年間休日107日では足りない!自分の時間を増やすためにすべきこと

年間休日が107日って十分な休養が取れる期間だと思いますか?

日数だけ見ると十分かなと思う人もいるかもしれませんが、実際に年間休日107日の企業で働くと自分お時間が思ったよりも少ないことを感じます。

特に土曜日が出勤になることが多く、他の人たちが2日休んでいるところでも自分は働かなければいけません。

仕事をするうえで重要なことはお金ややりがいですが、そのためには精神的なリラックス時間があることも同じくらい大事になります。

今回は年間休日107日について、年間休日が多い企業と比べたデメリットや解決策を紹介します。

スポンサードリンク

年間休日107日は土曜出勤も多い

最初に年間休日107日の内訳はどうなるのかを見ていきましょう。

年間休日107日といっても、企業によって休日の制度が異なります。

一般的に年間休日107日は日曜・祝日が休日のケースがほどんどです。

問題となるのは土曜日で、隔週で出勤になる企業が多い傾向にあります。

隔週土曜の休みになる計算

1年間は52週なので、完全週休二日制になると休日は104日ほどになります。

年間休日107日の毎週土日が完全に休みになると、残りの休日は3日しかない計算になります。

一般的にはお盆休みや年末年始があるので、それらが3日しかないのはかなりのブラック企業になります。

そのため年間休日107日は、土曜日を出勤させることで休みの日数を調整するしかありません。

日曜と隔週土曜だと年間休日は107日以下

日曜が休みだと年間で52日の休日になります。

隔週土曜日が休みになると26日にプラスになるので、年間休日は78日になります。

一般的な企業であれば、これに祝日(16日)の休日が加わり94日の休みになります。

これだと年間休日107日を大きく下回りますね。

107日 - 94日 = 13日が残りの休みになります。

年末年始や夏季休暇、GWなどで13日となり、合計して年間休日107日になる計算です。

毎月1回土曜出勤のパターン

上記以外にも、毎月1回の土曜出勤になるパターンもあります。

月末の土曜は強制出勤の会社も多いですが、このパターンだと年間休日107日になる可能性もあります。

あまり見ないパターンですが、こういった土曜出勤の調整で年間休日107日になることがほとんどです。

年間休日120日との比較

一般的な企業の年間休日は120日が多いです。125日の企業もありますが、これはかなり優良企業と言えるでしょう。

年間休日120日が普通と言われる理由は、カレンダー通りに土日・祝日が休めると、年間で120日前後になるからです。

一般的な年間休日120日の内訳を見ていきたいと思います。

  • 日曜(52日)
  • 土曜(52日)
  • 祝日(16日)

土日祝が完全に休みになれば、年間休日が120日になりますね。

カレンダー通りの休みを貰える会社であれば、これだけで年間休日120日になります。

こうして考えると、年間休日120日と年間休日107日は大分違いがありますね。

年間休日107日に比べると、週休二日制はストレスが少なく仕事ができます。

もしあなたが年間休日107日の会社に勤めているのであれば、土曜が確実に休みになるだけで自分の時間がかなり取れます。

スポンサードリンク

有給休暇の消化率

年間休日107日の会社の場合、有給休暇を消化させてくれるのかにもポイントになります。

有給休暇は半年働けば最低でも10日、6年半以上なら最低でも20日間付与されることが義務付けられています。

もし年間休日107日だとしても、有給休暇を消化できるのであればまだ良い方と言えます。

年間休日120日の会社でも有給休暇が取れない企業もあるので、それに比べれば自由度は高くなります。※実際に年間休日120日の企業の多くは有給休暇が取れますが。

ですが現在の日本の企業の働き方を考えると、有給休暇を使うことに躊躇して使えないという人も多いです。

またブラック企業などは、有給休暇を取らせてもらえないようです。

もし年間休日107日で有給休暇が取りにくいブラック企業に勤めている場合は、将来を考えたほうが良いと思います。

残業も仕事時間になる

もう一つ注意することとしては、残業がどのくらいあるかになります。

年間休日107日で残業がほとんどないのなら、ストレスもそこまで多くはないでしょう。

逆に残業時間が多くなるほど、ストレスが高くなり精神的に辛くなります。

仮に1日1.5時間の残業だったとして、隔週土曜の22日出勤とすると33時間の残業時間になります。

これは1日8時間勤務であれば、4日ほど多く出勤していることと同じになります。

もし1日3時間の残業であれば、66時間とほぼ1週間以上多く出勤していることと変わらなくなります。

残業代が出ているのならばお金を貯めることができますが、定年までずっとこの仕事量をすることを考えると自分の時間がかなり少なくなっていることも覚えておきましょう。

年間休日107日で自分の時間を増やすには

年間休日107日の場合、休日日数を増やすことは難しいです。企業のルールなので当然ですが。

そうなると自分の時間を増やすには、作業時間を速くして残業を少なくするか、年間休日が多い企業への転職になります。

ですが実際のところ、作業時間を速くして残業時間が少なくなるかは疑問です。

ほとんどの企業では、作業が速い人に仕事を押し付けることが多くなるからです。

昇給の可能性もありますが、仕事の能率だけで給料が上がることも少ないのでメリットはほとんどありません。

そうなると転職をして、年間休日107日以上の企業で働く方が現実的な方法になります。

実際にキャリアコンサルタントをしていると、年間休日が原因で転職したいという相談も多く受けます。

年間休日が理由で転職する人も多い

年間休日107日以下しかない理由で、転職するか悩んでいる人はかなり多いです。

こうした人たちに伝えたいこととして、年間休日が多くなることのメリットは思っている以上に大きいということがあります。

毎週土日休めるだけでも、旅行や自分の時間を十分に活用できる計画ができます。

年間休日107日から年間休日120日の企業に転職した人の多くは、転職して良かったや、もっと早く転職すべきだったと感じています。

転職は年齢が高くなるほど不利になり、年齢が若ければ若いほど成功率を上げることができます。※本格的なキャリアアップは、年齢はそこまで関係ありません。

休みも人生において重要なファクターなので、それを理由に転職することは悪いことではありません。

ですが休みが理由で転職ってできるの?と不安を感じている人も多いと思います。

そういった人は、キャリアコンサルタントのアドバイスとして、ハローワークや転職サイトでの転職活動はしないことを警告します。

その理由は、個人で転職をすると休日などの条件が違う企業を選んでしまうリスクがあるからです。

実際に年間休日120日と書いていても、残業が多かったり休日出勤させる企業も多いです。

こういった失敗を防ぐは、企業の事情をしっかりと把握している転職エージェントを使うことをおすすめします。

 

仕事に悩んでいる人がすべきこと

現状の仕事に悩んでいる人がまず初めにすべきことは、転職サイトに登録することになります。

いきなり転職!?と思うかも知れませんが、転職サイトに登録したからと言って必ずしも転職しなければならないわけではありません。

あくまで悩みを解決する方法が転職しかなくなった時の保険として登録しておくのです。

転職サイトは、転職エージェントのような面談や電話はないので気楽に登録することができます。

今すぐに転職をする気はない人でも、登録しておけば転職市場をチェックできますし、いざというときに転職サイトに登録しておいて良かったと思うはずです。

転職サイトは、後述する転職エージェントのように、面倒な面接や打ち合わせもないので、これから転職を考える人や、今の会社に不満がある人は登録だけしておきましょう。

登録も簡単で、入力フォームにあなたの情報を登録するだけととても簡単です。

登録すると、あなたに合った仕事のメールなどが届きますが、電話などの煩わしい作業は全くありません。

転職サイトも数多くあり、どこに登録すべきか迷うかもしれませんが、知名度や実績でNo.1のリクナビに登録しておけば十分です。

ほとんどの転職サイトは、リクナビに掲載されている企業なので、リクナビに登録しておけばほぼ網羅できると考えていいでしょう。

リクナビNEXT

グッドポイント

もし本格的に転職を考えた場合は、この後に説明する転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

転職エージェントを利用して転職準備と情報収集をしましょう

求人探し、職務経歴書の作成、面接対策など、転職には多くのやるべきことがあります。

しかし、一人で転職の準備を全てこなすとなると、かなりの労力や時間が必要となります。

特に在職中に転職活動をする場合、なかなか転職準備の時間を割くことが出来ませんし、本業も転職もおろそかになってしまうリスクがあります。

一人で全て対策するのがは難しい転職活動を効率的に行うために、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

転職エージェントに良い条件の求人紹介や、書類や面接の対策をサポートをしてもらうのです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件をヒアリングして、最適な求人を紹介してくれます。

もちろん業界を変えたいなどの要望についても、的確にアドバイスをしてくれます。

将来のキャリアプランをキャリアコンサルタントと一緒に考えることで、よく聞く転職で失敗するリスクを避けることができます。

転職サイトも求人集めに役立ちますが、基本一人での転職活動になるので転職エージェントほどの手厚いサポートは期待できません。

転職は一人で全て行おうとすると限界がありますが、就職活動のプロである転職エージェントに相談すれば、一人では難しい転職活動を効率的に成功させることができます。

実際のところ、転職エージェントを利用すると書類選考は高い確率で通過することが可能です。

また、転職エージェントは、転職のプロですので、未経験や離職回数の多さなどの弱みがあっても、内定を取るためのサポートをしっかりと行ってくれます。

また転職で気になる、企業の社風や残業時間などの裏話を転職前に聞くこともできます。

転職活動は精神的にも負担が多いですが、転職エージェントを利用することで、この負担をかなり軽減することができます。

もしエージェントの利用料を気にしているのならば、転職エージェントは無料で利用できるので安心して活用してください。

無料の理由は、転職エージェントは人材を募集している企業から紹介料を貰っているので、求職者は無料でサポートを受けることができるのです。

必ず登録しておくべき転職エージェント

転職エージェント選びですが、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントは『リクルートエージェント』です。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ業界最大手の転職エージェントで、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇の良い企業の求人が集まっています。そのため、待遇の良い求人を探すのに最も適した転職エージェントです。

よく聞く大企業やその関連会社、また今後成長が見込める企業など、リクルートエージェントは良い求人が多いです。

リクルートエージェントは、キャリアコンサルタントのサポートも書類作成から面接対策まで、求職者が不安になる対策をすべてサポートしてくれます。

選定される求人は事前にチェックをしているので、いわゆるブラック企業の求人に転職して失敗することもありません。

就職活動は不安要素が大きく、正解がわからないので、どう対策してよいか分からないものです。

リクルートエージェントは転職支援実績も豊富で、転職支援のノウハウをたくさん抱えていますので、転職活動で行き詰まったときの相談もできる頼りになる存在です。

転職支援する対象年齢も幅広く、20代から60代まで満遍なく対応してくれます。

しかもリクルートエージェントのメリットとして、転職サイトのリクナビNEXTの同時利用もできることもあります。

利用方法は、アドバイサーに登録時リクナビNEXTを利用すると伝えるだけなので簡単です。

転職の成功実績が圧倒的に豊富でサポートが充実しているリクルートエージェントは、必ず登録しておくべき転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント


キャリアアップにおすすめの転職エージェント

現職の方で、現状の年収や待遇に満足できていない人も多いと思います。

現在の日本の企業は、能力よりも勤続年数を重視しているため、どんなに能力が高くても大幅な給与アップは難しいです。

もし自分の待遇に不満があるのでしたら、キャリアアップを狙った転職エージェントに登録することをおすすめします。

同じ会社に勤めるよりも、転職をして大幅な年収アップした30代や40代はかなり多いです。

そんなキャリアアップを狙っている人におすすめの転職エージェントは、JACリクルートメントです。

リクナビエージェントやDODAと比較すると聞いたことがない人もいるかも知れませんが、転職業界では昔から有名なハイクラス案件を豊富に扱っている転職エージェントです。

登録の条件は少し厳しく、現職・年収600万以上・55歳未満でなければ登録を断られることもあります。

ですがこの条件をクリアできるのならば、キャリアアップに最も適した転職エージェントと言えます。

転職でキャリアアップをするのは難しいと思うでしょうが、JACリクルートメントならば豊富な実績と信頼であなたのキャリアを確実にアップさせるお手伝いをしてくれます。

逆に、転職エージェントを使わずにキャリアアップをすることはかなり厳しいです。転職経験が少ない求職者では、企業の採用担当に言いくるめられてしまうリスクもあるからです。

転職エージェントは無料で利用できるので、キャリアアップを目指すなら必ずJACリクルートメントを使って転職を成功させてください。

JACリクルートメント

JAC Recruitment