書きを繰り返す勉強法が効果的になります。

英単語は上記で紹介した参考書を使った勉強法が、効果的に覚えられるのでおすすめです。高校受験の英語は、英単語力が大きく得点に関係するので必ず最初に勉強しましょう。重要なこととしては、1回では英単語は覚えられないことを意識して下さい。英語が得意な受験生は、何回も繰り返して英単語を覚えています。覚えたと思っても、数日後に忘れることが多いです。1回2回の勉強で終わりにせず、最低でも5回は復讐すると確実に英単語を覚えられます。

高校受験の英文法の勉強法

高校受験の英文法は、問題集を徹底的に勉強すれば正解できる問題がほとんどです。中学で習う英文法は、範囲が狭く出題される内容に限りがあります。そのためしっかりと勉強すれば、ほとんどの問題に対応できるようになります。ただし中学1年から3年までを教科書で復習するとなると、効率が悪いのでおすすめできません。ポイントを絞った参考書と問題集を使うことで、短期間でも英文法対策ができるようになります。

中学3年分の英文法の復習におすすめなのは、中学英語をひとつひとつわかりやすくシリーズの参考書になります。中1〜中3までの英文法を、基礎から丁寧に説明しているので英語が苦手な受験生にも理解しやすいです。丁寧な解説だけではなく、問題演習も豊富なので実践的な実力をつけることができます。これらの参考書は、英語が苦手な受験生向けになります。

中1英語をひとつひとつわかりやすく。(CD付き)

中2英語をひとつひとつわかりやすく。(CD付き)

中3英語をひとつひとつわかりやすく。 CDつき (中学ひとつひとつわかりやすく)

英語がある程度できる受験生は、中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。がおすすめです。中学3年分の英文法を、1冊で復習することができます。学年別のシリーズに比べると、若干説明が省略されている印象があります。そのため英語が苦手な受験生には、この参考書だと説明が足りない可能性があります。

基本的には上記の参考書に乗っている問題演習を勉強すれば、高校受験の英文法の基礎は理解できるようになります。ただし英文法も英単語同様に、1回勉強しただけでは覚えることはできません。何度も復習して、きちんと知識が定着させましょう。中途半端な知識のまま進むのではなく、確実に覚えてから進んだ方が勉強の効率が上がります

高校受験の英語長文の勉強法

英語の長文は、基礎ができていることが前提となる分野になります。ただし基礎ができたからといって、英語の長文が読めるようになるわけではありません。あくまで読むための土台ができただけで、ここから読解できる実力を身につけることが重要になります。英語の長文読解を解くためには、長文問題を使った勉強が最も効果的です。

まず中学生の多くは、英語の長文を読むことに慣れていません。ほとんどの受験生は、教科書で英文を読んだ経験があるだけになります。しかし教科書で習った読み方では、初見の英語長文を読むことは難しいです。そのため最初に行うことは、英語の長文を読むことに慣れる事になります。

英語の長文対策としては、実戦!英語長文はこう読む!!―高校入試を使うことをお勧めします。この参考書は、最初は易しい英語長文から、徐々に難易度を上げているので無理なく勉強することができます。内容は簡単な文章が多く、公立高校レベルの内容と同等レベルになります。またこの参考書の特徴として、文章をスラッシュで区切る読み方を推奨しています。スラッシュリーディングは、英文を意味の区切りごとに分ける読み方になります。この読み方が身につけば、効率的に英語の長文がよめるようになるのです。

実践!英語長文はこう読む!を勉強したら、くもんの中学英文読解―中学1~3年 (スーパーステップ)にもチャレンジしましょう。長文問題は経験も重要なので、色々なものを勉強することも重要になります。くもんの中学英文読解は、基礎力があれば適度なレベルになるので高校受験の英語対策におすすめです。

息抜きができる英語の勉強法

英語に限りませんが、勉強は好きでなければ継続することが難しくなります。高校受験は長いので、途中で集中が切れてしまうことも良くあります。やる気が無くなった時に、息抜きを兼ねてできる英語の勉強法を紹介します。賛否両論ある方法ですが、何もしないよりは間違いなく効果はあります。

息抜きも兼ねてできる勉強法に、DSなどのゲームでできる英語の勉強法があります。教育業界でも力を入れていて、内容的には良くできている英語教材と言えます。大手のベネッセの得点力学習DS 高校受験 英語や、栄光ゼミナールの栄光ゼミナール公式DS教材 中学英単語 エイタンザムライDSなどは復習にも使える教材になります。

ゲームを使った勉強は単調な勉強に刺激を与えてくれますが、あくまで補助的な役割と認識しましょう。ちょっとした気分転換に使う程度にしておくことが、高校受験対策では重要になります。栄光ゼミナールの英単語ゲームは、単語集の勉強に飽きた時に復習を兼ねて使えるので役立ちます。

高校受験追い込みの英語勉強法

基本的には上記で紹介した勉強法で、公立高校や中堅私立高校などは対応できるようになります。基礎が理解することが、中学レベルの英語の攻略に繋がります。あとは志望校の過去問を使って勉強することで、実践的な実力を身につけることができます。

過去問の勉強法も基本は同じで、間違えた問題を理解するまで繰り返すことになります。過去5年分くらい勉強しておけば、高校受験の英語対策としては十分になります。過去問の攻略が、高校受験では最も重要になります。ただし過去問は基礎ができていなければ、正解するのは難しくなります。

高校受験は都道府県や私立によって問題が違うので、それぞれ志望校に合わせた対策が重要になります。しかし根本にあるのは英語の基礎になるので、基礎を疎かにしないように注意しましょう。基礎力を身につけることができれば、高校英語の攻略はそれほど難しいことではありません。高校受験の勉強法として、高校受験で効率よく偏差値を上げる勉強法も参考にして下さい。

スポンサードリンク