nuroモバイルの評判は!?メリットとデメリットを徹底検証

スポンサードリンク

nuroモバイルはソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が手掛ける格安SIMです。高速通信をデータ容量ではなく利用時間で制限する「時間プラン」があるのが最大の特徴で、使い方によってはかなりお得です。

また、通常のプランも1GB刻みで細かくデータ容量が用意されており、他の格安SIMよりも自分にぴったりの容量プランを選びやすくなっています。

今回はnuroモバイルの料金プランやメリット・デメリットなどをまとめました。

nuroモバイルの料金プラン

nuroモバイルの料金プランは大きく分けて容量プランと時間プランの2つです。

容量プラン

プラン データ SMS 音声通話
2GB 700円 850円 1,400円
3GB 900円 1,050円 1,600円
4GB 1,100円 1,250円 1,800円
5GB 1,300円 1,450円 2,000円
6GB 1,500円 1,650円 2,200円
7GB 1,700円 1,850円 2,400円
8GB 1,900円 2,050円 2,600円
9GB 2,100円 2,250円 2,800円
10GB 2,300円 2,450円 3,000円

容量プランは毎月決まった量のデータ通信ができる、格安SIMとしては一般的なプランですが、シンプルかつ分かりやすいのが特徴です。

データ容量が2GBから10GBまで1GB刻みで用意されており、自分に合ったプランを選びやすいです。料金も「1GB増えるたびに+200円」で統一されており、分かりやすいです。

時間プラン

プラン データ SMS 音声
5時間/日 2,500円 2,650円 3,200円
深夜割 1,500円 1,650円 2,200円

時間プランは「容量」ではなく利用できる「時間」が決まっている変わったプランです。5時間/日プラン、深夜割プランともに利用できる高速通信容量は無制限です。

ただし、5時間/日プランは高速通信が使えるのは1日5時間までで、それを過ぎると翌日まで速度制限がかかります。深夜割プランは深夜1:00~6:00までは高速通信が無制限に使うことができ、それ以外の時間帯は低速通信になります。

どちらもクセのあるプランですが、使い方によっては他社の大容量プランよりもお得に利用できます。
nuro mobile

nuroモバイルのメリット

次にnuroモバイルのメリットを説明します。

  • 使い方によってはかなりお得な「時間プラン」
  • 容量プランは1GB刻みで自分に合ったものを選びやすい
  • 10分かけ放題が業界最安値で利用できる
  • データ容量の前借りに対応
  • 容量が余っても繰り越しとギフトで無駄なく使える

使い方によってはかなりお得な「時間プラン」

nuroモバイルの特徴でもある「時間プラン」は通信容量ではなく利用時間で制限をするプランです。通常のプランと使い勝手が大きく異なりますが、上手く使えばかなりお得です。

まず、「5時間/日」プランは1日5時間まで高速通信が使い放題なプランです。5時間を経過しない限りは高速通信容量が制限なく使い放題なので、1日のうちスマホを使う時間がある程度決まっている人におすすめです。例えば日中は学校や会社でほとんどスマホを使わず帰宅してから寝るまでの間ゲームをする場合だと、無制限に使い放題のプランだと使わない時間が多すぎて無駄です

5時間/日プランなら帰宅してから寝るまでの間であれば十分に高速通信を使えますし、完全に無制限のプランと比べると月額料金が安いのでお得です。

「深夜割」プランは毎日1:00~6:00の深夜5時間だけ高速通信が無制限に使えるプランです。基本的な考え方は5時間/日プランと同じですが、高速通信が使える時間が深夜と決まっているので、昼ではなく夜に仕事やプライベートで使う人に向いています

5時間/日プランよりも1,000円安いので、深夜しか使わないという人は深夜割プランを選びましょう。

容量プランは1GB刻みで自分に合ったものを選びやすい

nuroモバイルはさきほどの時間プランが目立ちますが、通常の容量プランも特徴的です。

データ容量が2GBから10GBまで1GB刻みで用意されており、自分にあったプランが選びやすくなっています。例えば他社では3GB、5GB、10GBといったように飛び飛びで用意されています。しかし、これだと「3GBでは少ないけど7GBでは多すぎる」といったように、ぴったりのプランを選べないことがあります。

nuroモバイルでは1GBごとにプランが用意されているので、そういったことにはなりません。3GBでは少ない、5GBでは多いということなら4GBを選択すればピッタリですね。

とくに容量プランのうち、4GBと9GBというデータ容量は他の格安SIMではほとんど用意されていないため貴重です。

10分かけ放題が業界最安値で利用できる

nuroモバイルでは2017年2月1日から5分かけ放題オプションが登場し、月額800円で提供されていました。1回5分までの通話であれば何度でも無料で出来るお得なオプションとして好評でしたが、2017年8月1日に「10分かけ放題オプション」にスペックアップしました。

これにより、月額料金は800円のまま、無料で電話をかけられる時間が5分から10分に延びました。他社のMVNOでもかけ放題サービスは続々と登場していますが、10分まで無料なのは少ないです。

しかも月額800円というのは10分かけ放題オプションとしては業界最安値です。nuroモバイルは通話料を節約したい人にもおすすめです。

データ容量の前借りに対応

nuroモバイルでは2017年8月1日から国内のMVNOとしては、初めてデータ容量の前借りが可能になりました。月末などにデータ容量が足りなくなったときに、翌月の契約データ容量内から2GBを上限に前借りすることができます。

前借りするとその分翌月に利用できるデータ容量は減りますが、データ容量チャージと異なり追加料金をかけずに今月のデータ容量を増やせます。前借りしたデータ容量は翌月末まで利用できるので無駄もありません。

データ容量が足りなくなりそうだけど、追加料金を払ってチャージするほどでもない、という場合におすすめです。なお、前借りが利用できるのは容量プランのみです。

容量が余っても繰り越しとギフトで無駄なく使える

前借りはデータ容量が足りないときに便利ですが、nuroモバイルでは逆にデータ容量が余っても安心です。データ容量の繰り越しに対応しており、余ったデータ容量を翌月に繰り越して使うことができます

また、パケットギフトを利用すると、容量プランを利用している他のユーザーに余ったデータ容量を分けることができます。自分ではあまり使わない場合でも、余ったデータ容量が無駄になりません。
nuro mobile

nuroモバイルのデメリット

シェアプランがない

nuroモバイルにはシェアプランがありません。家族で使う場合や複数の端末で使いたい場合も別途契約をしないといけないので面倒ですし高くつきます。

複数回線を利用する場合はシェアプランがある格安SIMを選びましょう。

容量プランは高速通信のON/OFFができない

nuroモバイルは高速通信のON/OFFを切り替えることができません。低速時に、最初の読み込みだけ高速通信を使う「バースト転送」が使えるにも関わらず、自由に低速に切り替えることはできません。

低速通信に切り替えて、高速通信を節約するという使い方はできないのでご注意ください。

大手キャリアから乗り換えるとどれくらいお得か?

通信料を抑えるために、大手キャリアからnuroモバイルへの乗り換えを考えている人も多いと思いますが、実際に乗り換えるとどれくらいお得になるのでしょうか?

nuroモバイルはドコモの回線を利用しているので、ドコモの最安プランとそれに近いnuroモバイルのプランを比較してみましょう。

月額料金 内容
ドコモ 5,500円~ カケホーダイライト+データSパック+SPモード
nuroモバイル 1,400円~ 容量プラン2GB

ドコモは最も安いカケホーダイライト(5分間の無料通話)とデータ2GBのSパックでも5,500円かかります。一方、nuroモバイルで同じ容量である2GBプランを契約すると1,400円で利用できます。ドコモの約4分の1の価格です。

さらにnuroモバイルは月額800円の10分かけ放題オプションを用意されています。これを合わせると、月額2,200円という安さでドコモと同じ2GBの容量とドコモより5分長いかけ放題を利用できます。

人気の格安SIM「mineo」との比較

格安SIMの中でもとくに人気なのが「mineo」です。ここではnuroモバイルとmineo(Dプラン)を料金プランやサービスから比較してみます。

nuroモバイルはプランの数が豊富

まずは料金プランで比較してみます。mineoは500MB、1GB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GBの7種類だけです。シンプルな内容ですが、幅広い容量をカバーしています。

一方のnuroモバイルは2GB~10GBまで1GB刻みの容量プラン9種類と時間プラン2種類、合計で11種類のプランがあります。

格安SIMではあまりない4GBや9GBといった容量もそろえてあり、プランの豊富さではnuroモバイルのほうが優れていると言えます。

mineoには大容量プランがある

mineoはnuroモバイルにはない20GBおよび30GBという大容量プランが用意されています。

nuroモバイルでも時間プランを使えば大容量のデータ通信を行えますが、こちらは決まった時間しか高速通信を使えないため、長時間スマホを使う人には不向きです。

長時間スマホを使う人で、大容量のデータ通信を行いたい人は20GBと30GBのプランがあるmineoのほうが良いでしょう。

かけ放題オプションはnuroモバイルのほうがお得

mineoは5分かけ放題オプションが850円で使えます。一方、nuroモバイルでは10分かけ放題が800円です。

nuroモバイルのほうが無料になる時間が5分長く、しかも月額料金が安いです。したがって、かけ放題オプションを使う場合はnuroモバイルのほうがお得です。

mineoは高速通信のON/OFFができる

mineoは専用アプリからいつでもワンタッチで高速通信のON/OFFを切り替えられます。普段は低速にしておき、動画やゲームを楽しむときだけ高速にすることで、データ容量を節約できます。

nuroモバイルでは高速通信の切り替えができません。バースト転送に対応しており、低速でも快適に使えるだけに、高速切り替えに対応してほしいところです。

mineo(マイネオ)については、mineo(マイネオ)の口コミと評判を参考にして下さい。

nuroモバイルまとめ

今回はnuroモバイルについて詳しく解説しました。nuroモバイルはシンプルでありながら独自のサービスが充実している格安SIMです。

時間で高速通信を制限する時間プランはクセがありますが、1日のうちスマホを使う時間が決まっている人であればお得に利用できます。通常の容量プランは2GBから10GBまで1GB刻みに用意されており、自分にあったプランを見つけやすいです。

また、2017年8月1日からは5分かけ放題プランが料金そのままに10分かけ放題にスペックアップしました。これにより、10分かけ放題としては業界最安値となり、データ通信だけでなく音声通話をお得に使いたい人にもおすすめの格安SIMとなりました。

nuro mobile

スポンサードリンク