面接の結果はいつわかる!キャリアコンサルタントが教える選考期間と待っている間の転職活動

スポンサーリンク

キャリアコンサルタントをしていると、「面接の結果っていつわかりますか?」という質問を良く受けます。

転職で面接まで行ったのに、結果がなかなかわからないと不安になりますよね。

求職者は、面接の結果が出るまでの期間が長ければ長いだけ不安を募らせるでしょうし、できるならば翌日ぐらいに面接結果を知りたいと思っているはずです。

覚えておいてほしいのは、企業はあなた以外の求職者の面接も同時に行っているために、相対比較を行った上でしか面接結果を決めることができず翌日に面接の結果が出るのはレアケースです。

ですが求職者は、合否連絡の結果により次の面接に進むことができるか、または、そのまま見送りになるかが決まるるので、なるべく早く面接の結果を知りたいと思うでしょう。

今回は面接の結果がいつ出るのか、そのタイミングとその間に求職者がすべきことをキャリアコンサルタントが教えます。

スポンサーリンク

面接の結果がでるまで待ってはいけない

求職者は、面接を受けてから結果が分かるまでどのような時間を過ごせば良いのでしょう。

1社の面接結果が気になって、その他の企業の面接に手がつかずにじっとその結果を待っていますか?

面接の結果が出るまで待ちたい気持ちは分かるのですが、1社の面接を待っているような時間の使い方は絶対にやめましょう。

もし面接の結果を待っているのであれば、転職市場には多くの求人がありますから、複数の企業を同時に受けて複数の内定を勝ち取る努力をして下さい。

面接の結果を待っている状況下を十分に活用して複数社を同時に受けて、転職活動を前に進めてなるべく早いタイミングで内定を1社でも掴むことがその後の転職活動を成功させることができるコツになります。

企業も1つの求人に対して複数の求職者の面接を同時に行いますから、その意味では企業と立場はイーブンです。

1社に対してあまりに執着し過ぎると、「面接されている立場」という受け身の気持ちが強くなり、転職活動が後手に回ってしまいます。

どうしても入社したいと思える企業が1社あっても、その他の第二志望群の企業も同時に受けておいてください。

先述の通り求人は多数存在し、そのなかからもっと入社したいと思える求人があるかもしれません。

転職活動に一途な想いは不要です。

面接の結果がいつ出るかわからないなら次のことを考えておこう

求職者からすると、面接の結果がいつになるか不安な毎日を過ごしていると思います。

ですが先ほど説明したように、転職市場のは多くの求人があるので、次の一手を考えて行動しておくことが重要になります。

では具体的に面接結果が出るまでにすべきことは何か、それは「他の企業を受けておく」ことになります。

転職活動の理想的な動き方は、応募する企業を増やしておくということです。

この場合のポイントとしては、より効率的な転職活動にするために、1週間に3社から4社程度の企業の書類面接や面接を受けるということです。

こうすることで、翌週以降に複数の企業の面接が入る可能性を作ることができるため、自分を取り巻く環境として1社に執着することなく、ある意味、強制的に転職活動をせざる得ない環境に自分を持っていくことができます。

面接の面接結果が長い場合の定義としては、面接を受けてから1週間程度になるのですが、この1週間は実は大きいです。

この間に他の企業の面接をいかに前に進めておくかにより、転職活動全体の質が変わります。

<他の企業を先に進めておくことで、求職者の気持ちは安定してきて、それまで緊張が強かった面接も普段の自分通りのスタンスで受けることができます。

面接の面接結果が長いことをデメリットと取らずに、他の企業を受ける時間があるという前向きな気持ちにすることが必要です。

転職活動はメンタル面が大きく影響を与える活動になりますから、求職者は、自分の状況を有利にし、本命企業の面接では自分らしい姿で受けることができるように他の企業の面接をなるべく前に進めておいてください。

企業は同時に複数の求職者の面接を行っていますから、求職者の思い通りのスケジュールで進まないことが当たり前だと考えてください。

面接の結果の返信が遅いと見送り確定とは本当か

求職者は、だれからその情報を聞いたのか分かりませんが、「面接を受けて、その結果が出るまでの期間が長ければ見送り確定」という噂を聞いたことはありませんか?

求職者の間では、この情報が確定情報として認識されていて、面接期間が長くなればなるだけ、「ダメだったか」という諦めモードに入っていきます。

結論から言いますと、この情報は間違った認識になります。

企業も中途採用に対しては、新卒よりもはるかに高い年収を支払う必要がありますから、戦略的に慎重に進めています。

そのため、この情報を信じて転職活動をしないようにして下さい。

ただ、全くの嘘でもなく、状況により違いがあるということです。

求職者が知り得ない企業の面接期間中の動きをパターンとしていくつかご紹介します。

他の求職者のスケジュール調整ができていない

絶対に面接期間の長さと面接見送りが比例しない企業事情として、他の求職者との兼ね合いがあります。

先程の通り、企業は1つの求人に対して絶対評価ではなく、複数の求職者を同時に面接し相対的な検討から結果を決めます。

そのため、同時期に複数の求職者が企業の面接を受けます。

多くの求職者は現職に在籍しながら転職活動をしていることが多いため、面接などのスケジュール調整ができないことが多いです。

そのため、他の人の面接が終わらないため、すでに面接を受けた求職者の面接結果が長引きいつ結果がでるかわからない状況になるのです。

本来ならば企業から状況を説明されても良いのですが、企業は求職者に対してそのような配慮はしません。

面接の結果が長期化するという状況も、裏事情としては、このような背景もありますから、絶対に見送りではないということを知っておいてください。

有力候補者が他にいる

面接している求職者のなかで、企業は優先順位をつけています。

面接においては特にその傾向が強く、書類面接上で、優先順位をつけていて、自分が面接を受けたあとに、なかなか面接結果がでなかった場合は、自分以外の求職者の方が有力視されている可能性があります。

ただ、この場合であっても、見送り確定ではないのです。

このような状況は、書類面接から1次面接の段階で多く見られます。

企業も書類面接だけで内定を出すか決めることはありませんから、あくまで、書類上の優先順位です。

つまり、暫定的であるということで、1次面接をすべて終了したあとに優先順位が逆転するということもあります。

実際に2次面接以降は、それまでより面接スピードが早くなるということがありますが、それは企業のなかで求職者である、あなたの有力視度合が上がったという証拠です。

書類面接で2番目以降の優先度だったとしても、それは許容しておいた方が良く、ネガティブに思うことはありません。

と言うのは、求職者のなかには、異常なぐらい書類面接で使用する職務経歴書の精度が高く企業からの評価を受ける人もいます。

本当の面接は面接でいかに高い評価を受けるかどうかです。

内定が出ても「最初は2番目だったしなぁ」などとネガティブに捉えず、その企業に自分が転職したと思うならば、そのまま内定を承諾した方が良いです。

一斉に面接結果を通知するやり方もある

企業の面接形態は、それぞれに違いがあります。

面接の都度、内容を確認して順番に面接結果を通知する企業もあれば、各面接段階ですべての面接を終えてから会議などを行い、その結果が出てから一斉に合否連絡を行い企業もあります。

求職者の考え方や価値観、転職活動のやり方がそれぞれに違うことと同じように企業にも同様の性質があります。

一斉に通知する方法を取る企業の特徴としては、ベンチャー企業ではない中小企業や大手企業にその傾向があります。

すでに経験している求職者もいるかもしれませんが、大手企業の面接スピードはベンチャー企業に比べても遅いです。

その理由は、まさに一斉通知の方法です。

大手企業の面接をこれから受ける求職者は、事前に把握して頂き、その間のほかの転職活動も考えておいた方が良いです。

参考までにご紹介しますが、ベンチャー企業の面接は応募から内定まで1カ月程度になりますが、大手企業になると2カ月前後必要になることもあります。

また、企業の規模は関係なく求人に記載されている年収が高い場合は、慎重度合もかなり上がりますから、1週間以上の期間、待たされるということも普通になります。

面接結果待ちの期間が長ければ志望度を下げることはやめよう

求職者にある傾向として、「面接結果の期間が短ければ自分を必要としている。」や「それまでは志望度が高かったけど、面接結果の期間が長いし、自分をそこまで必要としているように思えないから志望度を下げる」という考えに至る人がいます。

残念ながら、この考え方は転職活動で失敗する可能性を持っています。

これまでお伝えした通り、企業にも面接都合がありますし、求職者の思い通りに組織で経営している企業が動くはずがないのです。

転職活動に必要なことは焦らないということです。

焦っても良いことはないと考えて頂き、「果報は寝て待て」精神で、面接を受けた企業のことは忘れるぐらい他の企業の面接に没頭して頂きたいです。

求職者が自分の思い通りに企業が動かないということで志望度をいちいち変えていては、そもそもの転職軸がブレてしまい、自分の希望する企業への転職は不可能です。

面接の結果が出ない時に求職者がすべき対応

面接の結果がいつでるのか、企業の事情があることも理解いただけたと思います。

普通に転職サイトやハローワークで転職活動をしていると、こうした悩みに抱えながら不安な日々を過ごすことになります。

そこで、キャリアコンサルタントとして、こうした企業の動きも把握する方法として、転職エージェントを利用を検討をおすすめします。

転職エージェントを利用すれば面接期間が長い理由を知ることもできるからです。

転職エージェントは、企業との交渉に強いため、転職結果についても普通に転職するより融通が利きます。

求職者は知らない情報として、転職エージェントは企業に対して、求職者を紹介するタイミングで「現在は面接スピードが早まっています。候補者が他の企業に決まる可能性もありますから、すべての面接で終了から3日以内で面接結果をください」というメッセージを残しています。

企業へ転職エージェントが求職者を紹介する際、基本的にはメールという形式になりますが、どの紹介メールにもこのメッセージが残っています。

転職エージェント側からするとこのメッセージは求職者に対しての配慮です。

確かに面接スピードは早まっていますが、企業に対してあまりに遅い対応は勘弁して欲しいという意味が含まれていて、企業に対するプレッシャーです。

企業のなかには、このメッセージを鵜呑みにして3日以内に面接結果を決めるケースもありますが、大半の企業はこのメッセージは企業へのプレッシャーだと認識し4日以上になることもあります。

冒頭でご紹介したように求職者は面接結果が出るまで期間が長ければ長いほど、不安になります。

もし、面接結果がなかなか出ない場合は、転職エージェントを利用しているならば、キャリアアドバイザーに対して状況の確認をしてください。

転職サイトやハローワークよりも転職エージェントの方が良いとご紹介した理由は、企業に対して遠慮なく自分の考えや思いを伝えることができるからです。

転職サイトやハローワークの場合は、求職者が自ら企業に問合せする必要があるのですが、まだ転職もしていない、面接結果待ちという弱い立場の求職者が問合せするのも気が引けますよね。

一方、転職エージェントを利用している求職者は、キャリアアドバイザーに対して、求職者である自分が言っているという言い方ではなく、キャリアアドバイザーが自主的に聞いているという体で聞いてくださいと依頼することができます。

不安が大きい転職活動で、こうした対応ができるのは大きく、心理的にも楽になります。

もし転職活動の面接結果がいつになるかわからず不安になっているなら、転職エージェントを積極的に活用してください。

現在進行中だとしても、エージェントを利用することでより良い求人を探すきっかけになるはずです。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

また未経験や職務経歴が短い人も、転職エージェントを利用することで良い条件の求人を支援してもらうことができます。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

※キャリアコンサルタントとしてのおすすめは、転職サイトとエージェントの併用です。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました