【プログラミング独学】未経験の初心者が0からスキルアップできる効率的な勉強法

プログラミング初心者が独学で勉強すると、「プログラミングが理解できない」と、何度も挫折しそうになります。

私自身も現役エンジニアとして、今でこそプログラムをできるようになりましたが、プログラミングの独学を始めた頃は本当に理解できなかったことを記憶しています。

私と同じようにプログラミングを独学で勉強しようとしたけど、理解できずに挫折している人も多いと思います。

特に独学の場合、頼れる人が周りにいないことが多いので、なかなか理解できず苦労します。

今回はプログラミング未経験の初心者が、独学でマスターできる効率的な勉強法を紹介します。

スポンサードリンク

プログラミングが独学で理解できない3つの理由

冒頭で説明したように、プログラミング初心者が独学で勉強すると、かなり高い確率で理解できないと挫折してしまいます。

理解できない理由としては、大きく以下の3つのことが考えられます。

  • 難しいプログラミング言語で勉強している
  • 参考書の選び方が間違っている
  • 独学だと勉強が継続できない

人によって理解できない理由は様々ですが、私は最初に購入した参考書の意味が全くわからず見事に挫折しました。

難しいプログラミング言語で勉強している

まずプログラミング未経験の人が独学で失敗する理由として、難しいプログラミング言語を最初に選択してしまうことがあります。

プログラミングと一言で言っても、JAVAやPHPなど色々なプログラム言語の選択肢があります。

それぞれのプログラミング言語には特徴があり、プログラマーですら最初は理解できないと感じるプログラム言語もあります。

もちろん、やる気があって努力をすれば身につけることは可能ですが、独学で始めるのなら比較的簡単と言われているプログラム言語から始めることをおすすめします。

  • PHP
  • Ruby
  • Python

これらのWEB系のプログラミング言語は、初心者の方でも使いやすく独学でも理解しやすいのでおすすめです。

特にPHPはプログラミング言語の中でもとっつきやすく、初心者でも勉強しやすいのが特徴です。

参考:PHP独学【入門】初心者が始めに行うべき勉強法とWEBプログラミングの将来性

実際、私も最初は独学でC言語を勉強しましたが、全くわからずPHPに変えました。

そしたら思っていた以上に理解しやすく、それからプログラミングの考え方が身につきました。

また、Pythonも人気が高いプログラミング言語で、初心者でも比較的とっつきやすいです。

参考:Python独学 プログラミング初心者がステップアップできる入門レベルの本と勉強法

頭を抱えて辛い思いをしながら勉強しても、プログラミングが嫌いになってしまいます。

初心者は難易度が易しいプログラミング言語から始めることで、徐々にステップアップできるので無理に最初から人気の高いJAVAやC言語から勉強する必要はないと思います。

参考書の選び方が間違っている

これも独学でプログラミングを勉強する人にありがちなのですが、ネットで評価の良い参考書を購入して挫折してしまう人が多いです。

プログラミングの参考書で評価が高いものは、中級以上のプログラマーなどの評価も多く、初心者が読んでもわからないものも少なくありません。

最初の1冊としては、必ず「初心者」や「初めての」といった参考書を選ぶことをおすすめします。

基本がわからない状態で中級以上の参考書を使うと、間違いなく挫折してしまいます。

無理に背伸びをする必要はないので、基礎がしっかり勉強できるものを選ぶようにしましょう。

プログラミング入門におすすめの本!レベルと目的別に現役プログラマーが厳選しました

あと補足ですが、参考書通りにコードを書くと動かないということもあるようで、初心者が理解できない原因にもなっているようです。

独学だと勉強が継続できない

プログラミングを独学で勉強する場合、継続はとても大事なことになります。

センスがあればできるという人もいますが、基本的にプログラミングは日々の積み重ねが一番大事なことになります。

これはどの勉強にも当てはまることですが、繰り返し復習をして少しづつ理解することが成長の近道になります。

ただプログラミングは、仕事で使っていないと独学だけでの継続は難しいと思います。

せっかく勉強して覚えても、半年もするとプログラミングを忘れてしまいます。

趣味でプログラミングをしているのでなければ、オンラインなどのスクールを利用するのも一つの方法です。

仕事に直結することもありますし、目的がはっきりしているので勉強に集中できます。

プログラミングスクールおすすめ!社会人向けのスクールを徹底比較したランキング

初心者が独学でプログラミングを理解するのに必要な勉強時間

初心者の方は、プログラミングを理解するのに必要な勉強時間ってどのくらいか気になると思います。

勉強時間については、個人差があると言えるでしょう。

同じ時間勉強して、習得が早い人もいれば、なかなか理解できない人もいます。

ですが、理解できないからといって不安にならないでください。

一般的なプログラミングであれば、継続すれば独学で確実に理解することができます。

最初は難しいと思ったことでも、3ヶ月くらいから徐々に理解できるようになっていきます。

3ヶ月もかかるの!?と思うかもしれませんが、私などは理解力があまりなかったので、理解できるようになるまで半年以上苦戦していました。

実際に現場で独り立ちできるようになるには、1年以上かかるのも普通です。

プログラミングはトライ&エラーの繰り返しになるので、日々実践することで確実に実力は上がります。

独学に必要な勉強時間は一概には答えは言えませんが、毎日のプログラミングを3ヶ月~半年ほど継続すればプログラミングの基礎は理解できるようになります。

スポンサードリンク

プログラミング独学の効率的な勉強法【初心者向け】

初心者がプログラミングを独学で勉強する場合、学習方法で上達の度合いが変わってきます。

残念ながら、プログラミングはただ参考書を読むだけでは上達できません。

自分でコードを書いて、動かしながらアルゴリズムを理解しないと本当の意味でレベルアップできないからです。

初心者のプログラミング独学におすすめの勉強法としては

  • 参考書やネットのコードをコピーして動かす
  • 自分でそのプログラムを応用してみる

この流れでプログラミングを勉強すれば、初心者の独学でも着実に実力をつけることができます。

参考書やネットのコードをコピーして動かす

多くの参考書は、プログラミングの文法の紹介とサンプルを紹介しています。

まずは参考書を読んで、書いてある通りにプログラミングを作ってみましょう。

注意としては、ただ参考書を読んで書いてある通りのプログラミングをするのではなく、それがどんな動きなのか、どうしてそうなるのかをイメージしてみて下さい。

プログラミングの独学で大事なことは、自分が何を作っているのかをイメージして理解することです。

最初は難しいと思いますが、まずは何をすれば動くプログラムが作れるのかを把握してください。

とりあえずコピーしたものが動くだけでも、最初はかなり感動しますよ!

PHP独学 初心者が無理なくできる入門レベルの本と勉強法

自分でそのプログラムを応用してみる

一通り参考書が終わったら、自分で参考書のプログラムを応用してみましょう。

この時、大事なことは最初に何を作りたいかゴールを見つけることです。

例えばWEBで良くある「お問い合わせフォーム」を、自分で一から作成するなど、ゴールを決めましょう。

作ってみたいものを考えて、それを自分でチャレンジしてみることで、独学でもプログラミング能力は飛躍的に上がります。

注意としては、いきなり難易度の高いものではなく、参考書で勉強したことで作れるレベルのゴールを設定することです。

基本的なプログラミングの文法(書き方)を覚えて、自分で実践することができれば、すぐに初心者から中級者になることができます。

プログラミング独学でスキルアップするために必要なこと

プログラミング能力は、常に使い続けることでスキルアップすることができます。

ただスキルアップの度合いは作業環境で変わり、最もスキルアップできるのは現場に出ることです。

もし、あなたがIT業界で働くことを考えているならば、プログラミングの基礎ができたら現場に出たほうがスキルアップできます。

私も未経験の独学からプログラマーになりましたが、プログラマーとして2~3年働けば、一人で仕事ができるくらいのレベルになれます。

プログラミングは色々な現場で勉強することで、どんどんスキルを磨くことができます。

独学で基礎を身につけたら、現場でプログラミングをしたほうが成長は早いです。

初心者のプログラミング独学にスクールは必要か

最後に、初心者の方でプログラミング独学に、スクールを利用するか迷っている人もいると思います。

私がプログラミングを勉強し始めた頃は、プログラミングスクールは少なく質も低いと言われていたので選択肢にはありませんでした。

ただ現在はプログラミングスクールが増え、初心者への門戸が増えたと感じます。

さてプログラミングスクールの必要性ですが、以下の悩みがある人ならスクール利用をおすすめします。

  • 勉強のやるきがでない
  • 独学で勉強しているがプログラムが理解できない
  • プログラマーとしてフリーや企業で働きたい

まず独学で勉強しているけど、「プログラミングが理解できない」、「勉強のやる気がでない」のであれば、スクールを利用するのは良い方法だと思います。

スクールであれば、講師がきちんとポイントを教えてくれますし、課題もでるので勉強の必要性に迫られるからです。

正直、参考書を使っての勉強は、解説がわかりにくいものも多いですし、楽しいものではありません。

プログラミング独学を挫折する初心者の多くは、プログラムを「理解できない」「難しい」と感じて、挫折しています。

スクールはこうした参考書のデメリットを解消することができます。

また将来、プログラマーとして働きたいのであれば、プログラミングスクールを利用するメリットは大きいと言えます。

プログラミングスクールの講師の多くは、実務経験者なので現場のことを良く知っています。

実務に必要なプログラミング能力だけではなく、実際の現場で必要なコミュニケーションなどについても教えてもらえるでしょう。

またフリーで働きたい人にもプログラミングスクールはおすすめです。

プログラミングの技術があれば、WEB系のホームページ制作などの選択肢も出てきます。

※ホームページ制作などはHTMLやCSSと言った技術が必要ですが、プログラミングができれば難易度はそこまで高くありません。

大きな企業相手は無理でしょうが、対個人(小さい会社のホームページや個人事業主のホームページなど)ならばフリーで活躍できます。

プログラミングスクールであれば、こうしたホームページ制作の技術も学ぶこともできるメリットがあります。

将来の仕事まで見据えていて、プログラムの勉強に限界を感じているならプログラミングスクールも選択肢に入れていいと思います。

プログラミングスクールおすすめ!社会人向けのスクールを徹底比較したランキング

スポンサードリンク