30代男性の転職におすすめの資格と今稼ぐための4つの方法

30代の男性に資格は必要なのか?

社会人経験もある程度長くなり、実務もこなせる30代男性に資格は不要という声も少なくありません。

確かに資格を持っていて評価されるのは、新入社員などの若手になります。

ですが資格を取得する理由は、何も今いる会社に使うからという理由だけではありません。

30代になると転職率が高くなり、全く違う業界に行くことだってあります。

また将来を考えて、スキルアップのための資格を取得するのも自分への投資になります。

では30代で資格を取得する人には、どんなタイプがあるかというと、

  • 将来独立を考えている30代
  • 転職を検討している30代
  • やりたいことを探している30代

30代の男性が資格を考えている理由としては、独立や転職といった新しいことを始めるきっかけとしてが多いです。

またやりたいことが分からず、手に職を求めて資格を取得する30代男性もたくさんいます。

今は終身雇用の時代も終わり、将来に不安を持つ30代が増えてきています。

今の会社に不満があったり、将来的に独立したいという30代男性は、資格を取得して将来に備えて下さい。

30代男性ならではの、おすすめの資格を紹介するので参考にして下さい。

スポンサードリンク

30代男性が資格を取得する意味

30代男性には資格は不要という声が多いことは、冒頭でも説明しました。

確かに今の企業にずっといるのであれば、資格よりも経験や年齢が優遇される可能性が高いので資格は不要でしょう。

ですが考えてみて下さい。

今の日本で、安心して定年まで働ける企業がどれくらいあるでしょうか。

賃金の低下や高齢者のリストラなど、30代の頃は良くても年を取った時に不安になるのは間違いありません。

大企業ですら、早期退職を求める時代なので、人生の不安は尽きることがありません。

仕事盛りでバリバリの現役である30代男性ですが、実は将来の不安がぬぐえないという人も増えてきています。

そのため30代でも資格を取得して、将来に備えようという動きが強くなっているのです。

もしあなたの仕事は今は順調でも、未来はどうなっているかわかりません。

その時に困らないためにも、資格を取得しておくのも一つの保険になります。

30代男性で独立を考えている人におすすめの資格

多くの30代男性は、何かしらの企業に定年まで勤めることが多いと思います。

ですが今は年金問題もあり、定年後も安心して過ごすためには老後に自分で仕事をする選択肢を持つことも重要になります。

とはいっても、独立して仕事をするのは簡単なことではありません。

そこで仕事をしながら、スキルを活かして独立も狙える資格を取得するのがおすすめです。

独立できる資格は簡単なものではありませんが、取得すれば一生食べていけるものになるので勉強する価値は高いです。

中小企業診断士

経営戦略のプロとして、企業での評価がとても高いのが「中小企業診断士」です。

業界 一般企業、独立
転職 ★★★★★
合格の難易度 ★★★★★
給与 ★★★★☆
独立 ★★★★★

経営コンサルタントに関する国家資格として、30代男性が取得していると評価されるおすすめの資格です。

一生使える資格で、将来的に独立する人も多いのが特徴です。

中小企業診断士の勉強時間は1000時間以上と言われていて、合格率が低い難易度の高い資格です。

問題の難易度ですが、合格率は5%程度と低く独学での合格はかなり難しいです。

本気で狙うなら、スクールなどに通うことをおすすめします。

どんな企業でもスキルを磨ける資格ですが、取得したらコンサルタント会社に勤めることをおすすめします。

ファイナンシャルプランナー(FP)

お金のプロとして、企業でも個人でも役立つのがファイナンシャルプランナーの資格になります。

業界 金融業界、一般企業
転職 ★★★☆☆
合格の難易度 ★★★★☆
給与 ★★★☆☆
独立 ★★★★☆

ファイナンシャルプランナー(FP)は、お金を扱う資格になるため、保険会社などで優遇される資格です。

またライフプランアドバイザーとしての仕事もあり、転職にもとても有利に働く資格として30代男性にも人気です。

FPの資格を取得するのであれば、FP2級以上がおすすめになります(3級は簡単で企業では評価されないからです)。

FP2級は難易度が高く、300時間ほどの勉強時間が必要と言われています。

FP1級は持っていると評価が高いですが難しく、700時間ほどの勉強時間が必要と言われています。

FPの資格を取得して実務をある程度こなすと、保険や金融資産運用、相続などお金に関する知識がみにつき、独立してコンサルタントとして起業することが可能です。

30代でも独立可能ですが、企業で経験を積んで将来的に独立する30代男性も増えています。

公認会計士

3代難関国家試験なので、おすすめするか迷いましたが将来的に考えると持っていれば一生食べていけるので30代男性にも挑戦してほしい資格として紹介します。

業界 会計事務所、一般企業
転職での評価 ★★★★★
合格の難易度 ★★★★★
給与アップ ★★★★★
独立 ★★★★★

公認会計士は、企業の監査、会計・税務処理を専門に行う資格で、企業の経理部などで重宝されるのが特徴です。

ただ公認会計士に関しては、ちょっと仕事選びに癖があるので気をつけて下さい。

実は監査法人での仕事をしている公認会計士は、あまりの激務から一般企業に転職したいと、ほとんどの人が転職します。

ですので資格を取得したら、一般企業で働くことをおすすめします。

そして、ある程度の実務をこなしたら、独立するという選択肢を選ぶと良いでしょう。

公認会計士の勉強ですが、難易度がとにかく高く、最低でも3000時間の勉強時間が必要と言われています。

30代男性で仕事をしながらだと、かなり難しいので覚悟が必要です。

ですが難易度が高く常に人手不足なので取得できれば一生食べていける資格ともいえるでしょう。

実際、将来を考えて公認会計士を狙っている30代男性も少なくありません。

行政書士

行政書士は法律に関わるあらゆる必要書類の作成を代行する資格です。

業界 法律事務所、弁護士事務所、独立
転職での評価 ★★★★☆
合格の難易度 ★★★★☆
給与アップ ★★★★☆
独立 ★★★★☆

行政書士試験は受験資格が幅広く、年齢、学歴、国籍等の制限がないため、30代男性にもおすすめできる資格です。

転職は法律事務所や弁護士事務所などが一般的となり、30代男性でも需要が高いのが特徴です。

行政書士は難易度が高く、1000時間ほどの勉強時間が必要と言われています。

30代男性でも取得でき、ある程度の実務をこなせば独立を視野に入れることができるのもメリットです。

30代男性で手に職をつけたい人におすすめの資格

上記で紹介した資格は、難易度が高く全ての30代男性におすすめできるものではありません。

むしろ多くの30代男性は、もう少し手軽に取得できる資格を望んでいると思います。

ですが意味のない資格では仕方ないので、手に職をつけられ将来役立つ資格を紹介します。

電気主任技術者

電気主任技術者は、発電所や変電所、それに工場、ビルなどの受電設備や配線など、電気設備の保安監督という仕事に従事することができます

転職のしやすさ ★★★★★
合格の難易度 ★★★☆☆
給与 ★★★☆☆
独立 ★★★★☆

私たちの生活に深くかかわる電気に関する資格なので、将来的にも食べていける資格として30代男性におすすめです。

職業訓練校でも採用していだけに、取得しようとしている人は多いのでライバルはたくさんいます。

電気や電力の専門知識を必要とする資格なので、レベルはそれなりに高いです。

仕事として資格を取得するなら、第二種・第一種電気主任技術者を取ると転職でも優遇されます。

すぐに独立できる資格ではありませんが、早めに仕事に就けば将来的に500万~800万位の年収になっている人も多いです。

30代男性で、手に職が欲しい人におすすめできる資格の一つです。

宅地建物取引士

金融、建設など不動産関連業界で評価される資格で、もっていると一生食べていける超おすすめの資格です。

転職のしやすさ ★★★★★
合格の難易度 ★★★☆☆
給与 ★★★☆☆
独立 ★★★★☆

宅建は資格の中でも1,2を争う人気で、将来独立を考えている人からも支持されているのが特徴です。

不動産業界へ転職するのであれば、宅建を持っていれば間違いなく引く手あまたです。

30代男性でも資格があれば選択肢が多くなるので、異業種でも持っていると得をする稀な資格です。

難易度は結構高いですが、しっかりと勉強すれば独学でも合格可能です。

勉強時間は個人差はありますが、400時間位あれば合格できると言われています。

管理業務主任者

管理業務主任者は、マンション管理業者が管理組合等に対して管理委託契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行う際に必要な国家資格になります。

転職のしやすさ ★★★☆☆
合格の難易度 ★★★☆☆
給与 ★★★☆☆
独立 ★★☆☆☆

マンションという人が住むのに必要な場所を扱う資格になるので、将来的にも需要は高いと言えるでしょう。

日本のように土地が狭い場合、マンションの需要が高くなるので取っていて損はない資格です。

30代男性の管理業務主任者はあまり見ませんが、若いうちに取得して将来に備えている人も実は多いのが特徴です。

勉強時間は300時間ほどで、30代男性で仕事をしていても比較的取得しやすい資格になります。

更なるレベルアップのために、マンション管理士や宅建士、あるいは賃貸不動産経営管理士などを取得するのもおすすめです。

高い給与は見込めませんが、やりがいがあり老後にも役立つ資格として30代男性におすすめです。

30代男性は資格だけではく副業もおすすめ

昔は副業禁止の企業が多かったですが、今は副業の時代になり30代男性も家で副業している人はたくさんいます。

仕事をしながらの副業は難しいと思うかもしれませんが、お小遣い稼ぎ程度であれば意外と簡単にできるものです。

資格を取得してスキルアップや将来に備えるのも良いですが、毎日少しづつお金をためて将来に備えるのも検討してみて下さい。

会社は基本的に社員に対してドライなので、本当に困った時に切り捨てられるリスクがあります。

そうなった時に大事なものはお金で、少しでも多い貯金があれば生活をしのげます。

もちろん資格があればすぐに転職できる可能性もありますが、同じような境遇の人はたくさんいるので簡単なことではありません。

30代男性に人気の副業として

  • ライター
  • アフィリエイト
  • プログラミング
  • 投資

などがあります。

今はインターネットを使ってクラウドで仕事を探せる時代になったので、どこにいても作業ができるのがメリットです。

通勤中にライターの仕事をしている30代男性もたくさんいますし、エンジニアであればプログラミング案件で数万~数十万を稼ぐことだって可能です。

難易度は高いですが、アフィリエイトで成功して数百万円の収入を得ている30代男性も裏では多いです。

このように30代男性は資格を取得するだけではなく、今からお金を貯めることだって可能です。

この時代だからこそできる副業なので、そういった方法で将来に備えることも考えてみて下さい。

スポンサードリンク