中学受験と他の受験の違いと攻略法

スポンサードリンク

中学受験と高校、大学受験は大きく異なる

いわゆる「受験」には、学校を受験する場合と資格試験を受ける場合とで大きく二分されますが、就職試験を除けば、大きく将来を左右することが多いのが学校受験です。

「大学全入」と言われるようになって久しい現在でも、有名大学や高校への受験競争は熾烈なものがあり、この傾向は恐らく今後も変化しないものと考えられます。

さて、一口に学校への受験と言っても、中学校への受験と高校、大学などのその他の学校への受験はかなり違った性質を持っています。

まず、大学受験の場合、設置されている学部や学科によって極めて細分化されていて、受験する側は必然的に自分にもっとも合ったジャンルの大学、あるいは自分の目標に沿った大学を選ぶことになりますし、大学でなく専門学校というルートで自身の長所を伸ばして将来につなげていくことができます。

今やほとんどの中学生が受験する高校でも同様で、商業・工業などの専門性の高い学校や進学コースなど、自分の好みに沿った学校やコースを選ぶことになります。

しかし、中学受験の場合、まだ専門の科目を選ぶには早過ぎる段階で、進学先の中学校では様々な科目を学ぶことから、様々な教科で総合的な学力を問われることになります。

また、小学校受験のように、「潜在能力」を見るだけではなく、身につけてきた学力を問われるという点で、幅広い努力とその結果が見えなければ合格はおぼつきません。

「スポーツ的」な中学受験

さらに中学校受験の段階では、わざわざ試験を受けなくても誰でも進学ができますので、勉強が得意ではない子や幅広い教科をバランス良くこなすのは難しいと判断された子はそもそも参加しません。

つまり、中学受験は、一定以上の意欲や適性がある、と思われた子たちによる競い合いという側面があり、あたかも競技スポーツのような厳しさや難しさがあることは否めません。

しかも、合否の判断にする科目はいくつもあるのですから、複合競技をやっていくようなシビアさがあります。

だからこそ受験塾が非常に人気が出るわけですが、「本気」で受験を狙っている多くの家庭はみっちり塾を入れるか家庭教師をつけたりするものなので、学力的に抜け出すのは簡単ではありません。

スポンサードリンク

偏差値アップには保護者の努力も必要

以上のように、中学受験用の勉強は、じっくり身につけていけば良いという小学校の教室で行われるものとはかなり種類が違います。

勉強に向いている子たちが一つの目標に向けて努力する中で結果を出さなければならず、しかもチャンスはワンシーズンだけでで大学受験のような浪人もできません。そのため、いかに限られた期間に集中して勉強をするか、ということが問われます。

「受験組」の多くが塾に通い、家庭教師について貰う中では、平均値である偏差値50のラインを突破するのも簡単なことではなく、夏休みや冬休みなどは、朝から晩まで塾にカンヅメになって問題をこなしていくことさえあります。

こうした中では毎日二食分のお弁当を作って、さらには送り迎えに車を出すなど、様々な面でのサポートが重要になってきますし、もちろん精神的な面での応援も非常に大事です。

子供たちは公立中学に進む子たちがハツラツと遊んでいる姿を見たり、あるいは遊びを断って受験に集中しているので、ともすればモチベーションが下がってしまいがちです。

そんな時に親が「本気」ではない姿を見ると、一気にガクッと頑張る気がなくなってしまうものです。合格、不合格以前に、受験という行事を達成するためにはまず、ご両親の本気が必要になってくるのです。

最善を目指す姿勢が中学受験では大事

さて、小学校六年の一年間、早い子は小三からの四年間も全力を傾けてようやくたどり着いた中学受験というイベントですが、全員が成功するわけではありません。

大多数の受験者は必死で努力を重ねているものですし、受験で出てくる問題の中には、単純な練習だけでは難しい、センスが問われるものも少なくありません。

だから、最善を尽くしても分からない問題は出てきますし、ギリギリまで頑張ってもどこの中学にも引っかからない、ということも有り得ます。

しかし、それは恥ずかしいことではありません。思春期に向かう多感な時期に、中学受験というチャンスは一回のみの、ある意味では高校野球よりも難しいフィールドに全力を尽くせたことは、結果はどうあれ人生に対して必ず何らかのプラスになっていくはずです。

もちろん、合格を目指して受験する以上最善を尽くすのは当然ですが、失敗を恐れず全力でぶつかれば良いと思います。

中学受験の攻略には

ここまで、中学受験は厳しく、家庭の姿勢すら問われる「競技」だという見解を述べてきました。

しかし、才能の有無だけで合否が決まるわけではありません。科目の特性を知っておけば高得点をマークしやすくなります。

まず社会科は暗記科目ですのでとにかく勉強量が大切、理科に関しても高校の物理で用いるような複雑な数式ではなく用語や法則を覚える部分が多いので暗記寄り、国語も読み書きなどは完全に暗記の分野ですので、きっちり集中して量をこなせばかなり点を取ることができます。

国語の読解や算数の図形問題などは特にセンスが問われるので、誰でも解けるとは言いにくいですが、あらかじめ暗記を徹底して「基礎点」の地盤を築いていけば、その分難問に挑む余力をキープすることにもつながります。

習得すべき科目が多く、しかも一年しかチャンスがない極めて特殊な性質を持つ中学受験ですが、だからこそ徹底して効率を意識して努力を重ねたいものです。