高校受験の勉強時間はどのくらい必要?確実に成績を上げる勉強法

スポンサーリンク

高校受験の勉強時間はどのくらい?

こんな疑問を持った受験生や親御さんはたくさんいると思います。

高校受験に長年携わり受験生を見ていますが、高校受験の勉強時間は長い方が確実に成績が上がります。

もちろん机の前に座って何もしない時間が長いのでは、残念ながら成績は上がらないでしょう。

ですがしっかりと集中して受験勉強に取り組めば、やった時間だけ点数になることは間違いありません。

注意として、勉強には集中力の問題があるので闇雲に長ければいいわけではありません。

適度な休憩も必要ですし、勉強計画も大事になります。

高校受験では、勉強時間以外にも勉強のスケジュールが重要になります。

何時間も勉強したとしても、効率が悪い勉強では成績は上がりにくいからです。

複数の科目を勉強する必要がある高校受験では、勉強の効率と勉強時間が大きく合否を左右します。

勉強しているのに成績が上がらない受験生は、その点を注意しましょう。

ですが説明するほど、勉強時間と勉強計画は簡単に理解できるものではありません。

具体的な例を出して説明するので、高校受験の勉強時間の参考にして下さい。

スポンサーリンク

高校受験と勉強時間の関係

高校受験で最適な勉強時間については、人によって解釈が異なります。

1日3時間という人もいれば、8時間勉強すべきという人もいます。

答えはありませんが、勉強時間が長いほうが成績が上がる可能性は高いです。

成績が良い受験生に共通することとして、高校受験の勉強にかなりの時間をかけていることがあります。

理解度の違いはあったとしても、長い時間勉強すれば少しずつでも努力は実ります。

1日1時間しか勉強しない受験生より、1日5時間勉強した受験生の方が成績は良くなる傾向があります。

長い時間の勉強が有利な理由として、高校受験の内容も大きく関係しています。

高校受験に出題される問題の多くは、暗記と少しの応用力で解答できる教科ばかりになります。

難しいと言われる数学などにしても、出題される範囲は限られているので公式を覚えれば解ける問題がほとんどです。

※ただ1問か2問くらいは、中学生には難易度が高すぎる問題もでるので、それは捨てましょう。

そのため時間をかけて勉強すれば、誰でも成績を上げることができます。

そして高校受験の勉強法で一番効果的なことは、勉強時間を増やして暗記することになるのです。

その他の教科にしても、暗記中心の勉強で解ける問題が多いです。

暗記を否定する人もいますが、高校受験は暗記で解ける問題がほとんどです。

覚えていることが多いほど、正解の引き出しを増やすことができるのです。

そのため勉強時間が長いほど、高校受験で有利になると言えます。

最低でも1日3時間以上勉強すれば、誰でも成績を上げることは可能です。

ただしいきなり長時間の勉強は辛いので、徐々に勉強時間を増やしましょう。

勉強時間を効率的に使う勉強法

前述した通り、勉強時間は長いほど高校受験では有利になります。

しかしこれには条件があり、勉強したことを覚えていることが前提になります。

どんなに長い時間勉強しても、次の日に忘れてしまっては意味がないからです。

人の記憶力は曖昧なので、1回集中して勉強しただけでは全てを記憶できません。

どんなに1日に長い時間勉強しても、次の日に忘れるのがほとんどなのです。

勉強時間が長くても成績が上がらない受験生は、この罠に陥っている可能性が高いです。

覚えた知識を定着させることが、高校受験の効率的な勉強法になります。

そのため復習の時間をたくさん取ることが、高校受験の勉強の鍵になります。

人は新しいことを好むため、復習よりも次へ進むことを重視してしまいます。

しかし覚えていないのに次へ進んでも、問題を解くことはできないでしょう。

特に範囲が広い高校受験では、中途半端な勉強では成績を上げることができません。

復習して知識を定着させる勉強法をすることが、合格への近道になります。

勉強時間の使い方としては、復習の時間を5割使うようにしましょう。

半分も復習すると聞くと、時間がもったいないと思う受験生もいるかもしれません。

しかし復習を重視した勉強をしたほうが、効率的に勉強できます。

例えば1日3時間勉強するならば、1時間半は復習に使ってください。

もし覚えていなければ、再度復習することも忘れないようにしましょう。

できていない問題などは、ノートや付箋でチェックして必ず復習してください。

最初の頃は勉強時間がかかって、効率が悪い勉強に感じるかもしれません。

ですが継続することで、結果的には最短の勉強法になります。

勉強時間は復習中心に使うことで、高校受験は必ず攻略することができます。

勉強時間と学力の関係

高校受験の勉強は、現在の学力と志望校の偏差値によって変わります。

例えば偏差値40の受験生と、偏差値60の受験生では基礎学力が違います。

どちらも偏差値60の高校を目指す場合、偏差値40の受験生は偏差値60の受験生より勉強時間を増やす必要があります。

もちろん今まで全く勉強しない人が、1日3時間勉強すれば学力はかなり伸びる可能性があります。

しかし基礎学力が低ければ、ある程度のレベルになるまでに時間がかかります。

勉強時間は、現在の学力と志望校の偏差値で考慮することも重要です。

また高校受験までの期間も、勉強時間を考慮する上では重要になります。

受験までの期間が残り3ヵ月と6か月では、勉強できる時間が異なります。

基礎学力が低い場合、なるべく短い期間で効率よく成績をあげる努力が必要です。

高校受験で基礎学力を上げる勉強法として、高校受験で効率よく偏差値を上げる勉強法も参考にして下さい。

なるべく短期間で成績を上げられる、勉強のポイントを紹介しています。

1日3時間の勉強時間でも、効率のよい勉強をすることで成績を上げることができます。

基本的には、基礎学力が低い受験生や偏差値が高い高校を目指す受験生ほど勉強時間は増やしたほうが良いでしょう。

平日は3時間、休日は5時間以上の勉強をすることが理想になります。

ただしこの数字はあくまで理想なので、自分の学力に合わせて調整してください。

高校受験のライフスタイル

受験勉強では、朝型や夜型といったライフスタイルがあります。

人によって夜のほうが集中できる人もいるようですが、基本的には朝型を推奨します。

その理由としては、人は睡眠中に記憶を定着させるからです。

人間の脳の構造として、良質の睡眠中に覚えた知識を定着されるという働きがあるといわれています。

最新脳科学が教える 高校生の勉強法 東進ブックスにも書かれていますが、睡眠は受験勉強では非常に重要な要素です。

中学生は夜型になる傾向がありますが、睡眠はしっかりと取ることで効果が出てきます。

また朝型のほうが受験で有利な理由として、高校受験の開始時間もあります。

高校受験は朝から数時間の試験になるので、朝に集中できる人ほど有利になるのです。

ライフスタイルを朝型に確立させることで、受験本番もスムーズに脳を働かせることができます。

受験勉強中は、不安で夜遅くまで勉強をする受験生は非常に多いです。

ですがしっかりと睡眠をとる習慣をつけることで、勉強の能率も上がるのです。

本番でも実力を発揮できるように、高校受験はライフスタイルにも気を付けましょう。

勉強時間と集中力

高校受験の勉強時間は、1日3時間以上が良いと言いました。

しかし単純に時間だけを長くしても、集中力が落ちていたのでは意味がありません。

集中力を維持することも、勉強時間を長くするうえでは重要になります。

人の集中力は、一般的に90分前後が限界と言われています。

ですが実際には個人差があり、90分以上も集中できる人もたくさんいます。

勉強の集中力は、毎日の積み重ねで長時間でも耐えられるようになります。

最初の頃は1時間でも辛いのに、慣れると5時間でも集中できるようにもなれます。

もちろん個人差はありますが、徐々に勉強時間を伸ばすことが集中力の持続にも繋がります。

いきなり長時間の勉強ではなく、少しづつ慣れさせるのが継続のポイントになります。

集中にはクラシック音楽が良いなどの説もありますが、あまり当てになりません。

集中力を継続させるには、毎日の努力が最も効果的な方法になります。

楽な方法を探すのではなく、毎日の勉強を継続することが一番の近道になります。

最初は1日1時間を、翌月は2時間にするなど工夫をしましょう。

集中力が切れた状態では、本来の半分も覚えることができないからです。

簡単なことではありませんが、集中力も高校受験合格の鍵になります。

勉強時間が長い受験生の特徴

高校受験の勉強時間については、基本的に難関校を目指す受験生ほど長くなります。

勉強ができる人は、普段から勉強しているので長い時間の勉強になれているのです。

成績が良い人で勉強していないという人もいますが、実際はかなり勉強していることが多いです。

こういった傾向からも、勉強時間は長いほうが高校受験で合格できる確率が高くなります。

ただし受験勉強の開始時期が遅い受験生ほど、不利な状況にあることを認識しましょう。

仮に1日8時間の勉強を1年間続けると、2920時間勉強したことになります。

もし1日3時間の勉強を3年間毎日している人がいれば、3285時間になります。

難関校を目指す人は、普段からこれ以上勉強していることが多いのです。

中学3年になると、1日5時間以上勉強している受験生も多いです。

この数字を見てもわかる通り、勉強時間の差は3年間でかなり大きくなります。

単純に勉強時間の長さだけでは判断できませんが、成績が良い人はきちんと努力しているのです。

スタートが遅い場合は、それを自覚して効率よい勉強をするようにしましょう。

高校受験で効率よく偏差値を上げる勉強法でも、基礎からしっかりと高校受験に対応できるレベルまで上げることができる勉強法を紹介しています。

時間はかかりますが、一つ一つ着実に勉強すれば成績を上げることはできます。

高校受験の勉強はやり方と時間で、スタートの遅れはリカバリーすることが可能です。

高校受験は勉強時間が全てではありませんが、勉強時間を増やすことで合格率を上げることはできます。

勉強の癖をつけることは難しいですが、それができる受験生ほど成績が高くなります。

少しづつ勉強を続ける習慣をつけることが、高校受験の合格に繋がるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました