高校受験の国語の成績を上げる勉強法

スポンサードリンク

高校受験の国語は、他の教科に比べて勉強をしていない受験生が多いです。その理由としては、曖昧な勉強法でもある程度の点数が取れることにあります。日本語の読解は普段の授業で身についているので、特に対策をしなくても国語はそれなりの点数を取ることができます。

国語の勉強法は漢字の暗記が一般的で、文章読解は問題集を1冊勉強して終わりという受験生も多いです。しかしこの勉強法では、国語をコンスタントに良い点数を取ることはできません。高校受験本番で、たまたま実力が出せない問題が出題されたら平均点を落としてしまいます。

高校受験の国語は、基本的には文章読解の配点が高い傾向にあります。しっかりと文章問題の勉強をしなければ、国語が合否の分かれ目になる可能性もあるのです。勉強法がないと思われている国語の文章読解ですが、きちんとした勉強法は存在します。正しい勉強法を実践すれば、国語は短期間でも結果を出すことができます。

高校受験の国語の文章読解の攻略法

高校受験の国語の試験は、文章読解問題が半分以上で構成されている傾向があります。今後もこの文章読解中心の試験は変わらないと予想でき、読解力の高い受験生が国語では有利になります。配点が高い読解問題を攻略することが、高校受験の国語の攻略に繋がります。

一般的に読解力をつけるには、読書をするのが最も良いと言われています。確かに読書は国語の読解力を身につけるのに役立ちますが、実際には読書量が読解力とイコールにはなりません。高校受験の国語は読解のポイントがあり、コツがわかれば正解できる問題がほとんどになります。

文章読解問題の解き方にはコツがありますが、ほとんどの学校や塾ではこの勉強法を行いません。問題を解いて解説を読むだけなので、受験生は解法のポイントがわからないのです。そのため国語の勉強法がわからないという受験生が多く、国語には勉強法がないと思われている大きな理由になります。

ですが国語の文章読解は、きちんとした解法のポイントがあります。このポイントが理解できれば、どんな問題でもコンスタントに高得点を取れるようになります。市販でも文章読解のコツを丁寧に解説している参考書がいくつかあります。そういった参考しょを使って勉強することで、国語の文章読解を攻略することができるようになります。

国語の読解力を上げるのにお勧めの参考書

国語の文章問題を攻略するには、解法のコツを理解することになります。独学で読解力を身につけるには、良い参考書で勉強するのが一番の近道になります。国語が苦手な受験生は、一度読んでみると成績を上げるきっかけになることが多いです。

国語の読解力を身につけることができる参考書に、「解き方」がわかる国語 文章読解 (高校入試 塾の先生が教えるシリーズ)があります。文章読解の解き方のポイントを丁寧に解説しているわかりやすい参考書になります。練習問題もあるので、解き方を理解したら実力試しをすることもできます。国語でコンスタントに高得点を取るための、きっかけを与えてくれる参考書になります。

読解力をつけるのにお勧めの参考書として、中学国語 出口のシステム読解―基礎から入試まで!もあります。この参考書の特徴は、曖昧な国語を論理的に考えることを目的としていることになります。答えを導く方法が論理的なので、どんな問題でも高得点を取れる実力が身につきます。ただし著者の考え方は好き嫌いが分かれれるので、それを理解できないと成績アップのきっかけにはならないかもしれません。

国語の問題で頻出の選択式の解き方として、高校入試を制する国語「選択問題」の解き方の基本もお勧めの参考書になります。この参考書の通りに勉強すれば、選択問題の引っ掛けにも対応できるようになります。論理的な解き方で確実に問題を正解する、読解問題の対策としてお勧めできる参考書になります。

紹介した参考書の勉強法を実践すれば、効率的に短期間で国語の成績を上げることができます。高校受験と言っても、国語の文章はそれほど難しい問題は出題されません。基本となる解き方が理解できれば、どんな問題でも高得点を狙うことができるようになります。

文章読解の解き方を理解したら、あとは問題集を使って勉強することが効果的です。色々な文章の問題を解くことで、高校受験の国語の文章読解にも対応できるようになります。参考書はあくまで解き方を教えてくれるきっかけなので、実力を定着させるために問題集を使って勉強しましょう。

高校受験の古文と漢文の勉強法

高校受験の古文と漢文は、基本的な文法や単語を暗記すれば得点できる問題が多いです。難しいと感じる受験生は基礎ができていないので、まずは基礎を徹底的に勉強することが重要になります。基礎を身につけたら、少し難易度が高い応用問題を勉強することで効率よく学習できます。

古文と漢文の基礎勉強には、くもんの高校入試スタートドリルこわくない国語古文・漢文がお勧めです。基礎編のマンガで基本的な知識を身につけて、発展編で高校受験レベルの問題にチャレンジする構成になっています。読めないことで苦手意識を持つ古文と漢文を、読めるレベルにまで上げてくれる参考書になります。

高校受験の古文は、基礎だけでは通用しない学校も多いです。特に私立高校や難関国立高校は、難易度が高い問題も出題され基本だけでは太刀打ちできません。そういった中堅レベル以上を狙う人は、古文完全攻略63選―入試頻出問題厳選 (高校入試特訓シリーズ)を使うのがお勧めです。簡単な問題集ではありませんが、中堅レベル以上の受験生が使うべき1冊になります。

また古文や漢文は受験する志望校によって傾向が違うので、過去問もしっかりと勉強することが重要になります。過去問で問題傾向を把握することで、本番でも正解できる実力をつけることができます。同じ問題は出題されなくても、どういった問題が出題されているかを確認するのに過去問は最適な勉強法になります。

高校受験の漢字の勉強法

高校受験の漢字の対策は、数が多すぎてどのような勉強法が効果があるのかで悩む受験生も多いです。範囲が広く出題される漢字に決まりはありませんが、よく出題される漢字を中心に勉強すると効率的です。高校受験の漢字の勉強には、高校入試 出る順中学漢字スタートアップ 受験漢字1900がお勧めです。基礎的な漢字から、難関私立に出題される漢字までレベル別に勉強することができます。

漢字は知識量が全てなので、時間が空いている時に覚えるようにしましょう。覚えた分だけ高校受験の国語では有利になるので、漢字は絶対に勉強すべき分野になります。勉強法としては1日にまとめて勉強するのではなく、毎日少しづつでも覚えた方が効果的です。

漢字の勉強は、毎日の復習が一番効果的で近道の勉強法になります。ただし教科書全てを覚えるのは、効率が悪くお勧めできる勉強法ではありません。よく出題される漢字を中心に、効率よく勉強することが高校受験の国語の攻略に繋がります。上記で紹介した参考書意外にも、高校入試頻出漢字暗記法も良く出る漢字をピックアップしているので参考になります。

高校受験の国語の総合力を上げる勉強法

高校受験に必要な基本的な知識が身についたら、あとは問題集で実践的な勉強をすると国語の総合力を上げることができます。基礎的な問題集から、少し難しい問題集まで色々なレベルの問題を解くことで国語の力は確実に上がります。高校受験の国語対策として、役立つ問題集を紹介するので勉強に使ってみてください。

基本的な国語の総復習としては、中学国語の総復習 (くもんの高校入試国語完全攻略トレーニング 1)がお勧めです。基礎的な問題が多く、高校受験の国語の総復習に使える問題集になります。よく出る問題もピックアップされているので、しっかりと復習することで実力が身につきます。

国語の総合問題の勉強としては、2017年受験用 全国高校入試問題正解 国語も非常にお勧めの問題集になります。実際の高校入試の問題を解くだけではなく、しっかりとした解説があるのも勉強しやすいポイントになります。都道府県ごとの出題傾向と対策も書かれているので、一見の価値がある問題集といえます。

これらの問題集を解き終わったら、後は過去問を使って志望校対策をするのが一番効果的です。国語も他の教科同様に、志望校によって出題傾向が変わります。基本的な知識があれば解ける問題も多いですが、更に点数を上げるためには過去問を使うことも必要になります。最終追い込みとして、1ヶ月前には過去問を使って勉強することをお勧めします。高校受験の勉強法として、高校受験で効率よく偏差値を上げる勉強法も参考にして下さい。

スポンサードリンク