プログラミングのやる気を出す3つの方法!モチベーションを上げてプログラマーになった効果的な学習

スポンサーリンク

プログラミングの勉強を開始したものの、

  • やる気がでない
  • モチベーションが上がらない

と悩んでいる方も多いと思います。

プログラミング初級者の頃はやる気が出ないので、勉強のやり方が大事になります。

プログラミング学習を始めたばかりの頃は、わからないことが多く学習のモチベーションを保つことが難しいです。

では、どうすればプログラミングのやる気を上げて、モチベーションを保つことができるのでしょうか。

今回はプログラミング初心者の方が、プログラミング学習のやる気を上げる方法と、モチベーションを保つ勉強のやり方を紹介します。

実際にプログラミング未経験からエンジニアになれた方法なので、初心者の方の参考になると思います。

スポンサーリンク

プログラミングのモチベーションが上がらない理由

まずプログラミングのモチベーションが上がらない理由としては、以下のことが考えられます。

  1. プログラミングの考え方がわからないのでやる気が出ない
  2. プログラミングを勉強しても役立つイメージができない

他にも理由はあると思いますが、プログラミング初心者のやる気がでない理由はこうした内容が多いと思います。

プログラミングの考え方がわからないのでやる気が出ない

プログラミング初心者が独学で挫折しない勉強法でも説明しているのですが、プログラミングの考え方(アルゴリズム)は初心者には難しいです。

このアルゴリズムがわからないと、プログラミング学習のモチベーションは上がりません。

アルゴリズムの把握は頭の良し悪しも多少はありますが、勉強すれば誰にでもできることなので安心してください。

私も全くの未経験でプログラミング学習をスタートしましたが、半年くらいしてから徐々に理解できるようになりました。

半年と聞くと長く感じるでしょうが、私は頭の回転が悪く一つ一つじっくり理解しながら勉強したので時間がかかりました。

他の未経験からプログラマーになった同僚などに聞くと、早ければ1ヶ月位で、大体3ヶ月もあればアルゴリズムの考え方がわかるようになるようです。

学習の理解度には個人差はあるので、焦らず自分のペースで学習しましょう。

このアルゴリズムの理解という最初の壁を乗り越えることができれば、プログラムの考え方がわかり勉強のやる気がでてくるようになりますよ。

プログラミングを勉強しても役立つイメージができない

もう一つ、プログラミングのモチベーションが上がらない理由は「役立つイメージ」ができないからです。

例えば仕事でプログラムをする必要があるなら、仕方なく勉強するでしょう。

ですが、趣味やなんとなくプログラミングを勉強している方には、プログラムが本当に役立つかわからず難しくてモチベーションが下がります。

受験の時に、英語や数学の勉強をして「将来役に立たない」と思った人は少なくないと思います。

プログラミングも、これと同じ考えが起こり学習の「やる気」がでなくなるのです。

こうした症状になると、自分はプログラミングに向いていないと思うでしょうが、経験を積めば誰でもできるので心配は不要です。

参考:プログラミングに向いていない!挫折を経験したエンジニアが教えるプログラム習得の心得

どんな勉強もそうですが、基礎ができないないと難しく感じてやる気が起こりません。

基本を覚えるのは簡単ではありませんが、それを乗り越えるとプログラミングが楽しく感じられるようになるので頑張りましょう。

プログラミングに関わる仕事に就けばモチベーションを上げられますがデメリットもあります

プログラミング学習のモチベーションを上げる方法として、プログラミングに関わる仕事に就くことがあります。

仕事でプログラミングをすれば、間違いなく1年ほどで中級レベルのプログラマーになれます。

特にIT業界は右肩上がりで、未経験者でも転職しやすいのでプログラミングの仕事に就くことは難しくないと思います。

プログラマーとしてキャリアを形成できれば、一生食べるのには困りませんよ。

ただし仕事となるとデメリットもあり、エンジニアとしてアドバイスすると

  • 自分がやりたいプログラミング言語を選べない
  • 現場によってはワードやエクセルしか使わない
  • 炎上案件に入ると仕事を辞めたくなる

といったデメリットも実はあります。

プログラマーをするとわかりますが、常駐先に派遣されて、そこの環境で使っているプログラミング言語を使うのがほとんどです。

自社開発をしている企業にしても、プログラミング言語は決まっていることも多く、自分がやりたいことができるとは限りません。

しかもIT企業はブラックもあるので、そんな企業に就職・転職するとプログラミングが嫌いになりモチベーションを上げるどころではなくなります。

参考:IT業界の転職で失敗しないための考え方

仕事に就けば実務レベルのプログラミング能力を身につけられる可能性はありますが、激務の現場も多いですし失敗することもあるので、初心者がやる気をアップさせる方法としてはおすすめできません。

プログラミングのやる気を出す一番おすすめの方法

ではプログラミングのやる気がでない人は、どうすればモチベーションを高めることができるのでしょうか。

一番良い方法としては、明確な目標を作ることです。

  • IT企業に就職・転職したい
  • フリーランスとして働きたい
  • 副業で年収を上げたい
  • IT系の資格試験を受験する

このような明確な目標を作ることができれば、プログラミングのやる気を上げやすくなります。

ですが、それでも「プログラミングが難しい」と感じて、やる気を失ってしまう方も多いと思います。

自分でサービスを作って運用してみると、プログラミングのやる気をアップさせることができますよ。

賛否があると思いますが、自分でプログラミングをして、世の中に公開してみる勉強法はとてもおすすめです。

今はWEBプログラミングやスマホアプリが簡単に作れる時代ですし、アルゴリズムの理解のために色々なプログラミング言語に触ってみるとプログラミング能力があがります。

人気のWordPressでブログを作ったり、スマホアプリを開発するなどプログラミングの勉強法はたくさんあります。

しかもブログやアプリに広告をのせて、お小遣い稼ぎをすれば「やる気」もアップしモチベーションを上げることができます。

大規模なサービスは初心者が一人では作ることができませんが、簡単なものであれば一人で開発可能です。

PHPやRubyといったプログラミング言語を使えば、WEBサイトを作ることは初心者でもできます。

スマホアプリも、JAVAやSwiftなど独学で勉強できるので難しいですがチャレンジしてもいいですね。

プログラミング初心者の方でしたら、自分でレンタルサーバを借りてWEBサイトを運営するのもおすすめです。

参考:レンタルサーバーおすすめ5選!WordPress(ワードプレス)も高速で動くサーバー

アフィリエイトしているプログラマーも多いので、SNSで繋がればアドバイスをもらえるかもしれませんよ。

プログラミングを副業にして気を出す

WEBサービスの構築は、何も専門のプログラマーだけの話ではありません。

プログラミングの知識があれば、副業でもWEBサービスを展開することはできるからです。

実際に私の周りでも、自分でブログやアプリを開発してアフィリエイトなどの副業をしている人はたくさんいます。

今は副業解禁の時代になったので、こうした動きはどんどん増えると思います。

プログラミングスキルがあれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎなら簡単にできます。

先ほど説明したWordPress(ワードプレス)などのCMSは、プログラミングの勉強になりますし、自分でブログを運営してお金を稼ぐこともできます。

ちなみにWordPress(ワードプレス)は、ブログやサイト(ホームページ)を作成できるソフトです。

プログラミングで人気のPHPで作られている無料ソフトで、初心者プログラマーの勉強にもおすすめです。

このWordPress(ワードプレス)でブログを運営して、月に数千円~数十万円(それ以上もいるようです)稼ぐことに成功しているプログラマーもいるようです。

邪道と思う人もいるでしょうが、お金を稼ぐことでプログラミングのモチベーション(やる気)を上げることができます。

まだ初心者なのにお金を稼ぐなんてと思うかもしれませんが、プログラミングスキルを学ぶ方法としてモチベーションも保てるのでチャレンジしてほしいです。

プログラミングの上達は初心者の内から、自分でサービスを作ることでスキルを磨くことができるようになります。

WordPress(ワードプレス)などでのブログ運用であれば、初心者の方のステップアップにピッタリです。

参考:プログラミングの副業おすすめ3選!初心者プログラマーでも月5万稼げる方法

稼ぐことも立派なきっかけなので、ただ勉強するのではなく将来のために役立ててみてはどうでしょうか。

プログラミングスクールはモチベーションのアップに繋がるのか

最後に、プログラミングスクールとモチベーションの関係について考えてみます。

プログラミングの勉強をしているけど、やる気がでないからスクールを活用するという手段は一つの方法として効果はあると思います。

実はプログラマーになりたいという友人がオンラインのプログラミングスクールを利用していたので、スクールの教材を見たことがあります。

感想として、今のプログラミングスクールはカリキュラムもしっかりしていますし、挫折しないような工夫を取り入れていました。

ですがプログラミングスクールにもデメリットがあり、必ずしもやる気が出るわけではないことを覚えておきましょう。

  • 講師との相性が悪い
  • 思っていたのと違うカリキュラムだった
  • 勉強についていけない

このような問題にあたると、プログラミングスクールに行ってもモチベーションが上がりません。

中学や高校の学習塾でも、こういった理由で成績が上がらない子供も多いですよね。

スクール(塾)へ行けば、わかるようになるわけではありません。

モチベーションのアップ目的でプログラミングスクールに通うつもりなら、しっかりと事前調査をして下さい。

公式サイトのホームページで勉強内容を確認したり、体験授業を利用するなど下調べはきちんと行いましょう。

質の高いプログラミングスクールは、サポートがしっかりしています。

ただ個人的な意見ですが、プログラミングスクールは無理して行く必要はありません。

私も経験していますが、教えてもらうよりも、自分で苦労して覚えたほうが何倍も身につくからです。

  • 一人で勉強してもモチベーションが保てない
  • プログラミング学習のきっかけがほしい
  • 最短でプログラミングを覚えたい

こうした理由がないのであれば、独学でもプログラミングは覚えることができます。

プログラミングスクールを利用するのであれば、オンラインのプログラミングスクールがおすすめです。

移動時間などを節約できますし、オンラインで質疑ができるので通学よりもメリットが大きいからです。

スクールのカリキュラムをこなしつつ、わからないことを講師に聞いて理解度を上げる勉強法が効果的です。

どうしてもプログラミング学習のモチベーションが上がらないのであれば、最後の手段としてスクールを検討してみましょう。

プログラミングスクールについては、プログラミングスクールおすすめ!プログラム未経験の社会人がエンジニアになる方法で詳しく説明しているので参考にして下さい。

タイトルとURLをコピーしました