iPhone SE 2の発売日が決定!?現行iPhone SEユーザーがスペックを比較して購入すべきか検討しました

スポンサーリンク

iPhone SE 2を期待している方も多いかと思いますが、どうやら発売日は2020年3月の可能性が高くなったようです。

この情報はアップル関連の著名アナリストであるMing-Chi Kuo氏が予測したもので、信頼性はそれなりに高いと思います。

初代iPhone SEが2016年3月に発売されてから、4年近い歳月が経過しているのですね。

iPhone SEに関しては日本で人気の機種で、サイズ感が手の小さい日本人や女性から支持を集めています。

先日、新型iPhone 11が話題になりましたが、スペックについては賛否両論がありました。

ここ数年のiPhoneに関して、スペックに対して値段が高いという声も上がってきています。

カメラのスペックがアップしたくらいで、その他に魅力を感じるものがなかったというユーザーもいたようです。

今回のiPhone SE 2に関しては、さすがに4年経過しているので大幅なスペックアップを期待していいでしょう。

あくまで噂レベルの話ですが、予想スペックを現行iPhone SEユーザーがジャッジしたいと思います。

スポンサーリンク

画面サイズは4.7インチとアップしている

iPhone SE 2の画面サイズは、何と現行の4インチから4.7インチと大幅にアップしてしまう可能性が高いそうです。

4.7なら小さいと思うでしょうが、iPhone SEを選ぶユーザーはサイズも重視している方が多いです。

できれば4インチのままで、スペックだけ大幅アップして欲しかったという方も多いのではないでしょうか。

iPhone SEの手に収まるサイズ感が良かったんだけど・・・

最近はスマホのサイズアップが目につくようになっていますが、新型iPhone SE 2もその対象になってしまうようです。

RAMは3GBと物足りない

Andoroidユーザーの方には信じられないかもしれませんが、iPhone SE 2のRAMは3GBしかないそうです。

先日発売されたiPhone 11は4GBだったので、それよりも少ない容量になります。

ちなみに、iOSはハードウェアに最適化されているので、そこまでRAM容量を必要としないという噂があります。

なら大丈夫かと安心してはいけません。

ゲームをしていて落ちないか不安かも。

最新のiPhone 11でも4GBなので、3GBでは心配になってしまいますよね。

iPhone SE 2はiPhone 11 シリーズと同じA13プロセッサ

iPhone 11ユーザーの方に聞いても、そのスペックの凄さがよくわからないA13プロセッサ。

iPhone SE 2も、「A13 Bionic」と呼ばれるチップが搭載されるようです。

Appleの説明によると、省電力化や高速化ができる素晴らしいプロセッサらしいです。

さすがに今のiPhone SEに比べると、使いやすくなることが期待できます。

電池の持ちが良ければ購入を検討してもいいかも。

この点に関しては、iPhone SE 2が大幅に性能アップするポイントだと思います。

iPhone SE 2のストレージは64GBと128GB

iPhoneは、Android端末と違ってSDカードに対応していないため、本体容量が一杯になる心配と常にあります。

データが満杯になったら、パソコンやクラウドストレージへデータを移行するしかありませんでした。

スマホで写真を撮る人も多いと思いますが、64GBだと少々心もとなり数字です。

せめて128GBは欲しいところですね。

128GBになると高くなりますし、この点に関してはiPhone SE 2というよりApple製品の問題となる値段次第ですね。

※Apple製品独自の「Lightningケーブル」対応のSDカードリーダーさえあれば、iPhoneでSDカードを使うことが可能だそうです。

iPhone SE 2のカラーはスペースグレイ、シルバー、レッドの3色

カラーに関しては好みもあるでしょうが、3色しかないのは少々ガッカリです。

廉価版なので仕方ないのかもしれませんが、せめてゴールドは入れてほしいところです。

iPhoneは可愛いカバーも多いから色はあまり気にないかも。

カバーをつければ見えないのですが、もう少し選択肢があってもいいかなと思いました。

レッドを発売するのであれば、他のカラーも入れても良いのでは?という気もしますが・・・

iPhone SE2はホームボタン搭載で3D Touchは非搭載

ホームボタンについては賛否がありますが、iPhone SE 2はホームボタン搭載と予想されています。

3D Touchに関しては、残念ながら非搭載になるようです。

現行のiPhone SEユーザーなら気になりませんが、上位版からの買い替えを検討している人には物足りない仕様かもしれませんね。

iPhone 11と同じことができれば嬉しいな。

ちなみにMing-Chi Kuo氏は、iPhone SE 2のターゲット層に、iPhone6やiPhone6sを使っているユーザーの買い替えを予想しています。

月間出荷台数は200万台~400万台と見積もっていて、これが当たればなかなかのヒット商品になりそうです。

iPhone SE 2は発売日に購入すべき?販売価格はいくらから?

発売日がほぼ確定したiPhone SE2ですが、その販売価格は、399ドル(約43,400円)からになるようです。

ここ最近のiPhoneの金額を考えれば、安くiPhoneが使えるのでお得といえるでしょう。

安くはないけど下取りしてもらえるなら検討してもいいかな。

Androidだと同じくらいの金額で、もっと高いスペックのスマートフォンを購入できます。

iOSとAndoroidなので比較対象にするのはどうかと思いますが、値段ほどの価値があるかは微妙なところです。

ですが未だにiPhone人気が高いことを考えると、買い替えを検討するユーザーはたくさんいると思います。

iPhone SEや6を使っている人なら、iPhone SE 2のスペックは満足できるものだと思います。

ちなみに発売日に購入すべきかですが、iPhoneは中古でも高いですし、待っていてもあまりお得感はないので発売日に購入すべきでしょう。

ドコモなどの大手キャリアの方なら、なにかしらのキャンペーンで安く購入できると思います。

タイトルとURLをコピーしました