センター試験の国語で9割を取るための勉強法

スポンサードリンク

センター試験の国語は、難問が少なく得点源にしやすい教科になります。センター試験は現代文、古文、漢文がありますが、どれも問題の難易度は易しめです。ポイントを押さえた勉強法をすれば、誰でも9割以上取ることは可能な教科になります。

センター試験の国語は現代文、古文、漢文がありますが、どの分野も読解力が鍵となります。読解力と言っても、センター試験に必要なことは受験のテクニックとしての読解力になります。国語が得意な受験生は、試験で正解するための読解力を自然と身につけています。しかし国語が苦手な受験生は、この読解力の身につけ方がわからず苦戦しているのです。

読解力を上げることは難しいと思っている人も多いですが、センター試験の国語レベルであれば誰でも身につけられます。効果的な勉強法と良い参考書を使えば、短期間でも国語に必要な読解力を身につけることができます。センター試験の国語に必要な読解力を身につける勉強法を紹介していきます。

センター試験の国語の戦略的な勉強法

国語の配点の特徴として、現代文が古文や漢文よりも高くなる傾向があります。センター試験の国語もこの傾向は同様で、現代文が100点で古文と漢文が50点ずつの配点になっています。そのため現代文を攻略することが、センター試験の国語の攻略にも繋がります。

もちろん古文と漢文も重要ですが、現代文で安定した得点ができないとセンター試験の国語で9割以上取るのは難しくなります。国語が苦手な受験生の多くは、現代文が苦手で点数を落としている傾向があります。現代文は対策は、文章を正確に理解する読解力を身につける勉強法が効果的です。

センター試験の古文と漢文に関しては、参考書と過去問で対策すれば正解できる問題がほとんどです。古文は比較的難易度が易しい問題が多く、短期間でも対策できる分野になります。漢文は若干難しい問題もありますが、こちらも勉強すれば正解できるレベルの問題がほとんどです。センター試験の国語の古文と漢文は、基本を押さえた勉強法で得点源にすることができます。

センター試験の国語の攻略の流れとしては、現代文を最初にしっかりと勉強しましょう。解法のコツが理解できれば、現代文でコンスタントに高得点を取ることができます。現代文は1ヵ月から3ヵ月あれば、試験で正解できる解法を理解ことができます。現代文の勉強が完了したら、古文と漢文の勉強を開始します。古文と漢文は覚えれば得点できる問題が多いので、短期間で暗記する勉強法が効果的です。

センター試験の現代文の勉強法

センター試験の国語で、現代文を攻略することは実はそれほど難しくありません。文章も易しいものが多く、正確な読解力があれば解ける問題がほとんどだからです。しかし国語の現代文が苦手な受験生は、この正確な読解力が不足しているので国語で得点できないのです。

センター試験に限らず、国語の現代文は読解力が高ければ誰でも高得点が取れる試験内容になっています。読解力は読書で身につけるものと思っている人も多いでしょうが、受験の国語に関しては読書量はそこまで必要ありません。センター試験などのテストで必要な読解力は、良い参考書を読めば身につけることができます。国語は曖昧な参考書が多いですが、良い参考書を使うことでセンター試験の国語は攻略することができます。

センター試験の国語にも対応している、現代文の勉強法は大学受験の現代文の勉強法とおすすめの参考書を参考にして下さい。大学受験に必要な国語の読解力を身につける勉強法と、国語の成績アップに必須となる参考書を紹介しています。基本的な読解力を身につければ、国語の現代文を得点源にすることができます。

現代文は質の高い参考書で解き方を理解したら、あとは問題演習をこなすことで実力が上がります。問題演習は問題集だけではなく、模試なども受けると効果的です。重要なこととして、間違えた問題を必ず復習することもあります。何故間違えたのかを理解することで、読解力を上げる手助けにもなるからです。色々な問題にチャレンジすることで、センター試験の国語に必要な読解力をあげることができます。

センター試験の対策として、センター試験の国語の参考書や問題集で役立つものもあります。最短10時間で9割とれる センター現代文のスゴ技は、センター試験の現代文のアプローチ方を理解することができます。小説対策としては、きめる! センター現代文も一読の価値がある参考書になります。センター試験の国語に特化した参考書としては、改訂版 センター試験 国語[現代文]の点数が面白いほどとれる本も読んでおくと役に立ちます。センター試験専用の参考書は、追い込み時期に読むと効果的です。試験の1ヵ月~2ヵ月前に読んでおくと、国語の現代文攻略のポイントを理解することができます。

センター試験の古文の勉強法

古文は現代でも使われている単語が多く、なんとなく読めてしまう分野になります。しかし同じような単語でも、意味が違うものがあるなど引っ掛け問題が多いのが古文の特徴になります。しかしセンター試験に関しては、こういった引っ掛け問題もパターン化しているので、覚えていれば正解できる問題がほとんどです。

センター試験の古文で高得点を取るには、基礎をしっかりと理解することが重要になります。センター試験の古文は、基礎となる単語と文法を覚えれば対応できる問題が多いです。曖昧に覚えてしまうと、引っ掛け問題で間違うので基礎を徹底的に勉強しましょう。古文を基礎から勉強できる方法として、大学受験で古文を得意科目にできる効果的な勉強法も参考にして下さい。またセンター試験用の参考書や問題集でも、基礎はしっかりと身につけることができます。

センター試験の古文に必要な基礎を身につけるには、マドンナセンター古文 (ビジュアル式センター攻略)がお勧めになります。古文の重要事項を効率よく勉強できるので、センター試験に必要なポイントを短期間で身につけることができます。古文が苦手な受験生でも、基礎から理解できる構成になっています。マドンナセンター古文で基礎を理解したら、過去問や問題集を使った実践練習をすると効果的です。

古文の問題集としては、極める古文2 センター試験編 (音声講義付き問題集)がお勧めになります。センター試験対策として役立つ問題構成や、丁寧な解説があるので確実に実力をつけることができます。基礎を身につけたら、センター試験対策として必ず勉強すべき問題集になります。ただしこれ1冊では問題が十分ではないので、センター・マーク標準問題集古文―代々木ゼミ方式 (分野別シリーズ)や過去問も勉強することは必要になります。

センター試験の漢文の勉強法

センター試験の漢文は、50点と配点が大きく軽視できる分野ではありません。しかし漢文に勉強時間をあまり割ける受験生も少なく、得点差にバラつきがでやすい分野になります。センター試験の漢文に関しても、古文同様に基礎を押さえた勉強法が効果的になります。良い参考書を使って、効率よく勉強することが漢文で得点する鍵になります。

基礎的な内容を理解すれば得点できる漢文ですが、ある程度覚えることが多いのでしっかりと勉強する必要があります。センター試験に必要な知識を覚える参考書としては、センター漢文解法マニュアル (大学受験合格請負センター試験対策シリーズ)がお勧めになります。センター試験の漢文に特化した参考書で、これ1冊で漢文50点を取れたという声も多いです。内容は決して少なくないので、少なくとも1か月前から勉強することが必要になります。

センター漢文解法マニュアル1冊でも対策できますが、漢文ヤマのヤマ パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)もセンター漢文に役立つ内容になっています。この問題集でアウトプットをすることで、覚えた知識を定着させることができます。情報量も多く解説も丁寧なので、しっかりと勉強すればセンター漢文で満点を取ることも可能です。

センター試験の漢文の勉強法は、上記の2冊を徹底的に勉強すると効果的です。漢文が苦手な受験生の多くは、読み慣れていないことと知識が不足していることになります。上記の2冊を試験1か月前にしっかりと勉強すれば、センター試験レベルの漢文なら攻略することができます。漢文は配点が高いので、軽視せずにしっかりと対策を行いましょう。

センター試験の国語の勉強法まとめ

センター試験の国語は、良い参考書を使って勉強すれば確実に得点源にすることができます。他の教科に比べて、比較的短期間でも対策できるのが国語の特徴になります。センター試験レベルの国語は基礎が中心なので、上記で紹介した勉強法を実践すれば9割以上取ることも可能です。

国語の勉強を後回しにして、結局対策せずに低い点数になる受験生も多いです。センター試験の国語は、200点と高得点なので合否に大きな影響を与えます。対策をすれば確実に得点源にできるので、勉強時間を作って対策を行いましょう。良い参考書を使って勉強をすれば、思っているより早く結果を出すことも可能です。

スポンサードリンク