PHPの本おすすめ【初心者~中級者向け】プログラミングスキルを上げる参考書

PHPを使っている現役プログラマーですが、今は初心者~上級者向けまで多くの本は発売されています。

WEB系のプログラミングで人気のPHPを覚えておくことは、仕事の幅も広がるのでおすすめです。

ただプログラミング初心者や中級者がPHPを勉強する時、どんな参考書(本)を読めばいいのか迷ってしまいます。

そこで今回は、PHPの本でおすすめのものを紹介するので参考にして下さい。

スポンサードリンク

PHPの本(参考書)の選び方

まずPHPの勉強を本(参考書)で行う場合、選び方で学習の進捗が変わることを覚えておいてください。

初心者が中級者向けの本を読んでも理解することは難しいですし、プログラミング中級者が完全初心者の本を読むと時間の無駄になることがあります。

また本の発行年月日も大事で、あまりに古い情報だと今の主流についていけません。

そこで今回のPHPおすすめ本の選び方として

  • どのレベル向けか
  • 今のプログラミングの流れについていけるか

を重視しました。

PHPは覚えやすいプログラミング言語ですが、それでもプログラミングスキルによってできることは異なります。

初心者の方は基本を覚えることが大事ですし、中級者以上ならばフレームワークなどを理解することをおすすめします。

上級者に関しては、正直おすすめできる参考書はなかったので割愛します。(ネットなどで海外のstack overflowなどを見たほうが勉強になります。)

それではPHPの本(参考書)を比較して、おすすめを選んでいきます。

PHP初めて~初心者におすすめの本

PHPを初めて勉強する人から、初心者の方におすすめできる本を紹介します。

初心者向けの本は、環境構築など初めての人に理解しにくい内容も多いです。

そういったプログラミングを知らない人が読んでも、なるべく理解できる本を選定しました。

デメリットを説明すると、PHP初心者向けの本は現場とは違った古いコーディングを紹介しているところです。

ただ全くプログラミングを知らない人は、覚えておいて欲しい内容にもなるので絶対にデメリットになる訳ではありません。

まずは初心者向けの本で学習して、理解してから今の主流を覚えるのが良い流れだと思います。

いちばんやさしいPHPの教本


いちばんやさしい PHP の教本 第2版 人気講師が教える実践 Web プログラミング (「いちばんやさしい教本」)

完全初心者向けのPHP本(参考書)になります。

最初の1冊としておすすめできる本で、プログラミングに触れてみたいというレベルの方でも無理なく読むことができます。

説明が少しわかりにくいところもありますが、初めてプログラミングをする人でも完読することができるレベルです。

内容はとても良いので、初心者向けPHP本としてはとても良い参考書です。

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~


いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

初心者向けのPHP本として、口コミが良い参考書になります。

MySQLまでカバーしているので、WEBプログラミングに必要なデータベース操作まで理解することができます。

ただ内容は2011年のもののようで、今のプログラミングに比べると古い印象があります。

ですが初心者向けの本ではわかりやすいので、初めてPHPを学習する人におすすめできます。

確かな力が身につくPHP「超」入門


確かな力が身につくPHP「超」入門 (Informatics & IDEA)

PHP初心者向けの本として、ボリュームと内容のバランスが良くおすすめできる参考書です。

入門書としては十分な内容で、データベースまで学習できるので一通りの知識を身につけることができます。

ただこの本も少し内容が古く、今の主流には沿っていない印象があります。

ですが初めてPHPを勉強する人なら、覚えておいて欲しい基礎が書いてあるのでおすすめです。

スポンサードリンク

PHP中級者以上におすすめの本

PHPの中級者や、他のプログラミング言語を勉強した経験がある人におすすめの本を紹介します。

中級者の参考書の目的としては、実務で使えるレベルのコーディングを学習することになります。

PHP中級者向けの本でも、基礎が書いてあるものも多いので、もし物足りなければ基礎を飛ばして学習しましょう。

独習PHP


独習PHP 第3版

PHPでWebアプリケーションを開発するために必要な知識を学習できる本です。

これ1冊で、PHPを使ったWEBアプリケーションは作れるくらいの内容になっています。

WEBサイトで重要になるセキュリティについても説明しているので、中級者以上のPHPエンジニアにおすすめできる参考書と言えます。

あまりデメリットはありませんが、あくまで中級レベルなので上級者には物足りない内容になります。

パーフェクトPHP


パーフェクトPHP (PERFECT SERIES 3)

PHPを深い部分まで理解することができる、中級者におすすめの本です。

特に後半のフレームワーク実践は、今のプログラミングの主流である「フレームワーク」の知識が身につく良い内容です。

中級者でも難易度が高いと感じる箇所もありますが、1冊完読すればPHPを自在に使えるレベルになります。

もちろんセキュリティ対策の説明もあるので、実務的な実力をつけることが可能です。

PHPのセキュリティ対策におすすめの本

WEBアプリケーションは、動けば良いという時代ではなくなりました。

個人情報の取り扱いや、外部からのアタックなど、セキュリティ対策をしっかりとする必要があります。

PHPを扱うプログラマーならば、セキュリティの勉強も絶対にしておきましょう。

内容は中級者以上になるので、初心者の方はPHPをある程度、理解してから読むことをおすすめします。

体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方


体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 第2版[リフロー版] 脆弱性が生まれる原理と対策の実践

PHPだけではなく、Webアプリケーションの脆弱性について説明しているセキュリティ対策のバイブルです。

かなりボリュームはあるのですが、内容がわかりやすく中級者以上であれば納得いく出来になっています。

私も現役でプログラミングをしていますが、セキュリティ対策についてはこの本を参考にさせて頂いています。

PHPプログラマーだけではなく、Webサイトに関わっている人に読んでほしい良書です。

セキュリティ対策の本は他にもありますが、個人的にはこれ1冊を熟読することをおすすめします。

PHPフレームワークの勉強におすすめの本

今のWebアプリケーションは、フレームワークを使って実装しているケースが多いです。

フレームワークは開発の効率化が可能で、一度使うと普通にPHPを組むのが面倒になります。

PHPのフレームワークに関しては、

  • CakePHP
  • Laravel
  • FuelPHP
  • Codeigniter

当たりが人気で、特にLaravelは使い勝手が良く使っている現場が増えています。

フレームワークに関してはあまり良い参考書はなかったので、人気のLaravelの入門書を紹介します。

むしろネットの方が情報が多いので、無理に参考書で勉強する必要はないと思います。

参考:PHPフレームワークおすすめ5選と高収入につながるトレンド

PHPフレームワーク Laravel入門


PHPフレームワーク Laravel入門

フレームワークの欠点となる規約の多さ。

Laravelはこの規約について、自由度があるため個人の開発からチーム開発まで幅広く対応できることが人気の秘密です。

そんなLaravelに触れてみたいという初心者向けの本としておすすめできる1冊です。

これ1冊で完璧になるわけではないですが、フレームワークって何?という人の入門書としてもおすすめです。

PHPのフレームワークは構造自体は似ているので、一つ覚えれば他のものでも何となく理解できるようになります。

WordPressのおすすめ本

PHPプログラマーであれば、WordPressを避けて通ることはできません。

多くのWebサイトで利用されているCMSで、間違いなく今の日本でCMSを提案するならWordPress一択でしょう。

あまりに有名なため、全く知らない人でもWordPressを勉強したいというほどです。

アフィリエイターなども、WordPressを使ってブログ運営しているのでテンプレートも豊富です。

ちなみにこのサイトもWordPressで運営しています。本当に便利です。

WordPressについては、他にも伝えたいことがあるので別な記事で紹介します。

PHP初中級者がステップアップするためには

PHPの初心者~中級者向けのおすすめ本を紹介しました。

PHP入門の勉強法については、PHPを独学で勉強する効率的な方法も参考にして下さい。

PHPの本で勉強した初中級者がステップアップするためには、「実践的な実力」をつけることが必要です。

一番良いのは現場でプログラミングの仕事をすることになります。

現役プログラマーとして感じているのは、プログラミング能力は毎日行えば確実に上達します。

仕事でプログラミングをすれば、間違いなく1年後にはプログラミングが楽しくなるレベルになっています。

PHPを勉強してもっとスキルアップしたいと思ったなら、就職や転職でスキルを磨くことも検討してください。

今は未経験でも採用してくれる優良企業もあるので、そういったところで働けば収入を得ながらスキルアップができます。

フリーランスとして働く方法もありますが、スキルが不足しているプログラマーが案件をもらうのは簡単なことではないでしょう。

ある程度までスキルアップしたら、独立してフリーランスとして働くのがおすすめです。

もし、まだプログラミングで食べていく自信が持てないのであれば、スクールを使って勉強するのもおすすめです。

今のプログラミングスクールは、昔に比べて実務的なカリキュラムになっているので、完了すれば現場で働ける力がついています。

参考:プログラミングスクールおすすめランキング

PHPは需要が高く、しかも独立して働くこともできるプログラミング言語です。

WEBサイトの需要はまだまだこれからも伸びるので、本で基本的な知識を身につけて、実務でスキルアップしてください。

PHPが普通に使えるようになれば、副業の選択もあります。(私の周りも副業で1万~10万くらい稼いでいるPHPプログラマーが多いです)

参考:プログラミングの副業で月5万以上稼ぐ方法

スポンサードリンク