大学中退は就職や転職にマイナス?学歴がなくても人生を逆転できる!

大学中退は、就職や転職でマイナスの印象を与えてしまうと思っている人も多いと思います。

一昔まえの日本であれば、学歴重視で大学中退などは社会の負け組扱いされていたことでしょう。

まあ今でも一部の旧態依然とした企業などでは、大学中退を積極的に採用しないケースもあります。

ですが今の日本は、学歴よりも個人の力量が重視されているので、大学中退でも人生を逆転することは十分可能です。

戦略的に計画をすることで、大学中退でも就職や転職に成功することはできます。

今回は、大学中退した人間でも満足できる仕事につくことができた転職術を紹介します。

スポンサードリンク

大学中退者はより高い給与の企業を目指すべき

まず大学中退をしている人の多くは、その学歴にコンプレックスを持ってしまうことが多いです。

人間は自分が持っていないことに対して極度のコンプレックスを持つ傾向があり、大学中退者の多くはこの学歴のなさで自分の価値が下がっていると考えてしまいます。

しかし実際には、大学中退した人でも一流企業や条件の良い就職先を見つけて良い人生を歩んでいる人は多いです。

そのために必要なこととして、大学中退をプラスに捉えることが大事になります。

とはいえ、そんなに簡単に学歴コンプレックスを解消することはできません。

ではどうすればよいかと言うと、学歴が高い人よりも良い給料の企業に勤めることを狙いましょう。

学歴がないと給与が良い企業に勤められないのでは!?と思う人もいるかも知れません。

バブル期などは学歴が高く一流企業に勤めている人ほど高い給料でした。

ですが今は時代が違います。

中小企業でも給与が高く条件の良い会社が増えていて、一流企業から転職している人たちも増えています。

学歴コンプレックスはもはや過去の話

大学中退をした人たちの中にも、年収1千万オーバーの高級取りの人たちは増えています。

大企業ではなく中小企業でも、きちんと探せばこのくらいの条件の会社は増えています。

でも学歴がないと入社できないのでは?と思うかもしれません。

実際のところ、こうしたベンチャーを含む中小企業は、学歴よりも個人のスキルや経験を重視します。

また将来性も重視する傾向にあり、無駄に学歴だけが高く頭の固い人よりも柔軟な人材を好む傾向にあります。

今、伸びている企業が欲している人材は、決して高学歴の人材ではないのです。

大学中退者の中にも、優れた人材は多いことに、こうした伸びている企業は気づいています。

スポンサードリンク

大学中退した人たちが辞める理由

さて大学中退と一言で括っても、実際に辞めた理由は人それぞれです。

大学の授業についていけなかった人や、大学に自分の将来を見いだせなかった人。

低いレベルの日本の大学に嫌気が指した人、経済的に学校へ通うのが困難になった人。

理由は人それぞれですが、その捉え方をマイナスに考えないことが大事になります。

ほとんどの人は入学が世界的に難しいと言われる日本の大学に受かっているのですから、それだけで十分あなたの実績を誇ることができます。

実際、日本の大学は入学が難しく卒業はそこまで難易度は高くないと言われています。

※海外は逆で、入学はそこまで難しくなく、卒業の難易度は日本の大学よりはるかに高いと言われています。

ですが退学する人の多くは、自由になった大学生活で自分の進路を見失い道に迷ったまま辞めてしまうことが多いです。

ただそれだけで学歴コンプレックスを持つことはもったいないことです。

大学中退者が考えるべきこと

実際、日本の大学に入学できている時点で、頭が悪いや能力が低いということはありません。

むしろ能力的に高いので、しっかりと将来を見据えた行動をすれば大学中退でも良い企業に就職・転職することはできます。

ただしそのためにどんな行動をすれば良いのか、それがわからない人が多くフリーターなどになってしまいます。

これはとても勿体ないことで、こうした道を考える力があれば大学中退者でも良い条件の仕事を見つけることができます。

実際に大学中退者はどんなことをすれば、就職や転職で成功することができるのでしょうか。

大学中退者がすべきことは、何よりもまず行動することになります。

どんなに小さな一歩でも、行動をすることで前進することができます。

ただいきなり難易度の高いことをするのではなく、小さな一歩から始めてみましょう。

大学中退した人の進路計画

大学を中退した人のルートは、おそらく以下の3つが一般的になります。

  1. 別の専門学校や大学に入学し直す
  2. 自分探しの旅に出る
  3. 仕事をさがす

①別の専門学校や大学に入学し直す

大学中退者の中退理由の1つに、自分のやりたいことと違かったということがあります。

長い人生なので、やりたくもないことを勉強するより、やりたいことを再チャレンジすることは有意義なことだと思います。

こうした新しい道を見つけた人は、それに向かって頑張ることで中退も一つの勲章になります。

②自分探しの旅に出る

大学中退して海外に行く人は結構多いです。

今はグローバルな時代なので、海外でも日本人を受け入れることが普通になりました。

そのまま海外に移住したり、日本に帰国して新しい道を探すなど方法はいくつもあります。

もちろん海外ではなく、日本でも自分探しの旅はできます。

自分探しの旅をする場合、大事なことは将来をしっかりと考えて旅をすることです。

ただ遊びに行くのではなく、自分のやりたいことを探すことを忘れないようにしましょう。

③仕事を探す

①②をしている人でも、最後には仕事を探すことになります。

大学を中退して新しいことをする場合でも、仕事は最終的に見つけなければなりません。

ただ仕事を探すと一言で言っても、その方法を教わってきている人は多くありません。

特に大学中退した人は、就職活動をしていないケースがあり、どうやって仕事を探すのか苦労してしまいます。

ハローワークなどを利用する方法もあるでしょうが、今はもっと効率的にネットを活用することをおすすめします。

大学中退で就職・転職する場合はネットを活用すること

インターネットはとても便利で、今ではスマホがあればどんなことでも調べることができます。

これは就職・転職にも当てはめられ、ネットの活用こそが大学中退者にとって良い条件の仕事を探す方法に繋がるのです。

インターネットでの就職・転職のメリットは、アクションすることがとても簡単なことにあります。

リクナビやDODAなど、ネットが見れれば簡単に登録でき、しかも自分が活躍できる仕事を探せる環境は今の時代の特権と言えます。

こうした媒体に登録している企業は、学歴よりも人物重視のケースが多く大学中退でも良い条件の仕事を探すことができます。

実際に大学中退した人の中にも、年収600万、800万など、高学歴の人よりも良い収入を手に入れることができています。

登録さえしておけば、いつでも企業チェックができ、自分の希望する仕事を探すことができます。

仕事探しは面倒な作業です。誰もがやりたくないことになります。

そのため逃げてしまいがちになりますが、登録をしておくだけでも次の一歩に繋がることを忘れないでください。

大学中退をハンデと考えるのではなく、自分をブラッシュアップさせるための選択と捉えてみましょう。

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment