中国語の入門レベルを3ヵ月でマスターできる勉強法

スポンサードリンク

中国語は入門レベルをマスターすることが、初心者にとって最初の関門となります。初心者は中国語の基礎がないため、入門レベルでも理解することが難しいからです。ここを乗り越えることができれば、中国語の勉強は格段に捗ってきます。

初心者が中国語の入門レベルをマスターするには、勉強法を工夫することが重要になります。最も効率的な勉強法としては、良い参考書を使って中国語を勉強することになります。良い参考書を使えば、独学でもしっかりと実力を身につけることができるようになります。

3ヵ月で初心者が、中国語の入門レベルをマスターできる勉強法を紹介します。勉強の手順がしっかりとしていれば、初心者でも3ヵ月あれば中国語の入門をマスターすることができます。入門レベルを攻略することが、中国語の上達へつながる最短の勉強法になります。

中国語の入門レベルに効果的な勉強

中国語の入門レベルをマスターするには、基礎をしっかりと勉強することが重要になります。単語や文法などをしっかりと勉強している人は多いですが、それだけでは入門レベルをマスターすることはできません。もう一つの重要なこととして、中国語の音を意識した勉強も取り入れると効果的です。

中国語を使いこなすには、単語や文法以外にも発音やリズムが重要になります。この音を意識した勉強をすることで、中国語の上達度が大きく変わります。単語や文法も音声を取り入れた勉強をすることで、参考書を読むだけの勉強よりも効果的に覚えることができます。

また中国語は発音が重要と言われているので、入門レベルから音を意識すると実践的な中国語を習得することができます。単語や文法中心の勉強で、実際に会話で通じないという経験をした学習者も多いと思います。発音を意識して入門レベルを勉強すれば、日常会話でも使える中国語を学ぶことができます。

最近の中国語教材には、CDなどの音声が付属されている参考書が増えています。そういった教材を使って勉強することで、中国語の音を意識した勉強ができるようになります。ただしCDを聞くだけでは効果が薄いので、より効果が高い勉強法を紹介したいと思います。この勉強法を3ヵ月続ければ、中国語の入門をしっかりとマスターすることができます。

中国語の音を意識した勉強法

入門レベルの勉強で音を意識すれば、実用的な中国語を勉強することができます。具体的な勉強法としては、以下のステップで行うと効果的です。普通に読み書きするだけの勉強よりも、何倍もの成果が出るので実践してみてください。

  1. 文字を見ながら音を意識して聞く
  2. 日本語の意味を理解するまで繰り返し聞く
  3. 文字を見ないで聞き取れるか確認する
  4. 聞き取れるようになるまで繰り返し勉強する

音を意識した勉強法としては、最初は文字を見てリスニングをしましょう。入門レベルの場合、知らない単語が多くなるからです。知らない単語を見ないで聞いても、それが何かを理解することができません。まずは文字と音を結び付けられるように、文字を見ながらリスニングをしてみてください。

文字と音を聞いたら、日本語の意味を覚えるまで繰り返し聞きましょう。入門レベルは語彙力が少ないので、この段階でどんどん中国語の単語を覚えるようにしましょう。理想としては、聞いた瞬間に日本語が頭に思いつくまでになります。瞬間的に単語の意味がでるようになれば、しっかりと暗記できていることになります。

何度かリスニングを繰り返したら、今度は文字を見ないで聞き取れるかチャレンジしてみてください。文字を見ないと、聞き取れない単語もいくつかあると思います。聞き取れない単語は理解できていないので、しっかりと復習をすることが重要になります。

最後の仕上げとして、聞き取れない単語は繰り返し復習するようにしましょう。文字を見る必要はないので、通勤や通学などの空いている時間を使ってリスニングをしてみてください。聞き取れない単語が少なくなれば、それだけ中国語の発音も身についていることになります。個人差はありますが3ヵ月ほど繰り返せば、ある程度の中国語の発音が理解できるようになります。

中国語の入門レベルにおすすめの参考書

入門レベルの学習者が音を意識した勉強をする場合、参考書選びが非常に重要になります。音声が付いていて、入門レベルでも理解できる内容の参考書を選ぶことが勉強の継続に繋がるからです。中国語の入門者でも、無理なく続けられるお勧めの参考書を紹介します。

入門レベルの学習者が覚えるべき、中国語の最低限の重要単語の参考書になります。語彙力の低い入門レベルの学習者は、最初にある程度の単語を覚えておくと効率よく勉強ができます。この参考書は基礎となる中国語の単語をCDで学ぶことができるので、発音を意識した勉強をしっかりと行うことができます。見出しや意味、例文がしっかりと掲載されているので、CDを使って勉強したほうが効率よく中国語の単語を覚えることができます。まずは基礎となる中国語の単語を、この参考書を使って徹底的に勉強しましょう。

中国語で重要なこととして、文法や発音のルールを覚えることもあります。入門者が挫折しやすい箇所なので、解説が丁寧な参考書を選ぶのがポイントになります。ゼロからスタート中国語は、入門者が無理なく文法や発音を勉強できる内容になっています。ただし発音については完璧に覚えるのは入門レベルでは難しいので、流す程度に勉強しましょう。文法編はCDを使って繰り返し勉強すれば、徐々に中国語のルールが理解できるようになります。文法編はCDを使って最低でも10回は繰り返すと、最初は理解できなかったルールも頭で身につくようになります。

中国語の基礎となる単語や文法を、CDを使ってしっかりと勉強します。個人差はありますが、1日2~3時間ほど勉強すれば基礎の基礎をマスターすることができるようになります。基礎の基礎をマスターしたら、もう少しレベルを上げた実践的な勉強法を開始します。

入門レベルの最終段階として、シャドーイングを使った勉強法が効果的です。シャドーイングは「聞く力」「話す力」「読む力」を同時に高めることができる、語学学習者が良く行っている勉強法になります。シャドーイングは聞き取った音声を、ちょっと遅れて影のようについてそっくり発音する勉強法になります。通訳者も実践している勉強法で、中国語のマスターするのにかなりの効果があります。入門者には少し難しいですが、本書は短い例文を使っているので初心者でもできる工夫がされています。内容的にも実践的な言い回しが多いので、日常会話の勉強にもなります。最初は苦労しますが、この勉強法を入門レベルから行うと早く中級レベルになることができます。

シャドーイングは入門レベルでは完璧にできないので、その後も継続して勉強するつもりで取り組んでください。上記の単語と文法をまずは徹底的に勉強して、次のステップとしてシャドーイングの勉強をして下さい。3ヵ月ほどかけてこの勉強を実践すれば、中国語の入門レベルをマスターすることができます。ただし1日30分などの短い時間では効果が薄いので、しっかりと勉強時間を取るようにして下さい。

中国語入門の勉強法まとめ

中国語は単語や文法だけではなく、発音などの音も入門者を悩ませる問題の一つになります。実際に発音の壁にぶつかって、中国語の勉強を挫折してしまう人も多いです。そのため音を意識した勉強を実践することが、中国語の入門レベルのマスターにも繋がります。

中国語は日本の英語学習のように、読み書き中心の勉強でも基礎をマスターすることはできます。しかし音を意識した勉強をしないと、中級者になってから発音に苦しんでしまいます。入門レベルのうちから、しっかりと音を意識した勉強を実践しましょう。そうすれば初中級レベルになってからも、中国語の発音で挫折することはなくなります。

地道な暗記作業も多い入門レベルの勉強ですが、CDなどの音声を使えば何倍も効率的に勉強ができます。中国語をマスターするためには、入門レベルのマスターは避けて通ることができます。しっかりと入門レベルで基礎を覚えれば、正しい中国語を使いこなすことができるようになれます。

スポンサードリンク