40代男性の転職におすすめの資格と将来を見据えたキャリアプラン

40代の男性が資格を取りたいという動きが増えてきました。

ですが40代で資格を取得して、本当に役立つのかという不安がある人も多いと思います。

一般的に40代は資格よりスキルと言われていますが、転職で資格が有利に働くこともあります。

ただ一般的に人気の資格が、必ずしも40代男性の転職では役に立たないのも事実です。

ではどんな資格を持っていると、40代男性の転職で評価されるのでしょうか。

資格は様々な種類があり、目指す方向性によって狙う資格が異なります。

  • 独立を考えている40代
  • キャリアアップを狙う40代
  • 仕事に疲れて転職を考えている40代

一般的に40代男性の資格というと、キャリアアップや独立を考えている人が取るものと思っているかもしれません。

確かにキャリアアップを狙う男性は、40代になってからでも資格を取得しているケースが多いです。

ですが40代男性の転職では、前向きな考えを持って資格を取得する人ばかりではありません。

人生を見つめ直して、本当に自分に合った仕事を探すために資格を取得している40代男性もいるのです。

今回は40代男性の目的にあった資格について説明するので参考にして下さい。

スポンサードリンク

40代男性の転職で役に立たない人気の資格

まず40代は経験が優先される年齢になるので、資格を持っていても役に立たないという声も聞きます。

特に男性の場合、管理職についている人が多く資格が意味をなさないとすら考えられています。

ですが資格が全く意味がないわけではなく、ニーズに合った資格を取得すれば40代男性でも取得する価値は十分あります。

ただ一般的に人気の資格は、40代男性の転職では役に立たない資格も多いので気をつけて下さい。

人気はあるがおすすめできない資格

  • 英検
  • 簿記
  • ITパスポート

このあたりの資格は、人気が高いのですが40代という年齢ではあまり評価されません。

英検の需要は高くない

英語の資格で人気がある英検ですが、40代男性の転職ではほとんど評価されません。

外資などの英語を使う企業に転職するにしても、英検で評価する企業はほぼないといっていいでしょう。

40代男性で英語の資格を取得するなら、TOEICを狙うのをおすすめします。(ただし外資や英語を使う企業限定です)

簿記

簿記も人気の資格ですが、40代男性の転職では全く評価されない資格です。

事務系の仕事に就く40代男性もいるでしょうが、転職ではほぼ実務経験がものを言います。

40代男性の転職の資格としては、簿記を持っている必要性はほぼないといってもいいでしょう。

ITパスポート

IT系の入門資格として人気のITパスポートですが、これも40代男性の転職では役に立ちません。

IT業界での転職であれば、管理系の資格を取得することを強くおすすめします。

基本情報技術者試験などもありますが、こちらも40代という年齢ではほとんど意味を成しません。

40代の転職では自分のキャリアに合った資格を取得すべき

人気がある資格だからといって、40代の転職で評価されるわけではありません。

では40代の転職に資格は不要かというと、必ずしも資格が不要なわけではありません。

  • 給料アップを狙っている
  • 将来独立を狙っている
  • 今の仕事に不満がある

理由は様々ですが、このような気持ちがあるなら40代でもとっておくべき資格はあります。

40代の転職では、資格よりも実務スキルが重視されるという声もあります。

ですが同じ条件であれば、企業が求めるスキル+資格の方が転職に有利に働くものも当然あります。

給料アップや独立を目指すなら、取得しておいて損はない資格もあります。

また全く別業種に転職したい40代(特に人生に疲れた方など)には、取得しておくと幅が広がる資格もあります。

40代だからと、必ずもキャリアアップを狙う人ばかりではありません。

自分の目的にあった資格を選んで、それに向けて就職・転職することが40代の資格取得で大事なことになります。

40代の転職で給与アップを狙っているなら、キャリアアップにつながる資格を取得しておく必要があります。

若い頃なら簿記やTOEICが評価されることが多いですが、40代ではそういった資格は実はあまり評価されません。

なぜなら企業が40代に求めることは、管理系の能力になるからです。

では具体的に、どんな資格が40代の転職のキャリアアップにつながるか説明していきます。

中小企業診断士

中小企業診断士は、コンサルタント資格として最高峰のもので、転職で間違いなく評価される40代男性におすすめの資格です。

業界 一般企業、独立
転職での評価 ★★★★☆
合格の難易度 ★★★★★
給与アップ ★★★★☆
独立 ★★★★★

経営コンサルタントに関する国家資格として、持っているとかなり評価される超おすすめの資格です。

企業戦略に不可欠な、経営戦略立案などマネジメントに関するノウハウが身に付くので、どんな企業でも高評価を得ることができる稀な資格です。

40代男性の転職で、中小企業診断士を持っていると年収アップできる可能性が高いです。

合格率は5%程度と低く勉強は大変ですが、持っていると必ず役立ちます。

また経営コンサルタントとして独立する40代男性も多く、この資格があれば一生食べていくことには困らないでしょう。

中小企業診断士の勉強時間は1000時間以上と言われていて、合格率も低い難易度の高い資格です。

1年くらいの勉強期間が必要で、本業をしながら資格の勉強をするのが一般的です。

プロジェクトマネージャー(PM)

IT系管理職の資格として、IT企業に勤めている40代男性におすすめできる資格です。

業界 IT業界
転職での評価 ★★★★☆
合格の難易度 ★★★★☆
給与アップ ★★★★☆
独立 ★★☆☆☆

IT系の企業に勤務している40代男性なら、かなり評価される管理系の資格です。

人材不足と言われているIT系では、技術者だけではなく管理者も慢性的に不足しています。

IT企業の管理職は給与も高いので、キャリアアップを狙う40代男性ならプロジェクトマネージャーを取得することをおすすめします。

40代男性の異業種からの転職でも、管理職の経験がありこの資格があればIT業界に転職しやすいです。

勉強時間は100時間以上と言われていますが、個人差があり50時間で合格できる人もいれば、200時間以上かかった人もいます。

難易度は高いですが、40代男性でIT業界で働くなら持っていて損はない資格です。

TOEIC

キャリアアップで外資系への転職を狙う40代男性におすすめの英語系の資格はTOEICです。

業界 外資、一般企業
転職での評価 ★★★☆☆
合格の難易度 ★★★★☆
給与アップ ★★★☆☆
独立 ★★☆☆☆

外資系の企業は、高級取りのイメージもあり40男性のキャリアアップでも人気です。

ただ日本企業での実績だけで転職するのは難しく、英語でのコミュニケーションが取れることも必要不可欠です。

TOEICは世界的に評価されている英語の資格なので、外資で働いたことがない40代男性の転職におすすめの資格です。

スコアですが、40代男性の転職でキャリアアップを狙うなら最低でも860点以上のレベルが望ましいです。

TOEICのほかにも、国連英検や日商ビジネス英語なども40代男性の外資転職でおすすめの資格になります。

これらの英語の資格は、資格が評価されるというよりも、外資系に入るための英語力の証明として役立ちます。

ファイナンシャルプランナー(FP)

転職ではなく、独立を狙っている40代男性に人気の資格として、ファイナンシャルプランナーはおすすめです。

業界 金融業界、一般企業
転職での評価 ★★★☆☆
合格の難易度 ★★★★☆
給与アップ ★★★★☆
独立 ★★★★☆

ファイナンシャルプランナー(FP)は、個人の収入、家族構成、資産などの情報をもとに、人生計画に必要な資金の計画を提案するコンサルタント的な資格です。

企業でも評価はされますが、将来的に独立ができる資格として人気が上がっています。

40代男性ならば、FP3級から始めて最終的に1級を目指すと独立に近くなります。

FP3級は難易度が低く50時間もあれば合格可能です。

FP2級になると難易度が上がり、300時間ほどの勉強時間が必要と言われています。

FP1級はかなりの難易度になるので、700時間ほどの勉強時間が必要と言われています。

FPの資格を取得して実務をある程度こなすと、保険や金融資産運用、相続などお金に関する知識がみにつき、独立してコンサルタントとして起業することが可能です。

公認会計士

公認会計士は、企業の監査、会計・税務処理を専門に行う資格で、会計・財務分野では難易度が高い国家資格であり、3大難関国家試験の1つと言われています。

業界 会計事務所、一般企業
転職での評価 ★★★★★
合格の難易度 ★★★★★
給与アップ ★★★★★
独立 ★★★★★

公認会計士は企業の経理部などで重宝される資格で、40代男性が持っていればどの企業でも優遇されるお勧めの資格です。

公認会計士を持っていて監査法人での仕事をしている40代男性も多いのですが、その激務から一般企業に転職したいという40代男性も多いです。

ある程度の実務をこなしたら、独立するという選択肢もあるため仕事の幅が広がるのも特徴です。

ただ難易度がとにかく高く、最低でも3000時間の勉強時間が必要と言われています。

多くの人は仕事をしながらの勉強になるので、並大抵の努力では合格できないのもネックになります。

ですが逆に考えれば、難易度が高く常に人手不足なので取得できれば一生食べていける資格ともいえるでしょう。

実際、長期計画で公認会計士を狙っている40代男性も少なくありません。

行政書士

行政書士は法律に関わるあらゆる必要書類の作成を代行する資格です。

業界 法律事務所、弁護士事務所、独立
転職での評価 ★★★★☆
合格の難易度 ★★★★☆
給与アップ ★★★★☆
独立 ★★★★★

行政書士試験は受験資格が幅広く、年齢、学歴、国籍等の制限がないため、40代男性にもおすすめできる資格です。

転職は法律事務所や弁護士事務所などが一般的となり、40代男性でも需要が高いのが特徴です。

行政書士は難易度が高く、1000時間ほどの勉強時間が必要と言われています。

40代男性でも取得でき、ある程度の実務をこなせば独立を視野に入れることができるのもメリットです。

証券アナリスト

証券アナリストは、金融・投資のプロとして様々な分野で活躍できる資格として人気があります。

業界 金融業界
転職での評価 ★★★★☆
合格の難易度 ★★★☆☆
給与アップ ★★★☆☆
独立 ★★★☆☆

証券アナリストの資格があると、銀行、金融、証券など、高額な給料が期待できる企業への転職に有利になります。

40代男性の場合、事業会社のIR担当者として転職する時に証券アナリストの資格が役立ちます。

勉強時間は500時間ほどと言われていて、仕事をしながらでも取得可能です。

将来的なキャリアアップとして、国際公認投資アナリストの資格も取得できれば外資系でも働くチャンスがあります。

40代男性で、金融系のキャリアアップを目指すなら取得しておくべき資格と言えるでしょう。

40代男性で第2の人生を満喫したい人におすすめの資格

長年仕事を続けていると、このまま一生今の会社に勤めていいのだろうかと悩む40代男性も少なくありません。

仕事に疲れて、お金よりもやりがいを求めて資格を取得する40代がかなり増えています。

資格を取得して転職したことで、仕事に追われた忙しい人生よりも、自由な時間を楽しめるようになったと幸福度が上がったと感じる40代男性も多いようです。

そんな第2の人生を満喫したい40代男性におすすめの資格を紹介します。

マンション管理士

40代男性に人気の資格で、その名の通りマンションの管理ができる資格です。

転職のしやすさ ★★★☆☆
合格の難易度 ★★★★☆
おすすめ ★★★☆☆

マンション管理士は、マンションを適正に運用するために必要な資格になります。

覚える法律が多く難易度は低くありませんが、やりがいがあるため40代以上の男性に人気が高くなっている資格です。

マンションの運用だけではなく、住民の相談を受けるなどトラブルを解消する仕事もあるため、当然ながらやりがいはあります。

仕事としては大変ですが、自分の裁量でできる仕事なので、楽しく仕事ができていると転職してよかったという40代男性もたくさんいます。

二種免許

タクシーの運転手は、第2の人生を満喫したい40代男性に人気の仕事です。二種免許は、タクシー運転手になるために必要となる資格です。

転職のしやすさ ★★★☆☆
合格の難易度 ★☆☆☆☆
おすすめ ★★★☆☆

40代男性の第2のキャリアとして、タクシーの運転手を目指す人が増えています。

二種免許はタクシー運転手に必要な資格で、難易度は高くないので誰にでも取得可能です。

どちらかというと人生に疲れた40代男性が、気楽に生きていこうと取得する資格になります。

ビル設備管理技能士

ビル設備管理技能士は、ビルメンテナンス設備の一定の管理技能を認定する資格です。

転職のしやすさ ★★★☆☆
合格の難易度 ★★☆☆☆
おすすめ ★★★☆☆

職業訓練校で学ぶこともできるため、40代男性で転職を考えている人からも人気の資格です。

ビルの空調システム、衛生管理、電気系のシステムなどのトラブル対応をするため、需要が高く転職は比較的簡単にできます。

将来的にも需要はなくならないことと、若手が少ないので40代男性におすすめできます。

宅地建物取引士

金融、建設など不動産関連業界で評価される資格で、40代男性に人気のある資格になります。

転職のしやすさ ★★★☆☆
合格の難易度 ★★★☆☆
おすすめ ★★★★★

宅建の資格は若い世代が取るものと思っているかもしれませんが、第2の人生のために取得しようという40代も増えています。

宅建を持っていればバリバリの企業で働くこともできますが、独立して不動産屋を経営することもできます。

40代男性で、不動産屋を経営して悠々自適に暮らしている人も多いです。

宅建はもし仕事がなくなっても、転職がとても成功しやすい資格として異業種の40代男性にもおすすめします。

40代男性は将来を見据えた資格選びが重要

40代男性で資格を取得する目的は、人それぞれ違います。

  • 転職してキャリアアップしたい
  • 今の仕事を辞めて新しいことをしたい

40代男性の転職はキャリアアップもあれば、人生を見つめ直すための転職もあります。

仕事を一生懸命していると、本当にこのままでいいのだろうかと感じることだってありますよね。

そんな時は、資格を取得して新しい人生を歩んでみるのも人生の選択としてありだと思います。

超大手の企業から、2種免許を取得してタクシーの運転手になって人生楽しくなった40代男性も実際にいます。

また逆に現状の給料や環境に満足できていない40代男性は、キャリアアップのための資格を目指してみましょう。

資格を取得して転職して、キャリアアップ成功で給料が2倍になった40代男性もいます。

40代は人生でも大事な分岐点になる年齢です。

とくに男性は、これからもまだまだ働き盛りの時期になるので、将来を考えて資格を探してみてはいかがでしょうか。

自分の将来に合った資格を見つけることで、40代男性は人生を豊かにすることができます。

 

スポンサードリンク