大学受験で古文を得意科目にできる効果的な勉強法

スポンサードリンク

大学受験の古文は、基礎的な内容を理解できれば得点源にできる分野になります。ですが古文が苦手な人は、勉強法がわからずに苦戦してしまいます。古文の勉強法はシンプルで、参考書で基礎を覚えて問題集で実力をつけることが最も効果的な勉強法になります。

古文が苦手な受験生は、基礎をしっかりと勉強していない傾向があります。もともと日本で使われていた言葉なので、なんとなく読めてしまうのも勉強をしない原因の一つなのかもしれません。なんとなく意味は理解できても、古文は現代文と違うので最低限の基礎を覚えなければ引っ掛け問題などで間違える可能性が高くなります。

大学受験の古文であれば、良い参考書を使って勉強すれば短期間でも攻略することができます。基礎を理解できれば、古文を得点源にすることができ大学受験で有利になります。古文の良い参考書と、効果的な勉強法を紹介するので参考にして下さい。

古文の基礎を固める勉強法

古文の勉強法で重要なことは、基礎からしっかりと勉強することになります。古文で得点が低い人の多くは、基礎を中途半端に勉強している傾向があります。古文は基礎を覚えれば確実に得点源にできるので、基礎固めをしっかりと行いましょう。具体的な勉強法のステップとしては、以下の手順で行うと効果的です。

  1. 古文の単語を覚える
  2. 古文の文法を覚える
  3. 問題集で実力をつける

上記の3ステップで勉強すれば、古文を得意分野にすることができます。ポイントとなるのは、しっかりと覚えて次のステップへ進むことになります。中途半端に覚えるのではなく、きちんと理解することが古文攻略の鍵になります。

基礎となる単語と文法を覚えれば、ある程度の問題が解ける実力になります。それから問題集で勉強することで、実践でも通用する実力が身に付きます。基礎ができていないのに問題を解いても、なかなか実力を上げることはできません。暗記は地道な作業になりますが、これを乗り越えれば古文を攻略することができます。

古文の単語の勉強法とおすすめの参考書

古文の勉強で重要なこととして、最初に基礎となる重要単語を覚えることがあります。基本的な単語を覚えることで、古文を読んだり問題を解く実力が身につくのです。特に古文は、現代でも使われていて意味が異なる単語もあるので注意が必要です。知っていれば引っ掛け対策にもなるので、基礎となる単語はしっかりと勉強しましょう。

古文の単語を覚える勉強法としては、例文を使った暗記が効果的です。単語だけで覚えるよりも、意味をイメージしやすいので記憶に残りやすくなります。特に現代で使われている単語は、例文で覚えたほうが意味の違いもつかめるのでお勧めです。ただし1回で覚えられる人はほどんどいないので、何度も繰り返し勉強することが重要になります。

古文の単語は高校の教科書を全て覚えても良いのですが、3年分の教科書を一からやり直すのは効率が悪いです。大学受験用の参考書を使った方が、効率的に単語を覚えられるのでお勧めです。古文の単語でおすすめの参考書として、読んで見て覚える重要古文単語315があります。この参考書は、例文と丁寧な解説やイラストで単語を覚えることができる良書です。見出し語とともに、関連語も一緒に覚えることで古文で必要な単語を網羅することができます。

古文の文法の勉強法とおすすめの参考書

大学受験の古文の文法は決して難しいレベルではありませんが、基礎ができていないと苦戦する問題が多いです。古文を得点源にするためには、文法の勉強も避けて通ることはできません。基本的な単語を覚えたら、文法を攻略することで大学受験の古文に必要な実力が身に付きます。

古文の文法は、動詞の活用や主語述語をしっかりと理解することが重要になります。なんとなくでも読めてしまいますが、正確に文法を理解しないと問題は解けません。基礎からしっかりと勉強することが、古文の文法では重要になります。古文が苦手な人は、基礎固めの参考書を勉強してから、大学受験レベルの参考書を勉強すると効果的です。

古文の文法の基礎固めの勉強には、古文教室 古典文法編 改訂版 (超基礎がため)がお勧めになります。超基礎固めというように、内容的には基礎の基礎になります。ですが古文が苦手な人には、最初の1冊として役立つ内容になっています。この参考書で古文の文法の基礎を固めれば、次のステップへ進みやすくなります。

文法の基礎的な内容が理解できたら、ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)で勉強すると実力がつきます。基礎ドリルとなっていますが、内容的には大学受験レベルなので決して簡単ではありません。ですがこのドリルを完璧にすれば、大学受験の古文を攻略することができるレベルになります。

古文の読解力をつける勉強法

上記の勉強法で単語と文法を理解すれば、古文を読解できる基礎的な実力は身についています。ですが文章を読み慣れていないと、単語や文法を正確に使いこなすことができません。実践的な文章を使って勉強することで、覚えた単語や文法を使いこなす読解力を身につけることができます。

古文の読解力を上げる入門書としては、吉野のパワーアップ古文読解入門編 (東進ブックス 大学受験 名人の授業)がお勧めになります。古文を読むためのテクニックを、基礎から丁寧に教えてくれる参考書になります。単語や文法を覚えたが、どうしても古文の文章が読めない人はこの本を読むことで古文のコツが理解できます。

吉野のパワーアップ古文読解入門編で基礎的な読解力を身につけたら、吉野のパワーアップ古文 読解完成編 (東進ブックス 大学受験 名人の授業)でより実践的な勉強を行いましょう。読解問題の解法テクニックを、7題の問題演習を通して覚えることができます。これ1冊を完璧にすれば、大学受験の古文の読解できる実力を身につけることができます。

基本的には上記の2冊を勉強すれば、大学受験に必要な古文の実力は身に付きます。ただし和歌に関してはあまり取り扱っていないので、吉野のパワーアップ古文 和歌の修辞法編 (東進ブックス 名人の授業)も勉強しておくことをお勧めします。和歌はセンター試験でも良く出題される分野で、正解できると有利になります。

センター試験の古文の勉強法

センター試験の古文は、基礎的な問題を中心に構成されています。そのため上記の勉強法を実践すれば、高得点を取ることも十分可能と言えます。ですがセンター試験用の問題集も使えば、より確実に高得点を狙うことができます。センター試験の古文対策としては、センター試験の国語で9割を取るための勉強法も参考にして下さい。

難易度的にセンター試験の古文は難しくないので、上記の勉強法とセンター試験対策をすれば古文対策としては十分です。あとは過去問や模試を利用すれば、問題形式にも慣れて落ち着いて問題が解けるようになります。しっかりと基礎を身につけておけば、センター試験の国語の攻略は難しくありません。

センター試験の古文は配点が50点と高いので、確実な得点源にしておくと受験で有利になります。勉強すれば誰でも得点源にできる分野なので、きちんと対策をする勉強計画をしましょう。しっかりと勉強すれば、古文で満点を取ることも十分可能です。

大学受験の古文の勉強法まとめ

大学受験の古文は、基礎を徹底的に勉強することが重要になります。必要な単語や文法を覚えれば、解けない問題はほとんどないのが大学受験の古文の特徴になります。苦手な受験生が多いのは、恐らく暗記などの地道な作業をしっかり行っていないからだと考えられます。

基礎を覚えるまではある程度の時間がかかりますが、基礎が身につけば確実に古文を得点源にすることができます。そのためには一つ一つ丁寧に勉強することが、最も近道の勉強法になります。大学受験でライバルに差をつけるためにも、しっかりと古文を勉強しておきましょう。

スポンサードリンク