NifMo(ニフモ)の評判は!?メリットとデメリットを徹底検証

スポンサードリンク

NifMo(ニフモ)は大手プロバイダである@niftyが運営する格安SIMです。同社の光回線や電気サービスとセットで利用すると月額料金が割引される「まるっと割」があるのが最大の特徴で、すでに@niftyのユーザーであるなら通常よりも安く利用できます。

今回はNifMo(ニフモ)の料金プランやメリット・デメリットなどをまとめました。

NifMo(ニフモ)の料金プラン

NifMoの料金プランは以下になります。

プラン 容量 データ通信 SMS対応 音声通話
1.1GBプラン 1GB 640円 790円 1,340円
3GBプラン 3GB 900円 1,050円 1,600円
7GBプラン 6GB 1,600円 1,750円 2,300円
13GBプラン 12GB 2,800円 2,950円 3,500円

NifMo(ニフモ)の料金プランは1.1GB、3GB、7GB、13GBの4つだけと非常にシンプルで、初心者でも迷うことなく選びやすいです。どれも格安スマホとしては一般的な容量で、価格も標準的です。

ただし、1.1GBプランはNifMo(ニフモ)の公式ページには記載されておらず、キャンペーンページなど特殊なページからのみ申し込める裏メニュー的なプランです。しかもキャッシュバックの対象外になっているなど制限もあるため、あまりおすすめではありません。料金的にも特別安い訳ではないため、1.1GBプランを利用する場合は他社の1GBプランを利用するのが良いでしょう

NifMo(ニフモ)のメリット

では次にNifMoのメリットを説明します。

  • @niftyの他のサービスを利用していると月額料金が最大450円割引される
  • NifMo(ニフモ)バリュープログラムで月額料金が安くなる
  • 10分かけ放題オプションが安い
  • 家族でお得に利用できる「NifMo(ニフモ) ファミリープログラム」がある
  • 低速時にバースト転送が利用できる

@niftyの他のサービスを利用していると月額料金が最大450円割引される

NifMo(ニフモ)を運営している@niftyは他にも光回線や電気などのサービスを手掛けています。すでにそういったサービスを利用している場合は「まるっと割」という割引サービスが適用され、NifMo(ニフモ)の料金が割引されます。

@niftyの接続サービスを利用している場合はまるっと割(ネット+スマホ)が適用され、月額料金が200円割引されます。対象となるのは以下の接続サービスです。

  • @nifty光
  • @nifty光 プロバイダーコース
  • @nifty光ライフ with フレッツ
  • @nifty光 with フレッツ
  • @nifty auひかり
  • @nifty コミュファ光
  • @nifty with ドコモ光
  • Bフレッツコース
  • ADSL接続サービス
  • フレッツ・ADSL(スペシャルコース含む)

また、@niftyでんきを利用している人はまるっと割(でんき+スマホ)が適用されて月額料金が250円割引されます。

さらに、@niftyの接続サービスと@niftyでんきを利用している場合はまるっと割(でんき+ネット+スマホ)が適用され、合計で450円も月額料金が割引されます。毎月450円の割引はかなり大きいですね。例えば3GBプランのデータ通信SIMであれば月額450円で利用できます。

NifMo(ニフモ)は単体で使ってもお得ですが、すでに@niftyの他のサービスを利用している人ならさらにお得に利用できます。

NifMo(ニフモ)バリュープログラムで月額料金が安くなる

NifMo(ニフモ)には月額料金が安くなる「NifMo(ニフモ) バリュープログラム」という独自の仕組みがあります。

バリュープログラムでは指定のアプリのダウンロード、アンケートへの回答、対象店舗での買い物や食事といった案件をこなすと、報酬として月額料金が割引されます。

どの案件を受けるかはユーザーが自由に決めることができます。案件をこなせばこなすほど月額料金が安くなり、場合によっては無料になってしまうこともあります。

10分かけ放題オプションが安い

NifMo(ニフモ)には音声通話オプションとして「10分かけ放題」が用意されています。

10分かけ放題を利用すると、月額830円で1回10分までの通話が何度でも無料でかけ放題になります。同様のオプションは他社でも実施されていますが、10分かけ放題オプションとしてはNifMo(ニフモ)のものが最も安いです。

短い通話を何度もかけるという人なら通話料を大きく節約できます。

家族でお得に利用できる「NifMo(ニフモ) ファミリープログラム」がある

NifMo(ニフモ)には家族で格安SIMを利用する人向けに「NifMo(ニフモ) ファミリープログラム」というサービスがあります。

ファミリープログラムを利用すると家族全員の支払を1つにまとめることができます。複数回線を契約しても、1回の支払いで済むので楽です。

さらに、ファミリープログラムで契約をまとめると、「ファミリーおまとめボーナス」がもらえ、契約数×0.5GBのデータ容量が毎月もらえます。例えば家族4人でNifMo(ニフモ) ファミリープログラムを利用すると毎月データ容量が0.5×4 = 2GB追加されます。

まとめられるだけでなく利用できるデータ容量も増えるのはお得ですね。

低速時にバースト転送が利用できる

NifMo(ニフモ)は低速通信時にバースト転送機能を利用できます。

バースト転送機能は速度制限がかかって低速になっても、通信開始後一定容量(NifMo(ニフモ)の場合は150KB)までは高速通信が利用できる機能です。

バースト転送により、SNSやテキストが中心のサイトであれば低速時でも素早く読み込み、快適に楽しめます

NifMo(ニフモ)のデメリット

NifMoのデメリットを説明します。

高速通信の切り替えが出来ない

NifMo(ニフモ)は高速通信の切り替えが出来ないのがデメリットです。

高速通信の切り替えができれば、動画やゲームをするときは高速通信を利用し、それ以外は低速に切り替えてデータ容量を無駄に消費するのを防ぐといった使い方ができます。しかし、NifMo(ニフモ)ではそういった使い方ができません。

NifMo(ニフモ)はバースト転送に対応し、低速時でも快適な通信を行えるだけに、高速通信の切り替えができないのは残念です。

1GBプランはおすすめでない

NifMo(ニフモ)のプランで最も安いのは1.1GBプランはメリットが薄く、他のプランほどおすすめではありません。

まず、公式サイトからは申し込めず、キャンペーン専用サイトから申し込まないといけないので探し出すのが面倒です。

さらに1.1GBはスマホとまとめることで月額料金が割引になる「まるっと割」や最大2万円のキャッシュバックキャンペーンの対象外となっています。とくにNifMo(ニフモ)のメリットでもあるまるっと割を受けられないのは大きなデメリットです。

料金も1GBプランであればDMMモバイルやイオンモバイルのほうが100円以上安いです。したがって、NifMo(ニフモ)の1.1GBプランはあまりお得ではないので、契約するなら3GB以上のプランがおすすめです。

大手キャリアから乗り換えるとどれくらいお得か?

通信料を抑えるために、大手キャリアからNifMo(ニフモ)への乗り換えを考えている人も多いと思いますが、実際に乗り換えるとどれくらいお得になるのでしょうか?

NifMo(ニフモ)はドコモの回線を利用しているので、ドコモの最安プランとそれに近いNifMo(ニフモ)のプランを比較してみましょう。

月額料金 内容
ドコモ 5,500円~ カケホーダイライト+データSパック+SPモード
NifMo(ニフモ) 1,600円~ 音声通話3GB

ドコモは最も安いカケホーダイライト(5分間の無料通話)とデータ2GBのSパックでも5,500円かかります。一方、NifMo(ニフモ)なら音声通話3GBプランなら1,600円で利用できます。ドコモの3分の1まで抑えることができます

ドコモのカケホーダイライトは5分間までの通話がかけ放題ですが、NifMo(ニフモ)でも10分かけ放題オプションを利用すればむしろ通話料的にもNifMo(ニフモ)のほうがお得です。10分かけ放題を付けても月額2,430円なので、ドコモの半額以下で済みます。

NifMo(ニフモ)のキャンペーン

2017年8月現在、NifMo(ニフモ)では以下のキャンペーンが実施されています。

  • NifMo(ニフモ) 夏の大感謝キャンペーン ※対象期間:2017年8月31日まで

NifMo(ニフモ) 夏の大感謝キャンペーンは、スマホとSIMカードのセットを申し込むと最大20,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンです。

キャッシュバック額はプランやSIMカードタイプによって以下のように決まっています。

プランおよびSIMカードタイプ キャッシュバック額
データ通信専用SIM/SMS対応SIMの3GB/7GB/13GBプラン 8,000円
音声通話対応SIMの3GB/7GBプラン 10,000円
音声通話対応SIMの13GBプラン 20,000円

なお、1.1GBプランはキャッシュバックの対象外です。

人気の格安SIM「mineo」との比較

格安SIMの中でもとくに人気なのが「mineo」です。ここではNifMo(ニフモ)とmineo(Dプラン)を料金プランやサービスから比較してみます。

料金プランはmineoのほうが充実している

料金プランを比較すると、NifMo(ニフモ)とmineoでは用意されている容量に大きな差があります。

NifMo(ニフモ)・・・1.1GB、3GB、7GB、13GB

mineo・・・500MB、1GB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GB

NifMo(ニフモ)が4つしかないのに対して、mineoは7つもあります。とくに20GBや30GBといった大容量プランがあるのはNifMo(ニフモ)にはない強みです。

料金については、3GBプランは全く同じです。他の容量については同じではないため一概には比較できませんが、ほとんど差がありません。したがって料金的にはほぼ同じですが、内容が充実しているのはmineoだと言えます。

mineoは高速通信のON/OFFができる

NifMo(ニフモ)では高速通信のON/OFFができません。

それに対して、mineoでは専用アプリ「mineoスイッチ」で簡単に速度を切り替えられます。ゲームや動画視聴などを行わないときは高速通信をOFFにすることでデータ容量を賢く節約できます。

高速通信の切り替え機能を使いたい場合はNifMo(ニフモ)よりmineoのほうが良いでしょう。

かけ放題オプションはNifMo(ニフモ)のほうがお得

NifMo(ニフモ)、mineoともに音声通話向けのかけ放題オプションがあります。

NifMo(ニフモ)は10分かけ放題で月額830円なのに対して、mineoは5分かけ放題で850円です。NifMo(ニフモ)のほうが無料になる時間が長く、しかも月額料金が安いです。利用するには専用アプリが必要など、使い勝手はどちらも同じです。

かけ放題オプションを利用する場合はNifMo(ニフモ)のほうがお得です。

mineo(マイネオ)については、mineo(マイネオ)がおすすめかを検証しましたを参考にして下さい。

NifMoまとめ

今回はNifMo(ニフモ)について詳しく解説しました。

NifMo(ニフモ)はすでに@niftyの他の接続コースを利用している人なら200円割引になり、@niftyでんきを利用している人なら250円割引になります。さらにその両方を利用している場合は450円も割引になり、大幅に安くなります。

@niftyのサービスを利用していない人でも、料金が安くなるバリュープログラムを上手く活用することで月額料金が割引になります。

高速通信の切り替えができないというデメリットがありますが、それが気にならない人や@niftyのサービスを利用している人なら、NifMo(ニフモ)はおすすめです。

スポンサードリンク