MOS資格を独学で合格する効率的な勉強法

スポンサードリンク

MOS資格は、エクセルやワードなどのパソコンスキルの証明として人気があります。パソコンが苦手な人は難しい資格と思うかもしれませんが、独学でも簡単に合格できる資格になります。問題の難易度も高くないので、短期間でも集中して勉強すれば誰でも合格可能です。

MOSの独学で重要なポイントは、試験対策の勉強法を行うことになります。解き方のポイントがあるので、それを理解して受験することが合格への鍵となります。問題の難易度は高くありませんが、解き方を間違えると合格点に届かない危険性があります。

パソコンが苦手な人でも、短期間で効率的にMOSに合格できる独学勉強法を紹介します。MOSの資格はパソコンスキルの証明にもなるので、取得しておいて損はない資格になります。効率よく勉強すれば、パソコンが苦手な人でも確実にMOSに合格することができます。

MOS試験の難易度

MOS資格で受験者数が多いのは、ワードとエクセルになります。ワードとエクセルが使えれば、履歴書などでも役立つ資格になるからです。MOSのワードとエクセルの資格は、スペシャリストとエキスパートに分かれます。事務などの一般的な企業に求められるレベルとしては、スペシャリストを取得すれば十分になります。

MOSのスペシャリストの難易度は、大学生や社会人が普段使う機能を覚えれば解ける問題がほとんどです。一般的なビジネス文書や表計算など、ワードやエクセルの基本機能の問題が中心になります。普段パソコンを使っている人であれば、問題集を勉強すれば2週間程度の独学で合格することができる難易度です。

MOSのエキスパートに関しては、スペシャリストに比べて難易度が上がります。普段使わない機能に関する問題も出題されるので、ワードやエクセルに慣れていない人は苦戦するレベルです。ですがエキスパートも、スペシャリスト同様に問題集をしっかりと勉強すれば独学で合格することは可能です。

MOS資格の合格率

MOS資格は、1000点満点のうち550~850点が合格ラインと言われています。教科によって点数に差があるため、確実な合格ラインを狙うのであれば9割以上を目指して勉強するのが安全圏になります。9割というと難易度が高く感じられますが、合格率から考えるとそこまで難しくはありません。

実際の合格率は公表されていませんが、MOS対策をしているスクールなどの情報によるとMOSの合格率は8割前後と言われています。ワードやエクセルのスペシャリストに関しては、大体8割ほどの合格率になっているようです。エキスパートはこの数値よりも低く、6割~7割程度の合格率になっていると言われています。

8割以上の合格率と考えると、MOSの資格はそこまで難易度が高くないと言えます。実際きちんと参考書と問題集で勉強すれば、独学でも合格できるレベルの試験になります。パソコン操作に慣れていなくても、基礎ができていれば合格できるレベルの難易度になります。

MOSの独学におすすめの参考書

MOSを受験する場合、参考書は必ず完璧にしておくことが重要になります。MOSの試験は、正しい手順で回答しなければ不正解となるケースがあるからです。エクセルやワードを普段使っている人でも、これを理解していないために間違ってしまうことも多々あります。参考書をよく読んで、正しい手順で正解を導く実力をつけることが合格の鍵となります。

MOSを独学で勉強する場合、富士通エフ・オー・エム株式会社の参考書を使うのが最もお勧めです。参考書選びの注意としては、自分が受験するOfficeのバージョンに合わせることになります。2010版のMOSを受験する場合は、Microsoft Office Specialist Microsoft Excel 2016 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)で勉強すれば独学でも合格できる力が付きます。

2013版で受験する場合は、Microsoft Office Specialist Excel 2013 対策テキスト& 問題集 改訂版 (よくわかるマスター)を使って勉強しましょう。Officeのバージョンは数年単位でアップグレードされるので、自分が受験するバージョンを間違えないように注意してください。

MOSの参考書はこれ以外にもいくつかありますが、この参考書を徹底的に勉強すれば独学でも合格できる実力が身に付きます。合格するためのポイントが丁寧に解説されているので、理解できるまで何度も繰り返し勉強してください。1冊を完璧にマスターすれば、実務でも役立つ操作を覚えることができます。

MOSの独学の準備

MOSに独学で挑む場合、準備として必要なものにパソコンと参考書があります。この2つがあれば、独学でもMOSに合格できる実力をつけることができます。パソコンがない人でスクールを利用する人もいますが、安いパソコン1台購入したほうがコストパフォーマンスは高くなります。ASUS ノートパソコン R206SA / Windows 10 / 11.6インチ/ Celeron N3050 / 2G / HDD 500GB / ダークブルー/ R206SA-FD0001Tのように、格安のパソコンも数多く発売されています。

MOSの独学ポイントは、スキルに合わせた勉強時間を確保することになります。独学の勉強と言っても、基礎ができている人といない人では効率が変わるからです。ワードやエクセルは、慣れていないと基本的な機能を覚えるまでに時間がかかります。仕事や学校で使っている人は、この基礎的な知識を身につけている場合が多いです。

パソコンが苦手であれば、勉強時間を増やしてパソコンに慣れることが必要になります。1日2~3時間は、参考書を見ながらエクセルとワードの基礎を勉強しましょう。時間はかかりますが、確実に合格するために不可欠な作業になります。2週間~1ヵ月ほど毎日エクセルとワードを使えば、MOSに必要な基礎知識を身につけることができます。

MOSの独学勉強法

基礎的な実力がついたら、実践的な勉強をすることが効率化に繋がります。独学で合格するためには、問題を解くことを中心として勉強をすることがポイントになります。ステップとしては、参考書の模試を解いて間違えた箇所を確認するのが最も効果的な勉強法になります。

頭では理解しているつもりでも、問題を解くと間違えることは多々あります。このミスを減らすことが、MOSに合格するために最も重要なことになるのです。間違えた問題を理解できるまで繰り返すことが、MOSの独学で最も効果的な勉強法になります。参考書が完璧になるまで繰り返せば、MOSに合格できる実力を身につけることができます。

この参考書は、本番と同じレベルの問題が出題されています。ただ答えを覚えるのではなく、しっかりと解く手順を理解することが合格への近道です。何度も繰り返すと飽きてくるでしょうが、試験まで繰り返すことが確実な合格に繋がります。この参考書で9割取れる実力が身につけば、本番でも落ち着いて対処できる実力になります。

スポンサードリンク