iPhoneは2020年の5G対応でさらに魅力的になります!iPhone 11よりも買いとなる理由

スポンサーリンク

2020年に発売する新型iPhoneですが、5G通信に対応させると言われていますね。

革新的な技術を導入する企業として、AppleはiPhoneの5G対応は欠かせないところでしょう。

5Gになることで、スマートフォンの通信が更に高速化されることが予測されますね。

今でも十分便利なiPhoneが、さらに魅力的になることは間違いないでしょう。

iPhoneの5G対応について、現時点の情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

新型iPhoneの5G対応はQualcomm(クアルコム)製のチップを搭載

米チップメーカーQualcomm(クアルコム)は、2020年に5G対応スマホは2億台売れるとの予測しています。

5Gのサービス戦略に関しては、日本でも様々なものが実施されつつありますね。

最初はスマートフォン業界から始まると言われていて、大手のキャリアなども積極的に宣伝しています。

大手のドコモは、一部のドコモショップなどで5Gプレサービスを体感できるイベントを開催しています。

ソフトバンクは、NBAの八村 塁選手をCM起用して5Gのプレサービスを大きく宣伝していますね。

auはスポーツイベントを中心に、5Gが体感できるサービスを行っています。

各社が5Gのプレサービスを開催しているように、今後は5Gが通信のメインになることは間違いないでしょう。

さてiPhoneについてですが、来年秋にQualcomm(クアルコム)製モデムチップを搭載した5G対応フラッグシップ機が登場すると言われています。

このことが、2020年のiPhoneが5Gに対応するという根拠になっているようです。

5Gには問題もある!?iPhone 11が5Gにしなかった理由とは

iPhone 11は5G非対応となっていますが、実は5G対応はできたと言われています。

では、なぜiPhoneの新型はまだ5G対応しなかったのでしょうか。

その理由として、5G対応スマートフォンにはいくつかの問題があると指摘されているからです。

接続エリアが限られている

まず、5Gネットワークが接続できるエリアは限られています

高速接続ができるのは基地局の近くか、大都市の中心部のみになります。

つまり高速通信ができる場所は、ごく限られた環境だけになるのです。

これでは5G対応しても意味がないユーザーがほとんどになるため、Appleは無理してiPhone 11を5G対応しなかったのですね。

5Gモデムの搭載が不可欠

スマートフォン向け5Gには、5Gモデムを搭載する必要があるそうです。

搭載されているプロセッサとは別に必要になるため、iPhoneに厚さが出てしまうのです。

薄型スマホが主流の現在、わざわざ不人気の要因となることをAppleは避けたのですね。

この問題に関しては、2020年にどのような対応がされているかも注目ですね。

一応、2020年にはプロセッサ一体型のモデムになると言われています。

コスパが悪い

5G接続のデータプランは、今よりもコストが必要になると言われています。

コストが高くなるということは、ユーザーの月額料金の負担になってしまいます。

最近では大手キャリアも、大容量を安く使えることを売り文句にしてきました。

5G対応にすることで、こうしたデメリットがあってはiPhoneの売れ行きにも影響しますよね。

こうした理由で、iPhone 11には5G対応がなかったと予測されます。

2020年の新型iPhoneは需要が高まることが予想されます

いくつかの懸念があり、iPhone 11への5G対応を断念したAppleですが、間違いなく2020年の新型iPhoneは5G対応をするでしょう。

もちろん5G対応も魅力的なことですが、それ以上に2020年の新型iPhoneは買うべき魅力がいくつもあります。

まず新型iPhone(iPhone 12?)は、デザインを刷新し、5.4インチの小型端末も用意されると噂されています。

この新しいデザインについては、今回のiPhone 11でユーザーが不満だった点を考慮しているものと思われます。

また、

  • Touch ID
  • 3Dカメラ
  • ライトニングポートの廃止

も想定されていて、今回のiPhone 11に比べて大きく変更される箇所があり魅力的ですね。

今でも人気の高いiPhone 11ですが、2020年の新型はさらに魅力的になりそうです。

タイトルとURLをコピーしました