PHP独学【入門】初心者が始めに行うべき勉強法とWEBプログラミングの将来性

PHPはWEBでよく使われるプログラミング言語で、独学でも比較的簡単に勉強することができるため人気が高いです。

プログラミングってどんなことをするの?

こうしたプログラミング初心者が、初めて覚えるのに最も向いている入門言語としてもPHPを勉強している人が増えています。

ただし全くの初心者がPHPを勉強する場合、何から始めて良いか迷ってしまうと思います。

私も今ではPHPを普通に使いこなせていますが、初心者の頃は独学でどうやって勉強するのか悩みました。

今回はプログラミングって何?という初心者向けに、PHPでプログラムの知識の基礎をつける独学の勉強法を紹介します。

スポンサードリンク

PHPは独学で勉強できる

まずプログラミングをやったことがない人は、独学でプログラミング言語であるPHPを覚えることが難しいと思うかもしれません。

確かに複雑なWEBプログラミングを作成するのは、PHP初心者には難しいと思います。

ですが最初から高度な勉強をする必要はなく、独学の場合は簡単なプログラミングから始めることをおすすめします。

物事には段階があり、PHP初心者は入門から一つずつ階段を上る勉強をすることが大事になります。

私も1冊目に口コミ評価の高い参考書を読んで勉強しましたが、3日で挫折してしまいました。

その後、難易度の低い自分のレベルに合った参考書で勉強することで、PHPを独学でも理解できるレベルにまでなることができました。

ですのでPHP初心者の方は、最初から難しいことをするのではなく、簡単なプログラミングから始めることをおすすめします。

PHP初心者はまず環境を作ることから始めること

PHP入門レベルの人が独学で最初にすべきことは、PHPを実行できる環境をつくることになります。

初心者の方が最初に陥る挫折要素は、どうやってプログラムを実行する環境を作るかになります。

プログラミングはパソコンがあれば独学で勉強できますが、パソコンに最初からプログラムを実行できる環境が用意されているわけではありません。

自分でプログラムを実行する環境を作らなければならないのです。

環境を作る一つの方法はドットインストールやネットでPHP初心者向けのサイトを見ることになります。

こうしたサイトは丁寧に解説してあり、初心者の方でも無理なくPHPの環境を自分のパソコンに作ることができます。

ただし手順通りに作業しても、上手くいかない時があります。

これはパソコン(WindowsやMac)のバージョンや設定にもよるのですが、初心者の方がここで躓くとPHPって難しいとなり挫折してしまいます。

こうした手順通りに行って上手くいかない状況を解決することは、正直に申し上げると初心者には難しいです。

将来的にはこうしたエラーを解決する力が必要になりますが、初心者の方はまだこのレベルに達していません。

もしどうしても環境が作れない場合は、いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~のような初心者向けの参考書で勉強することをおすすめします。

面倒な環境設定なども付属CDなどで簡単にインストールできるので、初心者が躓くところを回避することができます。

プログラミングの上達には「できた!」という達成感が必要で、最初から挫折すると勉強のやる気がなくなります。

独学の場合は特にその傾向が強くなるので、もし難しい!もうダメ!と思ったら参考書にも頼るようにして下さい。

スポンサードリンク

PHP入門レベルの独学勉強法

PHPを実行する環境を作ることができたら、実際にPHPを動かしてみると独学でも学習スピードが上がります。

※書籍を読むだけの勉強は、作業効率が悪いのでPHP初心者の方は実際にコードを書いて勉強することをおすすめします。

ただいきなりコードを書くと言っても、何から始めたら良いかわからないと思います。

PHPと一言で言っても、できることは数多くあるので何から始めるのかは重要になります。

特に入門レベルの初心者は、基礎からしっかりと勉強できる手順書が必要になります。

そこで独学でもできるPHP初心者におすすめの学習サイトと参考書を紹介します。

PHP初心者におすすめの学習サイト

PHPは基礎がわかれば、独学でも学習スピードを一気に伸ばすことができます。

ですが初心者の場合、この基礎を理解するまでに時間がかかるか、途中で挫折してしまいます。

そこで今回はPHP初心者の人が、挫折せずに独学で勉強できるおすすめの学習サイトを紹介します。

ドットインストール

ドットインストールは、動画でPHPを勉強できるサイトです。

実際の作業内容やコードが動画で見れるので、自分のペースで勉強できるメリットがあります。

各チャプターは3分前後と短いので、初心者の人でも飽きずにPHPの基礎を身につけることができます。

PHP入門レベルの人の多くも利用しているサイトなので、初心者の人にピッタリの学習サイトと言えます。

ただし1回、2回見ただけでは身につかないので、実際に自分でコードを書いて覚えることが必要です。

ドットインストール

PHPプログラミング初心者入門講座

PHPの概要から、文法、フォームの作成まで、入門レベルを一通り学習できるサイトです。

初心者でも躓かないレベルの簡単な内容になっているので、独学の最初の勉強サイトとしておすすめできます。

ただレンタルサーバの解説など、完全初心者にはおすすめできない内容もかいてあるので、全て読む必要はないかという感想もあります。

PHPプログラミング初心者入門講座

PHPBOOK

PHP初心者~中級者を対象にしている学習サイトで、一つ一つ丁寧に解説しているのが特徴です。

環境設定~基本的な文法が説明されているので、参考書的な使い方もできる初心者にお勧めできるサイトです。

ただし現在では利用が減っているライブラリを使っているなど、不要と思われるものもあります。(こうした昔よく使われていた技術を覚えるのも良いのですが、勉強時間を考えると効率が良いとは言えません。)

これだけの独学はおすすめできませんが、問題に直面したときの解決として利用するにはおすすめできるサイトです。

PHPBOOK

PHPプロ

PHPの基本を覚えたら、次にどんなことをすれば良いかがわかる学習サイトです。

スケジューラーや掲示板など、実際に作ってみるとWEBの基本が理解できるおすすめの構成になっています。

ただ全くの初心者には難しいので、ある程度PHPの基礎が理解できたらチャレンジしてほしいサイトです。

※2018年9月25日(火曜日)にサービス終了の予定です。

PHPプロ

PHP入門レベルの初心者におすすめの参考書

基本的には上記で紹介した学習サイトでも、PHPを独学で勉強することはできます。

ただパソコンの画面を見ながらの勉強は思ったほど捗らないので、初心者の方は参考書を読みながらパソコンで作業したほうが効率よく勉強できると思います。

PHPの参考書はいくつかありますが、初心者であればスラスラわかるPHPがおすすめです。

この参考書の良いところは、PHPの基礎だけではなくWEBの概要も勉強できるところです。

PHPはWEBプログラミング言語になるので、WEB周りの知識もあるに越したことはありません。

おそらく全くの初心者でも、これ1冊でPHPの基礎の基礎となるコーディングができるようになります。

PHP初心者が勉強すべきこと

今回はPHP入門レベルの初心者におすすめの学習サイトや参考書を紹介しましたが、個人的にPHPを勉強する場合に先に勉強しておいた方がいいものがあるので紹介します。

  1. HTML
  2. CSS
  3. JavaScript

この3つは、WEBに欠かせない技術で、PHPのコーディングでも必須の知識になります。

PHPを実際に仕事で使うとわかりますが、PHP単体での仕事は少なく、上記の技術も併せて必要な技術になります。

ホームページなどに良くある「新着情報」などは、HTML、CSS、PHPが合わさってできているケースがほとんどです。

またJavaScriptも必須の技術で、PHPとJavaScriptを使えると技術の幅が広がります。

PHPから独学で勉強するのも良いのですが、上記のHTML、CSS、JavaScriptも必ず一緒に勉強することを強くおすすめします。

難易度的にはPHPほど難しくはないので(JavaScriptはPHPができればある程度理解できるようになります)、最初に勉強しておいても良いですね。

プログラミングスクールに通ってPHPを勉強

PHPは独学でも勉強できるプログラミング言語ですが、独学で勉強する場合モチベーションを保つのが難しいです。

特に初心者の人は、最初の基礎を理解できるまでが難しいです。

ある程度のレベルになれば一人でプログラムを組めるようになりますが、最初のとっかかりで挫折してしまう可能性も否定できません。

もしPHPなどのプログラミングを使った仕事(フリーランスも含む)をしたいと考えているのであれば、プログラミングスクールを利用するのもおすすめです。

日本はIT技術者不足が嘆かれています。

そのためプログラミング技術があれば、転職など仕事を見つけるのも比較的簡単と言われています。

こうした背景もあり、プログラミングスクールもどんどん増えています。

プログラミングスクールの競争化が激しくなり、各校の質が上げっている良い状況になっています。

昔は素人教師が教えているスクールもあったようですが、最近のプログラミングスクールは即戦力になる人材を育てるためカリキュラムがしっかりしています。

そのため一人前になるまで育ててくれるカリキュラムを勉強することができます。

もちろん独学でPHPを勉強するのも良いですが、現場を知っているプロの教師に学ぶことで、より深い知識を手に入れることができます。

あくまで一つの選択肢ですが、PHP初心者が効率よく勉強できる方法として、プログラミングスクールも考慮して良いと思います。

PHP入門レベルの初心者で仕事はできる?

個人的な趣味で勉強するのでなければ、PHPを学習する理由は仕事探しになると思います。

まず答えを言うと、PHP入門レベルの初心者が仕事を見つけるのは簡単ではありません。

多くの企業は即戦力を求めるので、全くの初心者が転職するのは簡単ではないでしょう。

PHP初心者の転職は難しいですが、中級者レベルを目指して勉強すれば独学でも転職できる可能性が高くなります。

中級者と聞くとレベルが高いと思うかもしれませんが、中級レベルの参考書(パーフェクトPHP (PERFECT SERIES 3)など)などが理解できるレベルならば実務もできるレベルになります。

PHPの求人数は多く(今後も増えると思います)、実務レベルの力があれば転職は難しくありません。

その意味で将来性はあるので、初心者→中級者を目指して勉強してください。

もし転職に不安があるなら、プログラミングスクールを利用すれば卒業時に提携の企業を紹介してもらえる可能性が高いです。

PHPは基礎ができれば、あとは実務をこなすことでスキルアップすることができます。

WEBは今後もなくなるリスクが低い技術なので、将来性も考えPHPを勉強することはとてもおすすめです。